Smafi WiMAXはお得?GMOとくとくBB WiMAXとの違い比較

2019年2月に、GMOとくとくBBから新たなWiMAXサービスとして「Smafi WiMAX」(スマフィ ワイマックス)がリリースされました。

これまでWiMAX市場を大きく牽引してきた「GMOとくとくBB」の新サービスであること、そして「Smafi WiMAX」公式サイトのキャッチ文にある「ギガ放題が3年間ずっと月額3,590円」というリーズナブルな価格帯が早くも話題となっています。

さて、これまでWiMAXプロバイダといえば「GMOとくとくBB」が一番人気でした。そのなかで、果たしてSmafi WiMAXはどこまでおすすめなのか、これまでのサービスとどこが違うのか等、かなり気になるところですよね。

そこで今回は、Smafi WiMAXの特徴・メリットについて、GMOとくとくBBの既存サービスと比較しながら、詳しく見ていきたいと思います。

この記事を読めば、Smafi WiMAXがあなたにとって本当におすすめのWiMAXサービスかどうかを明確にすることができるでしょう。ぜひご覧ください!

Smafi WiMAXとGMOとくとくBB WiMAXの違いを比較

はじめに、Smafi WiMAXの主な特徴について、GMOとくとくBB の既存サービスとの違いと比較しながら見ていきましょう。

比較するGMOとくとくBBの既存サービスでは、特に人気でお得度の高い「月額割引キャンペーン」で紹介していきます。

https://wifi-iroha.com/gmo-tokutoku-bb-cashback/

【料金プラン比較】Smafi WiMAXはトータルコストで割高になる

まずは気になる「料金プラン」から見ていきましょう。

Smafi WiMAXは冒頭でお話した通り、月額料金を3年間一定(ギガ放題プラン:3,590円 7GBプラン:3,017円)としています。

Smafi WiMAXの料金プラン

利用開始月が「0円」なのは、なかなか嬉しいポイントですね。一方、4年目以降はギガ放題プラン:月額4,263円、7GBプラン:月額3,609円とやや高くなる設計です。

対するGMOとくとくBBの月額割引キャンペーンは、月毎に月額料金が変わっていく変動制。ギガ放題プランの場合、0〜2か月目までは2,170円(0か月目は日割り計算)、3〜36か月目までが3,480円となっています。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーンの料金プラン

 

Smafi WiMAXとGMOとくとくBB月額割引キャンペーンとの料金プランを表で比較した場合、以下の通りです。

Smafi WiMAXとGMOとくとくBB月額割引キャンペーンとの料金プラン比較

※表示している金額は2019年4月時点のものです。また、GMOとくとくBB月額割引キャンペーンのキャッシュバック特典(5,000円)は差し引いておりません。

サービス名 Smafi WiMAX GMOとくとくBB
月額割引キャンペーン
プラン名 ギガ放題プラン ギガ放題プラン ギガ放題プラン ライトプラン
初期費用 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
端末代 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
0か月目(端末発送月) ¥0 ¥0 ¥2,170の日割り ¥2,170の日割り
1か月目 ¥3,590 ¥3,017 ¥2,170 ¥2,170
2か月目 ¥3,590 ¥3,017 ¥2,170 ¥2,170
3〜24か月目 ¥3,590 ¥3,017 ¥3,480 ¥2,690
トータルコスト(3年間) ¥132,240 ¥111,612 ¥127,830 ¥100,970
平均月額料金 ¥3,574 ¥3,017 ¥3,454 ¥2,728

上記表のトータルコスト(3年間)で見ると、Smafi WiMAXのほうがGMOとくとくBB月額割引キャンペーンと比べてギガ放題プラン・7GBプラン共に5,000円〜10,000円ほど高くなっていることが確認できます。

つまり、料金の安さで見た場合、Smafi WiMAXよりもGMOとくとくBB既存サービスである月額割引キャンペーンのほうがお得になる、ということですね。

【有料オプション比較】Smafi WiMAXは有料オプション不要

Smafi WiMAXは、他のWiMAXサービスで見られるような「有料オプションに加入しないとキャンペーン適用外になります」といった条件はありません。

つまり、月々の支払いは端末の月額料金のみで良いということです。

対するGMOとくとくBB月額割引キャンペーンは、有料オプションである「安心サポート」(月額300円)または「安心サポート ワイド」(月額500円)の加入を入会キャンペーンの適用条件としています。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーンの有料オプション(公式サイトより)

GMOとくとくBB月額割引キャンペーンでは、上記有料オプションは「初月〜2か月間無料」としており、かつ入会後に解約することもできるため、実質無料で済ますことはできます。

ですが、オプション解除の手続きの手間はかかるので、Smafi WiMAXの「契約時に強制的なオプション加入なし」は利用する私たちからすると不要な手間が省けますので、ちょっとしたメリット感にも繋がるでしょう。

【キャンセル期間比較】Smafi WiMAXは「20日間以内キャンセル」適応外

続いては、キャンセル期間について。

Smafi WiMAXは、端末着荷から8日以内に返却する場合、「初期契約解除制度」が適用されてキャンセル扱いにすることができます。

WiMAXは8日以内なら無料キャンセル可能!初期契約解除制度とは

一方、GMOとくとくBB月額割引キャンペーンでは、上記の「8日以内の返却でキャンセル可能」ルールの他に、一定の条件下で20日間までキャンセル可としています。

GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)のメリット紹介(公式サイトより)

いざという時のキャンセルルールでは、Smafi WiMAXよりもGMOとくとくBB月額割引キャンペーンのほうが体制の厚さがありますね。

Smafi WiMAXとGMOとくとくBB月額割引キャンペーンのキャンセルルール

  Smafi WiMAX GMOとくとくBB
月額割引キャンペーン
キャンセル対応 以下の場合は返品(キャンセル)可能
商品到着後8日以内の商品
以下の場合は返品(キャンセル)可能
商品到着後8日以内の商品
・(UQ WiMAX2ピンポイントエリア判定でお申込みの住所、及びWiMAX2+ご利用の住所が「○」の場合に限って、)実際に利用した際に接続等に不良や不安があった場合につき、商品到着後20日以内の商品

【特典比較】Smafi WiMAXはキャッシュバック特典なし

最後に、キャッシュバック特典の有無についても見ていきましょう。

残念ながら、今のところSmafi WiMAXにはキャッシュバック特典は付いていません(2019年4月現在)。

一方、GMOとくとくBB月額割引キャンペーンでは、5,000円分のキャッシュバック特典(契約から1年後に付与)が付きます。

キャッシュバック特典は、各WiMAXプロバイダにて高頻度で実施内容を更新していってますので、今後Smafi WiMAXで実施されることもありうるかもしれません。

このあたりは契約時に最新情報を各公式サイトでチェックしておくと良いでしょうね。

WiMAXのキャッシュバックはお得なの?受取率30%の真実とおすすめ料金プラン

WiMAXのキャッシュバックが1番高いプロバイダ比較【2019年2月版】

Smafi WiMAXとGMOとくとくBBの「共通点」

ここからは、Smafi WiMAXとGMOとくとくBBの「共通点」を見ていきましょう。

運営会社は「GMOインターネット株式会社」

Smafi WiMAXとGMOとくとくBBはともに、運営会社はGMOインターネット株式会社です。

GMOインターネット株式会社は1995年よりインターネット事業を開始し、その後「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くの馴染みのあるサービスを提供してきた会社です。

サービスの実績だけでなく、東証一部上場企業としての信頼性もあり、WiMAX業界でも「安くて、かつ実績と信頼のあるプロバイダ」として多くの利用者を獲得されてきました。

WiMAXのプロバイダ選びは、運用会社の実績や信頼性も重要となりますが、その点で言うとSmafi WiMAX、GMOとくとくBBともに充分合格圏にいると言えるでしょう。

契約プランは「ギガ放題」「7Gプラン」の2本体制

Smafi WiMAXでは、GMOとくとくBBや他のWiMAXプロバイダ同様「ギガ放題」と「7Gプラン」の2プランを用意しています。

ちなみに、WiMAXを利用される人の9割以上は月間データ量の制限が無い「ギガ放題プラン」を選ばれます。

月間のインターネット利用が7GB以上になることがまずないという人以外は、Smafi WiMAX契約時は同様にギガ放題プランを選ばれると良いでしょう。

契約期間は「3年間」のみ

近年においてWiMAXの契約期間は3年契約が主流となってきていますが、Smafi WiMAXおよびGMOとくとくBBも同様に契約期間は「3年契約」のみとしています。

WiMAX利用が数日〜数か月間のみになるという予定の方は、WiMAXレンタルサービスを利用されると良いでしょう。

縛りなしWiFiは本当にお得?契約前に知るべきメリット・デメリット

J-WiFiはWiMAXが1日からレンタルできる!メリット・デメリットまとめ

WiMAXのおすすめの契約期間は?全4パターンのメリット・デメリット

初期費用は「事務手数料3,000円」のみ

Smafi WiMAXは、GMOとくとくBB同様に初期費用は事務手数料3,000円のみで、端末代や送料は発生しません。

Smafi WiMAXとGMOとくとくBB月額割引キャンペーンの初期費用比較

初期費用 Smafi WiMAX GMOとくとくBB
月額割引キャンペーン
事務手数料 ¥3,000 ¥3,000
端末代 ¥0(無料) ¥0(無料)
送料 ¥0(無料) ¥0(無料)

このあたりは、Smafi WiMAXもGMOとくとくBB同様にお手軽感があって良いですね。

最新端末が選択可能

2019年4月時点において、Smafi WiMAXとGMOとくとくBBとで選べる端末の種類に差はありません。

ともにWiMAXの最新端末を選択することが可能です。

Smafi WiMAXの端末一覧

  • Speed Wi-Fi NEXTW06
  • Speed Wi-Fi NEXTWX05
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • WiMAX HOME01

解約違約金ルールは共通

続いては、解約違約金について。

こちらは他の多くのWiMAXプロバイダ同様、GMOとくとくBB・Smafi WiMAXともに以下の料金ルールになっています。

  解約違約金
1ヶ月目〜12ヶ月目までの解約の場合 19,000円
13ヶ月目〜24ヶ月目までのご解約の場合 14,000円
25ヶ月目以降、契約更新月以外の解約の場合 9,500円
契約更新月の解約の場合 0円

「最短即日発送」が可能

契約後の端末発送ルールにも触れておきましょう。

Smafi WiMAXは、GMOとくとくBB同様に「最短即日発送」を可能としています。

Smafi WiMAXの発送ルール(公式サイト「注意事項」より抜粋)

端末発送時期について
・WiMAX端末機器は通常4営業日以内に順次発送いたします。
・お選びいただく機種によっては、平日15時30分、土日祝日14時までのお申込み完了で「即日発送」も可能です。ご利用可能な場合にはお申込み手続き内の「WiMAX端末の発送方法をご選択ください」の欄にてご確認ください。
・「通常発送」「即日発送」どちらも全国送料無料です。
・端末発送時に「配送状況連絡先メールアドレス」へ配送伝票番号をお知らせいたしますので、佐川急便のホームページより配送状況のご確認が可能となります。
・配送日時の指定は承っておりません。
・ご不在の場合は配送業者により不在票が投函されますのでご確認ください。
・発送完了後の責任は一切負いかねます。

WEBからの申し込み後、「即日発送」してくれるポケットWi-FiやWiMAXのプロバイダはそう多くありませんので、こちらはSmafi WiMAXの一つのメリットと言えるでしょう。

ただし、申し込み時のフォームで、「発送方法」の欄にて「通常発送」を選んでしまうと即日発送されませんのでご注意ください。

即日発送できるWiMAX・ポケットWiFiは?おすすめプロバイダ・注意点まとめ

支払い方法は「クレジットカード」のみ

Smafi WiMAXの支払い方法は、「クレジットカード決済」のみとなっています。

デビットカードの支払いや、口座振替はできませんのでご注意ください。

口座振替OKおすすめポケットWi-Fi!1番お得に契約できるルーターは?

auスマートバリューmine、ギガMAX月割対応可能

WiMAXを利用する際に、併せてチェックしておきたいのが他サービスとの併用で携帯料金が安くなる特典です。

代表的なものが、auスマホ/携帯電話とWiMAXの併用でスマホ月額料金が最大1,000円安くなる「auスマートバリューmine」と、UQモバイルとWiMAXの併用でスマホ月額料金が300円安くなる「ギガMAX月割」です。

  説明 Smafi WiMAX対応状況
auスマートバリューmine auスマホ/携帯電話とWiMAXの併用で
スマホ月額料金が最大1,000円安くなる
ギガMAX月割 UQモバイルとWiMAXの併用で
スマホ月額料金が300円安くなる

Smafi WiMAXの毎月のスマホ代がお得になるケース(公式サイトより)

ちなみに、上記特典はGMOとくとくBBで契約した際にも同様で適用されます。

auユーザーの方、UQモバイルユーザーの方はぜひチェックしておくと良いでしょう。

auスマートバリューmineとWiMAXは相性抜群!スマホ料金が毎月1000円お得に

ウルトラギガMAXでスマホ料金がずっと300円割引!UQ利用者必見

Smafi WiMAXとGMOとくとくBB比較の結果は、GMOとくとくBB WiMAX一択!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

GMOとくとくBBのサービスの流れを色濃く引き継いだ感もあるSmafi WiMAXですが、トータルで見たときには「料金プラン」「キャンセル期間」「キャッシュバック特典等のキャンペーンの充実さ」という点で、GMOとくとくBBのほうがお得さが勝っていることを確認できたと思います。

ただし、他のWiMAXプロバイダと比較して見た際にはSmafi WiMAXは月額料金も安めで、初期費用も掛からず、差新端末を選べる等のメリットも多く揃えています。

すでにGMOとくとくBBでWiMAXを契約しており、次に別のプロバイダとの契約しなおしを検討されている方や、Smafi WiMAXの一定月額料金制度や有料オプションの必須加入なしの仕組みに安心感を持つという方は、Smafi WiMAXでの契約を検討されても良いかもしれませんね。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。