ポケットWiFi・WiMAXの支払い用におすすめのクレジットカード

「ポケットWiFiの契約に必要な、クレジットカードを持っていない…」
「WiMAXの申し込みに合わせて、クレカも申し込もうと思うけど、どのクレカがいいんだろう…」

新しくポケットWiFiやWiMAXを持とうとされた際に、上記の悩みを持たれている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、「初めてクレジットカードを作る」という方は特に、ポケットWiFiのクレジットカード払いにはいくつか注意すべき点があります。

この記事では、ポケットWiFiのクレジットカード払いのポイント(メリット・デメリット・注意点)から、ポケットWiFiとの併用でおすすめしたいクレジットカードまで、お伝えしていきます。ぜひご覧ください!

ポケットWiFiの契約では2つの支払い方法がある

はじめに、ポケットWiFiの「支払い方法」について見ていきましょう。

ポケットWiFiの料金支払いの方法は、主に以下の2つになります。

  • クレジットカード払い
  • 口座振替払い

ただし、ポケットWiFiを提供するプロバイダでは「口座振替払い」に対応せず「クレジットカード払い」のみとしているところがほとんどで、「入会キャンペーンはクレジットカード払いの場合のみ」としているプロバイダも多くあります。

現在、両方の支払いに対応できる方は、基本クレジットカード払いで進めたほうが無難でしょう。

また、現在「クレジットカードを持っていない」という方は、以下にそれぞれの支払いのメリット・デメリットを述べますので、どちらがよりご自身の利用に合いそうかを確認してみてください。

クレジットカード払いのメリット・デメリット

まずは、クレジットカード払いのメリット・デメリットから見ていきましょう。

クレジットカード払いのメリット

  • ほぼすべてのポケットWiFiプロバイダで対応 
  • 契約完了までが早い。最短で翌日に端末が届く
  • クレジットカードの全ての国際ブランドが使える

前述のとおり、ほぼすべてのポケットWiFiプロバイダが「クレジットカード払い対応」としており、その普遍性がクレジットカード払いの最たるメリットと言えるでしょう。

郵送の場合は「最短即日発送」が最も早いため、最短で翌日に端末が届いてすぐに利用できますが、店舗受取が可能(※東京に限る)な場合は「当日受取」が可能なプロバイダもあります。

また、日本国内での主要なクレジットカードの国際ブランドは、「JCB」「VISA」「Mastercard」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナースクラブ」の5つですが、ポケットWiFiのプロバイダでは全てに対応しています。

ウェブ上での通販・サービス利用時などでは稀に「アメリカン・エキスプレス」や「ダイナースクラブ」が利用できない場合がありますが、ポケットWiFi・WiMAX契約時にはそういった心配は不要です。

クレジットカード払いのデメリット

  • クレジットカードによっては、年会費が発生する
  • 18歳以上(高校生を除く)にならないとクレジットカードが作れない
  • カードが決済処理できないと、ポケットWiFiのサービスが停止する場合がある

クレジットカードの年会費については、機能性が高く・お得に利用できる年会費無料のカードは多くありますので、気になる方はそういった年会費無料のクレジットカードを利用されると良いでしょう。

クレジットカードの決済処理ができないのは、支払い遅延に伴う利用停止だけではなく、クレジットカード更新のカード情報の更新し忘れの場合もあります。

クレジットカードは3〜5年ごとに劣化・セキュリティ対策といった目的のために「有効期限」や「セキュリティコード」が変更されます。

ポケットWiFiサービスに登録されているクレジットカードの情報を更新し忘れると、決済処理を行うことができずにサービス停止に至る可能性がありますのでご注意ください。

ですが、適切なクレジットカードの利用を心がけていれば、デメリットについては特に問題はないでしょう。

口座振替払いのメリット・デメリット

続いては、口座振替払いのメリット・デメリットについても確認していきます。

口座振替払いのメリット

  • 年会費等、不要な費用が発生しない
  • 口座の登録情報を更新する必要がなく、運用の手間がほぼ発生しない
  • クレジットカードがなくても契約できる
  • 18歳未満(高校生・中学生)でも契約できるプロバイダもある

口座振替払いのメリットとしては、「年会費発生」「登録情報更新」など、不要な費用・手間が必要ないことが大きいですね。

ですが、ポケットWiFiの支払い用に口座振替を選ぶ場合、メリット以上にデメリットの方が多くあります。以下の「口座振替払いのデメリット」について見ていきましょう。

口座振替払いのデメリット

  • 契約完了までに2〜3週間ほどかかる
  • 身分証明書が必要
  • クレジットカード払いよりもキャンペーン額減額などで余計なコストがかかる
  • 端末受け取り時に、端末代・初期費用・契約事務手数料などを代引きで支払う必要がある
  • 口座振替手数料(税別200円/月)が必要
  • 対応しているプロバイダが少ない

なるべく早くポケットWiFiを利用したいという方からすると、2〜3週間かかるというリードタイムの遅さは致命的ですね。

クレジットカード支払いの場合は、そのクレジットカード自体が身分・返済能力の証明となりますが、口座振替では証明できませんので、身分証明書を提出する必要があります。

この身分証明書が書面で処理されるため、発送や事務処理・確認作業に2〜3週間という時間を有してしまうのですね。

また、キャンペーンの減額、端末代、振替手数料などにより、コスト面でもクレジットカードよりも割高になってしまいます。

特に、端末受け取り時に支払う金額は、概ね2万円前後の現金が必要になりますので、ご注意ください。


ここまで、ポケットWiFiの支払い方法について、クレジットカード払いと口座振替払いのメリット・デメリットを述べましたが、意識すべきは口座振替払いの「デメリットの多さ」でしょう。

クレジットカード払いよりも料金が高くなる可能性があり、かつ契約の際にも日数が余分にかかってしまうとなると、口座振替払いの選択はあまり適切ではありません。

何か特別な理由がない限りは、ポケットWiFiの支払い方法は「クレジットカード払い」にしたほうが良い、ということですね。

クレジットカード審査通過のポイント

さてここからは、今回ポケットWiFiの契約に伴い「はじめてクレジットカードを作る」という方向けに、クレジットカード審査通過のポイントについてお伝えしておきます。

意識しておきたいポイントは以下の3点です。

  • 多重申込みは避けて1枚に集中する
  • 申込みの入力項目はできるだけ埋めて、入力ミス・虚偽がないようにする
  • 専業主婦・大学生・専門学生は収入がない・少なくてもOK

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

多重申込みは避けて1枚に集中する

「クレジットカードの審査は結構厳しい」と訊いたことのある方はいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、ゴールドカードなどのやや高ランクなクレジットカードを選ばない限り、クレジットカードの審査通過は難しくありません。

ちなみに、クレジットカードの申し込みや解約などの手続き・利用状況は、どのクレジットカードでも「信用情報機関」に登録され、かつそれぞれのクレジットカード会社で確認できるようになっています。

ですので、クレジットカードの利用で返済が滞ってしまったりすると、その人の信用度が下がり次からクレジットカードの審査が通りにくくなってしまいます。

同様に、手当たり次第に複数のクレジットカードを申し込むのもNGです。

クレジットカード会社側からすると、信用情報に他社の申し込みが確認できると「もしかしたら、よほどお金に困っているのかもしれない」と判断されて、審査通過できなくなる可能性が上がってしまうのです。

特に初めてクレジットカードを持つという方は、多重申し込みは避けて「ここにしよう」と決めたクレジットカードに絞って契約されることをおすすめします。

申込みの項目はできるだけ埋めて、入力ミス・虚偽がないようにする

その他、クレジットカードの契約における申し込みページにおいては、「入力ミス」や「虚偽」がないように意識することが大切です。

また、必須項目だけでなく任意項目も可能な限り入力しておくと、審査に有利になる場合があります。

クレジットカードは、いわばあなたへの「信用・信頼」を媒介とする決済ツールです。

申し込みの入力においても、「信用できる人」と思ってもらうことを意識して行うことが望ましい、ということですね。

専業主婦・大学生・専門学生は「収入がない・少ない」でもOK

クレジットカード申し込みの際に、「専業主婦や大学生は収入がないからクレジットカードは作れないんじゃ…」と不安になられている方もいらっしゃることでしょう。

結論から言うと、専業主婦の方や学生の方もクレジットカードは作成できます。

こちらは、たとえその人の個人収入がなかったとしても、専業主婦や学生の方は、世帯主の方の収入がある場合は「世帯収入」が審査の判断基準になるからです。

だからといって、専業主婦・学生でない方が無収入の場合は、単純に「無職」と扱われ、審査通過は望めませんのでご注意ください。

GMOならWiMAXとクレカを同時申込みできるけど・・・

さて、ここまでの内容で「ポケットWiFiの契約と一緒に、クレジットカードの契約も一緒にできれば便利なのに…」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

実は、そういった「ポケットWiFiとクレジットカードの契約を同時に行える」ユニークなサービスがあって、WiMAXプロバイダの最大手「GMOとくとくBB」が実施しています。


「セゾンカード×WiMAX2+月額2,590円」キャンペーン

上記キャンペーンは、ポケットWiFiの中でも定番機種となりつつある「WiMAX」と、セゾンカードインターナショナルのクレジットカードを同時に申し込みができます。

「月額2,590円」と謳っていますが、登録から2ヶ月目までが2,590円で、3ヶ月目以降の月額料金は3,344円と、750円ほど上がります。

実はこちらのキャンペーン、総合的に見るとあまりおすすめできません。

その理由を、以下に説明していきます。

「セゾンカード同時申込みキャンペーン」のデメリット

GMOとくとくBBの「セゾンカード同時申込みキャンペーン」のデメリットは、以下3点が挙げられます。

  • クレジットカードを選べない(セゾンカードインターナショナルのみ)
  • クレジットカードの審査通過が前提になるため、審査に落ちるとWiMAXも契約できない
  • このキャンペーンよりも安くWiMAXを利用できる方法がある

まずは、本キャンペーンが紹介しているクレジットカード「セゾンカードインターナショナル」について確認していきましょう。

 セゾンカードインターナショナルの特徴

  • 本カード、家族カード、ETCカード全て年会費無料
  • カード利用で還元率0.5%で永久不滅ポイントが貯まる
  • Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでは還元率1.0%

上記セゾンカードインターナショナルは年会費永年無料ですので、余計なコストも発生しないというメリットはあります。

ただ、クレジットカードを利用したときのポイント還元率が通常0.5%とあまり高くなく、もっとメリットのあるクレジットカードは沢山あります。

クレジットカードは一度持つと数年利用することになりますので、単に「ポケットWiFiの申し込みが少し楽になるから」の理由だけでカード選びを放棄してしまうのは、あまり得策ではないでしょう。

クレジットカードの審査通過が前提になるため、審査に落ちるとWiMAXも契約できない

また、上記キャンペーンを利用した場合、万一クレジットカードの審査に落ちるとWiMAX(ポケットWiFi)の契約自体も白紙撤回されてしまいます。

セゾンカードインターナショナルは比較的審査時間も短く、スムーズに結果を確認できるクレジットカードではありますが、審査に落ちた場合は同時に申し込んだWiMAX申込みの手間、待ち時間が全て無駄になってしまいます。

特に「はじめてクレジットカードを作成する」という方は、上記リスクに伴う不安を持つことも含めて、クレジットカードとポケットWiFiはそれぞれ別々に申し込まれたほうが良いように思えます。

このキャンペーンよりも安くWiMAXを利用できる方法がある

それから、この「セゾンカード×WiMAX2+月額2,590円」キャンペーンは「最安値」キャンペーンではなく、より安くWiMAX(ポケットWiFi)を利用できるキャンペーンが存在します。

つまり、コスト面を考慮した場合もこちらのキャンペーンはそれほどおすすめではないということですね。

「じゃあ、料金面でおすすめのポケットWiFi+クレジットカードの組み合わせって、他に何があるの?」と思われた方向けに、次章からおすすめのポケットWiFi+クレジットカードの組み合わせについて説明していきます。

年会費無料クレジットカード+GMOとくとくBB「月額値引きキャンペーン」の組み合わせが最強

ポケットWiFi+クレジットカードの組み合わせでもっともおすすめなのは、「年会費無料クレジットカード+GMOとくとくBB『月額値引きキャンペーン』」です。

「年会費無料クレジットカード」とは、その名の通り年会費のかからないクレジットカードです。

こちらはいくつか種類がありますので、その中で特におすすめのクレジットカードについて紹介していきます。

組み合わせのもう片方である「GMOとくとくBB『月額値引きキャンペーン』」は、前述のGMOとくとくBBが提供する、もっとも料金が安く、お得なWiMAX契約プランになります。

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」の特徴

  • 月額料金が、全WiMAXプロバイダ内で最安値!
  • 端末代0円で、最新端末を選べる!
  • 送料無料、最短即日発送、早くて翌日には端末が届く!
  • 運営会社は東証一部上場の信頼性も厚く、のサービス提供実績も豊富!
サービス名 取り扱い端末 契約期間 月額料金目安
GMOとくとくBB
「月額割引キャンペーン」

W06

WX05

L02

HOME 01

3年間

ギガ放題プラン:3,319円

ライトプラン:2,593円

※上記金額は、期間内の平均額

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きがおすすめ!

上記特徴にて、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンは「全WiMAXプロバイダ中最安値!」とありますが、先ほどの「セゾンカード同時申込みキャンペーン」と比較してどうかについて確認してみましょう。

キャンペーン 3年間総額
GMOとくとくBB「セゾンカード同時申込みキャンペーン」 132,904円
年会費無料のクレカ+GMOとくとくBB「月額値引きキャンペーン」 125,660円

「月額割引キャンペーン」のほうが3年間総額で7,244円安くなり、かつこちらの場合は自分にあったクレジットカードを選択できます。

セゾンカード同時申し込みキャンペーンよりも月額割引キャンペーンの方がお得な理由が、これで充分ご理解いただけたことでしょう。

年会費無料でメリットが多いクレジットカード3選

さて、ここからは実際にポケットWiFiの契約と併せてクレジットカードを作る際の、おすすめのクレジットカードについてお伝えしておきます。

今回、「ポケットWiFiの支払いにも最適なクレジットカード」として紹介するクレジットカードは以下の3点です。

  • 最短即日発行 ⇒ セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンブルーアメックス)
  • ポイント還元率が高い ⇒ JCB CARD W
  • ネット通販がお得 ⇒ オリコカード・ザ・ポイント

さて、上記の中から更に一つのクレジットカードを選ぶ際のポイントは、「自分にあったクレジットカードを選ぶこと」です。

3つのクレジットカードはどれも「年会費無料」となっておりますので、更にプラスαの特典内容を確認して、「この特典は自分が使う上でもかなり有効そうだ」というイメージが持てるものを、ご自身のクレジットカードとして選ばれると良いでしょう。

最短即日発行できるクレカ「セゾンブルーアメックス」

ポケットWiFiの支払い用におすすめのクレジットカード1点目は、「セゾンブルーアメックス」です。

セゾンブルーアメックスの主な特徴は、年会費無料で、かつ発行がとてもスピーディであることです。

たとえば平日午前中にWEBサイトでカードの申込みを完了すれば、午後にセゾンカードカウンターでカードを受け取ることが可能です。※即日発行の場合はICチップのないカードになります。

さらにその日15:30までにGMOとくとくBBの申込みができれば、当日発送の対応時間に間に合いますので、最短で翌日に端末が届きます。

  • ①平日午前中にウェブでセゾンブルーアメックスの申し込み
  • ②午後にセゾンカードカウンターでカード受け取り
  • ③その後15:30までに、ウェブでGMOとくとくBB「月額値引きキャンペーン」申し込み
  • ④最短翌日にWiMAXの端末が手元に届く

上記①〜③を1日で済ますのは、セゾンカードカウンターまでの距離もありますので、なかなか厳しいかもしれませんが、2〜3日見ておけば余裕ではないでしょうか。

全国のセゾンカードカウンター検索はこちらから

「とにかく、1日でも早くポケットWiFiを利用したい」という方には、『セゾンブルーアメックスのクレジットカードとGMOとくとくBBのWiMAX』の組み合わせが特におすすめでしょう。

セゾンブルーアメックスの特徴

年会費 初年度無料、2年目以降3,000円+税
※25歳以下は年会費無料
申し込み資格 高校生を除く18歳以上の方
発行スピード 最短即日発行
  • 最短即日発行可能
  • ETCカードも一緒に即日発行できる
  • 25歳以下は年会費無料
  • 最高3,000万円の海外旅行保険が自動付帯
  • 永久不滅ポイントが貯まる

クレジットカードは数多くありますが、年会費無料で最高3,000万円の海外旅行保険が自動付帯(※自動付帯:セゾンブルーアメックスを所有していれば、別のカードで決済しても保険適用)するクレジットカードは他にはありません。

海外への旅行・出張がある方にも、セゾンブルーアメックスは利用メリットがあるということですね。

26歳以上の方は「セゾンパールアメックス」がおすすめ

「セゾンブルーアメックスが気に入ったけれど、自分は26歳以上なので、年会費無料にならない…」と残念に思われた方は、「セゾンパールアメックス」を検討されると良いでしょう。

年会費 初年度無料、2年目以降1,000円+税
※年1回以上の利用で翌年度無料
申し込み資格 高校生を除く18歳以上の方
発行スピード 最短即日発行

セゾンパールアメックスは、セゾンブルーアメックス同様に「最短即日発行」かつ「年1回以上の利用で無料」となっています。

WiMAXの支払いにセゾンパールアメックスを登録すれば、「年1回以上の利用」の条件はクリアできますので、年会費は発生しません。当然、通常のお買い物にも利用できます。

ポケットWiFiの支払い用のクレジットカードについて、「即日発行したい」「少しでも早く契約完了させたい」という26歳以降の方は、セゾンパールアメックスのご利用を検討されると良いでしょう。

高還元率クレカ「JCB CARD W」

「年会費無料で、かつ日々のクレジットカード利用時の還元率の高いカードにしたい」という方は、「JCB CARD W」がおすすめです。

「JCB CARD W」は、JCBブランドの高還元率クレジットカードです。39歳までしか作れないという制限はあるものの、注目すべきはポイント還元率の高さです。

JCB CARD Wでのクレジットカード払いは、どこでも1%のポイント還元が入ります。つまり、ポケットWiFiの月額料金支払い時も、しっかりポイントが付いてくるということですね。

さらには、今なら入会後3ヶ月は還元率5.0%!ポケットWiFiの支払い用だけでなく、作っておいて損はないクレジットカードと言えるでしょう。

JCB CARD Wの特徴

年会費 永年無料
申し込み資格 高校生を除く18歳〜39歳までの方
※39歳までにカード発行できれば、40歳以降も継続利用できます
発行スピード 最短3営業日
  • 本カード、家族カード、ETCカード年会費が全て永年無料
  • どこで利用しても還元率1.0%
  • 今なら入会後3ヶ月は還元率5.0%

ネット通販でお得なクレカ「オリコカード・ザ・ポイント」

ポケットWiFiの支払い用おすすめのクレジットカード3つ目は、「オリコカード・ザ・ポイント」です。

オリコカード・ザ・ポイントも、JCB CARD W同様にポイント還元率の高いクレジットカードになるのですが、特にAmazon、Yahoo!ショッピングで利用した場合は還元率2.0%(入会後6ヶ月間は3.0%)と、ネット通販で特にお得になります。

普段からネットショッピングをよく行うという方は、「オリコカード・ザ・ポイント」のクレジットカードがおすすめになるでしょう。

オリコカード・ザ・ポイント

年会費 永年無料
申し込み資格 高校生を除く18歳以上の方
発行スピード 最短8営業日
  • 本カード、家族カード、ETCカード年会費が全て永年無料
  • どこで利用しても還元率1.0%
  • 入会後6ヶ月は還元率2.0%
  • AmazonやYahoo!ショッピング​で還元率2.0%(入会後6ヶ月は3.0%)

まとめ)ポケットWiFiの支払い用クレカは、自身のライフスタイルに合ったものを!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

「ポケットWiFiの利用に伴い、はじめてクレジットカードを作ることになる」という方は、先にも述べたように「自分に合うクレジットカード」を選んで契約することが大切です。

クレジットカードの申し込み・発行は難しいことではありません。誰でも、比較的スムーズに作成し、利用することができます。

ですが、一度作成したクレジットカードは、そのまま数年間利用し続けることになります。

安易に「これでいいや」と選ばずに、ご自身のライフスタイルに合いそうなクレジットカードを選んで契約するべきでしょう。

そして、クレジットカードはポケットWiFiの支払いだけでなく、あなたの日々の生活をより快適にしていくうえで、大いに役立ってくれるはずです。

この記事をきっかけに、満足いくポケットWiFiと、クレジットカードの契約ができることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。