ポケットWi-Fiが1ヶ月3,000円以下で借りれる?料金が安いレンタル会社

「インターネットほぼ使い放題のポケットWi-Fiを、なるべく安い料金で契約したい」
「1ヶ月3,000以下でポケットWi-Fiを利用できないだろうか」

多くの人が利用しているポケットWi-Fiですが、そのポケットWi-Fiの毎月の月額料金がネックになっているという方は多くいらっしゃることでしょう。

ですが、最近ではポケットWi-Fiを提供する新しいプロバイダやレンタルサービスが増えてきており、中にはインターネットほぼ使い放題プランでありながら、毎月の月額料金にて3,000円nを下回るレンタルサービスも出てきています。

そこで今回は、そんな「1ヶ月平均3,000円以下で利用できるポケットWi-Fiのレンタルサービス」について、特におすすめの以下3サービスを見ていきたいと思います。ぜひご覧ください!

  • DMMいろいろレンタル
    3ヶ月〜長期利用の方におすすめ
  • 縛り無しWiFi
    1〜2ヶ月利用の方、または3年契約利用の方におすすめ
  • WiFiレンタルどっこむ
    1日〜数週間利用の方におすすめ

目次

DMMいろいろレンタル【3カ月〜長期】

「ポケットWi-Fiが1ヶ月3,000円以下で借りれる」レンタル会社として、はじめに紹介するのは「DMMいろいろレンタル」です。

DMMいろいろレンタルは、PCから家電、ブランドバッグまで、幅広い商品をレンタルできるDMMの新サービスとしてすでにご存じの方もいらっしゃることでしょうが、こちらではWiMAXのレンタルも受け付けています。

さて、DMMいろいろレンタルにてポケットWi-Fiを借りる際の実際の安さやメリットについて、ざっと見ていきましょう。

6カ月以上なら3,000円以下で借りられる

DMMいろいろレンタルでポケットWi-Fiを借りるメリットは、ずばりその「安さ」にあります。

DMMいろいろレンタルではレンタル期間を1〜6ヶ月で設定でき、1ヶ月単位ですとやや割高になるのですが、まとめて数か月単位で借りた場合割引率が高くなり、結果としてかなり安い金額でレンタルすることができるのです。

例えば、ソフトバンクの603HWや、WiMAXのWX05、W06※といったポケットWi-Fiの最新機種をDMMいろいろレンタルで借りる場合の料金がどれくらい安くなるか、以下一覧表で確認してみましょう。

※W06は、2019年8月11日からレンタル開始。

人気ポケットWi-FiをDMMいろいろレンタルで借りた場合の料金表

端末 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 延滞料金
603HW 5,490円 8,160円
(25%OFF)
10,830円
(34%OFF)
13,060円
(40%OFF)
15,280円
(44%OFF)
17,480円
(46%OFF)
590円/日
WX05 5,590円 8,310円
(25%OFF)
11,030円
(34%OFF)
13,290円
(40%OFF)
15,560円
(44%OFF)
17,800円
(46%OFF)
600円/日
W06 5,590円 8,310円
(25%OFF)
11,030円
(34%OFF)
13,290円
(40%OFF)
15,560円
(44%OFF)
17,800円
(46%OFF)
600円/日

※上記金額は税込み額になります。

ソフトバンクの603HWの場合、6ヶ月レンタルした際の金額は17,480円で、一ヶ月平均で見ると2,913円! つまり、一ヶ月のコスト3,000円を下回る金額で利用できるということですね。

WiMAXのWX05、W06をレンタルした場合も、6ヶ月の金額は17,800円で、一ヶ月平均では2,967円とこちらも驚異の安さです。

DMMいろいろレンタルでポケットWi-Fiを借りる際、その安さを享受できるのは3ヶ月間以上です。

3ヶ月以上のレンタルをした場合、月平均のレンタル料の安さは他のレンタル会社の中でもDMMいろいろレンタルが最安値になるでしょう。

機種が豊富で自由に選べる

DMMいろいろレンタルのメリットは、その安さだけでなく、「機種が豊富で自由に選べる」点にもあります。

他のポケットWi-Fiレンタル会社の場合、「ソフトバンク系のポケットWi-FiのみでWiMAXは対象外」であったり、「一部機種端末のみ」というように取り扱い機種がかなり限られていることが多いのですが、DMMいろいろレンタルにおいては、現時点(2019年6月)にて、26種ものポケットWi-Fiをレンタル対象としています。

DMMいろいろレンタルで取り扱い可能としている機種一覧

人気商品の場合、在庫の都合ですぐにレンタルができないこともあるようですが、これだけ充実したラインナップからポケットWi-Fiを選べるのは、かなり嬉しいポイントですよね。

WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

「Pocket WiFi 603HW」はどんな機種?契約する前に知るべきメリット・デメリット

往復送料・初期費用無料

ポケットWi-Fiを借りたときの「安さ」で見ていく際に、送料や初期費用も見過ごせません。

その点、DMMいろいろレンタルは、ポケットWi-Fiの注文や返却時の送料、更には初期費用も無料となっています。

DMMいろいろレンタルの送料について

ポケットWi-Fiのレンタル会社の相場で言うと、送料は600円〜1,000円、初期費用は無料または3,000円といったところでしょう。つまり、通常このあたりでレンタル約1ヶ月のコストが発生するということですね。

それに対して、DMMいろいろレンタルでポケットWi-Fiをレンタルした際にはそれら料金は発生しません。

この手軽さ、リーズナブルさも、DMMいろいろレンタルを利用する上での大きなメリットと言えるでしょう。

WiMAXは全機種ハイスピードプラスエリアモードが無料で使える

ポケットWi-Fiを利用される方で、「WiMAX」を選ばれる方は、「ハイスピードプラスエリアモード」の利用可否、料金発生の有無について気になるところでしょう。

DMMいろいろレンタルでWiMAXを契約した場合、ハイスピードプラスエリアモードは無料で利用することができます。

DMMいろいろレンタルのWiMAX「ハイスピードプラスエリアモード」の説明

ハイスピードプラスエリアモードは、通常WiMAXプロバイダで契約した際は月額1,005円のオプション費が別途発生します(※3年契約の場合は無料)。また、レンタルWiMAXの場合はハイスピードプラスエリアモード自体が対応していない場合もあります。その点、DMMいろいろレンタルでは一切無料になるのです。

※ハイスピードプラスエリアモード無料対応状況については、念のためご契約前に対象WiMAX商品の詳細ページの記載をご確認ください。

ハイスピードプラスエリアモードとは?通信エリア・注意点まとめ

AC(充電器)アダプタも同梱

DMMいろいろレンタルでWiMAXを契約した場合、AC(充電器)アダプタも付属で付いてきます。

殆どのポケットWi-Fiレンタル会社では、契約の際AC(充電器)アダプタは付いてきません(または別料金扱い)。USBケーブルが付いてきますので、PCまたは専用バッテリー等からの電源供給が必要となります。

ポケットWi-Fiの電源供給でコンセントからの供給がメインになる人には、別途ACアダプタを購入する必要が出てくるのですが、DMMいろいろレンタルではACアダプタが無料で提供されるのです。

もちろんレンタル品ですので、返却時に端末とあわせて一緒に返却する必要がありますが、便利に感じられる方も少なくないのではないでしょうか。

WiMAXの充電器(ACアダプタ)は契約時に買わなくてもいい理由

故障も安心レンタル制度で修理費用の請求無し

ポケットWi-Fiをレンタルする際に注意したいことの一つとして、端末の破損や紛失時の弁済金についてです。

レンタル価格が安い分、こういったトラブル時の費用請求を大きめにしているレンタル会社は多く、この点にやや神経質になる方も多いことでしょう。

一方、DMMいろいろレンタルでは「安心レンタル制度」というものを用意しており、万一の破損や汚損に対して「修理費用の請求なし」で対応してくれます。

ただし、「※通常の利用では考えられない汚損・破損の場合は対象外となることもあります」という記載が、また紛失や盗難の場合は「商品の参考価格をお支払いいただくことになります」という記載があるとおり、明らかにこちら側の不注意による破損であったり、紛失等の事態には弁済金が必要となりますのでご注意ください。

DMMいろいろレンタルでポケットWi-Fiをレンタルする際の注意点

さて、ここまでDMMいろいろレンタルの「安さ」をはじめとするメリット面をお伝えしてきましたが、いくつか注意点もありますので、併せてご紹介します。

クレジットカードは必須、即日レンタル不可

まず、DMMいろいろレンタルでは、支払い方法を「クレジットカード」または「DMMポイント」としていますが、会員登録の際にクレジットカードの登録を必須としています。

また、ポケットWi-Fiをレンタルする際に即日レンタルは不可となっています。

いつからレンタル開始可能になるかは、各レンタル商品の詳細画面にてカレンダーで示していますので、併せて確認しておくと良いでしょう。

DMMいろいろレンタル「W06(WiMAX)」のレンタルスケジュール

 

※ 2019年6月15日現在

上記W06(WiMAX)では、レンタル可能となるのが8月11日と、約3ヶ月後になっています。W06は最近リリースされた人気機種ですので、他のポケットWi-Fiでここまで待つことはないでしょうが、DMMいろいろレンタルではこのように「すぐにレンタルできない場合もある」ことは知っておくと良いでしょう。

DMMいろいろレンタルの支払いは、一括払いのみ

また、DMMいろいろレンタルの支払いは基本「一括払い」となります。

例えば「6ヶ月」レンタルとした場合も、契約時に6ヶ月分を一括払いする必要がありますのでご注意ください。

DMMいろいろレンタルは、こんな方におすすめ

最後に、DMMいろいろレンタルでポケットWi-Fiを借りる人は、どんな人がおすすめかについてまとめておきましょう。

  • 4ヶ月以上のポケットWi-Fiの利用が見込まれる方
  • 月間使い放題のポケットWi-Fiを最安値でレンタルしたい方
  • 即日レンタルでなくとも良いという方
  • すでにDMMのサービスを利用している方(DMMポイントを貯められるため)

DMMいろいろレンタルはWiMAXが最安値!?契約前に知るべき注意点

縛りなしWiFi【2カ月間、または3年契約】

ポケットWi-Fiのレンタル料金が安いレンタルサービスで、続いて紹介するのは株式会社クーペックスが運営する「縛りなしWiFi」です。

縛りなしWiFiは、その名の通り初期費用や契約期間、契約解除料といった諸々の「縛り」のないレンタルポケットWi-Fiサービスです。

加えて、縛りなしWiFiの魅力として挙げられるのは「月額料金の安さ」

月額3,300円で、基本月内のインターネット使い放題のポケットWi-Fiを利用することができるのです。

更には新プラン「縛っちゃうプラン」では、契約期間3年の縛りはつくものの「月額料金2,800円(税抜)」と、3,000円を下回る金額で契約ができます。

契約期間を3年としても差し支えない方は、こちらのプランがお得になりそうですね。

縛りなしWiFiは、「1〜2ヶ月間のレンタル」「3年契約」が最も安い

縛りなしWiFiの月額料金は3,300円(税抜)と、前述のDMMいろいろレンタルで3ヶ月以上借りたときの平均月額料金と比べると若干高くなりますが、1〜2ヶ月間のみレンタルの場合は、各レンタル会社内でも最安の価格となります。

縛りなしWiFiの料金プラン

また、新サービス「縛っちゃうプラン」(契約期間3年の縛りあり)は月額料金2,800円(税抜)とかなりの安さです。ただし、こちらのプランの場合は3年未満で解約する際は別途契約解除料として15,000円(税抜)が発生しますのでご注意ください。

縛りなしWiFiは、最短翌日発送

縛り無しWiFiは、端末を「最短翌日発送」してくれます。

縛り無しWiFiの特徴「最短翌日発送、翌日到着」

上記「端末はいつ届きますか?」の回答として「翌日発送対応の締め切りが12時まで」としていますので、早めにポケットWi-Fiを手元に揃えたいという方は、午前中までに申し込んでおくと良いでしょう。

送料・初期費用無料

冒頭でもお伝えしましたが、縛りなしWiFiは送料・初期費用が無料になります。

縛りなしWiFiの初期費用および解約違約金、送料の説明

ちなみに、縛りなしWiFiでは現在、「縛りなしプラン」の他「縛っちゃうプラン」(契約期間3年間)もあり、上記の説明は契約期間の縛りのない「縛りなしプラン」のものになります。混同しないようご注意ください。

縛りなしWiFiでポケットWi-Fiを借りる際の注意点

ここまで縛りなしWiFiのメリット面を中心にお伝えしてきましたが、いくつか注意点もありますので、併せてご紹介します。

機種が選べない

縛りなしWiFiは、現在レンタル可能なポケットWi-Fiとして、以下機種をラインナップ表示しています。

縛りなしWiFiの取扱商品(2019年6月現在)

特に注意したいのは、「上記機種から、私たちが自由に選べる」訳ではなく、申し込んだときの在庫状況によって運営側で決定されてしまうことです。

公式サイトの「よくある質問」では、

エリア状況によって回線【WiMAXまたはSoftBank】の指定は可能となっておりますので、
ご希望がございます場合はお申し込み後にお問い合わせよりご連絡下さい。

となっているのですが、実際のところWiMAXを希望しても在庫がない理由でSoftbankのポケットWi-Fiになってしまうこともあるそうです。

このあたりの事情は、縛りなしWiFiを契約する際に事前に認識しておくと良いでしょう。

返送時の送料は有料になる

縛りなしWiFiはレンタルWi-Fiサービスですので、解約時には端末一式を返送する必要があり、その際の送料は有料となります(着払い不可)のでご注意ください。

縛りなしWiFiは、こんな方におすすめ

ここで、「縛りなしWiFiでポケットWi-Fiを借りる人はどんな人がおすすめか」についてもまとめておきましょう。

  • 1〜2ヶ月のみのポケットWi-Fiレンタル予定で、かつ最安値で利用したいという方
  • 契約期間3年間でも不都合なく、かつ使い放題のポケットWi-Fiを最安値でレンタルしたい方
  • なるべく早くポケットWi-Fiを利用したい方(即日発送)
  • シンプルな契約プラン、支払い方法でポケットWi-Fiをレンタルしたい方

縛りなしWiFiは本当にお得?契約前に知るべきメリット・デメリット

WiFiレンタルどっとこむ【短期間】

ポケットWi-Fiレンタルの料金が安いレンタルサービスで、次に紹介するのは株式会社ビジョンが運営する「WiFiレンタルどっとこむ」です。

WiFiレンタルどっとこむは、株式会社ビジョンが運営するレンタルWiFiサービスです。

月単位での契約の多いレンタルWiFiサービスのなかで、WiFiレンタルどっとこむは1日単位でのレンタルができて、かつ数日間でのレンタルを行う際にかなり安く申し込めるのです。

3日間など短期間のレンタルが1番安い

そもそも1〜3日といった短期間のレンタルができるレンタルWiFiサービスは非常に少ないのですが、そのなかでWiFiレンタルどっとこむはかなりリーズナブルに利用できます。

たとえば、同様に数日間のレンタルが可能な「J-WiFi」とで、Softbankの601HWを6泊7日でレンタルしたときの金額差を見てみましょう。

WiFiレンタルどっこむでSoftbankの601HWを6泊7日でレンタルしたときの金額

J-WiFiでSoftbankの601HWを6泊7日でレンタルしたときの金額

上記の金額を見てわかります通り、J-WiFiよりもWiFiレンタルどっとこむの方が140円ほど安くなっています。

WiFiレンタルどっとこむが安いポイントは、そもそものレンタル料もそうですが、そのほか「送料の安さ」にもあります。

J-WiFiは送料が990円(税込)なのに対して、WiFiレンタルどっとこむの送料は540円(税込)。

どちらのレンタルWiFiサービスも返却時の送料は自己負担となりますが、短期間レンタルの際は送料の安さも重要になってくるということですね。

J-WiFiはWiMAXが1日からレンタルできる!メリット・デメリットまとめ

最新機種もレンタルできる

また、WiFiレンタルどっとこむは取り扱い機種のアップデートも早く、現在ではソフトバンクのPocket WiFi 603HWや、WiMAXのWX05、W06など最新機種も取り揃えています。

「Pocket WiFi 603HW」はどんな機種?契約する前に知るべきメリット・デメリット

WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

最新ルーター「WX05」スペック完全ガイド! WiMAXがさらに使いやすく

機種が豊富で自由に選択できる

2019年6月現在、WiFiレンタルどっとこむでは15機種のポケットWi-Fiを取り揃えています。

WiFiレンタルどっとこむの取り扱い端末一覧(※2019年6月現在)

機種名 レンタル料金(短期) レンタル料金(長期)
SoftBank E5383 無制限 短期1日432円 30泊31日6,480円
(1日あたり209円)
SoftBank 601HW 無制限 1日1GB 短期1日378円 30泊31日5,480円
(1日あたり176円)
SoftBank 501HW 10GB 短期1日1,500円 30泊31日4,410円
(1日あたり142円)
SoftBank 501HW 7GB 短期1日1,350円 30泊31日3,570円
(1日あたり115円)
SoftBank 303ZT 無制限 短期1日432円 30泊31日6,480円
(1日あたり209円)
SoftBank 501HW 無制限 短期1日432円 30泊31日6,480円
(1日あたり209円)
WiMAX W06 無制限 短期1日540円 30泊31日7,560円
(1日あたり243円)
SoftBank GlocalMe 無制限(国内) 短期1日432円 30泊31日6,480円
(1日あたり209円)
FS030W 5GB 短期1日1,200円 30泊31日2,730円
(1日あたり88円)
SoftBank E5383 5GB 短期1日1,200円 30泊31日2,730円
(1日あたり88円)
USBドングル Si-L10 5GB 短期1日1,200円 30泊31日2,730円
(1日あたり88円)
WiMAX WX05 無制限 短期1日540円 30泊31日7,560円
(1日あたり243円)
WiMAX WX03 無制限 短期1日432円 30泊31日6,480円
(1日あたり209円)
SoftBank 601HW 7GB 短期1日1,400円 30泊31日3,670円
(1日あたり118円)

上記機種について、私たちの方で希望する機種を選んでレンタルすることが可能です。

縛りなしWiFiのような、「どの機種にするか完全に自分たちで決めることはできない」ということはありませんので、WiFiレンタルどっとこむのラインナップの充実さを存分に活用できるということですね。

当日発送も可能

また、WiFiレンタルどっとこむは契約後の「即日発送」が可能です。

13時までに申し込みを完了した際、その日のうちに端末を発送してもらえます。地域によって到着日は異なりますが、最短で翌日から利用できるようになります。

即日発送できるWiMAX・ポケットWiFiは?おすすめプロバイダ・注意点まとめ

WiFiレンタルどっとこむでポケットWi-Fiを借りる際の注意点

ここまで縛りなしWiFiのメリット面を中心にお伝えしてきましたが、いくつか注意点もありますので、併せて触れておきましょう。

受取方法により送料や手数料がかかる

WiFiレンタルどっとこむは端末受け取りの際もいくつか受取方法を選ぶことができるのですが、その際に送料や手数料が別途発生します。

送料を無料としているDMMいろいろレンタルや縛りなしWiFiと比べると、ここは少し残念なポイントですね。

WiFiレンタルどっとこむの返却方法

受取方法 備考 発送料 または 手数料
宅配受取 運送業者にて宅配。
受取先は病院・ホテルへの指定も可能。
発送料 :1台540円、
2台以上の場合1,080円(4台まで)
空港受取 全国の主要空港で受取が可能 受取手数料:1台540円、
2台以上1,080円(4台まで)
コンビニ 全国主要コンビニにて24時間いつでも受取可能。 発送料:1台540円、
2台以上の場合1,080円(4台まで)

上記の様に受取方法を複数パターンから選べるのは便利ではあるのですが、その際の手数料(発送料)として540円(税込)が発生することは意識しておくと良いでしょう。

返送時の送料は有料になる

WiFiレンタルどっとこむも、縛りなしWiFi同様に解約時には端末一式を返送する必要があり、その際の送料は有料となります(着払い不可)のでご注意ください。

紛失した場合の弁済金が高額

その他、WiFiレンタルどっとこむは故障・紛失が発生したときの「弁済金」が、結構な高額になるのでこちらも注意が必要です。

WiFiレンタルどっとこむ 弁済金一覧

レンタル品の紛失・盗難があった際には、直ちに弊社カスタマーサポートへご連絡ください
紛失申告日をレンタル解約日として起算し、下記弁済金一覧に基づきご登録のクレジットカードへ弁済金を請求させていただききます。
ただし、紛失場所に心当たりがございましたら、該当施設のインフォメーションや遺失物取り扱い係、警察などへお問い合わせいただき探索をお願いします。
レンタル端末本体が弊社に到着した日をレンタル解約日として起算します。

端末を故障した場合、弁済金は42,000円。紛失の場合はSIM再発行手数料もプラスで加算されるでしょうから、45,240円にもなります。

一方で、こういった高額弁済金への対策として、WiFiレンタルどっとこむには弁済金請求の80%を補償してくれる「安心補償サービス」というオプションサービスがあります。1日40〜50円ほどの金額ですので、若干の料金アップが気にならなければ加入しておくと良いでしょう。

WiFiレンタルどっとこむは、こんな方におすすめ

ここで、「WiFiレンタルどっとこむでポケットWi-Fiを借りる人はどんな人がおすすめか」についてもまとめておきましょう。

  • 1日〜数日でポケットWi-Fiをなるべく安くレンタルしたい方
  • 地方にお住いの方で、インターネットの繋がりやすさに不安があるという方
  • これまでWiMAXやポケットWi-Fiを利用していて、接続エリア外になってしまう等で不便を感じていた方
  • 国内・海外双方でインターネット利用の予定があるという方(SoftBank GlocalMe)
  • 申し込み後、1日でも早くインターネット利用したいという方

WiFiレンタルどっとこむの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

2週間程度利用したい方は、「Try WiMAX」がおすすめ

そのほか、ポケットWi-Fiの利用が2週間以内に収まりそうな方は、UQ コミュニケーションズの提供するWiMAXお試しサービス、「Try WiMAX」を利用するのも一つの手でしょう。

Try WiMAXとは、WiMAXを15日の間無料でお試しできるレンタルサービスです。

Try WiMAXの利用条件

Try WiMAXを利用できる方の条件は、以下の通りです。

  • 日本国内に在住で、かつ20歳以上
  • 申し込み時に本人名義のクレジットカードを登録できること
  • 過去180日間以内に本サービスのご利用履歴がないこと、また貸出機器の未返却履歴のないこと

そのほか、Try WiMAXをお試しで利用できるポケットWi-FiはWiMAXとなります。

ご自身が利用する地域がWiMAXの通信エリアとなっているかについて以下サイトで事前に確認しておくと良いでしょう。

UQ WiMAX:WiMAXサービスエリア

Try WiMAXの利用は、こんな方におすすめ

  • WiMAXの利用を検討していて、事前に接続状況を確認したい方
  • ポケットWi-Fiの利用が2週間程度で、かつ無料で利用したいという方

Try WiMAXで無料お試し!レンタルする前に知るべき注意点まとめ

2年以上利用する方はDMMいろいろレンタルを上手く活用しよう

さて、ここまで以下のレンタルWiFiサービスについて紹介しました。

  • DMMいろいろレンタル
  • 縛りなしWiFi
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • Try WiMAX

このなかで特におすすめのレンタルWiFiサービスはどれかというと、「料金の安さ」および「機種の選びやすさ」の点から「DMMいろいろレンタル」になるでしょう。

DMMいろいろレンタルは前述の通りポケットWi-Fi機種のラインナップが豊富ですので、例えば住む地域が変わってからレンタル期間が終了するタイミングで接続しやすいポケットWi-Fiに変更して契約しなおしたり、最新機種が出るごとに変えたり、といったこともできます。

つまり、そのときどきのあなたのライフスタイルに合わせての、ポケットWi-Fi利用ができるということですね。

ポケットWi-Fiのレンタルは、料金も安くなり身近になりつつある

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

ポケットWi-Fiのレンタルについてあまり馴染みのなかった方は、今回紹介したサービスを知って思ったよりレンタル価格が安かったことに驚かれた方もいらっしゃることでしょう。

現在、多くの会社がポケットWi-Fiのレンタルサービス事業に参入しており、価格競争の影響として料金の安いサービスが多く出るようになってきているのです。

一方で、それぞれのサービスは料金の安さ以外にも様々な特徴やメリットを有しています。

皆さんがポケットWi-Fiのレンタル先を検討される際は、料金の安さだけでなく、それらレンタル会社の特徴・メリットをしっかり確認した上で、より自身のライフスタイルにフィットするところを選ばれると良いでしょう。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。