WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

2019年1月25日にWiMAX Speed Wi-Fi NEXT W06(以下W06)が発売されました。

「最大速度下り1.2Gbps」のキャッチフレーズと、スタイリッシュなデザインで、早くも評判が集まっており、今からWiMAXを契約されようとしている方は、是非ともチェックしておきたい端末です。

さて、そんなW06 ですが、これまでのWiMAX機器と比べてどれだけ性能が高いのか、そして契約するならどのWiMAXプロバイダがおすすめか、じっくり見ていきましょう。

W06の機能・性能・スペック

早速、W06の基本機能・性能・スペックについて見ていきましょう。

W06のスペック一覧

商品名 Speed Wi-Fi NEXT W06
(スピードワイファイネクスト W06)
製造元 HUAWEI(華為技術)
通信方式 WiMAX 2+、au 4G LTE
最大通信速度 ハイスピードモード(WiMAX2+)
下り最大558Mbps|上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)
下り最大867Mbps|上り最大75Mbps
※有線(USB)接続の場合下り最大 1,237Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯)
寸法 約W 128×H 64×D 11.9mm
質量 約125g
バッテリー容量 3000mAh
カラーバリエーション ブラック×ブルー、ホワイト×シルバー
最大同時接続数 16台
バッテリー:連続通信時間
(ハイスピードモード:WiMAX 2+)
約540分(WiMAX 2+、スマート設定時)
バッテリー:連続待受時間 約800時間(WiMAX2+、Wi-Fi未接続時)
対応OS Windows 7、8.1、10
Mac OSX v10.9〜v10.14
※対応OSはすべて日本語版・英語版

W06のスペックでひときわ目につくのが、通信速度の速さでしょう。

ハイスピードモードで下り最大558Mbpsハイスピードプラスエリアモードで下り最大867Mbpsの速度は、これまでのWiMAXを大きく上回る通信速度です。

ハイスピードプラスエリアモードとは?通信エリア・注意点まとめ

ですが、こちらはあくまで「最大値(理論値)」ですので、実際にこの速度がでることはまずありませんので、ご注意ください。

それから、最大同時接続数「16台」というのも、これまでのWiMAXの多くが「最大同時接続数10台」としていたところからすると、大きな進展と言えそうです。会社やサークル、セミナー等でWiMAXをシェアして活用する際にはかなり重宝されそうですね。

さて、W06の特徴は以上で説明しきれているかというと、それ以外にも押さえておきたい特徴(メリット)がいくつかあります。

続いては、そんなW06の、メリット・デメリットについても見ていきましょう。

W06の進化した6つのメリット

さて、W06の他のWiMAX端末機器にはない独自の強み・メリットとしては、大きく以下の点が挙げられます。

  • LTE利用時で下り最大867Mbpsで光回線と同等の速さに
  • 通信モード自動切換機能搭載
  • 厚みが最も薄く持ち運びやすい
  • 高性能ハイモードアンテナ搭載で室内での受信速度アップ
  • 3つのパフォーマンスモード
  • 自宅でも快適!ベストポジション機能

それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

LTE利用時で下り最大867Mbpsで光回線と同等の速さに

前の章でも述べましたが、W06の最たるメリットと言えば、その通信速度でしょう。

LTE(ハイスピードプラスエリアモード)利用時に下り最大867Mbpsの速度が出せるのは、モバイルWi-Fiにて速度優先での利用をされる方にはとても大きなアドバンテージとなります。

W06の公式サイトでは、更に「1.237Gbs」の速度が出せることを謳っていますが、こちらは「USB接続でのデザリング利用時」に限ります。

通常のWi-Fi接続においては、前述の「ハイスピードモードで下り最大558Mbps、ハイスピードプラスエリアモードで下り最大867Mbps」となります。

通信モード自動切換機能搭載

そのほか、W06には「通信モード自動切替機能」が搭載されています。

この「通信モード自動切替機能」とは、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード両方を利用されている際に、事前に設定しておいたデータ通信量になった際に月間のデータ容量制限のないモードに自動で切り替わる機能です。

ハイスピードプラスエリアモードは、通信速度の速さと併せて接続エリアの広さがウリのモードですが、月間のデータ利用量が7GBまでという制限があり、制限を超えて利用した場合通信速度128Kbpsの速度制限が発生してしまいます。

つまり、この「通信モード自動切替機能」を設定しておけば、「気づいたらハイスピードプラスエリアモードで7GBを超えて利用して、速度制限が発生してしまった…」というトラブルを防げるということですね。

厚みが最も薄く持ち運びやすい

優雅でスタイリッシュなデザインも際立つW06ですが、そのサイズも使い勝手の良さが伺えます。

これまでのWiMAXにおいて、バッグやポケットに入れていて、かさばりを感じられていた方も少なくないことでしょう。W06WiMAX機器の中でも厚みが最も薄く(約11.9mm)、持ち運びの良さも考慮されたデザインになっています。

参考:各WiMAX機器のサイズ比較(単位はmm

  高さ 厚み
W06 128 64 11.9
WX05 111 62 13.3
W05 130 55 12.6
WX04 111 62 13.3
W04 130 53 14.2

高性能ハイモードアンテナ、TXビームフォーミング搭載で室内での受信速度アップ

W06には、「インターネットの繋がりやすさ」を追求して、新しく以下の機能が搭載されています。

高性能ハイモードアンテナとは

WiMAX基地局からの電波を受信する性能を高めるための機能です。この高性能ハイモードアンテナを搭載したことで、旧バージョンWiMAXと比較して、通信速度を20%程度改善しているとのこと。

これによって、例えば「建物の中の、窓(外)から離れた場所」など、これまでは「WiMAXで繋がりづらい」とされていた場所から繋がりやすくなるのです。この差は大きいですね。

TXビームフォーミングとは

TXビームフォーミングとは、WiMAXからスマホやPCに向けて「電波を送信する」性能を高める機能です。この機能によってまた、通信速度を20%程度改善できています。

もう少し具体的に説明すると、通常インターネット用の電波は「放射線状」に発信されるのですが、このTXビームフォーミングは、接続先の端末(スマホやPC)の位置を自動検知してくれ、かつその検知した方向に向けて発信してくれるのです。

このビームフォーミング機能は、準最新機種の「WX05」にもあったのですが、その際はクレードルに設置することで有効でした。

W06では、クレードルを使わずともTXビームフォーミングを利用できます。

WiMAXのクレードルは必要ない!WX05は自宅メインなら購入も有り

3つのパフォーマンスモード

W06には3つの電力モードがあります。

これまでのWiMAX機器にもほぼ同様の機能がありましたが、W06では名前が少し変わって「ハイパフォーマンスモード」「スマートモード」「バッテリーセーブモード」の3つとなっています。

「スマートモード」が初期設定で、速度を高速に、ハイパフォーマンスで利用したい場合は「ハイパフォーマンスモード」、バッテリーの持ちが気になる…という場合は「バッテリーセーブモード」に切り替えて使えるということですね。

自宅でも快適!ベストポジション機能

WiMAXは自宅で利用する際も、部屋の場所によって電波の強度(繋がりやすさ)が変わったりしますよね。

W06では、現在の場所の電波の繋がりの強さを、グラフ状のバーに可視化して確認することができます。つまり、そのバーを確認しながら、部屋内で一番インターネットの繋がりやすい場所(ベストポジション)を見出すことができる、ということですね。

W06 のベストポジション機能のバー表示は4段階評価となっていますが、更にHiLinkというスマホアプリを使うと、電波の強弱を12段階で確認できます。

そのHiLinkというスマホアプリですが、旧世代WiMAXWX05までは対応していませんのでご注意ください。

W06の唯一のデメリット

さて、ここまでW06の特徴、メリットについて見てきましたが、「逆にW06のデメリット(欠点)はないの?」と気になった方もいらっしゃることでしょう。

W06にデメリットを挙げるとしたら、以下の一点です。

W06はバッテリーが劣化した場合本体交換が必要

WiMAXのバッテリーの多くは、カートリッジ式になっていて端末のサイドまたは裏蓋からバッテリー交換を比較的簡易に行うことができます。

ですが、W06バッテリーが完全内蔵型となっており、バッテリー交換を行うとしたら、本体交換が必要になるのです。

バッテリーと言えば、WiMAXを利用していく上で一番消費(劣化)しやすい部位です。

かつ、最近のWiMAXの契約形態は「3年契約」が基本となっていますので、期間内でバッテリー劣化が発生する可能性は少なくありません。その際に、対応策として「バッテリーのみ交換」という選択肢を持てないことは、W06の唯一のデメリットと言えるでしょう。

こちらのデメリットへの対応としては、WiMAXの契約先プロバイダ選定の際に、故障等のトラブルへのサポート対応があるプロバイダ、または端末交換サポートのあるプロバイダを選ぶと良いでしょう。

WiMAXの契約先おすすめプロバイダは、この先の章「おすすめプロバイダはGMOとくとくBB一択」でも詳しく紹介しております。併せてご参照ください。

W06WX05を比較

ここまでで、W06の基本機能およびメリット、デメリットについてお伝えしてきました。

ここで一度、準最新端末であるWX05とスペック比較をしてみましょう。

W06WX05のスペック比較

商品名 Speed Wi-Fi NEXT W06
(スピードワイファイネクスト W06)
Speed Wi-Fi NEXT WX05
(スピードワイファイネクスト WX05)
製造元 HUAWEI(華為技術) NECプラットフォームズ株式会社
通信方式 WiMAX 2+、au 4G LTE WiMAX 2+、au 4G LTE
最大通信速度 ハイスピードモード(WiMAX2+)
下り最大558Mbps|上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)
下り最大867Mbps上り最大75Mbps
※有線(USB)接続の場合下り最大1,237Mbps
ハイスピードモード(WiMAX2+)
下り最大440Mbps|上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+、LTE)
下り最大440Mbps上り最大30Mbps
Wi-Fi規格 IEEE802.11ac/11n/11a(5GHz帯)、IEEE802.11n/11g/11b(2.4GHz帯) IEEE802.11a/n/ac(5GHz)、
IEEE802.11b/g/n(2.4Ghz)
寸法 約W 128×H 64×D 11.9mm 約W111×H62×D13.3mm
質量 約125g 約128g
バッテリー容量 3,000mAh 3,200mAh(取り外し可能)
カラーバリエーション ブラック×ブルー/ホワイト×シルバー
ピュアホワイト/ソニックレッド
最大同時接続数 16台 10台
バッテリー:連続通信時間
(ハイスピードモード:WiMAX 2+)
約540分(WiMAX 2+、スマート設定時) ハイパフォーマンスモード:約486分
ノーマルモード:約690分
バッテリーセーブモード:約840分
バッテリー:連続待受時間 約800時間(WiMAX2+, Wi-Fi未接続時) クイックアクセスモードOFF時:850時間
クイックアクセスモードON時:38時間
対応OS Windows 7/ 8.1/10
Mac OSX 10.9〜10.14
※対応OSはすべて日本語版・英語版
Windows 7/ 8.1/10
Mac OSX 10.5〜10.13

W06とWX05を比較した際の注目したいポイントは、以下4点です。

  • 通信速度は、W06の方が圧倒的に早い
  • 端末サイズ、重量はW06のほうが使いやすさとして適切
  • バッテリーの持ちは、Speed Wi-Fi NEXT WX05の方が優秀
  • 最大同時接続数は、W0616台とかなり多い

3つ目の「バッテリーの持ち」以外で言うと、W06の方に軍配が上がります。また、前述の「W06のメリット」で挙げた点も加味して考えると、上記2端末のどちらかで契約するとしたらW06を選んだほうが適切でしょう。

唯一、バッテリー回り(劣化の際のバッテリー交換含め)が気になるという方は、WX05を優先して検討しても良いかもしれませんね。

おすすめプロバイダはGMOとくとくBB一択

さて、ここからは実際にW06を契約する際のWiMAXのおすすめのプロバイダについて紹介していきます。

ご存知の通り、WiMAXを提供するプロバイダは数多くあり、かつそれらプロバイダ毎に価格やキャンペーン、サポート内容も変わります。

それらプロバイダ群にて、W06の契約をする際にどうやって選出していくと良いかと言うと、以下の観点で観ていくと良いでしょう。

WiMAXプロバイダを選ぶ際の、押さえておきたいポイント

  • トータルコストが安い
  • 実績が豊富
  • 最新機種が選べる

1点目の「トータルコストが安い」については、誰もが納得されるところでしょう。

「最安値」とされるWiMAXプロバイダとそうでないWiMAXプロバイダとでは、年間の価格差で1万円以上になることも少なくありません。

また、2点目の「実績が豊富」については、「そのプロバイダが今後も末永くサービスを継続してけるか」についての一つの目安になります。

といいますのは、現在多くのWiMAXプロバイダの契約期間は「3年」としていますので、その期間内に故障等のトラブルがあったときにしっかりとサポートしてくれるかどうかというのが、そのプロバイダの事業存続性にも関わってくる、ということですね。

なるべく実績のあるプロバイダを選ばれたほうが、いざという時のトラブルにもサポート対応してもらいやすくなるでしょう。

3つ目の「最新機種が選べる」については、そもそもW06自体がラインアップに含まれていないプロバイダもありますので、注意が必要です。

W06で契約する際、殆どのプロバイダは契約期間を「3年」としています。つまり、それだけ末永い付き合いになることを見越して、慎重にWiMAXプロバイダを選ぶべきでしょう。

いちばんのおすすめは、GMOとくとくBBの「月額割引キャンペーン」

「それでは結局、どのプロバイダが一番おすすめなの?」と思われた方には、GMOとくとくBBの「月額割引キャンペーン」をおすすめします。

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

GMOとくとくBBの「月額割引キャンペーン」がおすすめの理由は、以下のとおり。

  • 他のWiMAXプロバイダと比べ、トータルコストが安い
  • 最新端末を選べる(W06
  • サービス実績が豊富
  • 20日以内の解約違約金無料キャンセル制度がある

特に一つ目の「トータルコストの安さ」でいうと、キャンペーン名の「月額割引」にあるとおり、毎月の月額料金支払いをかなりリーズナブルに済ますことができるのです。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン 料金プラン(ギガ放題プランの場合)

最新機種W06を、「なるべくコスト安で、かつ実績のあるプロバイダで契約したい」という方は、上記GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」を選んでおけば間違いはないでしょう。

まとめ)  W06は速度だけでない!使い勝手も優れた最新WiMAX

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

W06というと、通信速度の速さの特徴に目が行きがちですが、繋がりやすさやユーザビリティも非常に優れた特徴を有しています。

W06の特徴(メリット)※再掲載

  • LTE利用時で下り最大867Mbpsで光回線と同等の速さに
  • 通信モード自動切換機能搭載
  • 厚みが最も薄く持ち運びやすい
  • 高性能ハイモードアンテナ、TXビームフォーミング搭載で室内での受信速度アップ
  • 3つのパフォーマンスモード
  • 自宅でも快適!ベストポジション機能

速度だけでなく、「通信モード自動切換機能搭載」や「高性能ハイモードアンテナ」「TXビームフォーミング」等の機能で、これまでの従来WiMAXと比較して繋がりやすさやユーザビリティが格段に高まった、それがW06です。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。