WiMAXのキャンペーンをプロバイダ別で比較!1番お得なキャンペーンを紹介

WiMAXを、キャンペーンがお得なプロバイダ経由で契約しようとお考えの方、「結局、どのWiMAXプロバイダが一番お得なんだろう」と悩まれたりしていませんでしょうか。

現在、どのWiMAXプロバイダも盛況にキャンペーンを実施しています。

「キャッシュバックキャンペーン」から「入会月無料」「新規乗り換え時の違約金保証」などなど、提示される金額もそれぞれのプロバイダで異なっており、「どうやって一番お得なプロバイダ(キャンペーン)を選べば良いんだ!」と思われる方も少なくないことでしょう。

そこで今回は、各WiMAXプロバイダのキャンペーンをそれぞれ比較しながら、お得なプロバイダのキャンペーンの特徴や注意点も併せて詳しくお話していきます。

是非ご覧ください!

WiMAXのプロバイダ別入会キャンペーン比較

WiMAXでは30社以上のプロバイダがサービスを提供していますが、各プロバイダが利用する回線は全て同じなので、プロバイダによって通信速度が速い・遅い、電波が届く・届かないという違いはありません。

また、WiMAX端末も主要プロバイダであれば同じ最新機種を無料で提供していますので、プロバイダによる機種の性能に違いはありません。

WiMAX自体の性能は同一ですので、単純に利用料金で比較すればいいのですが、比較するうえで重要なポイントがあります。

WiMAXの料金はトータルコストで比較する

各WiMAXプロバイダの入会キャンペーンでは「初月無料」「月額○○円〜」「最大○○円キャッシュバック」といった謳い文句で安さ・お得さをアピールしていますが、この金額だけに惹かれてはいけません。

「月額○○円〜」というのは最初の数ヶ月しか適用されないので、全く参考になりません。また、キャッシュバックが高額だとしても利用料金自体が高ければお得にはなりませんよね。

重要なのは「契約期間内に実際にどれだけの料金を支払うことになるのか」です。

WiMAXの現在の契約期間は3年が主流になっており、36ヶ月という長い期間を支払い続けることになるので、わずかな月額料金の違いがトータルコストでは大きな金額になります。

また、トータルコストを明記しているプロバイダはほとんどないので、簡単に比較できません。

ですので、WiMAXの各プロバイダの入会キャンペーンのお得さ・安さが分かるように、トータルコスト・実質月額料金を基準に比較していきます。

比較対象とするWiMAXプロバイダは、以下の主要8社です。

  • GMO とくとくBB
  • JPWiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX
  • @nifty
  • カシモWiMAX
  • So-net
  • UQ WiMAX

WiMAX主要プロバイダの入会キャンペーン比較

「ギガ放題」プランの料金を記載しています。
※トータルコストは、契約期間内の月額料金・初期費用等の合算から、キャッシュバックがある場合は差し引いた金額です。

プロバイダ キャンペーン・特典 契約期間 機種 トータルコスト 実質月額料金
GMO
とくとくBB
最大35,000円
キャッシュバック
3年 W05 120,160円 3,338円/月
W06, WX05 123,060円 3,418円/月
月額値引き 3年 W06, WX05 125,660円 3,491円/月
JPWiMAX Amazonギフト券
10,000円分プレゼント
3年 W06, W05 124,800円 3,467円/月
BIGLOBE
WiMAX
キャッシュバック+
値引き特典
3年 W06, WX05 129,310円 3,592円/月
月額料金大幅値引き 3年 W06, WX05 133,320円 3,703円/月
Broad WiMAX 月額最安プラン 3年 W06, WX05 132,176円 3,672円/月
@nifty キャッシュバック 3年 W06, WX05 135,141円 3,754円/月
カシモWiMAX 新端末プラン 3年 W06, WX05 135,668円 3,768円/月
So-net ギガ放題プラン 3年 W06, WX05 148,656円 4,129円/月
UQ WiMAX 最大13,000円
キャッシュバック
3年 W05 150,112円 4,170円/月
W06 160,112円 4,448円/月

WiMAXの主要8プロバイダを比較して分かるのは、一目瞭然で「GMOとくとくBB」が断然安いということですね。

GMOとくとくBBでは、キャッシュバックは月額値引きといったキャンペーンを用意しており、どちらでも他社よりもお得な内容になっています。

JPWiMAXもGMOとくとくBBに匹敵するほどの安さを誇っていますが、こちらはAmazonギフト券10,000円分によるキャシュバック扱いなので、Amazonをよく利用される方におすすめです。

機種については、2019年1月登場の「W06」と2018年11月登場の「WX05」が最新端末ということになります。

プロバイダによっては、W06より1年前の2018年1月発売の「W05」を扱うところもあり、最新端末よりも安い利用料金で提供していますので、安いなら旧端末でも問題ないという方であれば、検討の余地ありですね。

WiMAXの契約期間、機種については以下の記事でも紹介しています。

WiMAXのおすすめの契約期間は?全4パターンのメリット・デメリット

WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

WiMAXのキャンペーンに関するデメリットと注意点

ここからは、WiMAXプロバイダの特にお得なキャンペーンを活用する際の、特徴や注意点をご紹介します。

GMOとくとくBB

プロバイダ キャンペーン・特典 契約期間 機種 トータルコスト 実質月額料金
GMO
とくとくBB
最大35,000円
キャッシュバック
3年 W05 120,160円 3,338円/月
W06, WX05 123,060円 3,418円/月
月額値引き 3年 W06, WX05 125,660円 3,491円/月

圧倒的な安さでWiMAXのサービスを提供するGMOとくとくBBは、高額キャッシュバックを売りにしており、その金額は毎月変動しており、機種によっても異なります。

2019年8月現在、「最大35,000円」に該当するのは「W05」となっており、最新端末である「W06」や「WX05」では32,100円とキャッシュバック額に2,900円の開きがあります。

GMOとくとくBBはキャッシュバックだけでなく、「月額値引き」特典でも他社よりも断然安く、業界内でも安いと評判のBroad WiMAXよりもトータルコストで6,500円ほどさらに安いという驚異の安いです。

キャッシュバックについては、契約後11ヶ月目に案内のメールが届いてから手続きするという「受け取りリスク」があるため、その手間が面倒くさくない方・忘れずに手続きができる方には問題ありませんが、そうでない方には「月額値引き」特典がおすすめですね。

キャッシュバックについては以下の記事でも紹介しています。

WiMAXのキャッシュバックはお得なの?受取率30%の真実とおすすめ料金プラン

JPWiMAX

プロバイダ キャンペーン・特典 契約期間 機種 トータルコスト 実質月額料金
JPWiMAX Amazonギフト券
10,000円分プレゼント
3年 W06, W05 124,800円 3,467円/月

JPWiMAXは、フォン・ジャパン株式会社というWi-Fiサービス「FON」を世界的に展開する企業が提供するWiMAXプロバイダですが、WiMAXのサービス開始は2018年からと比較的最近です。

WiMAXの入会キャンペーンとしては珍しく、「Amazonギフト券」によるキャッシュバック特典を用意しており、契約後すぐに発行手続きが行えるのが特徴です。

通常、WiMAXのキャッシュバック特典は、半年〜1年後になってようやく手続きが行えるため、受け取り忘れが起こりやすいのですが、JPWiMAXであればその心配がないのが嬉しいですね。

月額料金も安く提供しているため、Amazonギフト券のキャッシュバック分を差し引くと、トータルコストはGMOとくとくBBに匹敵するほどの安さです。

機種は「W06」「W05」から選択できますが、料金は変わらないので「W06」を選ぶのが無難です。

JPWiMAXの注意点としては、契約違約金が他社よりも高く、24ヶ月以内の解約時には端末違約金(契約月残数×1,600円)が発生するので、3年以内の解約が想定される方は、別のプロバイダにしたほうがいいかもしれません。

JPWiMAXと他プロバイダの契約違約金の比較

プロバイダ 〜12ヶ月 〜24ヶ月 〜36ヶ月 37ヶ月以降
JPWiMAX 30,000円 25,000円 25,000円 9,500円
他社主要WiMAXプロバイダ 19,000円 14,000円 9,500円 9,500円

JP WiMAXの良い評判・悪い評判!契約前に知るべきメリット・デメリット

BIGLOBE WiMAX

プロバイダ  キャンペーン・特典  契約期間  機種 トータルコスト  実質月額料金 
BIGLOBE
WiMAX
キャッシュバック+
値引き特典
3年 W06, WX05 129,310円 3,592円/月
月額料金大幅値引き 3年 W06, WX05 133,320円 3,703円/月

知名度の高い老舗インターネットプロバイダでありつつ、サポート品質も充実しているなど、クリーンなイメージも強いBIGLOBE WiMAXです

BIGLOBEのキャッシュバックの受取手続き開始は、契約月より9ヶ月目になります。キャッシュバックのあり or なしで特典が選べるは嬉しいですね。

注意点としては、BIGLOBEもJPWiMAX同様、2年以内の解約時にデータ端末代残債分(契約月残数×800円)を請求されます。

再契約でもキャンペーン適用が可能

キャッシュバックなどのキャンペーン特典は、WiMAX各社で基本的には1度しか適用されませんが、BIGLOBEでは「BIGLOBE ID」を新しく取得することで、再契約時にもキャンペーンが適用されるようです。

気に入ったプロパイダでの再契約時にもキャンペーン特典がもらえれば、言うことなしですよね。

BIGLOBE WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

Broad WiMAX

プロバイダ キャンペーン・特典 契約期間 機種 トータルコスト 実質月額料金
Broad WiMAX 月額最安プラン 3年 W06, WX05 132,176円 3,672円/月

Broad WiMAXは、月額料金の安さで定評があり、「他WiMAXからの乗り換え時の違約金負担」もあるので、WiMAX乗り換え先としては最有力候補です。

キャンペーンで注意すべき点は、2年以内に解約した場合、通常の違約金に加え「特典違約金」を請求されることです。

Broad WiMAXはキャンペーン無しの場合初期費用として「18,857円」が発生していて、キャンペーンを適用することによりその分の金額が無料になっています。

そして、2年以内解約の場合は、その「18,857円」を返却する必要があり、それが「特典違約金」となります。

このことを知らずに2年以内で解約すると、通常の解約違約金(14,000円〜19,000円)と併せて特典違約金が発生してしまい、一気に3〜4万円の損失になってしまいのでご注意ください。

Broad WiMAXの評判は良い?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBB

一番キャンペーンがお得なプロバイダは、前述の通り「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

WiMAXのキャンペーンでは、キャッシュバック額が充実しているプロバイダも多くありますが、その最たるプロバイダが「GMOとくとくBB」です。

しかし、キャッシュバックは契約後1年ほど経過しないと受け取る手続きが行えないので、受け取るリスクが発生するのもまた事実です。

GMOとくとくBBでは、そんな方にも安心な「月額値引き特典」も用意しており、トータルコストではキャッシュバックには及ばないものの、他のプロバイダと比べても安い月額料金で利用できます。

まとめ WiMAXキャンペーンは、メリットと注意点、両方しっかりチェックを!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

WiMAXプロバイダのキャンペーンの盛況ぶりと、同時に意識しておかないと大変な注意点、デメリット、両方ともイメージも付かれたのではないかと思います。

キャンペーンには条件・ルールがつきもの。

そして、その条件・ルールをしっかり把握した人が、そのキャンペーンのメリットを100%享受できるのです。

WiMAX契約時のキャンペーンを最大限お得にしていける為にも、この記事がお役に立てることを願っております。


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。