リゾートバイトにWiFiは必要?おすすめのポケットWi-Fiはコレ!

大型連休に向けてリゾートバイトを企画されている方は、「現地にWi-Fi環境はあるだろうか?」「インターネットは使えるかだろうか…」といったことを気にしているのではないでしょうか。

結論から言うと、数日または数週間のリゾートバイトをする際は、レンタルのポケットWi-Fiの利用がおすすめです。インターネット接続のさいの便利さはもとより、バイト期間をより充実したものにしていけるでしょう。

一方、今回初めてのリゾートバイトになるという方は、そもそもリゾートバイトがどんなもので、なぜポケットWi-Fiが必要になるのか、イメージも付きにくいかもしれませんね。

この記事では、リゾートバイトにおけるWiFiの必要性について、および宿泊地にWi-Fi環境がない時の対策、そしておすすめのレンタルWi-Fiサービスについてお伝えしていきます。ぜひご覧ください!

リゾートバイトではWi-Fi環境が必須!?

はじめに、(おそらくこの記事を読まれている方でも何人かが思われているでしょう、)リゾートバイトにおいて「Wi-Fi環境は本当に必要か?」という問題提起についてお応えしておきたいと思います。

リゾートバイトにおいて、Wi-Fi環境はないと生活できない──とまでは言いませんが、絶対にあったほうが良いです。

その理由は、リゾートバイト期間においては、意外と1人で過ごす時間も多いからです。暇を持て余した時にWi-Fi環境があるのとないのとでは、時間の過ごし方に大きな差が出ることでしょう。

以下、リゾートバイト(リゾバ)を経験された方のネットでの感想コメントをいくつか紹介します。

上のコメントを観ていると、一人目の方のようにオフの時間に勉強などのやることのある場合は別でしょうが、それ以外の場合において「暇な時間をどう使いこなすか」はリゾートバイト期間中における一つの大きな課題となっているのがよく分かります。

特に、普段から余暇の大部分をネット時間に充てているという方は、リゾートバイトにおいてWi-Fi環境は必須となることでしょう。

リゾートバイトの宿泊施設でのWi-Fi環境は期待できない

一方で、「リゾートバイトの宿泊施設でWi-Fi環境があるんじゃないの?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

ですが、現在においてWi-Fi環境のないリゾートバイト施設はまだまだ多くあります。

例えば、リゾートバイト専門の求人紹介サイト「リゾバ.com」では、リゾートバイト求人検索時に「Wi-Fi環境あり/なし」を確認することができます。

2019年10月時点における、「リゾバ.com」の求人数とWi-Fi環境あり・なしの割合

リゾートバイト求人数 3,760件
うちWi-Fi環境あり 2,588件
うちWi-Fi環境なし 1,172件

大体のリゾートバイト施設にはWi-Fi環境を用意しているものの、30%ほどの施設においてはWi-Fi環境は「なし」とされているということですね。

※Wi-Fi環境のあり・なしは、派遣会社やバイト勤務先に連絡すれば教えてもらえますので、リゾートバイトを始める事前に確認しておくと良いでしょう。

「Wi-Fi環境あり」となっていても、油断は禁物?

また、「Wi-Fi環境あり」としているリゾートバイト施設においても、その多くは「回線を複数人で共有して使用する仕組み」としていますので、通信速度がかなり遅いことも多いです。

特に、Huluやネットフリックス、Amazonプライム等の映画視聴でインターネット利用される方は、リゾートでの共有Wi-Fi環境ではスムーズな視聴に耐えうる通信速度にならない可能性も認識しておくべきでしょう。

「じゃあ、リゾートバイトする前に、ポケットWi-Fiを契約しよう」はちょっと待って!! 契約期間に注意を

ここまでの内容で、リゾートバイトではWi-Fi環境のないところや、Wi-Fi環境があっても通信速度があまり期待できないところが少なくないことをお伝えしました。

ここで「リゾートバイト前にポケットWi-Fiを新規契約しよう」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、その案は一旦ストップしておくと良いかもしれません。

といいますのは、リゾートバイトは1週間から、長くても2〜3ヶ月という短期間での住み込みになる方が多いことでしょうが、ポケットWi-Fiの契約期間は大体「2〜3年」の長さになります。

かつ、契約期間内で解約した場合は解約手数料が発生したりと、数日〜数週間(または数ヶ月)という短い期間におけるWi-Fi環境構築を目的とした際に、ポケットWi-Fi購入はあまり向いていないのです。

一方、そんな際におすすめとなるのが、レンタル型のモバイルWiFiサービス、「レンタルWiFiサービス」です。

リゾートバイトにはレンタルWiFiサービスがおすすめ

レンタルWiFiサービスとは、その名の通りポケットWi-Fi等のWiFiサービスを「レンタル」形式で利用できるサービスです。

通常の購入形式のポケットWi-Fiと何が違うのかについては、以下の2点を押さえておくと良いでしょう。

  • 1日〜1ヶ月単位でのレンタルが可能
  • レンタルだから端末代・解約手数料がかからない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

1日〜1ヶ月単位でのレンタルが可能

レンタルWiFiサービスは、通常のポケットWi-Fiの契約と異なり、1日〜1ヶ月単位でのレンタルが可能です。

つまり、数日〜数週間といったリゾートバイトのバイト期間に合わせての解約も可能になるということですね。

ちなみに、レンタルWiFiサービスは「一ヶ月単位」でのサービスが主流となっています。

後で紹介します「WiFiレンタルどっとこむ」など「1日単位でレンタル可能」としているサービスもありますが、1日あたりの料金はやや割高ですので、1週間を超えての期間利用する場合は、1ヶ月単位のレンタルWiFiサービスを利用したほうがお得になるでしょう。

レンタルだから端末代・解約手数料がかからない

ポケットWi-Fiを購入ではなくレンタルで契約した場合、当然ながら端末代は発生しません。

また、「契約期間」の縛りもありませんので、解約したいときはいつでも解約が可能です。

このあたりの手軽さも、レンタルWi-Fiサービスの大きな魅力(メリット)と言えるでしょう。

レンタルWi-Fiサービスの注意点

一方、レンタルWi-Fiサービスには、以下4点の注意点もあります。

実際にレンタルWi-Fiサービスの契約をされる際は、必ず確認しておいてください。

  • 契約終了時に「端末一式の返品」が必要
  • WiMAXとソフトバンクでは通信制限のルールが異なる
  • 支払いにはクレジットカードが必要
  • 地方の場合、通信できるかは電波状況次第

契約終了時に「端末一式の返品」が必要

先述のとおり、端末はレンタル品となりますので、契約終了後には返却の必要があります。

返却品は、端末本体や内蔵するSIMカード・電池パックだけではなく、送られてきたケーブル類(電源ケーブル・USBケーブル)やACアダプターなども含まれます。

送られてきた物は全て返却するというスタンスでいれば問題ないです。返却物が一部でも足りない場合は、弁済金が発生します。

契約時に送られてくるメールや端末本体の同梱資料として、返却方法や返却物の詳細が記載されていますので、ちゃんと目を通しておきましょう。

WiMAXとソフトバンクでは通信制限のルールが異なる

レンタルWi-Fiサービスで利用できるポケットWi-Fiは大きく、「WiMAX端末」と「ソフトバンク端末」とがあります。

そして、それぞれの端末ごとに「通信制限」のルールが異なりますので、この点も事前に把握しておくと良いでしょう。

WiMAX端末とソフトバンク端末の通信制限ルール比較

  通信制限ルール 速度制限時の規制
WiMAX 3日間でデータ通信量10GB以内 通信制限を超えて利用した場合、
翌日18:00〜翌々日2:00まで約1Mbpsの速度制限が発生
ソフトバンク 1日間でデータ通信量3GB以内 通信制限を超えて利用した場合、
当日24:00まで128Kbpsの速度制限が発生

上記以外にも、独自の通信制限ルールを用いたレンタルWi-Fiサービスもあります。

ポケットWi-Fiを利用する際に「どれだけのデータ量を、インターネット通信できるか」は非常に重要な指標となりますので、契約前には必ずチェックするよう心掛けてください。

支払いにはクレジットカードが必要

レンタルWi-Fiサービス利用の際、支払いは基本的にクレジットカード払いとなります。

つまり、クレジットカードを持っていない場合、レンタルWi-Fiサービスを申し込むことができません。

一方、「SPACE Wi-Fi」など、一部のWiFiサービスでは「口座振替」に対応していますので、「クレジットカードは持っていない(または利用したくない)が、どうしてもポケットWi-Fiを利用したい」という場合は、そういった「口座振替可」のサービスを利用されると良いでしょう。

地方の場合、通信できるかは電波状況次第

また、リゾートバイトの多くは地方山間部、または離島といった都心から大きく離れての地での勤務になることが多いですが、その際に電波状況にも注意しておくべきでしょう。

先に紹介したWiMAX端末もソフトバンク端末も「人口カバー率 99%(※国内で人が居住している地域の99%では通信可能)」としていますが、リゾートバイトの地域によっては通信状態が悪い場合もあります。

こういった通信状況については、WiMAXやソフトバンクそれぞれ公式サイトにおいて通信可能エリアを紹介していますが、併せて派遣会社や勤務先職場にも相談しておくと良いでしょう。

タイプ別おすすめのレンタルWi-Fiサービス

ここまで、レンタルWi-Fiサービスのおすすめ理由と、契約前に知っておきたい注意点についてお伝えしました。

続いては、実際にレンタルWi-Fiサービスを契約する際のおすすめのレンタルサービスを紹介します。

紹介するのは、以下の4サービスです。

それぞれサービスの特徴・メリット・デメリットがありますので、ご自身の活用イメージと照らし合わせて、よりマッチしそうなサービスを選んでみてください。

  • DMMいろいろレンタル
  • FUJI WiFi
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • SPACE Wi-Fi

数ヶ月での利用が決まっているなら「DMMいろいろレンタル」

「DMMいろいろレンタル」は、PCから家電、ブランドバッグまで、幅広い商品をレンタルできるサービスで、その一環としてWiMAXなどのポケットWi-Fiのレンタルも受け付けています。

DMMいろいろレンタルの魅力は、送料がなんと往復無料、身分証明書も不要でネットから簡単申し込みができる手軽さにあります。

DMMいろいろレンタルの特徴

  • 長期契約で最大38%割引あり
  • 初期費用・往復送料無料
  • 最短翌日発送
  • 最新機種の取り扱いあり
  • 通常利用の汚損・破損の修理費用不要

特に意識したいのが、上記「DMMいろいろレンタルの特徴」の1つ目で挙げている「長期契約で最大38%割引あり」の点です。

2ヶ月レンタルした場合はレンタル料金「20%OFF」、3ヶ月ですと「27%OFF」といったように、最大6ヶ月までレンタル期間が長くなるほど料金割引額が大きくなるのです。

例えば、WiMAXの最新端末「W06」で契約した場合は以下の通りです。

参考:WiMAX「W06」をDMMいろいろレンタルで契約した場合の料金表

1ヶ月レンタル 4,600円
2ヶ月レンタル 7,350円(月額3,675円相当)
3ヶ月レンタル 10,030円(月額3,343円相当)
4ヶ月レンタル 12,430円(月額3,108円相当)
5ヶ月レンタル 14,730円(月額2,946円相当)
6ヶ月レンタル 17,030円(月額2,838円相当)

WiMAXを月平均3,000円切ってレンタルできるサービスは、現在のところDMMいろいろレンタルを置いて他はありません。

数ヶ月といった長期でのリゾートバイトおよびレンタルWi-Fiサービス利用の際は、「DMMいろいろレンタル」がもっともおすすめです。

DMMいろいろレンタルはWiMAXが最安値!?契約前に知るべき注意点

1ヶ月単位の料金の安さで選ぶなら「FUJI Wifi」

FUJI Wifiは、株式会社レグルスが展開するレンタルWi-Fiサービスです。

こちらのサービスの特徴としてまず挙げられるのは、WiMAXをレンタル利用できる点、そして1ヶ月単位の利用料金が非常に安い点が挙げられます。(※WiMAXはポケットWi-Fiのなかでも特に人気の端末ですが、レンタルWi-Fiサービスでは取り扱っていない場合が多いため)

FUJI WiFiの特徴

  • WiMAXが月額3,200円で利用可能。その他ポケットWi-Fi端末も比較的安い!
  • 端末保障サービス(落下・水没のみ)が実質0円
  • 「プランシミュレータ」で、おすすめの契約プランを紹介してくれる

FUJI WiFiの特徴では一点目の「WiMAXが月額3,200円で利用可能」が特に押さえておきたいポイントになりますが、そのほか三点目の「プランシミュレータ」も個人的におすすめです。

こちらの「プランシミュレータ」とは、Web上で利用される方に向けて簡単な質問をしていき、最終的に一番フィットしそうなプランを紹介してくれるサービスです。

はじめてポケットWi-Fiを利用される方からすると、ポケットWi-Fiの製品やプランの数が多く、どれにすればよいか迷うことも多いことでしょう。上記FUJI WiFiの「プランシミュレータ」は、そんな悩みを丁寧に整理し、おすすめのプランを紹介してくれます。

FUJI WiFiで契約するかを決める前においても、一度「自分に合うポケットWi-Fiのプランはどういったタイプになるだろう」という確認で、利用してみても良いかもしれませんね。

FUJI WifiはレンタルなのにWiMAX史上1番お得?選ばれる理由を解説

1日単位でのレンタルなら「WiFiレンタルどっとこむ」

WiFiレンタルどっとこむは、株式会社ビジョンが運営するレンタルWi-Fiサービスです。

レンタルWi-Fiとしては古くからサービスを営んでおり、もしかしたら友人・知人が利用していた──という方もいらっしゃるかもしれませんね。

さて、そんなWiFiレンタルどっとこむの最たる特徴は、「1日単位でポケットWi-Fiをレンタルできる」という手軽さにあります。(※レンタルWi-Fiサービスは、1ヶ月単位の契約が主流となっています)

WiFiレンタルどっとこむの特徴

  • 432円/日でレンタル可能(機種による)
  • ポスト返却なら送料が往復で510円
  • 平日13:00までの申し込みで即日発送
  • 最新端末の取り扱いあり
  • 端末保障オプションの加入は任意

「リゾートバイトにおいてWi-Fi環境を求めているが、期間が数日間と短い」という方は、1日単位でレンタルWi-Fiサービスを利用できる「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめです。

利用できる端末は、ソフトバンク製品のものがメインとなります。

1日400円前後で利用できます(※往復の送料510円が別途発生)ので、料金の安さにおいても優秀なレンタルWi-Fiサービスと言えるでしょう。

WiFiレンタルどっとこむの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

口座振替で支払いたいなら「SPACE Wi-Fi」

SPACE Wi-Fiは株式会社SPACE AGENTが運営する、レンタルWi-Fiサービスです。

利用料金の安さ、契約期間の縛りなく、かつ初期費用も一切かからない手軽さから、多くの人の人気を集め一時期は申し込みが殺到して発送が滞った時期もあったようです。

ただし、「利用料金の安さ」についてはその後低価格のレンタルWi-Fiサービスが多く登場し、SPACE WiFiは現在「最安級」のレンタルWi-Fiサービスではありません(充分安い方ではありますが)。

一方、SPACE Wi-Fiは前述の通り支払い方法にて「口座振替可」としており、クレジットカード払いができない方への御用達としての位置づけが強まっています。

SPACE Wi-Fiの特徴

  • レンタルサービスで口座振替に対応
  • 月額3,680円で利用可能
  • 初期費用・送料無料

SPACE Wi-Fiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

まとめ)リゾートバイトにおいてWi-Fi環境は必要!ポケットWi-Fiをレンタルする際は、「利用期間」を考慮したサービス選択を

ここまでの内容で、リゾートバイトにおいてWi-Fi環境(およびレンタルWi-Fiサービス)が必要になる理由と、レンタルWi-Fiサービス利用時の注意点、そしておすすめのレンタルWi-Fiサービスについてお伝えしました。

リゾートバイトにおけるポケットWi-Fi(レンタルWiFi)選択のポイントは、大きく以下の2点になるでしょう。

  • リゾートバイトの宿泊先の、Wi-Fi環境を確認(回線速度等もあわせて確認する)
  • 利用期間に合わせて、料金の手軽なレンタルWi-Fiサービスで契約する

なお、ポケットWi-Fi(レンタルWi-Fiサービス)は、持ち運びの手軽さから日常シーンで利用される人も多くいらっしゃいます。

リゾートバイト時に試しに使用してみて、使い勝手がよければそのまま日常生活に戻ってからも継続して活用しても良いかもしれませんね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


2月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
トリプル
キャリア
2年 81,720円 3,405円/月 公式サイト
3 ネクストモバイル
(使い放題プラン)
ソフトバンク 2年 77,400円 3,225円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。