縛りなしWiFiは本当にお得?契約前に知るべきメリット・デメリット

契約期間の縛りや解約違約金、機種代金が無い、ポケットWi-Fiレンタルサービスの「縛りなしWiFi」が気になっていませんか。

ポケットWi-Fiといえば、気になるのが2〜3年の契約期間の長さや月額料金の高さでしょう。

ですが、最近はそういった契約期間の縛りが無く、また月額料金もかなり安めのレンタルWi-Fiサービスが複数出てきており、多くの人々から関心を寄せられています。

今回紹介する「縛りなしWiFi」も、そんなレンタルWi-Fiサービスのひとつです。

実際、縛りなしWiFiはかなり多くの人々からの注文が殺到しており、少し前は申し込んでもなかなか端末が手元に届かない事態も発生していたようです。

さて、そんな「縛りなしWiFi」ですが、今現在ポケットWi-Fiの利用を検討している皆さんにもおすすめのサービスなのかどうか、詳しく確認していきたいと思います。

この記事を読めば、あなたにとって縛りなしWiFiが真のおすすめポケットWi-Fiサービスかがしっかり確認できることでしょう。ぜひご覧ください!

縛りなしWiFiの魅力的なメリット

さて、はじめに縛りなしWiFiのレンタル利用におけるメリットを確認しておきましょう。

特に押さえておきたいメリットは、以下の7点です。

  • 通信制限なし
  • 契約期間の縛りなし
  • 最短翌日発送
  • 端末本体代金なし

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

通信制限なし

縛りなしWiFiでは、月間の通信制限なしで、通信容量無制限で利用できます。

ソフトバンクのポケットWiFiなどでは、プランによって1ヶ月の利用量が7GBまでだったりしますので、通信量を気にせずに利用できるのは嬉しいですね。

契約期間の縛りなし

縛りなしWiFiの「縛りなしプラン」ではその名の通り、契約期間の縛りなく契約が可能です。

「縛りなしプラン」はレンタルという契約になりますので、ポケットWi-FiやWiMAXでの契約時に必要になる2〜3年の契約期間が必要ありません。

他社での場合、契約期間更新月以外での解約には9,500円以上の解約違約金が発生しますので、ポケットWi-Fiサービスが必要なくなった時にいつでも解約できるのはメリットですね。

最短翌日発送

縛りなしWiFiでは、正午12:00までの申し込み完了で翌日発送されますので、最短で翌々日には端末が手元に届きます。

申込み後2〜3日でサービスが開始できるので、早くネット接続環境を整えたい方も嬉しいですね。

端末本体代金なし

「縛りなしプラン」は端末がレンタルという扱いですので、機種代金が発生しません。サービス終了後は、機種を返却する必要があります。

また、「縛っちゃうプラン」では3年契約になりますが、毎月の利用料金から機種代金分が割引されますので、実質無料で利用できます。3年の契約期間満了後に機種が買取完了となりますので、返却する必要はありません。

どちらのプランを選択しても、機種代金については請求がないということになりますね。

縛りなしWiFiの2つのプラン

縛りなしWiFiでは、プロバイダ名にも冠している「縛りなしプラン」と、新たに追加された「縛っちゃうプラン」の2つのプランが用意されています。

それぞれサービスの特色が異なりますので、自分に合ったプランを選択しましょう。

  縛りなしプラン 縛っちゃうプラン
サービス形態 レンタル 3年契約
契約期間 1ヶ月〜
(解約申請後、翌月末で解約)
3年
(36ヶ月毎の自動更新)
初期費用 0円 0円
月額料金 3,300円 2,800円
端末 WiMAX:WX05、W04
SoftBank:603HW、502HW
SoftBank:601HWシリーズ
契約解除料 なし 15,000円
端末違約金 なし 3年以内の場合、契約残月数×1,200円
端末紛失・故障
水没時弁済金
39,800円 なし

レンタルの「縛りなしプラン」

「縛りなしプラン」は、1ヶ月単位でのレンタル契約です。

解約を申請すると翌月末日での解約となりますので、解約まで最短でも約1ヶ月、最長では2ヶ月ほどの日数を要します。

初期費用無料・月額3,300円で利用できますので、ポケットWiFiサービスとしては相当安い月額料金になります。

端末は、WiMAXは2機種、SoftBankは2機種が用意されていますが、選択することはできません。

また、端末はレンタル扱いとなりますので端末代金は発生しますが、紛失・故障・水没時には弁済金「39,800円」が必要になります。

縛りなしWiFi「縛りなしプラン」の取扱端末

Pocket WiFi 603HW
(Softbank)
速度 下り最大612Mbps
連続通信時間 約8.5時間
Pocket WiFi 502HW
(Softbank)
速度 下り最大187.5Mbps
連続通信時間 約10時間
Speed Wi-Fi NEXT WX05
(WiMAX)
速度 下り最大440Mbps
連続通信時間 約14時間
Speed Wi-Fi NEXT W04
(WiMAX)
速度 下り最大440Mbps
連続通信時間 約10.5時間

3年契約の「縛っちゃうプラン」

「縛っちゃうプラン」は3年契約になります。

3年毎に契約更新月があり、その1ヶ月間のみ無料で解約ができます。それ以外の月で解約すると15,000円の契約解除料が発生します。

端末は「601HWシリーズ」のみで、スペック的には先述の「Pocket WiFi 603HW」と同等のソフトバンク回線を利用した端末になります。

機種代金は毎月の利用料金から割り引かれますので実質無料になりますが、3年以内に解約した場合は端末割引が適用されなくなるので、「契約残月数×1,200円」の端末違約金が請求されます。

契約後1年以内に解約すると、契約解除料と端末違約金合わせて43,000円以上の請求がきますので、早めに解約の可能性が少しでも予想される場合には、「縛りなしプラン」を選択した方が無難ですね。

初期費用無料・月額2,800円と縛りなしプランよりもさらに安い料金で利用できますので、長く安く利用したいという方にはおすすめです。

契約前に知るべき注意点

続いては、縛りなしWiFiを利用する際に、事前に知っておきたい注意点について見ていきましょう。

  • 通信量が1日2GBを超えると速度制限が掛かる
  • ハイスピードプラスエリアモードは有料
  • クレードルの取り扱いはない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

通信量が1日2GBを超えると速度制限が掛かる

縛りなしWiFiでは月間の通信量は無制限ですが、1日の通信量は2GBを超えると、それ以降24:00までは利用している機種に関わらず約1Mbpsの速度制限が発生します。

1ヶ月を30日として、「1日2GB × 30日 = 60GB」は、高速で利用できる通信量となります。

1Mbpsの速度制限中でもウェブサイトの閲覧やYouTubeの動画視聴くらいであれば問題なく利用できます。

ただし、高画質な動画やオンラインゲームなどの利用時には再生や通信に支障をきたす場合があります。

縛りなしWiFiでは、後述するWiMAXとソフトバンク(ワイモバイル)の機種が利用できますが、それぞれの他社でのサービス利用時の速度制限の比較は以下となります。

サービス名 速度制限が発生する通信量 適用される時間帯 適用時の通信速度
WiMAX 3日で10GB 翌日18:00〜翌々日2:00まで 約1Mbps

ソフトバンク(ワイモバイル)

3日で10GB 翌日18:00〜翌々日1:00まで 約1Mbps

縛りなしWiFi

1日で2GB 発生後〜当日24:00まで 約1Mbps

WiMAXとソフトバンクでは規制条件はほとんど変わりませんが、縛りなしWiFiの方が条件が若干厳しいですね。

月間の通信量は無制限でも、1日単位での通信量が2GBでは心配、1Mbpsでは速度が足りないという方には、縛りなしWiFiでの利用は厳しいかもしれません。

ハイスピードプラスエリアモードは有料

その他、縛りなしWiFiで申し込んだ後「WiMAX」製品が届いた場合、WiMAXのハイスピードエリアモードは有料(月額1,005円)となります。

ハイスピードプラスエリアモードとは?通信エリア・注意点まとめ

ハイスピードエリアモードは、WiMAX利用時の通信方式に「auのLTE回線(au 4G LTE)」をプラスして利用するもので、通信可能領域や通信速度を大幅に向上させることができます。

現在はWiMAX通常回線においても国内都市主要部でしたら「繋がらない」というケースはあまりないでしょうが、それでも地方山間部や離島、または走行中の地下鉄車内でインターネット利用する際はハイスピードエリアモードの利用のほうがインターネットの繋がりやすさは高まります。

現在、多くのWiMAXプロバイダにおいて3年契約が主流となっているため、ハイスピードエリアモードは基本無料となっていますが、こちらを縛りなしWiFiで利用する場合は「有料」となります。この点は、縛りなしWiFi契約前にあらかじめご認識されておくと良いでしょう。

クレードルの取り扱いはない

ポケットWi-FiやWiMAXを室内でも利用される方は、「クレードル」の利用も併せて検討されている方もいらっしゃることでしょう。

ですが、縛りなしWiFiではクレードルの取り扱いはありません。

クレードルが無くとも室内でのインターネット利用は問題はありませんが、どうしてもクレードル付きで利用したいという場合は、Amazon等でクレードル単体を別途購入する必要があります。

WiMAXのクレードルは必要ない!WX05は自宅メインなら購入も有り

縛りなしWiFiの口コミ・評判

さて、ここまで縛りなしWiFiのメリットと注意点(デメリット)を中心にお話してきました。

ここからは、実際に縛りなしWiFiを利用された方の口コミ・評判についても見ていきましょう。

※縛りなしWiFiを利用された方々の、twitter等のSNS・掲示板の書き込みをもとに紹介しています。

縛りなしWiFiに対しての「良い評判」 

縛りなしWiFiの契約期間の縛りがない点は、やっぱり良いなと思います。
私のところに届いたのは、Pocket WiFi 601HW。繋がりやすさ、速度も申し分なし。
久しぶりに、大満足な買い物ができたと思っています。

縛りなしWiFiを利用して、月内インターネット代、携帯代がかなりやすくなりましたね。
具体的には、これまでケーブルテレビのインターネット接続で月額利用していたのですが、縛りなしWiFiに切り替えて月額料金がマイナス2,000円、そして契約代もプラン変更でマイナス1,000円で、月3,000円のコスト安。
更に、月間の通信量も気にせずに利用出来て、大満足です。

スマホの料金プランが高くて気になっている人におすすめですね。
縛りなしWiFiを常時利用する(カバンの中に入れておく)ことで、かなり通信量を減らせます。
個人的には、格安スマホの最低料金プラン(2GBプラン)&縛りなしWiFiの組み合わせが最強かと。

月額料金がとても安いのと、 契約期間の縛りがないのが良いですね。
機種が指定できなかったり、ACアダプターが付いていなかったりというのはありましたが、使用して特に不自由なく、かつコストもリーズナブルで、縛りなしWiFiにしてよかったと思いました。

縛りなしWiFiを利用しての「良かった」というコメントで多かったのは、大きく以下の3点でした。

  • 料金が安く、携帯料金はじめ通信料を見直せる
  • 契約期間の縛りがない点が良い
  • 速度や繋がりやすさも問題なし

携帯料金含め、月々の通信料に頭を悩ませている人は多くいらっしゃることでしょうが、縛りなしWiFiの利用がそれらのひとつのソリューションになっているということですね。

また、「端末を選べない」というデメリットはありながらも、縛りなしWiFiで用意されている端末ラインナップは比較的高性能なものになりますので、結果、接続速度や繋がりやすさに対する評判も良いものになっているのでしょう。

縛りなしWiFiに対しての「悪い評判」 

縛りなしwifiを申し込んでから11日経ったけど、いまだに届きません。
「即日発送」と言っていたのに…。電話していても混みあっていてなかなかつながらないし。
早く利用したいのに、とにかくすぐに届いて欲しいです。

縛りなしWiFi、ソフトバンクの端末で届きました。
…が、月内の通信料にて制限7GBになっていました。
調べたところ、機械の設定だけなので関係ないようです。自分で設定を変えられました。

モバイルWiFiがなかなか届きませんでした。
最初に「発送が遅れています」というメールが来て、その後は音沙汰なし。何度か電話してもつながらず、ようやく繋がって問い合わせたところ、「こちらでもわかりません」と言われてしまった。
その後、数日経ってようやく届きました。

縛りなしWiFiを利用しての「悪い評判」では、「なかなか端末が届かない」「問い合わせ窓口に繋がりにくい」が圧倒的に多かったです。

ちなみに、これらコメントが多かったのは2019年の3月末〜4月に申し込みをしたという方が殆どでした。

ちょうどその頃はポケットWi-FiやWiMAXの契約時期として申し込みが増えること、そして同時期に縛りなしWiFiの評判が高まってきたことが大きく関係しているでしょう。

今後(5月以降)は、上記の様な発送の遅延や窓口の繋がりやすさは起きにくくなるでしょうから、これらの評判だけで契約先の判断はしないほうが賢明かもしれませんね。

縛りなしWiFiの基本情報

ここまで、縛りなしWiFiのメリット、注意点(デメリット)、実際の評判・口コミについて触れてきました。

最後に、縛りなしWiFiの基本情報をまとめておきましょう。

縛りなしWiFiの基本情報

契約プラン

・レンタル「縛りなしプラン」 月額3,300円

・3年契約「縛っちゃうプラン」 月額2,800円

通信制限

月間の通信制限なし

1日で2GBを超えると翌日(24:00)までは1Mbpsの速度制限

支払い方法 クレジットカード
領収書の発行 可能
問い合わせフォームより依頼すれば、PDF形式の領収書をメールで送付してもらえる
法人契約 可能
キャンセル期間 申込み後、商品発送前のキャンセルは可能。(問い合わせフォームから依頼)
ただし、商品発送後のキャンセルは不可。

契約期間の縛りなく、かつ月々の通信料を安くしたいという方は、「縛りなしWiFi」はおすすめ!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

ここで一度、縛りなしWiFiの利用がおすすめな人についてまとめてみましょう。

  • 月額の通信料(インターネット固定費やスマホ料金)を抑えたい・安く済ませたいという人
  • 契約期間の縛りなく、ポケットWiFi・WiMXを利用したいという人
  • 仕事等で外出先でのインターネット利用が多いという人
  • 現在ポケットWiFi・WiMXを利用している人で、より月額料金の安いサービス・プランに切り替えたい人

最近は契約期間の縛りのないレンタルWi-Fiサービスがにぎやかになってきていますが、その中でも縛りなしWiFiは使い勝手が良く、かつコストパフォーマンスに優れたレンタルWi-Fiサービスと言えるでしょう。

一方で、「契約期間は1か月から」「端末を選べない」「ハイスピードエリアモードは有料」等の注意点(デメリット)はありますが、それらが気にならないという方は、縛りなしWiFiの契約について本格的に検討されても良いかもしれませんね。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。