UQ WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

これからポケットWi-Fiの契約を検討される際に、「UQ WiMAXで契約しようか…」と考えている人は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

2019年10月より新料金体制となり、これまでネックとされていた契約解除料も大幅に引き下げられたUQ WiMAX。

また、WiMAX提供社の本家本元としての実績、知名度もあり、今後もUQ WiMAXで契約をされる方は多くなることでしょう。

ですが、UQ WiMAXがあなたにとって「最もおすすめのポケットWi-Fiか」というと、必ずしもそうとは言い切れません。

特に料金面(トータルコスト)においては、まだまだ他プロバイダと比較して割高感があるため、料金最優先で検討している方はUQ WiMAXではなく「GMOとくとくBB」などの最安値プロバイダで契約したほうが良いでしょう。

この記事では、UQ WiMAXの特徴、最新の料金プラン、その他メリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきます。

この記事を読めば、UQ WiMAXがあなたが契約すべきプロバイダか、しっかり判断もつけられることでしょう。

ぜひご覧ください!

UQ WiMAXの特徴・評判は?

UQ WiMAXってどんなプロバイダ?

UQ WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社が提供する、WiMAXプロバイダ(提供)サービスです。

UQコミュニケーションズと言えば、UQモバイル(スマホ)のテレビCMを想像される方も多いことでしょう。

そのイメージ通り、UQ コミュニケーションズはUQ WiMAXとUQモバイル(スマホ)の2つのブランドを持つ会社です。

かつ、UQコミュニケーションズはWiMAXを国内で使用可能にするための「WiMAX回線」を管理している、いわば「WiMAXの元締め」的存在。

他にもWiMAX製品を提供するプロバイダは多くありますが、それらは皆UQコミュニケーションズの提供している回線を利用しつつ、プロバイダサービスを行っているのです。

さて、そんなUQコミュニケーションズが提供するUQ WiMAXですが、2019年10月よりWiMAXの「新料金プラン」が誕生しました。

UQ WiMAの新料金プラン

端末代(機種代金) 15,000円(税抜)
初回事務手数料 3,000円(税抜)
月額料金

2年契約:3,880円(税抜)

期間条件なし:4,050円(税抜)

通信量(WiMAX2+回線)

月間データ量上限なし

※ただし、3日間で10GB以上利用した場合、翌日18:00〜翌々2:00の間約1Mbpsの速度制限が発生

通信量(au LTE)

月間7GBまで

※LTE回線をご利用された月は、別途1,005円(税抜)が発生

契約年数

2年契約、または期間条件なし

UQ WiMAXの料金プランでは、まず「端末代が発生すること」にご注意ください。

多くのWiMAXプロバイダにおいては端末代を無料、または分割払いの相殺による実質無料にしていますが、UQ WiMAXは端末代を初回一括払いとしている為、初期費用がやや割高になります。

ちなみに、端末代は一律15,000円で、支払いは「代引き」または「クレジットカード払い」となっています。

「どうしても一括払いを避けたい」という場合は、クレジットカードの方で分割払い(リボ払い等)に対応していればクレジットカード側で分割にすることはできますが、その際は分割に関わる手数料が発生しますので、併せてご注意ください。

その他、UQ WiMAXの新料金プランにおいては、以下の3点を押さえておくと良いでしょう。

  • プランがよりシンプルに「ギガ放題」のみ
  • 「2年契約」または「期間条件なし」が選べる
  • 契約解除料が大幅値下げ、1,000円に

プランがよりシンプルに「ギガ放題」のみ

以前は「ギガ放題」プランの他「ライトプラン」とあったUQ WiMAXですが、2019年10月からの新料金プランからは、「ギガ放題」の1プランのみとなりました。

ライトプランは「月内で利用できるデータ量7GBまで」の制限のあるプランでしたが、ほとんどの人が「月内で利用できるデータ量制限なし」とするギガ放題プランを選ばれていることから、今回の1プラン変更へとシフトしたということなのでしょう。

「2年契約」または「期間条件なし」が選べる

UQ WiMAXの契約期間は「2年契約」または「期間条件なし」から選ぶことができます。

「2年契約自動更新あり」は、基本契約期間を「2年間」(3,880円@月)とし、2年間利用しつつげて特に解約の手続きをしなかった場合再度2年での契約が更新されるプランです。

「2年契約自動更新なし」は、2年間の契約期間を終えて解約手続きをしなかった場合、「期間条件なし」(4,050円@月)プランに自動で切り替わるプランです。

そして、最後の「期間条件なし」(4,050円@月)プランは、月額料金が他の2つより170円高くなりますが、契約期間の縛りなく、いつでも解約することが可能です。

これまでポケットWi-Fiを契約する際は2〜4年といった契約期間の縛りがあるのが通常でしたので、UQ WiMAXの契約期間を2年〜期間なしと柔軟に設定できるのは、他のプロバイダにはない、UQ WiMAXの大きなメリットと言って良いでしょうね。

契約解除料が大幅値下げ、1,000円に(※2年契約プランの場合)

これまでUQ WiMAXを含め多くのWiMAXプロバイダは、契約期間内の解約に伴う契約違約金が9,500円〜24,000円とかなり高額でしたが、UQ WiMAXの新プランにおいて契約解除料は1,000円のみとなっています。

期間条件なしプランの場合は、契約解除料は発生しませんが、2年契約との月額料金の違いは170円なので、6ヶ月以上利用すれば、2年契約の方がお得になりますね。

また、2年契約(自動更新)における更新期間はこれまで1ヶ月間でしたが、新料金プランにおいては「3ヶ月間」に延長され、更新期間中における解約は契約解除料は発生しません。

これらの変更は、2019年10月から実施された「電波通信事業法改正」(複雑な割引システムや縛り制度(囲い込み)を廃止して、利用者が料金プランを理解し選びやすくするための取組)に沿って行われた形になります。

つまりUQ WiMAXにおいて「解約時のハードル」は、大分低くなったということですね。

UQ WiMAXに対しての「良い評判」

続いては、新プラン後におけるUQ WiMAXについて利用者からどんな評判や感想が出ているのか、ネットの声も拾ってみましょう。

まだ新プランに移行されて間もないということで、UQ WiMAXに対しての「良い評判」はそれほど多く見られませんでした。

ですが、契約解除料が1,000円に大幅引き下げになった点については、多くの方々が好意的に捉えているようです。

UQ WiMAXに対しての「悪い評判」

UQ WiMAXについての「悪い評判」「残念な評判」については、「新プランに移行しても、他のポケットWi-Fiと比べて料金はやや高め」というコメントが多く、その他「(場所によって)繋がりにくいエリアがある」といったコメントがありました。

2点目については、今後WiMAXの通信エリアの拡がりにおいて改善していくことも期待できそうですが、1点目の「料金の高さ」についてはUQ WiMAXのデメリットと言えるでしょう。このあたりは、「UQ WiMAXのデメリット」で詳しくお伝えしていきます。

UQ WiMAXのメリット

さて、続いては改めてUQ WiMAXのメリット・おすすめポイントについて整理してみましょう。

新料金プランに移行した UQ WiMAXにおけるメリットとしては、以下の4点を押さえておくと良いでしょう。

  • 「2年契約」、または「期間条件なし」を選べる
  • 最新端末が選択可能
  • 契約解除料は1,000円で、更新期間は3ヶ月
  • サポートの品質が高く、受付時間も他プロバイダと比べて長い

「2年契約」または「期間条件なし」を選べる

先にも触れた通り、UQ WiMAXでは契約期間にて「2年契約」または「期間条件なし」を選ぶことができます。

2019年10月現在、他のポケットWi-FiおよびWiMAXプロバイダの多くは「3年契約」をメインプランとしています。

契約期間の縛りなしのプラン、また契約期間を2年と短めに設定できるのは、他のプロバイダと比較してのUQ WiMAXの大きなアドバンテージと言えるでしょう。

ただし、今後は他のWiMAXプロバイダにおいてもUQ WiMAXのプランに合わせて契約期間の縛りを緩和する動きは出てくることが見込まれます。

最新端末が選択可能

UQ WiMAXでは、常に最新機種のWiMAX端末を選ぶことができます。

参考:UQ WiMAXで契約可能な端末一覧

選べる機種(端末)は、以下の通りです。

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • WiMAX HOME01

ちなみに、上記W06、WX05、L02、HOME 01の機種代金はすべて15,000円となっています。

この機種代金は正規の料金からは若干割引の効いた金額となっており、例えば同じくWiMAXを提供している「BIGLOBE WIMAX」においては機種代金を一律19,200円としています。

BIGLOBE WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

契約解除料は1,000円で、更新期間は3ヶ月

こちらも先に述べましたが、UQ WiMAXの契約解除料は1,000円(期間条件なしプランの場合は0円)と、かなり契約解除時のリスクが下がっています。契約解除料の発生しない更新期間も「3ヶ月間」と長めに設定されているのも嬉しいポイントですよね。

また、端末代は契約時に一括で支払うことになりますので、解約時に端末代の残債を支払う必要もありません。

「解約のしやすさ」は、ポケットWi-Fi選びの際の一つの重要なポイントとなりますが、UQ WiMAXはその点において及第点を大きくクリアしていると言えそうです。

サポートの品質が高く、受付時間も他プロバイダと比べて長い

WiMAXに限らず、製品・サポートのサービス体制は、その会社の規模や実績に比例します。

現在多くのWiMAXプロバイダが存在しますが、その大半はまだ歴史の浅い新興企業。WiMAXでのトラブルがあった際のサポートで、「サポートの品質が悪かった」という印象を持つ人は少なくありません。

その点UQ WiMAXのサポート体制は、その品質における評判は高く安心です。

問い合わせの電話窓口もフリーダイヤルで用意されており、9:00〜21:00までの時間帯で年中無休。

こういったサポート体制が盤石なのは、かなり大きなメリットですよね。

UQ WiMAXのデメリット

続いては、UQ WiMAXの「デメリット」「注意点」についても見てみましょう。

UQ WiMAXの契約前に押さえておきたいデメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • 他のWiMAXプロバイダと比較して、トータルコストが高い
  • 端末代金15,000円を初期費用として支払う必要がある
  • UQ WiMAXは、キャンペーン内容が乏しい

他のWiMAXプロバイダと比較して、トータルコストが高い

UQ WiMAXのデメリット・注意点でまず意識したいのが、「料金(トータルコスト)の高さ」です。

実際にUQ WiMAXを2年契約(自動更新)で契約した場合の、2年間のトータルコストは以下の通りです。

参考:UQ WiMAXの2年間トータルコスト

端末代(機種代金) 15,000円(税抜)
初期費用 3,000円(税抜)
月額料金 3,880円(税抜)
2年間トータルコスト 111,120円(税抜)
実質月額料金 4,630円(税抜)

ちなみに上記トータルコストの高さが他のプロバイダと比較してどれだけ高いかを確認するために、最安値WiMAXプロバイダとしての評判の高い「GMOとくとくBB」と比較してみましょう。

参考:UQ WiMAXとGMOとくとくBBの料金比較(実質月額料金で比較)

WiMAXプロバイダ 実質月額料金
UQ WiMAX 4,630円(税抜)

GMOとくとくBB

「キャッシュバックキャンペーン(3年契約)」

3,352円(税抜)

GMOとくとくBB

「月額値引きキャンペーン(3年契約)」

3,491円(税抜)

GMOとくとくBBの実質月額料金と比較した際、UQ WiMAXの料金は1,200円前後割高となります。

「なるべく料金の安いWiMAXプロバイダで契約したい」という方は、UQ WiMAXよりもGMOとくとくBBのほうが断然おすすめになるでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXは月額割引がおすすめ!料金が確実に安くなる

端末代金15,000円を初期費用として支払う必要がある

こちらも先に触れましたが、UQ WiMAXにて契約を行う際は、端末代金として15,000円を最初に一括で支払う必要があります。

一方、他のポケットWi-FiおよびWiMAXプロバイダにおいては、端末代金を無料または分割払いにしているところが殆どです。

端末代金を含めた初期費用がかなり高くなってしまうのは、UQ WiMAXの「トータルコストの高さ」と並ぶ、大きなデメリットでしょう。

UQ WiMAXは、キャンペーン内容が乏しい

豊富なキャンペーンを実施することで知られることも多いWiMAXですが、UQ WiMAXにおいてはキャンペーンは「3,000円」キャッシュバックキャンペーンのみと、やや乏しめです。

WiMAXのキャンペーンプログラムは都度更新されていますので、このあたりは今後のUQ WiMAXの動向を観つつ、キャンペーンがより充実されることを期待したいところです。

なぜWiMAXの本家のUQ WiMAXより、他のWiMAXプロバイダのほうが安いのか?

さて、UQ WiMAXのデメリットで挙げた「他のWiMAXプロバイダと比較して、トータルコストが高い」という点について、「なぜ、WiMAXの本家のUQ WiMAXより、他のWiMAXプロバイダのほうが安いのか?」と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

その理由は、UQコミュニケーションズは、たとえ自社からWiMAXの契約に至らなかったとしても、他のWiMAXプロバイダで契約してもらえば利益につながるからです。(他のWiMAXプロバイダはすべからくUQコミュニケーションズの提供するWiMAX通信を利用するため)

更には、WiMAXの利用者数を拡大していくのはUQコミュニケーションズの大きな事業方針です。

その際に、自社だけではなく複数のプロバイダが提供していく形式のほうが断然に効率的でしょう。

一方、他のWiMAXプロバイダがなぜUQ WiMAX以上にコストダウンできるかというと、それはUQ WiMAX側でのプロバイダへの徴収分をそれほど厳しく取っていないから、ということですね。

ですが、逆を行ってしまえばUQ WiMAXのそれら方針の変更があれば、この図式もまた変わってくるでしょう。

WiMAXの本家本元であるUQ WiMAXが大きな値下げ等を行わないのは、そういった方針変更の際に料金プランの大幅変更がないように、といったところも見越して、このようにしているのかもしれませんね。

UQ WiMAXをオススメの方

ここまで、UQ WiMAXの特徴からメリット・デメリットまでお伝えしました。

メリット・デメリットどちらもあるUQ WiMAXですので、「UQ WiMAXが自分にとっておすすめか、まだよくわからない」という方もいらっしゃることでしょう。

その際は、以下の「UQ WiMAXがおすすめの方はこんな方」の項目をぜひ参考にしてみてください。

UQ WiMAXがおすすめの方はこんな方

  • 解約リスクの少ない新料金プランでWiMAXを利用したい方
  • 契約期間の縛りなしでWiMAXを契約したい方
  • 安心したサポート体制でWiMAXを利用したい方

初期費用の高さ、トータルコストの高さが気にならず、それよりも「解約時のハードルの低さ」「契約期間の縛りなし」「安心したサポート体制」を重要視される方は、UQ WiMAXはおすすめのプロバイダと言えます。

一方、料金面で「より安いプランで契約したい」という方は、GMOとくとくBBをはじめとする別のWiMAXプロバイダもチェックしておくことをおすすめします。

まとめ) WiMAXに「契約期間の縛りなし」「サポート体制」を求めるとしたら、UQ WiMAXはおすすめ

ここまでの内容をざっとまとめてみましょう。

UQ WiMAXのメリット

  • 「2年契約」、または「期間条件なし」を選べる
  • 最新端末が選択可能
  • 契約解除料は1,000円で、更新期間は3ヶ月
  • サポートの品質が高く、受付時間も他プロバイダと比べて長い

UQ WiMAXのデメリット

  • 他のWiMAXプロバイダと比較して、トータルコストが高い
  • 端末代金15,000円を初期費用として支払う必要がある
  • UQ WiMAXは、キャンペーン内容が乏しい

個人的な感想ですが、これまで契約期間の縛りや契約解除料の高さが特徴的であったポケットWi-Fiサービス業界において、「期間条件なし」プランや「契約解除料1,000円に値下げ」を先陣切って掲げたUQ WiMAXの対応は、他のWiMAXプロバイダにも影響を与えうる良い方針転換であったのではないかな、と思います。

ですが、私たちが新しくポケットWi-Fiの契約先を選ぶ際は、UQ WiMAXは依然としてトータルコストの高さがデメリットとしてあること、そして今後他のWiMAXプロバイダも料金プランを変更してくることが見込まれることを踏まえて、契約先を選んでいくべきでしょう。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


2月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
トリプル
キャリア
2年 81,720円 3,405円/月 公式サイト
3 ネクストモバイル
(使い放題プラン)
ソフトバンク 2年 77,400円 3,225円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。