お試し利用できるモバイルWi-Fiサービスで通信速度を試してみよう

「ポケットWi-FiやWiMAXのモバイルWi-Fiサービスを、まずは『お試し』で利用したい」と考えている方は多くいらっしゃることでしょう。

現在、国内において非常に多くのモバイルWi-Fiサービスが提供されていますが、通信速度や繋がりやすさはそれぞれ違いがあります。

モバイルWi-Fiサービスを本格的に利用する前に、まずはお試しで速度・繋がりやすさを確認しておきたいところですよね。

本記事では、無料または低料金でお試し・試用できるモバイルWi-Fiサービスを集めて紹介しています。

それぞれのサービスの特徴・メリットを見比べて、お試し利用の候補出しに役立ててください!

モバイルWi-Fiは工事不要なので「お試し」が可能

インターネットの接続をする際の主なサービスは、以下の二通りがあります。

  • 光回線等の固定回線サービス
  • ポケットWi-Fi、WiMAX等のモバイルWi-Fiサービス

このうち前者の固定回線では、利用前に「初期工事」が必要になるため、基本「試用」はできません。ですが、WiMAXやポケットWiFiをはじめとするモバイルWi-Fiサービスでは初期工事が不要です。

そのため、いくつかの運営会社・プロバイダではモバイルWi-Fiの「お試しサービス」を展開しているのです。

モバイルWi-Fiサービスを利用予定の方は、契約後に「思ったよりインターネットの接続が悪かった」「通信速度が遅い」といった後悔をしないためにも、「お試しサービス」は是非とも試してみるべきでしょう。

ちなみに、モバイルWi-Fiサービスのお試しサービスは、それぞれの運営会社・プロバイダが独自に提供しており、発生する料金(無料かどうかも含め)やお試しの期間などの条件は様々です。

最新端末のモバイルWi-Fiをお試し利用できるところもありますが、多くは準最新機種や少し少し古い端末での利用になります。

モバイルWi-Fiお試しのメリット

ここで一度「モバイルWi-Fiお試しのメリット」についてまとめておきましょう。

モバイルWi-Fiサービスをお試しで利用するメリットは、大きく以下の2つがあります。

契約前にいろんな場所で電波状況・通信速度を試せる

冒頭にて「通信速度や繋がりやすさはそれぞれ違いがある」とお伝えしましたが、特に都心部から離れてお住いの方、インターネットの接続場所が地下や建物の奥まったところで利用される方は、モバイルWi-Fiの種類によっては期待するインターネット接続ができない可能性もあります。

それら可能性を事前に払拭していくうえでも、モバイルWi-Fiのお試しサービスは有用と言えるでしょう。

お試しで利用できる端末は古い機種になることが多いですが、繋がりやすさや通信速度は最新端末と大きく変わることは殆どありません。お試し用のモバイルWi-Fiで実際にインターネット接続してみて、通信可能か・速度は充分かについて確認することができます。

低料金で確認でき、解約リスクを減らせる

多くのモバイルWi-Fiサービスは契約期間を「1〜3年間」と設定しており、契約期間内に解約する場合は数千円〜数万円の解約違約金(解約手数料)が発生します。

お試しサービスでしたら、これら解約違約金の発生リスクを気にせず、かつ無料に近い料金で利用できるということですね。

モバイルWi-Fiサービスを「とりあえず」で契約して万一使えなかったときに数万円という費用が請求されることを避けるうえでも、モバイルWi-Fiのお試しサービスは有効です。

低料金または無料で試用できるモバイルWi-Fiサービス

さて、ここからは具体的なモバイルWi-Fiのお試しサービスを紹介していきます。

現在(2020年1月)、低料金または無料でお試し・試用できるモバイルWi-Fiサービスは、以下4点です。

  • WiMAX:UQ WiMAXの15日間無料お試しサービス「Try WiMAX」
  • WiMAX:jp WiMaxの1週間0円レンタル
  • ソフトバンク回線:FUJI WiFi「7日間おためし10円」
  • ソフトバンク回線:STAR WiFi「7日お試しプラン STAR-7」

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

【WiMAX】UQ WiMAXで15日間無料お試し「Try WiMAX」

「お試し利用できるモバイルWi-Fiサービス」ではじめに紹介するのは、WiMAX提供元のUQ WiMAXの「Try WiMAX」

無料で15日間の試用が可能です(返却期日までにUQ WiMAXの運営会社UQコミュニケーションズに届くように発送する必要があります)。

WiMAXは「通信速度の速さ」「月内インターネットほぼ使い放題(ギガ放題プラン)」のメリットを有する一方、「地下や建物の奥まった場所では(他のモバイルWi-Fiと比較して)やや繋がりにくい」といったデメリットもありますので、不安な方はTry WiMAXで試用しておくと良いでしょう。

以下、Try WiMAXのお試しサービスとしての特徴を紹介します。

約2週間の試用が可能

他のモバイルWi-Fiお試しサービスでは、試用できる期間は概ね1週間程度ですが、Try WiMAXの利用期間は2週間と長めです。

これだけの期間の猶予があれば、インターネット接続の確認を時間や場所を変えて試してみるなど様々な検証もできるでしょう。

最新機種も選択できる 

Try WiMAXでは、WiMAXの最新機種を選ぶこともできます。

WiMAXは機種が新しくなる毎に通信速度も改善されてきていますので、モバイルWi-Fiの通信速度を重要視する方は最新機種「W06」(2020年1月現在)のお試しをされると良いかもしれませんね。

ただし、WiMAXは準最新機種の「WX05」「W05」でも他のモバイルWi-Fiと比較して充分すぎるほどの通信速度ですので、通信速度にあまりこだわらないという方は最新機種でなくても充分お試しの効果は得られるでしょう。

また、在庫状況によっては最新機種のお試しができない場合もありますので、ご注意ください。

参考:Try WiMAXでお試しできるWiMAXと、各機種の下り最大通信速度

  機種 外観 回線 下り最大通信速度
モバイル
ルーター
W06 WiMAX回線 867Mbps、1.2Gbps(USB接続)
WX05 WiMAX回線 440Mbps
W05 WiMAX回線 708Mbps
ホーム
ルーター
L02 WiMAX回線 867Mbps、1Gbps(LAN接続)
HOME 01 WiMAX回線 440Mbps
L01S WiMAX回線 440Mbps

WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

最新ルーター「WX05」スペック完全ガイド! WiMAXがさらに使いやすく

WiMAX HOME L02スペックガイド!HOME01比較とおすすめプロバイダ紹介!

申し込みにはクレジットカードが必要

Try WiMAXのサービス利用の際の注意点としてひとつ挙げておきたいのが、「申し込み時にクレジットカードの登録が必要になる」ということです。

Try WiMAX自体には料金の発生はないのですが、万一何かしらの理由でお試しの端末を返却できなかった時に違約金が発生するため、運営会社のUQコミュニケーションズのほうで、事前にクレジットカードの登録を設けているのです。

現在クレジットカードをお持ちでない方や何かしらの理由でクレジットカードでの登録ができない方は、Try WiMAXのお試しサービスは利用できませんのでご注意ください。

Try WiMAX 15日間無料お試しの料金

さて、気になるTry WiMAXの料金は以下の通りです。

利用料 0円
返却時の送料 ゆうパック着払いのため0円

Try WiMAXの利用料は完全無料、更に返却時の送料もゆうパック着払いのため0円となっています。

料金が全く発生せずにWiMAXの最新機種のお試しができるというのは、他のお試しサービスと比較してもかなり大きなアドバンテージと言えるでしょうね。

Try WiMAXで無料お試し!レンタルする前に知るべき注意点まとめ

【WiMAX】JP WiMAXの1週間無料レンタルプラン

続いて紹介するのは、JP WiMAXの「1週間無料レンタルプラン」です。

こちらもTry WiMAX同様にWiMAXのレンタルが可能で、更にはレンタル後にそのまま契約すると「通常3,000円の事務手数料が無料になる」という特典も付いています。

一方、JP WiMAXのお試しサービスでは、WiMAXの最新端末「W06」を選ぶことはできません(お試し後にそのまま契約する場合は、契約時に選択した機種端末が改めて送られてきます)。

また、JP WiMAXのお試しサービスを利用する際はTry WiMAX同様に「クレジットカードの登録」が必要となります(お試し終了後返却する・そのまま契約するに関わらずクレジットカードの手続きが必要)。

JP WiMAX「1週間無料レンタルプラン」でお試しできる機種

  機種 外観 回線 下り最大通信速度
モバイル
ルーター
W05 WiMAX回線 708Mbps
ホーム
ルーター
L01S WiMAX回線 440Mbps

JP WiMAX 1週間0円レンタルの料金

JP WiMAX1週間0円レンタルの料金は、以下の通りです。

利用料 0円
返却時の送料 利用者負担

返却時の送料は「利用者負担」となっていますので、ここで若干の費用(数百円〜千円程度)が発生します。

ただし、その分の費用で1週間WiMAXをレンタルできると考えると、非常にお得なレンタル料金と言えるでしょう。

JPWiMAXの良い評判・悪い評判!契約前に知るべきメリット・デメリット

【ソフトバンク回線】FUJI Wifiで7日間おためし10円

続いては、ソフトバンク回線のモバイルWi-Fiをお試し利用できるサービス「FUJI Wifi」を紹介します。

上記図で紹介されている通り、FUJI Wifiでは7日間10GBまで利用できるお試しプランが用意されています。

ちなみに、この10ギガ10円おためしキャンペーンは期間限定サービスで、通常は500円で提供しています。

FUJI WiFiのお試しプランで用意されている回線は「ソフトバンク回線」。前述のWiMAX回線と比較した際に通信速度は劣りますが、「繋がりやすさ」においてはソフトバンク回線の方が勝ります。

一点注意したいのが、FUJI Wifiのお試しプランでは「機種の選択」ができないことです。2020年1月現在において対象となる機種端末は以下のFS030Wのみとなります。

その他、お試しプラン申し込み時にクーポンコードが必要となりますのでご注意ください。

FUJI WiFi「10ギガ10円おためしキャンペーン」でお試しできる機種

機種 外観 回線 下り最大通信速度
FS030W ソフトバンク回線 150Mbps

FUJI WiFi 10ギガ10円おためしキャンペーンの料金

利用料 税別10円
返却時の送料 レターパック同封のため無料
クーポンコード otameshi2019

FUJI WiFi「10ギガ10円おためしキャンペーン」の利用料金は「10円」のみ。返却時の送料はレターパック同封のため無料となります。

返送期日はレンタル終了日の翌日(当日消印有効)となります。

FUJI Wifiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

【ソフトバンク回線】STAR WiFi

その他、1週間のお試しが可能なモバイルWi-Fiサービスに「STAR WiFi」があります。

STAR WiFiでは「7日お試し プラン STAR-7」というサービスを紹介しており、実質手数料980円(税別)でモバイルWi-Fiの試用ができます。

ただし、実際は申し込み時に契約事務手数料(税別2,980円)、新規端末登録料(税別4,980円)、月額料金(月額税別3,373円〜)、安心保障(※オプション月額税別500円)が発生しており、上記お試しプラン適用条件として「7日以内の返却」を行った際にそれら全て返金処理となる仕組みとなっています。

つまり、STAR WiFiのお試しプランは「お試し」というよりも「キャンセル対応」の要素のほうが強いということですね。

モバイルWi-Fiのキャンセル対応は、STAR WiFi以外の各運営会社・サービスでも実施されています。詳細は、「モバイルWi-Fiサービスは8日以内の契約解除が可能」をご参考ください。

STAR WiFi「7日お試し プラン STAR-7」でお試しできる機種

機種 外観 回線 下り最大通信速度
FS030W ソフトバンク回線 150Mbps
601HW ソフトバンク回線 612Mbps
602HW ソフトバンク回線 612Mbps

STAR WiFi 7日お試し プラン STAR-7の料金

利用料 返金手数料税別980円
返却時の送料 利用者負担

STAR WiFi「 7日お試し プラン STAR-7」を利用する際の料金は、返金手数料の980円と返却時の送料(数百円〜千円程)になります。

また、前述の通り初回に通常契約時の料金(契約事務手数料、新規端末登録料、月額料金等)が発生しますので、後に返金対応になる点と併せてご注意ください。

STAR WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

1ヶ月間レンタルできるモバイルWi-Fiサービス

さて、ここまで紹介した「お試し利用できるモバイルWi-Fiサービス」は1〜2週間といった短期間での利用に制限されますが、「それだけの短い期間の試用では、心もとない」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

一方、モバイルWi-Fiサービスの中には1ヶ月単位でレンタルできるサービスもあります。

さすがに料金は無料とはいきませんが、月単位で利用することによって通信速度や繋がりやすさの確認はもちろん、「月間のデータ利用量」が足りるかどうかも確認でき、よりご自身の利用状況に合ったモバイルWi-Fiサービスを選択しやすくなるでしょう。

FUJI Wifiは3タイプの回線のモバイルWi-Fiルーターがレンタル可能

お試し目的で「1ヶ月レンタルできるモバイルWi-Fiサービス」で、もっともおすすめできるのが「FUJI WiFi」です。

FUJI WiFiは非常に多くのプランを取り揃えており、インターネット回線においても「トリプルキャリア回線(ソフトバンク、au、ドコモの最適な回線を自動選択)、ソフトバンク回線、WiMAX回線の3つのタイプを選ぶことができます。

参考:FUJI WiFiの各プランとモバイルWi-Fi機種一覧

プラン名 機種 外観 回線 下り最大通信速度

快適クラウドプラン・100ギガクラウドプラ

Glocal ME3 トリプルキャリア回線
(ソフトバンク、au、ドコモの最適な回線を自動選択)
150Mbps
50ギガプラン・25ギガプラン FS030W ソフトバンク回線 150Mbps
WiMAX2+プラン W05 WiMAX回線 440Mbps
W04 WiMAX回線 440Mbps

上記の各プランを選択・検討する際は、まず「回線」から見ていくと良いでしょう。

通信速度の速さではWiMAX回線が一番速く、通信の安定性(繋がりやすさ)ではトリプルキャリア回線、次いでソフトバンク回線が優位となります。

ですが、これらは利用する地域や環境によっても少なからず変動し、例えばトリプルキャリア回線やソフトバンク回線でも十分な速度が出たり、WiMAXでも安定した通信で利用できる場合も少なくありません。

ですので、FUJIWiFiで1ヶ月間モバイルWi-Fiサービスをお試し利用する際は、まずトリプルキャリアで無制限で利用できる「快適!クラウドプラン」WiMAXで無制限利用できる「WiMAX2+プラン」のいずれかを1ヶ月間利用してみることをおすすめします。

その後、選択したプラン(機種)の速度や繋がりやすさ、併せて利用通信量を踏まえ問題なければそのまま使い続け、「もう少し別のプランで試したい」という場合は翌月に別のプランに変更していくと良いでしょう。

ただし、FUJI Wifiではプラン変更時に「手数料1,500円」と「端末返却送料」が発生しますのでご注意ください。

FUJI Wifiのクラウドプランの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

モバイルWi-Fiサービスは8日以内の契約解除が可能

そのほか、モバイルWi-Fiサービスを「お試し」で利用したいという際に知っておきたいのが「初期契約解除制度」という仕組みです。

初期契約解除制度とは、クーリングオフに似た制度で、「電気通信サービスにおいて、契約書に記載されている契約日(またはサービス提供日)から8日間が経過するまでは、利用者の都合で契約解除できますよ」という制度です。こちらの制度は、モバイルWi-Fiやスマートフォンも対象となります。

つまり、上記で紹介したようなモバイルWi-Fiのお試しサービスを利用せずとも、契約から8日以内でしたら契約解除が可能ということですね。

参考:初期契約解除制度について(総務省HPより)

光回線インターネットサービス、ケーブルテレビインターネットサービス、主なプロバイダ(インターネット接続)サービス等、一定の範囲の電気通信サービスの契約については、基本として、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまで、利用者の都合により契約を解除できます(初期契約解除制度)。
また、主要な携帯電話サービスについては、8日間以内に申し出て、電波の状況が不十分と判明した場合や契約前の説明等の状況が基準に達しなかったことが分かった場合に、端末も含めて契約解除できます(確認措置)。
具体的な申出の方法等については、まず契約書面で確認してください。

ただし、初期契約解除制度には、以下のような注意点があります。

  • 事務手数料は返金されない
  • 端末返却時の送料は自己負担
  • 8日以内に返却できないと適用されない
  • 法人契約・レンタルサービスは対象外

また、初期契約解除制度はあくまで「サービスが利用できなかった時のための救済措置」であり、「お試し前提」での利用はおすすめできませんのでご留意ください。

WiMAXは8日以内なら無料キャンセル可能!初期契約解除制度とは

キャンセル期間が長いモバイルWi-Fiサービス

「お試し」という観点からはやや離れますが、初期契約解除制度とは別に独自のキャンセル期間を設けているモバイルWi-Fiサービスもあります。

特に以下2サービスは、以下私たち利用者にとって良心的なキャンセル対応を実施しているモバイルWi-Fiサービスです。

  • 【WiMAX】GMOとくとくBB 20日以内キャンセルOK
  • 【トリプルキャリア】Mugen WiFi 30日お試し全額返金保証

【WiMAX】GMOとくとくBBは20日以内キャンセルOK

WiMAX最安値プロバイダとして評判の高い「GMOとくとくBB」では、「20日以内キャンセルOK!」のルールを要しています。

WiMAXのモバイルWi-Fiを利用予定の方は、是非ともチェックしておくと良いでしょう。

GMOとくとくBBの「20日以内キャンセル」は、以下適用条件があり、これらがすべて適う際に20日以内キャンセルが有効になります。

GMOとくとくBB「20日以内キャンセル」の適用条件

  • GMOとくとくBBに新規で入会していること
  • 「UQ WiMAX2+ピンポイントエリア判定」で「〇」と表示されていること
  • 申し込み日を起点として、20日以内にGMOとくとくBBで返品が確認できること
  • 解約・返品前に連絡を入れていること

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きがおすすめ!

【トリプルキャリア】Mugen WiFiは30日間おためし全額返金保証あり

ソフトバンク、au、ドコモの最適な回線を自動選択できる「トリプルキャリア回線」のモバイルWi-Fiにおいては、現在「Mugen WiFi」が「30日間おためし全額返金」のキャンペーンを行っています。

Mugen WiFiは「月内のインターネット通信量の制限なし」「利用料金が一律で安い(格安プランで月額3,280円)」「海外でも利用可能(別途料金発生)」といったメリットのある、トリプルキャリア回線の中でも人気のモバイルWi-Fiサービスです。

Mugen WiFiの「30日間おためし全額返金キャンペーン」においても適用条件がいくつかあり、以下の条件がすべて適う際に20日以内キャンセルが有効になります。

  • 申込日から30日以内に指定のフォームより連絡すること
  • 返品の「発送日時」が30日以内であること
  • Mugen WiFiの利用が初めてであること

また、以下のケースにおいては別途料金が発生しますので、併せてご注意ください。

  • 30日間の間に海外でのインターネット利用があった場合:その間の海外利用の料金が別途請求される
  • 30日間のインターネット通信量が50GBを超えていた場合9,000円の解約費用が発生する
  • 端末未返却の場合翌月〜24ヶ月分×1,600円の費用が請求される

Mugen WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

お試し利用できるモバイルWi-Fiサービスは多数ある!自分にフィットしそうなサービスから試してみよう

ここまで、「お試し利用できるモバイルWi-Fiサービス」について、具体的なサービスを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

先にお伝えした通り、モバイルWi-Fiサービスは多くの場合数年継続して利用することとなりますので、利用する私たち自身の環境や状況にあったモバイルWi-Fiを選んでいくことが大切です。

また、各サービスもキャンセル制度もきちんと把握しておくと、いざという時の助けにもなるでしょう。

今回紹介したお試しサービスを活用して、ご自身のインターネット活用シーンに最もフィットするサービスを見出していけることを、心より願っています!


2月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
トリプル
キャリア
2年 81,720円 3,405円/月 公式サイト
3 ネクストモバイル
(使い放題プラン)
ソフトバンク 2年 77,400円 3,225円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。