SPACE Wi-Fiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

ポケットWi-Fiをレンタルしようとしていて、「SPACE Wi-Fiってどうなんだろう…」と気になっていませんか。

SPACE Wi-Fiは株式会社SPACE AGENTが運営する、レンタルWi-Fiサービスです。

契約期間の縛りなく、かつ初期費用も一切かからない手軽さから、多くの人の人気を集め一時期は申し込みが殺到して発送が滞った時期もあったようです。

さて、そんな評判の高まりを見せるSPACE Wi-Fiですが、とはいっても「自分にとって、本当におすすめのポケットWi-Fiかどうか」をきちんと確認しないまま契約してしまうのは危険でしょう。

そこで、本記事ではポケットWi-Fiの基本情報から利用者の評判、そしてメリット・デメリットまで、詳しくお伝えしていこうと思います。ぜひご覧ください!

SPACE Wi-Fiの評判

さて、SPACE Wi-Fiの運営会社は株式会社SPACE AGENTと先にお伝えしましたが、こちらの会社は2015年開業ということで、設立間もない新興会社になります。

実績・知名度についてはまさに「これから」というフェーズの会社・サービスと言えるでしょうが、はじめてSPACE Wi-Fiに触れるという方からすると「どんな会社でどんな評判なのか、ちょっと不安」という方もいらっしゃることでしょう。

そこでまずは、すでにSPACE Wi-Fiを利用された方々がネット上で挙げている評判でどんなものがあるか、見ていきたいと思います。

SPACE Wi-Fiを利用した方々の「良い評判」

SPACE Wi-Fiを利用して1年が経ったのですが、問題なく使えています。
故障・紛失時の支払金40,000円が怖いところでしたが、実際壊れることもなく今では安心してます。
やっぱり、なによりも手数料なしは強みですね。
あと利用期間も縛り無しで1か月ごとに継続するか解約するか選べるのもストレスを感じさせなくて良いです。

SPACE Wi-Fiの良い所は、サポートの丁寧さですね。
メールで何度か相談させてもらったのですが、繋がりやすい通信エリアのことや利用方法についてとても親身に相談に乗ってくれて、好印象でした。
特に私の住んでいるところはいなかということもあって、都市部専門のポケットWi-Fiだと不安が多くて。

手数料なしはかなり嬉しいですね。
レンタルWi-Fiサービスで、月額料金は安くてもしっかり手数料を取ってくるところって多いじゃないですか。でも、SPACE Wi-Fiはそれがない。
毎月の出費も管理しやすく、不要になったら解約違約金とかも気にせずすぐに解約できるのでおすすめです。

SPACE Wi-Fiの「良い評判」で多かったのは、「初期費用なし」と「いつでも解約できる(契約期間の縛り無し)」そして「サポートの丁寧さ」でした。

最近は新しいレンタルWi-Fiサービスも多く出てきており、上記の「初期費用なし」「契約期間の縛り無し」を兼ね備えているレンタルWi-Fiも少なくありませんが、更には「サポートの丁寧さ」まで評判に挙がっているレンタルWi-Fiサービスはあまり無いように感じます。

こうしてみると、SPACE Wi-Fiに人気・評判が集まってくるのも分かるような気がしますね。

SPACE Wi-Fiを利用した方々の「悪い評判」

一方で、SPACE Wi-Fiを利用した方々から以下のような評判もありました。

SPACE Wi-Fiに申し込んだんだけど、届くまで結構時間がかかりました。
結構急いで使いたかったんで、ちょっと困りましたね。
公式サイトでは「最短翌日に発送」って書いてあったような気がしたんだけど…。

インターネット接続時の速度が遅いのが気になります。
1日3GB利用すると、128Kbpsの速度制限になってしまうし…。もっと快適に利用できたらと思いますね。

SPACE Wi-Fiは制限がかかるのがちょっとNG。
もっと大容量で使える最新のポケットWi-Fiを選べたらいいのに。

SPACE Wi-Fiの「悪い評判」で多かったのは、「発送まで時間(日数)がかかる」「速度が遅い(速度制限がかかりやすい)」という点でした。

「発送まで時間(日数)がかかる」問題については、冒頭でもお話した通りSPACE Wi-Fiの人気・評判の高まりに連れて申し込みが増えてきている影響でしょう。時が経てば落ち着くでしょうが、少し余裕をもって申し込みを早めにしておくと良いかもしれませんね。

「速度が遅い(速度制限がかかりやすい)」問題は、SPACE Wi-Fiが取り扱っているポケットWi-Fi機種の性能によるものでしょう。こちらについては、「契約前に知るべきデメリット・注意点」でも詳しく見ていくこととします。

SPACE Wi-Fiの最安値保証とは

さて、ここからはSPACE Wi-Fiの利用を検討していくうえで押さえておきたい特徴に触れていきたいと思います。

まず、SPACE Wi-Fiの公式サイトにも記されている「最安値補償」というキーワードについて、確認していきましょう。

公式サイトでは、「最安値補償」について以下のように説明しています。

2019年2月1日時点でGoogle/Yahooにおいて「民泊 wifi」と検索した際の検索結果上位10件に含まれるすべての民泊用Wi-Fi商品と比較し、契約から2年間利用して解約した際までの「総費用」が最安値であることをお約束いたします。

上記の引用文で表示されている「民泊wifi」とは、Airbnb等の「民泊物件」に設置することをメインの目的として提供されるレンタルWi-Fiサービスのことです。

「え?SPACE Wi-Fiって民泊用のレンタルWi-Fiサービスなの?」と思われた方もいらっしゃったかもしれませんが、SPACE Wi-Fiは個人用・自宅用としても利用できますのでご安心ください。

「最安値補償」の説明にて注目すべきは、『契約から2年間利用して解約した際までの「総費用」が最安値であること』という文章でしょう。つまり、SPACE Wi-Fiはそれだけ「安い!」ということをアピールしているということですね。

参考:SPACE Wi-Fiの料金内容

項目 金額
初期費用 0円
契約手数料 0円
月額料金 3,680円
解約手数料 0円

初期費用や契約手数料、解約手数料がかからず、月額料金も3,680円でおさまるというのは、たしかに他のレンタルWi-Fiサービスと比較してもかなり安い部類に入ります。

月額料金について、他のレンタルWi-Fiサービスとの比較が気になる方は、以下の他社レンタルWi-Fiサービス紹介記事が参考になることでしょう。併せてご覧ください。

J-WiFiはWiMAXが1日からレンタルできる!メリット・デメリットまとめ

グローバルモバイルは無制限で使えるレンタルWi-Fi!

縛りなしWiFiは本当にお得?契約前に知るべきメリット・デメリット

Chat WiFiは解約金・契約縛り・端末代・容量制限なしのレンタルWi-Fi!

SPACE Wi-Fiの選ばれる6つのメリット

続いては、SPACE Wi-Fiが人気を博している要因となっている、「SPACE Wi-Fiのメリット」について見ていきましょう。特に押さえておきたいのは、以下の6点です。

  • 料金は月額3,680円のみ
  • 初期費用・契約手数料・解約手数料・端末代金すべて0円
  • 契約期間の縛りなし
  • 最短翌日発送
  • 支払い方法にクレジットカード・口座振替を選べる
  • 外国人の対応も可能

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

料金は月額3,680円のみ

SPACE Wi-Fiは、前述の通り支払うべき料金は月額の3,680円のみです。

ちなみに、SPACE Wi-Fiが提供するポケットWi-Fiは月間の通信量制限のない機種になります。

現在提供されている月間の通信量制限のない機種のポケットWi-FiやWiMAXにおいて、月額料金が「3,680円」というのはかなり安い料金設定です。

初期費用・契約手数料・解約手数料・端末代金すべて0円

前章でもお伝えしましたが、SPACE Wi-Fiは初期費用・契約手数料・解約手数料・端末代金すべて0円(無料)になります。

 

参考:SPACE Wi-Fiの料金説明

通常、ポケットWi-Fi・WiMAXプロバイダや他のレンタルWi-Fiサービスにおいては最低でも契約時に事務手数料3,000円が発生します。なかには契約時に端末代の全額や一部の支払いを要求するプロバイダもありますので、SPACE Wi-Fiのこのあたりの手軽さはかなり大きな魅力&メリットと言えるでしょう。

契約期間の縛りなし

また、SPACE Wi-FiはレンタルWi-Fiサービスですので、通常のポケットWi-Fi・WiMAXプロバイダにあるような2〜3年といった契約期間の縛りはありません。

好きな時に申し込んで、好きな時に解約することができます。

ただし、SPACE Wi-Fiでは申し込んだ「当月内の解約はできない」こと、また「解約申請は解約月の前月に行う必要がある」といったルールを設けていますので、実際は最低2か月間の利用は必須となりますのでご注意ください。

参考:SPACE Wi-Fiの解約ルールについて

・ご解約申請をいただいた翌月末が解約月となります。
・当月解約は出来兼ねておりますので、予めご了承下さい。
・端末一式を、解約月の翌月5日まで弊社に届くようご返送下さい。
・万が一、翌月5日以降に到着した場合、1ヶ月分のご利用料金が発生致します。

最短翌日発送

SPACE Wi-Fiでは、申し込みから「最短翌日発送」で、レンタルWi-Fi機器を発送してくれます。

つまり、それだけ早くてもとにレンタルWi-Fiの利用を始められるということですね。

ただし、最近(2019年4月時点)では前述の通りSPACE Wi-Fiの申し込み増加傾向により発送に日数がかかっているケースが出ていますので、ゆとりをもっての前もっての申し込みをしておいた方が安全でしょう。

参考:SPACE Wi-Fiの発送タイミングについて

支払い方法にクレジットカード・口座振替を選べる

また、SPACE Wi-Fiは支払い方法にクレジットカードか口座振替かのどちらかを選ぶことができます。

現在多くのポケットWi-Fi・WiMAXプロバイダやレンタルWi-Fiサービスにおいて、支払い方法を「クレジットカードのみ」としていますので、口座振替希望の方にはこちらもメリットに感じられることでしょう。

口座振替対応のWiMAXは?クレジットカード無しでも契約できる!

外国人対応可能

「民泊Wi-Fi」の区分にも挙げられるだけあり、SPACE Wi-Fiは海外の方に向けての対応にも体制を整えています。具体的には、英語・中国語のマニュアルをダウンロード入手できること、更には中国語に対応したコールセンターも用意されています。

参考:SPACE Wi-Fiの外国人対応について

SPACE Wi-Fiは、こんな方におすすめ

ここまで、SPACE Wi-Fiのメリット6点を紹介しました。

実際にSPACE Wi-Fiの利用がおすすめな方は、以下のようなタイプとして挙げられるでしょう。

  • 1か月単位での期間を限定して、ポケットWi-Fiの利用予定がある方
  • 1か月間のインターネット利用量を制限なしに活用したい方
  • 民泊用にモバイルWi-Fiを用意したい(または活用したい)という方
  • 少しでも安くレンタルWi-Fiサービスを利用したいという方
  • 海外の方で、日本語でのサポートやマニュアルに不安があるという方

SPACE Wi-Fiの、契約前に知るべきデメリット・注意点

ここまで、SPACE Wi-FiのレンタルWi-Fiのメリット部分を中心にお伝えしました。

続いては、SPACE Wi-Fiを利用する際に、事前に知っておきたいデメリット・注意点について見ていきましょう。

押さえておきたいのは、以下の5点です。

  • 端末の故障や紛失した場合は10,000円の弁償金が必要
  • 使える機種が古い型落ち品
  • 端末の希望がある場合、連絡が必要
  • 解約後5日以内に到着するように返送しないと料金が発生する
  • 返送時の送料は必要

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

端末の故障や紛失した場合は10,000円の弁償金が必要

SPACE Wi-Fiを利用していて端末の故障や紛失、水没を起こした際には、10,000円(税抜)の弁償金を支払う必要があります。

参考:SPACE Wi-Fiの弁償金について

上記公式サイトの説明にあるように、補償サービス未加入時は「弁償金は40,000円(税抜)」になり、更にSIMカードの再発行が必要になる場合は追加で「再発行料3,000円(税抜)」が必要となります。

SPACE Wi-FiはレンタルWi-Fiサービスですので、利用できるポケットWi-FiはあくまでSPACE Wi-Fiの所有となります。それで、故障・紛失等の際には上記の様な弁償金が発生するということですね。

使える機種が古い型落ち品

「ポケットWi-FiやWiMAXを利用するなら、なるべく新しい端末が良い」と検討中の方は、SPACE Wi-Fiでは最新端末を扱っていないことを事前に把握しておくべきでしょう。

現在(2019年4月)においてSPACE Wi-Fiで取り扱っている端末は、以下の2製品になります。

機種 通信速度 通信制限 デザイン
Speed Wi-Fi NEXT04(WiMAX) 下り最大
440Mbps
3日間で10GB利用した場合、
翌日18:00〜翌々日2:00までの間
1Mbpsの速度制限が発生
Pocket WiFi
801ZT
(Softbank)
下り最大112.5Mbps 1日間で3GB利用した場合、
その日の間128Kbpsの
速度制限が発生

「Speed Wi-Fi NEXT04」も「Pocket WiFi 801ZT」も、数年前にリリースされたいわば「型落ち製品」です。

SPACE Wi-Fiの取り扱い端末は今後在庫状況の変動によっても変わってくるでしょうが、最新端末のポケットWi-Fi・WiMAXを利用したい場合は、SPACE Wi-Fi以外のプロバイダやレンタルサービスを利用したほうが良いでしょう。

端末の希望がある場合、連絡が必要

前項でSPACE Wi-Fiの取り扱い端末は「Speed Wi-Fi NEXT04」と「Pocket WiFi 801ZT」だとお伝えしましたが、基本これら端末は私たちが選ぶのではなく運営サイドにて在庫状況や申し込み地域の通信エリア状況を見て端末を選んで発送しています。

もし私たちの方で端末のいずれかを選ぶ場合は、申し込み後にメールか電話でその希望を伝える必要があります。

参考:SPACE Wi-Fiより届く端末について

解約後5日以内に到着するように返送しないと料金が発生する

解約時の注意点として、SPACE Wi-Fiの解約月を過ぎて5日以内に端末が届かなかった場合、プラスで1か月分の料金が発生してしまいます。

参考:SPACE Wi-Fiの解約ルールについて

「翌月5日までに必着」とのことですので、配達に要する日数もふまえるとSPACE Wi-Fiを解約した月の翌日には返送するようにしておいた方が良さそうですね。

返送時の送料は必要

SPACE Wi-FiはレンタルWi-Fiサービスですので、解約時には端末一式を返送する必要があります。

また、SPACE Wi-Fiを解約時の送料は有料となります(着払い不可)。

とはいえ、それ程質量もないので料金は500円前後といったところです。

「レターパックライト」(360円)と、郵送中の破損防止のエアパッキンを購入して、返送されると良いでしょう。

SPACE Wi-Fiのあんしん端末補償

SPACE Wi-Fiの押さえておきたい特徴として、「あんしん端末補償」にも触れておきましょう。

あんしん端末補償については、前章の「端末の故障や紛失したとき」にも少し触れましたが、万一SPACE Wi-Fiの端末を故障、または紛失・水没させてもらった際の弁償金が通常40,000円のところ10,000円となる補償サービスです。

加入した際の料金は1か月500円(税抜)。

いざというときのトラブルに不安な方は入っておいたほうが良いでしょうね。

SPACE Wi-Fiの基本情報

ここまで、SPACE Wi-Fiのメリット、注意点、体制面(料金等)について触れてきました。

最後に、SPACE Wi-Fiの基本情報をまとめておきましょう。

SPACE Wi-Fiの基本情報

初期費用 0円
月額料金 3,680円(固定)
解約費用 0円
レンタル対応機種 Speed Wi-Fi NEXT04
Pocket WiFi 801ZT
月間の利用データ量上限 制限なし
ただし、Speed Wi-Fi NEXT04は3日間で10GB利用した場合、翌日18:00〜翌々日2:00までの間1Mbpsの速度制限が、Pocket WiFi 801ZTは1日間で3GB利用した場合、その日の間128Kbpsの速度制限が発生。
支払い方法 クレジットカード・口座振替
支払日 クレジットカードの場合:
初回は初月分の日割り料金を商品発送前に決済。
翌月以降は当月分のご利用料金を当月最終営業日に引き落とし
口座振替の場合:
初月分はご利用開始の翌月27日に「初月分+2月目分」をお引き落としいたします。翌月以降は当月分のご利用料金を当月27日にお引き落とし
運営会社 株式会社SPACE AGENT

まとめ) 通信速度・通信量のこだわりが無ければ、SPACE Wi-FiはかなりおすすめのレンタルWi-Fiサービス!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

現在、お得で料金の安いレンタルWi-Fiサービスが多く登場してきていますが、SPACE Wi-Fiはその中でもコスト面・サービス面でバランスの良い、おすすめのレンタルWi-Fiサービスです。

SPACE Wi-Fiがおすすめの人

  • 1か月単位での期間を限定して、ポケットWi-Fiの利用予定がある方
  • 1か月間のインターネット利用量を制限なしに活用したい方
  • 民泊用にモバイルWi-Fiを用意したい(または活用したい)という方
  • 少しでも安くレンタルWi-Fiサービスを利用したいという方
  • 海外の方で、日本語でのサポートやマニュアルに不安があるという方

一方で、SPACE Wi-Fiには以下のデメリット・注意点がありますので、それらがあまり気にならないという方は、具体的に契約まで検討を進められると良いかもしれませんね。

SPACE Wi-Fi契約前に、特に意識しておきたい注意点

  • 端末の故障や紛失した場合は10,000円の弁償金が必要(あんしん端末補償未加入時は40,000円)
  • 使える機種が古い型落ち品、かつ端末の希望がある場合、連絡が必要

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。