WiMAXとネクストモバイルどっちが良い?メリット・サービスの差比較

これまで「モバイルWi-Fiルーター」と言えば、「【WiMAX】か【ポケットWi-Fi】」というような二強勢力でしたが、近年ではWiMAXのシェアが段々と強まってきているようです。

一方、ここ最近新たに注目が高まっているのが【ネクストモバイル】

WiMAXよりかなり安く、そして圧倒的な通信エリアの広さから「モバイルWi-Fiルーターを持つならネクストモバイル」という人も増えてきています。

さて、WiMAXとネクストモバイル、どちらの方がよりお得なのでしょうか。

今回は、そんなWiMAXとネクストモバイルについて、それぞれのメリットとサービスの差を比較していきたいと思います。どちらのモバイルWi-Fiルーターを契約しようか悩まれている方は、きっと本記事を読むことによって適切な選択ができるようになることでしょう。──是非ご覧ください!

※ネクストモバイルの詳細については、以下記事にてまとめております。ご興味ある方は併せてご覧ください。

https://wifi-iroha.com/nextmobile/

20GB以内ならネクストモバイルの料金が安い

気になるWiMAXとネクストモバイルの料金比較は・・・

はじめに、WiMAXとネクストモバイルの料金について比較して見ておきましょう。

「とにかく月額料金が安い」と評判のネクストモバイルですが、実際どれだけお得なのでしょうか。

比較対象のWiMAXでは、同じく月額料金の安さがウリのプロバイダ「Broad WiMAX」とで比較して見たいと思います。

Broad WiMAXについては以下記事にて詳しく紹介しています。ご興味ある方は併せてご覧ください。

Broad WiMAXの評判は良い?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

WiMAXBroad WiMAX)とネクストモバイルの料金比較

※それぞれのモバイルWi-Fiルーターを2年間利用した場合の料金
Broad WiMAXは「ギガ放題」プランで計上

  Broad WiMAX

ネクストモバイル
(20GBプラン)

ネクストモバイル
(30GBプラン)

ネクストモバイル
(50GBプラン)

初期費用 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
0か月目 ¥2,726 ¥2,760 ¥3,490 ¥4,880
1〜2か月目 ¥2,726 ¥2,760 ¥3,490 ¥4,880
324か月目 ¥3,411 ¥2,760 ¥3,490 ¥4,880
2年間のトータルコスト ¥82,809 ¥69,240 ¥86,760 ¥117,120

「モバイルWi-Fiルーターのメインの用途はメールの送受信とインターネット閲覧、たまのYoutube等の動画鑑賞くらい」という方はネクストモバイルの20GBプランをご検討されると良いでしょう。

また、「ネクストモバイル(30GBプラン)」の86,760円とBroad WiMAXよりも若干高くなりますが、Broad WiMAX3年契約プランがメインですので、仮に2年後きっちりで解約する場合、Broad WiMAXは9,500円の解約違約金が発生します。

「モバイルWi-Fiルーターは2年間で解約したい」という方で、かつ月間通信量が30GBまでの方でしたら、この場合もネクストモバイルで検討されたほうがコスト面でのアドバンテージがあるでしょう。

ネクストモバイルはプロバイダがない

さて、上記で紹介している「Broad WiMAX」はプロバイダです。実際にWiMAXをリリースしているのはUQコミュニケーションズで、Broad WiMAXは提供側(プロバイダ)専門で活動しているということですね。

一方、ネクストモバイルはプロバイダを経由せずの直販形式です。

その為、他のモバイルWi-Fiルータープロバイダがあるような目まぐるしく変わるキャンペーンもなく、一定の料金と安定したプランでモバイルWi-Fiルーターを提供し続けられている、ということですね。

このシンプルな料金プランが実現できていることも、ネクストモバイルの特長・メリットの一つと言えるでしょう。

50GB以上利用するならWiMAX

一方、月間の通信量にて50GB以上利用する場合は間違いなくWiMAXがお薦めです

なぜなら、ネクストモバイルは「50GBプラン」が大容量プランの上限となっており、50GB以上利用した場合はその月間内速度制限モード(128Kbps)になってしまうからです。

ネクストモバイルとWiMAXのデータの使い放題比較

 

WiMAX(ギガ放題プラン)

ネクストモバイル(50GBプラン)

使い放題上限

月内の制限なし

※ただし、3日で10GBを超えた場合は
翌日18:00〜翌2:00まで速度制限モードになる

月内50GBまで

※月内50GBを超えた場合は、
翌月1日まで速度制限モードになる

速度制限モード時の通信速度 1Mbps 128Kbps

WiMAXのギガ放題プランは、3日間で10GBを超えてしまうと速度制限が入りますが、その期間は翌日18:00〜翌2:00の8時間のみ。かつ、速度制限中も通信速度1Mbpsまで出ますので、通常のインターネット利用には困らないでしょう。

ですが、ネクストモバイルはそもそも50GB以上のプランがないので、50GB以上の利用を行うとその月の残りの期間は速度制限モードになってしまいます。

かつ、ネクストモバイルの速度制限モード中の通信速度は128Kbps。ちょっとしたメールの送受信やインターネット閲覧はできるかもしれませんが、「気兼ねなくインターネット接続できるか」と言うと、やや心もとなさがあります。

つまり、「月内でのインターネット通信量が50GBを超えることが見込まれる」という方は、ネクストモバイルよりもWiMAXのギガ放題プランの方が適しているのです。

途中から契約プランの変更ができない

その他ネクストモバイルの痛いところは「契約後のプラン変更ができない」ことです。

ネクストモバイルは前述の通り、20GBプラン、30GBプラン、50GBプランと3つのプランが用意され、それはとても分かりやすくなっているのですが、あとから「やっぱり別のプランにしよう」としたとしても、プランの変更を後からはできないシステムとなっています。

このあたりのフレキシビリティを重要視される方は、WiMAXのギガ放題を選ばれたほうが良いかもしれませんね。

ただし、「インターネット通信量は50GB以内で収まる」という方は、逆に3日間10GBの制限がないネクストモバイルのほうががおすすめになることもあるでしょう。

通信エリアはネクストモバイルが圧勝!

「モバイルWi-Fiルーターを使おうと思っているけど、自分の住んでいるところでインターネットが繋がるか不安…」という地方・山間部にお住まいの方は、ネクストモバイルの方が向いていることが多いでしょう。

なぜならネクストモバイルは、通信回線にソフトバンク回線を利用しており、WiMAXの通信エリアよりも広い地域をカバーできているからです。

ネクストモバイル(ソフトバンク)回線とWiMAX回線の通信エリア比較

東京首都圏での比較

ネクストモバイル(ソフトバンク)回線 WiMAX回線

首都圏では、ネクストモバイル回線、WiMAX回線それぞれサービスエリアの差はそれほど大きくありませんね。…若干、ネクストモバイル回線のカバー率が高そうではあります。

地方(中国地方 広島県付近)での比較

ネクストモバイル(ソフトバンク)回線 WiMAX回線

一方、地方で観た場合は、ネクストモバイル回線のカバー率の方が高いことが一目瞭然です。

右側のWiMAX回線では、サービスエリアで塗りつぶされていないところが多く確認できるのに対して、左側のネクストモバイル回線では殆どがサービスエリアで塗りつぶされています。

地方在住の方や、出張や旅行先でインターネット接続をふんだんに行うという方は、ネクストモバイルの通信エリア網を活用したほうがより良さそうですね。

尚、実際にモバイルWi-Fiルーターをご契約される際は、事前にお住いの地域のサービスエリア状況を確認しておくと良いでしょう。

ネクストモバイルもWiMAXも以下サイトから確認できますので、併せてご参考ください。

ソフトバンクのLTE回線は、地下鉄、新幹線でも強い!

ネクストモバイルの使用するソフトバンクLTE回線は、地下鉄の車内や新幹線車内でも問題なくインターネット接続が可能です。

逆に、WiMAX回線は地下エリアや地下鉄車内、新幹線車内のインターネット接続に弱く、この点でのインターネット利用を重要視されている方はネクストモバイルのモバイルWi-Fiルーターはかなりお薦めでしょう。

通信速度で選ぶならWiMAX

続いては、ネクストモバイル、WiMAXそれぞれのモバイルWi-Fiルーターの通信速度を見ておきましょう。

WiMAX、ネクストモバイルそれぞれの通信速度比較

WiMAX、ネクストモバイルそれぞれ最新端末で比較

端末 通信速度(理論値)
ネクストモバイル(FS030W

Softbank 4G LTE

 下り最大150.0Mbps/上り最大20.0Mbps

Softbank 3G

 下り最大42.0Mbps/上り最大5.76Mbps

WiMAXSpeed Wi-Fi NEXT W05 下り最大708Mbps/上り最大75Mbps

上記表のとおり、通信速度比較ではWiMAXに大きく軍配が上がります。

WiMAXと比較するとネクストモバイルの最大速度(下り)は約5分の1。

通信速度が要求されるオンラインゲームやテレビ会議では、ネクストモバイルは不向きと言わざるとえないでしょう。

とはいえ、映画などの動画視聴やファイルのダウンロードはネクストモバイルでも問題なし

通信速度で圧倒的に有利なWiMAXですが、決してネクストモバイルが遅すぎるという訳ではありません。

通信速度の単位である「bps」とは、1秒間にダウンロード(「下り」の場合)できる通信量を表しています。

例えば、100MBのデータをダウンロードする際にどれだけの速度で済ませられるかで言うと、WiMAXの場合は「最速で0.14秒」、ネクストモバイルの場合は「最速で0.67秒」です。※これらは「最大速度(理論値)」で計算していますので、実際の速度はもっと遅くなります。

つまり、100MBの容量のデータだったとしてもWiMAXとネクストモバイルとではコンマ数秒の差しかないため、「体感的に通信速度が気になる」ということはあまり起こりえないということですね。

一方で、PCSwith、プレイステーション等のオンラインゲームでインターネット接続する場合や、重要なテレビ会議をインターネットで行う場合は速度品質も大きく求められます。

それらシチュエーションにおいては、より通信速度の早いWiMAX(または光回線)を利用されると良いでしょう。

最新機種で比較

続いては、WiMAXとネクストモバイルそれぞれの「最新機種」を比較してみましょう。

WiMAXとネクストモバイルそれぞれの最新機種「スペック」比較

WiMAX「Speed Wi-Fi NEXT W05」、ネクストモバイルは「FS030W」でスペックを記載しています。(どちらも2018年11月現在の最新機種)

名称

WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT W05

ネクストモバイル

FS030W

デザイン

ブラック×ライム/ホワイト×シルバー 

ブラック

サイズ W130×H55×D12.6mm W74.0×H74.0×D17.3mm
重さ 131g 128g

連続通信
時間

ハイパフォーマンスモード:約390

ノーマルモード:約540

バッテリーセーブモード:約630

20時間(Bluetooth通信24時間)

連続待受
時間

クイックアクセスモードOFF時:850時間

クイックアクセスモードON時:38時間

600時間
通信方式 WiMAX 2+、au 4G LTE

Softbank 4G LTE
Softbank 3G

通信速度
(理論値)

下り最大708Mbps/上り最大75Mbps

Softbank 4G LTE
 下り最大150.0Mbps/上り最20.0Mbps
Softbank 3G
 下り最大42.0Mbps/上り最大5.76Mbps

月間の
通信量
無制限 20GB、30GB50GB(プランから選択可能)
同時接続数 最大10 最大15

こうして見ると、WiMAX(Speed Wi-Fi NEXT W05)は「通信速度」と「月間の通信量」で大きなアドバンテージがあるのが分かります。

一方、ネクストモバイル(FS030)は連続通信時間や待ち受け時間といったバッテリー面でのアドバンテージがありますね。

WiMAXにするかネクストモバイルにするかは、こういった双方のアドバンテージを比べながら決めていくと、より後悔のない選択に繋げられるでしょう。

使い道で比較!

最後に、WiMAXとネクストモバイル、インターネット接続時における様々な「使い道」で、どちらの方がよりメリットがあるかについて比較して見ましょう。

WiMAXとネクストモバイルの「使い道」毎のメリット比較

WiMAX ネクストモバイル
インターネット閲覧/メール送受信
コストパフォーマンスも良い
動画鑑賞(月10時間以内)
動画鑑賞(月10時間以上)
50GBプランでないと厳しい
動画鑑賞(月20時間以上) ×
オンラインゲーム(スマホ)
オンラインゲーム
PC、専用ゲーム機)
×
テレビ会議での利用
地下鉄(通勤・通学)での利用

追加オプションの
au LTE 4G回線利用時は問題なし

新幹線車内での利用

追加オプションの
au LTE 4G回線利用時は問題なし

WiMAXとネクストモバイルで、使い道ごとに大きく得意不得意が分かれるのが良く解りますね。

動画鑑賞含め、通信量を潤沢に利用したいという人や、オンラインゲームやテレビ会議の用途でモバイルWi-Fiルーターを利用されようとしている人はWiMAXのほうが適しているでしょう。

一方、インターネット利用はインターネット閲覧やメール送受信がメインで月額料金を安く済ませたい方、通勤・通学等で地下鉄での利用が多いという方はネクストモバイルのほうがお薦めです。

WiMAXとネクストモバイルのお薦め度は「使い道」によって変わる!自分によりフィットする方を選択しよう

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

一度、WiMAXとネクストモバイルそれぞれの、お薦めな人のタイプについてまとめてみましょう。

WiMAXがおすすめの人は、こんな人!

  • 月内のインターネット通信量を気にせず利用したいという方
  • 動画鑑賞やオンラインゲーム、テレビ会議等、通信量や速度が求められる利用を求めている方
  • 外出先でもデータのダウンロード、アップロードをふんだんに行う予定の方
  • 自宅でも固定回線代わりにモバイルWi-Fiルーターを利用されたい方
  • 速度制限モードでの通信制限時の不便をなるべく避けたいという方

ネクストモバイルがおすすめの人は、こんな人!

  • 外出先でのメールチェックやインターネット閲覧等のインターネット利用が多い方
  • モバイルWi-Fiルーターの月額料金を低価格に抑えたい方
  • 地下鉄の電車内、または新幹線内でインターネット接続することがある方
  • WiMAXだと、通信エリア外になってしまうという方
  • 手っ取り早くモバイルWi-Fiルーターを始めたいという方

──このように、WiMAXとネクストモバイルはそれぞれメリット・デメリット一長一短です。

今からモバイルWi-Fiルーターを利用されようとしている方は、ご自身のインターネット接続の「使い道」をしっかり吟味したうえで、どちらにするかを選ばれると良いでしょう。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。