WiMAX3年プランが1番お得に契約できるおすすめプロバイダ【2019年最新版】

「WiMAXを3年契約で申し込むとしたら、どのプロバイダが一番お得なんだろう」と考えていませんか。

WiMAXの月額料金は大体3,500〜4,500円ほど(ギガ放題プランの場合)。この金額を3年間──つまり36回支払い続ける訳ですから、価格面でのアドバンテージにはぜひともこだわりたいところでしょう。

かつ、最近はどのWiMAXプロバイダも契約期間を長めにしてくる傾向があり、以前は2年契約が主流でしたが今はどのプロバイダも3年契約が主流となっています。

つまり、「WiMAXを3年契約で申し込む際の、一番お得なプロバイダ探し」は、WiMAXの利用を検討されている方でしたら誰しもが関わる問題ということでしょう。

そこで今回は、そんなWiMAXの契約プランのトレンドと、2019年におけるWiMAX3年プランがお得に契約できるプロバイダについて詳しくお話していきます。

是非ご覧ください!

【GMOとくとくBB】: https://gmobb.jp GMOとくとくBB 月額値引き

2019年WiMAXは3年契約プランが主流に

さて、前段で「WiMAXは3年契約が主流になりつつある」とお話しました。

実際それまで2年契約が主流ではあったのですが、ちょうど2018年11月に新機種である「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が登場してからというもの、殆どのプロバイダは契約期間を3年契約にシフトしています。

参考:国内の主要WiMAXプロバイダと契約期間(2019年8月)

プロバイダ名 契約期間
UQ WiMAX 2年、3年、4年
GMOとくとくBB 3年
Broad WiMAX 3年
Biglobe WiMAX 3年
カシモWiMAX 3年
@nifty WiMAX 2年、3年
So-net WiMAX 3年
DTI WiMAX 3年
楽天 WiMAX 3年
Drive WiMAX 1年、2年

上記表で確認できます通り、殆どのプロバイダは契約期間を「3年」としています。

また、WiMAX最新機種として2019年1月に発売された「W06」や、2018年11発売の「WX05」で契約する場合はどのプロバイダも3年プランしか対応しておらず(※UQ WiMAX、@nifty WiMAXのみ2年契約に対応していますが料金が割高)、今からWiMAXの契約を行う際は、3年契約前提での検討になるでしょう。

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴

  • 下り最大通信速度1.2Gbpsのギガスピード対応
  • 高性能ハイモードアンテナ搭載で電波が届きにくかったエリアでの受信感度の向上
  • Wi-Fi TXビームフォーミングで対応端末に効率的に電波を送信
  • スマホアプリで端末の通信モード切替などをスマホから簡単に設定
  • 通信モード自動切替機能でハイスピードプラスエリアモードの使い過ぎを防止

WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

Speed Wi-Fi NEXT WX05の特徴

  • WiMAXハイパワー対応で通信速度が20%UP
  • 混み具合が確認できる画面!Wi-Fiのチャネルが切り替え可能
  • Wウイングアンテナ搭載クレードルで実行速度30%UP
  • 通信量カウンタ連動機能追加でデータ通信量制限を未然に防げる
  • 初心者にも安心のおまかせ一括設定
  • バッテリーの性能が高い!

最新ルーター「WX05」スペック完全ガイド! WiMAXがさらに使いやすく

WiMAXの契約期間については、以下記事でも詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

WiMAXのおすすめの契約期間は?全4パターンのメリット・デメリット

2年契約できるプロバイダは極わずか

一方で、「それでも2年契約可能なWiMAXプロバイダもあるよね?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

たしかに、現在(2019年1月)においてはUQ WiMAX、カシモ WiMAX、@nifty WiMAX、DTI WiMAX、Drive WiMAXのプロバイダが2年契約が可能となっています。

ですが、これらプロバイダで2年契約する際にいくつか条件・デメリットがあります(下記表を参照)。

プロバイダ名 契約期間 条件・デメリット
UQ WiMAX 2年、3年、4年 他のプロバイダと比べて、月額料金がやや高め
@nifty WiMAX 2年、3年 2年契約はキャンペーン対象外のため、月額料金がやや高め
Drive WiMAX 1年、2年 端末が新古品または中古品

トータル的な料金もお得で、かつ人気・実績のあるプロバイダはすべて3年契約に踏み切っていることを踏まえると、やはり「2年契約」にこだわらずに契約先のプロバイダを検討したほうが良さそうです。

料金重視ならネクストモバイルも要検討

それでもやはり2年契約が良くて、かつコストパフォーマンスを気にされる方は、株式会社グッド・ラックが提供するモバイルWi-Fiルーター、「ネクストモバイル」も併せてご検討されると良いかもしれません。

ネクストモバイルのメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 2年契約が可能
  • 月額料金2,760円〜と、モバイルWi-Fiルーターでは最安級
  • とにかく電波の入りが良い!地下鉄・新幹線の走行中でも通信可能
  • 工事不要で手軽に始められる!かつ最短翌日に開通

一方、ネクストモバイルのデメリットとしては、通信速度がWiMAXと比べるとやや遅いこと(下り最大150Mbps)、そして月間の通信量に制限があることです。

これらメリット、デメリットを照らし合わせて、「自分はネクストモバイルと相性が良いかも…」という方は、併せて以下記事もご覧になられると良いでしょう。

ネクストモバイルは最強のWi-Fiルーター?メリット・デメリットまとめ

WiMAXとネクストモバイルどっちが良い?メリット・サービスの差比較

3年契約プランで失敗しないプロバイダの選び方

さて、ここからは実際にWiMAXを3年契約プランで契約する際の、プロバイダの選定方法について見ていきましょう。

3年契約でのWiMAXプロバイダの選び方で、特に意識したいのは以下の5点です。

  • 3年間(36か月間)トータルの月額料金の安さを確認
  • キャッシュバックより月額割引キャンペーンを重視する
  • いざというときの「キャンセル期間の長さ」を見る
  • 契約時の有料オプションの加入条件の有無をチェック
  • 選べる端末の多さ(最新端末対応)の確認

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

3年間(36か月間)トータルの月額料金の安さを確認

冒頭でも述べましたが、3年契約ということは毎月の月額料金を計36回支払うことになります。

ですので、36回分月額料金のトータルコストはぜひとも計算しておきましょう。

「契約月0円」であったり、「契約から1〜3か月間、月各料金を大幅値下げ」としているプロバイダが多くありますが、その後の基本料金が割高でしたら結局トータルコストも上がってしまいますのでご注意ください。

実際にトータルコストのお得なプロバイダについては、「3年プランが1番お得に契約できるおすすめプロバイダ」にて詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

キャッシュバックより月額割引キャンペーンを重視する

前述の「トータルコストの安さ」について、キャッシュバックキャンペーンも加味して考慮すべきかについて悩まれる方もいらっしゃることでしょう。

現在いくつかのプロバイダで、キャッシュバック額数万円という、いわゆる「高額キャッシュバック」を展開していますので、自然とキャッシュバックキャンペーンへの関心は高まりますよね。

ですが結論から言えば、キャッシュバックは確かにお得ですが、それよりも無条件で適用される「月額割引」を優先して検討したほうが良いでしょう。

なぜなら、キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック額は、「必ず受け取れる」とは限らないからです。

キャンペーンのキャッシュバック額を受け取れないケース

  • 契約後しばらく経ってから来るプロバイダからの案内メールに気付かずに過ごしてしまった
  • キャッシュバック額受け取りの為の手続きを怠ってしまった
  • 致し方ない理由で、途中解約することになった

特に注意したいのは、上記1つ目と2つ目になりますが、実際にキャッシュバックキャンペーンが適用される利用者は全体の30%程、と言われています。つまり、上記ケースは決してレアなわけではなく、「誰しもが起こりえるケース」という訳ですね。

WiMAXのキャッシュバックはお得なの?受取率30%の真実とおすすめ料金プラン

キャンペーンを適用するプロバイダの方からすれば、キャンペーンが適用されない方が自社の利益になりますし、上記記事内にある「ネットユーザーの、WiMAXキャッシュバック受け取りについての声」を見る限りでも、プロバイダ側で必要以上に懇切丁寧にフォローしてくることもあまり期待しない方が良いでしょう。

反面、キャッシュバックキャンペーンの代わりに「月額割引」をキャンペーンとしているプロバイダも多くあります。この場合はほぼ無条件で割引が適用されるので、確実にコストパフォーマンス改善に繋げられる、ということですね。

いざというときの「キャンセル期間の長さ」を見る

WiMAX契約の際に注意したいのが、「やっぱり使えなかった(あまり便利に活用できなかった)」というケースです。ご存知の通り、WiMAXはじめモバイルWi-Fiルーターは契約期間中に解約すると高額の解約違約金が発生してしまいます。

参考:WiMAXの解約違約金の金額表(UQ WiMAXの場合)

WiMAXを3年契約した場合

解約タイミング(課金開始月を1か月目とした場合) 解約違約金
1〜13か月目 19,000円
14〜25か月目 14,000円
26〜37か月目 9,500円
38か月目(契約更新月) 0円
39か月目〜次の契約満了月まで 9,500円

上記はUQ WiMAXの解約違約金の金額表ですが、その他のWiMAXプロバイダもほぼ同様です(なかには、上記以上の金額が発生するプロバイダもあります)。

一方、「契約したWiMAXだけど、やっぱり使えなかった」といった事態になったときの為に、多くのプロバイダは初期不良等の無料キャンセル制度を設けています(※事務手数料は返却されません)。

契約先候補のプロバイダをネットで確認した際に、この初期キャンセルを対応しているか、またそれら内容についてわかりやすく親切に記載しているかについて、事前に確認しておくと良いでしょう。

WiMAXは8日以内なら無料キャンセル可能!初期契約解除制度とは

契約時の有料オプションの加入条件の有無をチェック

WiMAXを3年契約で申し込む際に、併せて確認したいポイントとして「契約時の有料オプションの有無」があります。

有料オプションは、主に以下のような機能・サービスの利用と引き換えに、基本の月額料金の他に発生する費用になります。

  • 故障・破損・紛失等が起きた際の補償サービス(安心サポート等)
  • セキュリティ対策サービス(ウィルス対策やパスワード保護等)
  • 会員料金(メールアカウント、メールボックス利用等の付加サービス付であることが多い)
  • その他

大体が数百円くらいの金額ではあるのですが、それが3年間続くとなると相応の額になってきます。

また、「個の有料オプションを登録しないと、キャンペーンが適用されません」といった条件を付けるプロバイダも少なくありませんので、ここも是非チェックしておくと良いでしょう。

WiMAXの有料オプションが無料・なしで契約できるおすすめプロバイダ

選べる端末の多さ(最新端末対応)の確認

前の章でも少し触れましたが、WiMAXプロバイダ選びの際は、「そのプロバイダで、最新端末を含めて多くの端末を選べるか」もチェックしておくべきでしょう。

こちらはいくつか理由があって、まずWiMAX機器自体、最新端末と旧端末とでスペック差が相応にあること、そして選べる端末の多さはそのプロバイダのこれまでの実績や機器保有力にも繋がってくることが挙げられます。

現在でしたら、最新端末としてW06、またはWX05がありますので、どちらにすべきか悩むところですね。

  • 通信速度を重視するのであればW06
  • バッテリー性能を重視するのであればWX05

と選んでおけば問題ないと思います。

一方、契約後もサポートや問い合わせ等を期待するとしたら、そのプロバイダの実績・信頼性も見ておくべきです。その際に、対応製品のラインアップの豊富さは、一つの指標となるでしょう。

3年プランが1番お得に契約できるおすすめプロバイダ

ここからは、いよいよ「3年プランが1番お得に契約できるおすすめプロバイダ」について見ていきたいと思います。おすすめのプロバイダとしてピックアップするのは以下の5つです。

  • GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン
  • GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン
  • @nifty WiMAX
  • Broad WiMAX
  • So-net WiMAX

更に「この5つのプロバイダで、最もおすすめはどこか」について気になる方もいらっしゃることでしょう。そこで、これらプロバイダの3年間のトータルコストについて見ていきましょう。

3年契約プランでおすすめのプロバイダ 料金比較

※3年契約および「ギガ放題プラン」で契約の場合

  GMOとくとくBB (キャッシュバック) GMOとくとくBB (月額割引) JPWiMAX Broad
WiMAX
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
端末発送月 3,609円(日割り) 2,170円(日割り) 0円 2,726円の
日割り計算
1か月目 3,609円 2,170円 2,840円 2,726円
2か月目 3,609円 2,170円 2,840円 2,726円
3〜24か月目 4,263円 3,480円 3,520円 3,411円
25〜36か月目 4,263円 3,480円 3,520円 4,011円
キャッシュバック
特典
-32,100円 ――― ――― ―――
トータルコスト
(3年間)
116,160円 127,830円 128,360円 134,352円

3年間のトータルコストでみると、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンが群を抜いて安いですね。次いで安いのは、おなじくGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンとなっています。

続いては、これらプロバイダにて、前述の「3年契約プランで失敗しないプロバイダの選び方」で挙げた項目のどれだけをクリアしているかについても見てみましょう。

  GMOとくとくBB (キャッシュバック) GMOとくとくBB (月額割引) @nifty WiMAX Broad
WiMAX
So-net WiMAX
トータル料金の安さ
月額割引
(キャッシュバック
に依存しない)
×
キャンセル期間の
長さ

20日以内

20日以内

8日以内

8日以内

8日以内
有料オプションの
有無

ほぼ無し
(解約可)

ほぼ無し
(解約可)

非会員の場合は会員量が発生

ほぼ無し
(解約可だが、初月のみ料金発生)

非会員の場合は会員量が発生
選べる端末の多さ

こうして見ると、一番バランスの良いのが「GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)」となってきますね。

3年契約プランで一番おすすめのプロバイダは、「GMOとくとくBB」の月額割引キャンペーン

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」、「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

WiMAXプロバイダ「GMOとくとくBB」の特徴・強み

  • トータルコストが他のWiMAXプロバイダより安い
  • 選べるキャンペーンプラン(キャッシュバックキャンペーン、月額料金割引キャンペーン)
  • 最新端末を選べる
  • 利用者数が多く、実績も豊富

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンでは、「ギガ放題プラン」か「7GBプラン」かの2つのプランから選ぶことができ、どちらも3年(36カ月)までの利用の場合、月額料金も3,000前後とかなりリーズナブルです。

GMOとくとくBB 月額料金キャンペーンの「ギガ放題プラン」

GMOとくとくBB 月額料金キャンペーンの「7GBプラン」

また、GMOとくとくBBは契約後の送料無料の即日発送、機種代0円等、サービス品質もトータルで水準が高く、安心して契約することができるでしょう。

GMOとくとくBB 月額値引き

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きがおすすめ!

まとめ) 3年契約でWiMAXプロバイダを選ぶ際は、慎重にかつ最新情報をチェックして

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

WiMAXの「3年契約」という、長い期間のサービス利用に向けて、慎重なプロバイダ選びの際にお役立てできる情報としてご活用できるのではと思います。

一方で、WiMAXのサービス動向は非常に流れが速く、数か月後にはまったく異なる傾向やおすすめプロバイダが顕れるかもしれません。

ですので、これからWiMAXをご契約されようとされる皆さんは、必ず契約前のタイミングで各WiMAXプロバイダの料金・キャンペーン情報等をチェックされることをおすすめします。

もちろん、このサイトでもお役立てできる最新情報を順次発信していきますので、その際にも是非ご活用いただければと思います。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!

【GMOとくとくBB】: https://gmobb.jp GMOとくとくBB 月額値引き


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。