ヤマダ電機のWiMAXを契約前に知るべきメリット・デメリット

「ヤマダ電機でWiMAXを契約しよう」と考えていませんか。

ヤマダ電機の店舗数は全国で745件と、業界でも1、2を争う店舗数です。

お住いの近くにヤマダ電機があって、よく利用されているという方も多くいらっしゃることでしょう。

また、ヤマダ電機はWiMAX取り扱い店舗も多く、そこでは即日でWiMAXの契約と利用をすることができます。

WEBからの申し込みと違って、申し込んだその日にWiMAXを利用できるのはかなり魅力的ですよね。

ですが結論から言うと、ヤマダ電機でのWiMAXを契約はおすすめできません。

一番の理由は「料金が割高だから」というところでしょう。

それでも「ヤマダ電機のWiMAXが気になる」という方は、この記事を読めばヤマダ電機がおすすめでない理由と、代わりにどの経由でWiMAXを契約するのがおすすめか、ご理解を深められることでしょう。

ぜひご覧ください!

ヤマダ電機でWiMAXを契約するメリット

さて、冒頭で「ヤマダ電機でのWiMAX契約はおすすめできない」とお話しましたが、一方ヤマダ電機でWiMAXを契約するメリットも存在します。まずは、そのメリット部分を確認してみたいと思います。

  • 当日契約・当日利用できる
  • スタッフに疑問点を質問できる
  • 2年契約が選択できる

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

WiMAXを当日契約・当日利用できる

WiMAXをWEBからではなく店舗で契約する一番のメリットとしては、「当日契約して当日利用できる」点にあるでしょう。

WEBからWiMAXを契約する際は、発送の手続きと郵送の期間が発生しますので、どんなに早くても契約してから手元にWiMAX端末が届くまで1〜2日は待たなくてはなりません。

一方、店舗で契約した場合は(在庫がある限りは)すぐにWiMAX端末を入手でき、その日のうちに使えるようになります。

更にヤマダ電機の場合、冒頭でお話したように店舗数が多いので比較的多くの人がアクセスしやすいこと、またヤマダ電機ではWiMAX最新端末である「W06」や「WX05」も取り揃えていますので、最新のWiMAX端末を実際に目で見て契約をされたい方には良いでしょうね。

参考:ヤマダ電機での取り扱いWiMAX端末(2019年5月現在)

  • W06
  • W05
  • WX05
  • L02
  • L01s
  • HOME 01

WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

最新ルーター「WX05」スペック完全ガイド! WiMAXがさらに使いやすく

スタッフに疑問点を質問できる

店舗でWiMAXを契約するもう一つのメリットとして、「分からないこと・疑問点をその店舗のスタッフに直接質問しながら、契約を検討できる」という点が挙げられます。

WEBからの契約の際も、フリーダイヤルの相談窓口を設置されているプロバイダが多いですが、やはりその場で対面で質問していけるのはやりやすいですよね。

ですが、ヤマダ電機のスタッフの対応における評価・評判は賛否両論です。

なかには、(きっと忙しくされているからなのでしょうが)ぞんざいな対応をされるスタッフもいるかもしれません。

いくら相談できると言っても、まったくの事前知識ゼロで向かうよりかは、こちらでもある程度下調べしてから、そこでスタッフの方に知識を補ってもらう形で相談していくほうが安全かもしれませんね。

2年契約が選択できる

ヤマダ電機でWiMAXを契約するメリットとして更に挙げておきたい点が、「WiMAXを2年契約で契約できる」という点です。

ご存知の方も多いかもしれませんが、現在多くのWiMAXプロバイダにおいてはWiMAXの契約期間を「3年」と設定しています(また、その際に3年未満で解約した場合は「解約違約金」が発生します)。

WiMAXの解約違約金をプロバイダ別比較!25ヵ月〜は解約メリット有り

3年という契約期間が長すぎて不安だという方や、2年契約のほうが自身の活用シーンに合うという方は、ヤマダ電機でWiMAXを契約すれば2年契約が選択できます。

WiMAXのおすすめの契約期間は?全4パターンのメリット・デメリット

ヤマダ電機でのWiMAX契約は、こんな方におすすめ

ここまで、ヤマダ電機でWiMAXを契約するメリットについてお話しました。

以下の様な方でしたら、ヤマダ電機でWiMAXを契約するがおすすめかもしれません。

  • その日のうちにWiMAXを利用したいという方
  • WiMAXの契約をスタッフと相談しながら決めていきたいという方
  • 2年契約でWiMAXを利用したいという方
  • 普段からヤマダ電機を利用しており、「YAMADA」のポイントカードを使用&貯めている方

契約前に知るべきデメリット・注意点

続いては、ヤマダ電機でWiMAXを契約する際のデメリット・注意点についても見ていきましょう。

特に押さえておきたいのは以下の3点です。

  • ヤマダ電機のWiMAX契約は、他のプロバイダと比べ「料金が高い」
  • キャンペーンがお得じゃない
  • コールセンターが繋がりにくい

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

ヤマダ電機のWiMAX契約は、他のプロバイダと比べ「料金が高い」

ヤマダ電機でWiMAXを契約する際の一番のデメリットは、冒頭でも挙げましたが「料金が高い」ことです。

ちなみに、ヤマダ電機のWiMAXの契約料金は以下の通りです。

プラン名 ギガ放題プラン Flatツープラス(7GB)プラン
月間で利用できる
データ量
月間の制限なし
※ただし、3日で10GB以上利用の場合、翌日18:00から翌々2:00までの間、1Mbpsの速度制限が発生
月間7GBまで
※7GBを超えて利用した場合、翌月まで128Kbpsの速度制限が発生
事務手数料
(初期費用)
3,000円 3,000円
月額料金 1〜2カ月目:3,696円
3カ月目以降:4,380円
3,696円

現在WiMAXを利用するほとんどの人は、月間のデータ量制限のない「ギガ放題プラン」を利用していますが、ヤマダ電機でWiMAXをギガ放題プランで契約した場合、月額料金は基本4,380円となります。

一方、WEBからの申し込みで契約可能な他のWiMAXプロバイダでは、同プランでも安いところで3,200〜3,500円ほど。つまり、ひと月のコストで1,000円前後も変わってくるということですね。

ひと月で1,000円の差が出るということは、年単位で見ると数万円も変わってきます。

料金面を重要視される方は特に、ヤマダ電機でWiMAXを契約することはおすすめできません。

キャンペーンがお得じゃない

ヤマダ電機では、ときどき高額キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

実施内容は、ヤマダ電機のWiMAX販売専用サイト「YAMADA Air Mobile ─WiMAX─」から確認することができます。

少し前では、「5万円キャッシュバック」というキャンペーンを実施されていました。

ですが、こちらのキャンペーンは別途有料オプション(月額税込1,670円)が加算され、結果有料オプション代が契約期間の2年間(24か月間)にトータル40,800円発生し、実質の特典額は9,200円というものでした。

他のWiMAXプロバイダで実施している高額キャッシュバックキャンペーンと比べると、ヤマダ電機のこれまでのキャンペーンはあまりお得感はありません。

ヤマダ電機でのキャンペーンをご検討される際は、他のWiMAXプロバイダで実施されているキャンペーンを確認しつつ、比較検討されることをおすすめします。

WiMAXのキャッシュバックが1番高いプロバイダ比較【2019年2月版】

コールセンターが繋がりにくい

それから、ヤマダ電機のコールセンターは「繋がりにくい」ことでも有名です。

大型の家電量販店ではよく見られる傾向ではあるのですが、いざというときに問い合わせても、待てど暮らせどなかなかオペレーターに繋がらない…ということは大いに発生しえますので、こちらも事前にご留意しておくと良いでしょう。

ヤマダ電機のWiMAX契約に関する口コミ・評判

さて、ここまでヤマダ電機のWiMAX契約に関するメリット・デメリットについてお伝えしました。

ここからは、実際にヤマダ電機のWiMAX契約に関する、他の利用者の方々のネットの口コミ・評判についても見ていきましょう。

ヤマダ電機のWiMAX契約に関する良い口コミ・評判

https://twitter.com/lisa_rec/status/983972001621557248

ヤマダ電機のWiMAX契約に関する良い評判では、ポイント活用やキャンペーンを利用しての特典獲得に関するものが多かったです。WiMAX契約だけでなく、ヤマダ電機の他の商品・サービスの購入とあわせて検討することによって受けられる特典を見出せる場合もあるということでしょう。

また、前章にて「コールセンターが繋がりにくい」というデメリットを紹介しましたが、最近の口コミ・評判を見る限りではヤマダ電機のコールセンターの対応品質自体が悪いという声はあまり見かけず、逆に上記の様に「電話一本でサクッと解約できた」といったコメントもありました。

ヤマダ電機のWiMAX契約に関する悪い口コミ・評判

ヤマダ電機のWiMAX契約に関する悪い口コミ・評判においては、圧倒的に「スタッフ(店員)の接客態度」、そして「コールセンターの繋がりにくさ」が多かったです。

「コールセンターの繋がりにくさ」の口コミ・評判は比較的数年前の物が多かったので、現在は若干緩和されているかもしれませんが、ヤマダ電機でWiMAX契約する際には、これらスタッフの接客やコールセンターの繋がりやすさはあまり過度な期待をしておかないほうが無難かもしれませんね。

ヤマダ電機でWiMAX契約した際の「解約方法」

続いては、ヤマダ電機でWiMAXを契約した際の解約方法についても見ていきましょう。

ヤマダ電機のWiMAXを解約する際は、以下の2通りの流れがあります。

  • A)電話での問い合わせ
  • B)店舗で直接解約の申請を行う

A)電話での問い合わせ

YAMADA Air Mobile WiMAXお客様サポートセンターに問い合わせます。

電話番号:0120-810-666

受付時間:10:00〜19:00

問い合わせの際は、契約本人情報と契約内容の確認が行われます。

その際に、契約当初に発行された「契約管理ID」(「YA」または「BA」から始まる12桁の番号)を用意しておくとスムーズでしょう。

B)店舗で直接解約の申請を行う

お近くのヤマダ電機のWiMAX販売窓口に向かい、直接解約の申請を行います。

解約の際には、以下書類等が必要となります。

  • 運転免許証、パスポートなどの本人確認書類
  • 契約管理IDの分かる書類(申込書の控えなど)
  • ご契約中のWiMAX端末

注意!契約期間中に解約した場合は、9,500円〜の解約違約金が発生

先にもお伝えしましたが、ヤマダ電機のWiMAX契約期間内に解約した場合は、解約違約金が発生します。

解約違約金の金額は、以下の通りです。

解約時のタイミング 解約違約金
課金開始日を含む月から最初の13か月間 19,000円(税抜)
14か月〜24か月目 14,000円(税抜)
25か月目(契約更新月) 0円
26か月目以降 9,500円(税抜)

参考:ヤマダ電機WiMAXの解約違約金ルール(公式サイトより)

契約更新月外で解約した際の、上記解約違約金の金額は、WiMAXやポケットWi-Fiの解約時の違約金とほぼ同様ではありますが、この点は契約前にしっかりご認識されておくことをおすすめします。

ヤマダ電機WiMAXの基本情報

ここまで、ヤマダ電機WiMAXのメリット、注意点、評判、解約方法について触れてきました。

最後に、ヤマダ電機WiMAXの基本情報をまとめておきましょう。

ヤマダ電機WiMAXの基本情報

店舗数 745件
※ただし、WiMAX取り扱い状況については店舗により異なりますので、
詳細は直接ヤマダ電機までお問い合わせください。
契約期間 2年(25か月間)
月額料金 ギガ放題プラン 1〜2カ月目:3,696円(税抜)
3カ月目以降:4,380円(税抜)
Flatツープラス(7GB)プラン
3,696円(税抜)
対応機種
(2019年5月現在)
W06
W05
WX05
L02
L01s
HOME 01
支払い方法 クレジットカードのみ

1日待てるならGMOとくとくBB WiMAXがおすすめ

さて、ここまでのヤマダ電機のWiMAXに関する内容をお読みになられて、「その日のうちにWiMAXが使えないと困るわけではないし、もう少し料金が安くてサポート体制等充実しているところで契約したほうが良いかな…」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

その際におすすめしたいWiMAXプロバイダが、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、現WiMAXプロバイダの中でも最も人気・評判の高いプロバイダですのでご存知の方も多いことでしょう。

運営会社は「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社です。

GMOとくとくBBの特徴

  • トータルコストが業界最安値!
  • キャッシュバック特典プランの他、月額割引特典など、いくつかのキャンペーンを選ぶことができる
  • 契約後、端末は即日発送ですぐに手元に届く!
  • 最新端末での契約が可能!

GMOとくとくBBの一番の特徴は、とにかくトータルコストが業界安値であることです。

今回ご紹介したヤマダ電機のWiMAXと比較すると、月額料金比較でも最大で1,500円以上GMOとくとくBBの方が安くなります(通常月は1,000円程)。また、ヤマダ電機のWiMAX同様に、GMOとくとくBBのほうでも最新端末でのWiMAXの契約が可能です。

GMOとくとくBBではいくつかのキャンペーンが用意されていますが、前述の「月額割引キャンペーン」がトータル的に一番おすすめです。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

月額割引キャンペーンは、その名の通り「WiMAXの月額料金が割引される」キャンペーンです。

インターネットの通信量をほぼ無制限で利用できる「ギガ放題プラン」においても、月額割引キャンペーンの場合は、契約から0〜2ヶ月目は月額2,170円(契約月は2,170円の日割り計算)、その後も契約期間満了の36ヶ月目までは月額3,480円で利用することができます。

ヤマダ電機WiMAXとGMOとくとくBBの違いは、その他では「契約期間」が挙げられます。

ヤマダ電機WiMAXの契約期間は「2年契約」で、GMOとくとくBBは「3年契約」。

「どうしても2年契約が良い」という場合はGMOとくとくBBはなかなか選択しづらいかもしれませんが、その点が特に気にならないという方は、トータル的にGMOとくとくBBが断然おすすめでしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。

WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

まとめ) 「どうしてもヤマダ電機でないとダメ!」という人以外は、GMOとくとくBBほかWeb経由のWiMAX契約がおすすめ

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

一度、ヤマダ電機でWiMAXを契約するメリット・デメリットを再度おさらいしておきましょう。

ヤマダ電機でWiMAXを契約するメリット(再掲載)

  • 当日契約・当日利用できる
  • スタッフに疑問点を質問できる
  • 2年契約が選択できる

ヤマダ電機でWiMAXを契約する注意点・デメリット(再掲載)

  • ヤマダ電機のWiMAX契約は、他のプロバイダと比べ「料金が高い」
  • キャンペーンがお得じゃない
  • コールセンターが繋がりにくい

これらメリット・デメリットと、先にあげた実際にヤマダ電機でWiMAXを契約した人たちの口コミ・評判を見る限りでは、やはりヤマダ電機でのWiMAX契約はあまりおすすめとは言えないでしょう。

店舗での対人販売ならではの利点を最大限活かせそう、という方以外は、前章でも紹介したGMOとくとくBBはじめ、最安値&サービスの充実したWiMAXプロバイダで、WEB経由でお申し込みされることをおすすめしたいです。

WiMAXおすすめプロバイダランキングTOP5【2019年最新版】

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。