WiMAXの通信速度は早い!他モバイルWi-Fi・ポケットWi-Fiと速度を比較

「モバイルWi-Fiルーターを利用するなら、通信速度の速さが重要だ」
「安定した速度でインターネット接続ができるモバイルWi-Fiルーターを探している」

WiMAXやポケットWi-FiなどのモバイルWi-Fiルーターを検討中の方々で、「通信速度」を気にされている方は、きっと多いことでしょう。

現在、WiMAXや各キャリア(docomo、au、softbank)のWi-Fiルーターは、どれも一昔前とは比べ物にならないほどの通信速度を実現できるようになりました。

ですが、それら各モバイルWi-Fiルーターにおいて、速度が全く同じかというと、その差は大きくあります。

また、単に通信速度だけでモバイルWi-Fiルーターを選ぶのはリスクも伴うでしょう。例えば「繋がりやすさ」や「速度制限ルール」、それから「月額料金」等々…。

今回は、WiMAXをはじめとする各モバイルWi-Fiルーターの通信速度と、そのほか抑えておきたいポイントについて説明していきたいと思います。

是非ご覧ください!

モバイルWi-Fiの通信速度の基礎知識

はじめに、モバイルWi-Fiルーターの「通信速度」の基礎知識についておさらいしておきましょう。

  • 通信速度の単位について
  • 「上り」と「下り」について
  • 「最大速度」は、あくまで目安

通信速度の単位について

通信速度は、その名の通りインターネット接続の際の通信の速度を表わします。

そして、その速度を表す単位が、「Mbps」(メガビーピーエス)と「Kbps」(キロビーピーエス)です。

bps」とは、”bit per second”の略で、「1秒間に送受信できるデータ量」を意味します。

例えば、とあるモバイルWi-Fiルーターで「通信速度100Mbps」とあった場合は、1秒間で100MB(メガバイト)のデータを通信(受信)できる、ということですね。

ちなみに、1MB1,000KBです。同様に、1Mbps1,000Kbpsを表わします。

つまり、この「Mbps」「Kbps」の数値が高ければ高いほど、通信速度が高い、ということが言えるのです。

「上り」と「下り」について

通信速度を測る際には、「上り」「下り」の2つの区分があります。

「上り」は「送信」(アップロード)を意味し、「下り」が「受信」(ダウンロード)を意味します。

説明 具体的なケース
上り(送信) データを送信
(アップロード)する速度
メールを送信する
サーバーにデータをアップロードする
他人にデータを転送する
下り(受信) データを受信
(ダウンロード)する速度
インターネットでWebサイトを閲覧する
メールを受信する
アプリやゲーム、音楽等をダウンロードする
インターネット上の動画を視聴する
他人からデータを受け取る(転送してもらう)

Webサイト閲覧や、メール受信、音楽や動画の視聴等、多くの場合、インターネットを利用する際は「下り」の通信を使うことでしょう。

一方で、仕事等でデータのやりとりをされている方や、動画をサイトにアップすることが多い方は「上り」の通信も多用することになります。

「最大速度」は、あくまで目安

店頭やWebサイトでWiMAX等のモバイルWi-Fiルーターの仕様・スペックを確認する際に、よく「最大速度」(または「最大値」、「理論値」等)という単語が出てきます。

これらの後に表示される通信速度の数値は、あくまで「理論的には最大ここまでスピードが出ます」という数値で、現実ではここまでの速度は出ません。

地域や場所によっても速度は大きく変わりますので、このあたりの数値はあくまで「目安」として扱うと良いでしょう。

モバイルWi-FiルーターのMbpsはどれくらい必要?通信速度の平均〜上り下りを解説

WiMAXの通信速度は最大758Mbps

さて、ここからは実際の通信速度について、どのモバイルWi-Fiルーターが速いかを見ていきましょう。

比較するモバイルWi-Fiルーターは、現在利用者からの人気・注目の高い以下5種です。

  説明
WiMAX UQコミュニケーションズが提供するモバイルWi-Fiルーター。通信速度が速く、また料金も安いことから人気が高く、利用者も多い。 「WiMAX2+」および「au 4G /LTE」の通信方式を利用。
ネクストモバイル 株式会社グッド・ラックが提供するモバイルWi-Fiルーター。料金がかなり安いことから、人気上昇中。「SoftBank 4G/ LTE」の通信方式を利用。
Yahoo!Wi-Fi ヤフー株式会社が提供するモバイルWi-Fiルーター。繋がりやすさと料金の安さが特徴。「SoftBank 4G /LTE」の通信方式を利用。
au Wi-Fi KDDI株式会社が提供するモバイルWi-Fiルーター。繋がりやすさとauユーザー向けのサービがスの充実さが特徴。「au 4G /LTE」の通信方式を利用。
docomo Wi-Fi 株式会社NTTドコモが提供するモバイルWi-Fiルーター。繋がりやすさ、通信速度の速さが特徴。「docomo Premium 4G /LTE」の通信方式を利用。

WiMAX、ネクストモバイル、Yahoo!Wi-Fiau Wi-Fidocomo Wi-Fiそれぞれの通信速度(最大値)比較 

  下り最大速度 上り最大速度 参考:料金の安さ
WiMAX 758Mbps 112.5Mbps
安い
ネクストモバイル 150Mbps 20Mbps
安い
Yahoo!Wi-Fi 612Mbps 37.5Mbps △〜〇
普通〜安い
au Wi-Fi 758Mbps 112.5Mbps
普通
docomo Wi-Fi 788Mbps 50Mbps ×
やや高い

通信速度でそれぞれのモバイルWi-Fiルーターを見た際に、下りの最速はdocomo Wi-Fiです。次点に、WiMAX、au Wi-Fi、Yahoo!Wi-Fiが続く──といった感じですね。

docomo Wi-Fiは2019年には下り最大速度1Gbpsを超える新端末をリリースする予定もあり、今後も更なる進化が期待されます。

ただし、一方でdocomo Wi-Fiは月額料金がかなり高いのがネックです。契約プランによっては、WiMAX2倍ほどの月額料金が発生することもありますので、こちらはあまりおすすめできないでしょう。

おすすめは、下り最大758Mbps、上り最大112.5MbpsWiMAX

上記WiMAX、ネクストモバイル、Yahoo!Wi-Fiau Wi-Fidocomo Wi-FiそれぞれのモバイルWi-Fiルーターで、一番のおすすめはやはり、WiMAXとなるでしょう。

理由は、通信速度も他のモバイルWi-Fiルーターと比較して高速であること、加えて料金も手ごろであるからです。かつ、WiMAXはここ数年で通信速度、通信エリアがどんどん改良されてきていますので、今後の成長期待も含めても、最押しのモバイルWi-Fiルーターです。

WiMAX機種で速度が1番早いのはW05

さて、前章で「最もおすすめはWiMAX」とお伝えしましたが、一点注意したいのが、WiMAXに限らずどのモバイルWi-Fiルーターも機種の型番によって通信速度が異なってくる場合があるということです。

かつ、「最新端末ほど早くなる」とも限らないので、速度重視でモバイルWi-FiルーターやWiMAXの利用を検討されている方は、型番ごとの速度スペックを確認のうえ、契約を進めていくと良いでしょう。

WiMAX機種で速度が一番早い端末は?

実際に、WiMAXで比較的新しい型番である、以下の3機種で速度比較をしてみましょう。

WiMAX型番 リリース時期 デザイン・形状
Speed Wi-Fi NEXT W04 2017年2
Speed Wi-Fi NEXT W05 2018年1
Speed Wi-Fi NEXT WX05 2018年11

Speed Wi-Fi NEXT W04W05WX05それぞれの通信速度

WiMAX型番 ハイスピードモード
WiMAX2+
ハイスピードプラスエリアモード
WiMAX2+LTE)
Speed Wi-Fi NEXT W04 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
下り最大758Mbps
上り最大37.5Mbps
Speed Wi-Fi NEXT W05 下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
下り最大758Mbps
上り最大112.5Mbps
Speed Wi-Fi NEXT WX05 下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps

※表内の「ハイスピードモード」、「ハイスピードプラスエリアモード」については、以下記事の説明をご参考ください。

ハイスピードプラスエリアモードとは?通信エリア・注意点まとめ

上記表で注意しておきたいのが、WiMAX最新機種であるSpeed Wi-Fi NEXT WX05がWiMAX中最速ではない、という点です。

Speed Wi-Fi NEXT WX05は通信速度よりもバッテリー性能や初心者向けのお任せ設定にアドバンテージのあるWiMAXですので、速度重視で行くとしたらSpeed Wi-Fi NEXT W04かSpeed Wi-Fi NEXT W05を選んだほうが良いでしょう。

また、Speed Wi-Fi NEXT W04Speed Wi-Fi NEXT W05では、下りの最大速度は同レベルですが、上りの最大速度はSpeed Wi-Fi NEXT W05の方が格段早くなります。

データのアップロード等、「上り」の通信を多用される方はもちろん、トータル的な「インターネットの繋がりやすさ・速度」で見た際には、Speed Wi-Fi NEXT W05がもっともお薦め、ということですね。

ネクストモバイルは地下・建物内でも速度が早い

ここまでの内容で、「通信速度が速くても、遠隔地や地下・建物内で繋がりにくかったら…」と不安になられた方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、続いては、各モバイルWi-Fiルーターごとの遠隔地や地下・建物内での繋がりやすさについても見てみましょう。

WiMAX、ネクストモバイル、Yahoo!Wi-Fiau Wi-Fidocomo Wi-Fiそれぞれの「繋がりやすさ」比較

  通信規格 遠隔地(山間部等)の
繋がりやすさ
地下・建物内の
繋がりやすさ
WiMAX WiMAX2+、au 4G/LTE △〜〇 △〜〇
ネクストモバイル SoftBank 4G/ LTE
Yahoo!Wi-Fi SoftBank 4G/ LTE
au Wi-Fi au 4G/ LTE
docomo Wi-Fi docomo Premium 4G/ LTE

WiMAX、ネクストモバイル、Yahoo!Wi-Fiau Wi-Fidocomo Wi-Fiそれぞれの「繋がりやすさ」比較で見たときに、WiMAXのみ「△〜〇」となっているのが気になりますよね。

こちらは、WiMAXのメインの通信規格である「WiMAX2+」は、他のSoft Bankaudocomo4G/LTEの通信規格と比較して、建物の壁や地下までの電波の伝わりがやや弱いためです。

ただし、WiMAXでもau 4G/LTE回線を利用することは可能ですので、そちらでの通信モードにした場合は他のモバイルWi-Fiルーター同レベルの繋がりやすさを実現することができます。

WiMAXのLTEオプションは要注意!7GB超えるとギガ放題でも速度制限

ネクストモバイル他モバイルWi-Fiルーターが、地下・建物内でも速度が担保できる理由

ネクストモバイル他モバイルWi-Fiルーターが利用しているSoft Bankaudocomo4G/LTEの通信規格がなぜ、地下・建物内でも速度が担保できるのかというと、その電波を送る際に使用する周波数帯域が関係します。

各キャリアの通信規格で使用している周波数帯域は、建物等の障害物の影響を受けずに電波が伝わりやすいという特徴があるのです。そのため、速度が担保されるということですね。

参考:ソフトバンク回線(ネクストモバイル)の通信説明(公式サイトより)

モバイルWi-Fiルーターの通信速度を重要視しつつ、かつ地下鉄、地下の建物内での利用が多いという方は、このあたりの特徴も抑えておくと良いでしょう。

各モバイルWi-Fiの速度制限ルール

続いては、WiMAX、ネクストモバイル、Yahoo!Wi-Fiau Wi-Fidocomo Wi-Fiそれぞれの「速度制限」について。

各モバイルWi-Fiルーターは、定められた期間内に使用できる通信量の上限が決まっており、それを超えてインターネット通信を行った際に「速度制限」が発生し、通常よりも通信速度がかなり遅くなります。

WiMAX、ネクストモバイル、Yahoo!Wi-Fiau Wi-Fidocomo Wi-Fiそれぞれの「速度制限ルール」比較

  通信量制限
(短期)
通信量制限(月間) 制限速度
WiMAX 3日間で
10GBまで
ギガ放題:なし
通常プラン:1ヶ月間で7GBまで
ハイスピードプラスエリアモード:
1ヶ月間で7GBまで
短期の場合:1Mbps
月間の場合:128Kbps
※ギガ放題の場合は無し
ネクストモバイル なし 契約プランによる 128Kbps
Yahoo!Wi-Fi 3日間で
10GBまで
アドバンスオプション:なし
通常プラン:1ヶ月間で7GBまで
短期の場合:1Mbps
月間の場合:128Kbps
※アドバンスオプションの場合は無し
au Wi-Fi 3日間で
10GBまで
ギガ放題:なし
通常プラン:1ヶ月間で7GBまで
短期の場合:1Mbps
月間の場合:128Kbps
※ギガ放題の場合は無し
docomo Wi-Fi なし 契約プランによる 128Kbps

※「制限速度」の数値について
「短期の場合」は、通信量制限を超えて利用した翌日の夜から数時間の間、記載された数値の速度制限が発生します。
「月間の場合」は、通信量制限を超えて利用したタイミングから翌月の1日まで、記載された数値の速度制限が発生します。

どのモバイルWi-Fiルーターも、速度制限が発生したときの速度は「128Kbps〜」と、結構厳しめですね。

かつ、通信速度が128Kbpsの際にできることと言えば、せいぜいWebサイトの閲覧と、メールの送受信くらいでしょう。つまり、モバイルWi-Fiルーターを常にフル活用していく為には、128Kbpsの速度制限が発生しないようにした方が賢明です。

WiMAXでしたら「ギガ放題」、Yahoo!Wi-Fiでしたら「アドバンスオプション」等、契約時に速度制限が発生しにくい契約プランを選ばれることをお薦めします。

無制限で使えるモバイルWi-Fiルーターおすすめは?契約する前に知っておくべき知識

WiMAXW05」は、GMOとくとくBBがおすすめ

ここまでの内容を、少しまとめておきましょう。

  • 通信速度・料金 の観点でおすすめのモバイルWi-Fiルーターは、WiMAX
  • WiMAX機種で速度が1番早いのは、Speed Wi-Fi NEXT W05
  • 地下鉄・地下建物内でモバイルWi-Fiルーターを活用する場合は、各キャリアの4G/LTE回線が繋がりやすい
  • 128Kbpsの速度制限が発生すると、インターネット利用範囲はかなり狭まれるので、128Kbpsの制限ルールが発生しない契約プランにしていくことがおすすめ

上記4要素を整理すると、現時点(201811月)最もおすすめのモバイルWi-Fiルーターおよび契約プランは、「WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W05 ギガ放題プラン」でしょう。

WiMAX Speed Wi-Fi NEXT W05を契約するとしたら、GMOとくとくBBが一番お得

WiMAXでの契約時にもう一点注意したいのが、「WiMAXは契約先のプロバイダによって、サービスや料金が大きく異なる」ということです。

WiMAXおすすめプロバイダランキングTOP5【2019年最新版】

では、どのWiMAXプロバイダがおすすめかというと、一番は「GMOとくとくBB」でしょう。

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」、「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

GMOとくとくBBの特徴

  • トータルコストが業界最安値!
  • キャッシュバック特典プランの他、月額割引特典など、いくつかのキャンペーンを選ぶことができる
  • 契約後、端末は即日発送ですぐに手元に届く!
  • 最新端末での契約が可能!

GMOとくとくBBの一番の特徴は、とにかくトータルコストが業界安値であることです。

その他、WiMAX機器にて今回のSpeed Wi-Fi NEXT WX05をはじめとする最新端末を選べる(Speed Wi-Fi NEXT W05ももちろん選べます)こと、即日発送であること等、サービス面も非常にバランスが良いところも特徴です。

GMOとくとくBBのおすすめ契約プラン

  • キャッシュバックキャンペーン(ギガ放題)
  • 月額割引キャンペーン(ギガ放題)

GMOとくとくBBWiMAXの契約をする場合は、前述の通り月間の速度制限ルールの無くなる「ギガ放題」にして、かつ上記2つのプランのいずれかを選ばれると良いでしょう。

一つ目の「キャッシュバックキャンペーン」は、その名の通りキャッシュバックがお得なプランです。

もうひとつの「月額割引キャンペーン」は、キャッシュバックがない代わりに、月々の月額料金がかなり安くなっているプランです。

どちらも他のWiMAX2+を提供している他プロバイダと比べてかなり安値となっていますが、キャッシュバックキャンペーンのほうがより金額的にお得になっています。

ですが一方で、「キャッシュバックキャンペーンで、数か月後に本当にキャッシュバック額が戻ってくるか不安…」という方もいらっしゃることでしょう。その場合は、こちらの月額割引キャンペーンを選ばれると良いかもしれませんね。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーン

GMOとくとくBBがかねてより提供している、キャッシュバック額最大42,000円201811月現在)がウリのキャンペーン。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

キャッシュバック額の代わりに月額料金をかなり引き下げたGMOとくとくBBの新しいキャンペーン。月額の料金がとっても安い!

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。

WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

GMOとくとくBB WiMAXの3つのキャンペーンを比較!料金は業界最安値

まとめ) 通信速度の早さと、トータル的なサービス品質から、モバイルWi-Fiルーター選びは「WiMAX」一択でOK

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

現在国内では様々なモバイルWi-Fiルーターが商品・サービスとして出回っており、その量の多さはときに「どれにすればよいか」で迷ってしまうこともあるでしょう。

サービスの品質を見極める際のツールの一つに、「QCD」というものがあります。

QCD」とは、「品質(Quality)」「コスト(Cost)」「スピード(Delivery)」3つの単語の頭文字をとったものです。つまり、この3つの観点からサービス品質を見ていく、ということですね。

今回のテーマである「モバイルWi-Fiルーターの【通信速度】」は、いわば「QCD」のD(スピード)に当たるところでしょう。そして、スピードだけでなく、QCの面もみながら、モバイルWi-Fiルーターとプラン選びをしていくことが求められます。

それら観点からしても、現時点トータル的におすすめなモバイルWi-Fiルーターは「WiMAX」と言えるでしょう。かつ、更にQCDを高めていく為に、契約プラン(…ギガ放題がおすすめ)、プロバイダ(…GMOとくとくBBがおすすめ)も定めていけば、きっと後悔の無いモバイルWi-Fiルーター選びができるはずです。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。