ポケモバCloudの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

月額料金が税別3,250円とかなり低価格のポケットWi-Fiの「ポケモバCloud」が気になっていませんか。

 

ポケモバCloudは、月額料金の安さ、そして国内でのインターネットの繋がりやすさ、更には海外でも利用可のメリットが際立つポケットWi-Fiです。

ですが、現在国内では非常に多くのポケットWi-Fiサービスが登場しており、上記特徴を持つポケットWi-FiはポケモバCloudだけではありません。また、ポケモバCloudは他のポケットWi-Fiサービスと比べて解約時の違約金がやや高めですので、その点にも注意すべきでしょう。

さて、そんなメリット・デメリットあるポケモバCloudですが、この記事を読めばあなたにとってポケモバCloudが契約すべき最適なポケットWi-Fiか、判断を付けられることでしょう。

現在ポケモバCloudが気になっている方、ポケモバCloudで契約を進めようとされている方は、ぜひご覧ください!

ポケモバCloudの特徴・評判は?

はじめに、ポケモバCloudの特徴・評判について見ていきましょう。

ポケモバCloudの運営会社

ポケモバCloudを運営するのは、「株式会社ポケットモバイル」。2009年設立の、インターネット環境コンサルやソフトバンク回線のモバイルルーターサービス「ポケットモバイル」を展開する会社です。

開業当初からインターネット通信サービスを手掛けている同社ですが、今回紹介する「ポケモバCloud」についてはサービスがリリースして間もない為、インターネット上での特徴・評判についての記載はまだ少なめです。

トリプルキャリアで使い放題。海外でも利用可能

ポケモバCloudの特徴を把握するうえでまず押さえておきたいのが、同サービスは「トリプルキャリア」、かつ「海外でも利用可能」である点です。

まず、「トリプルキャリア」が何かというと、国内主要回線であるドコモ・au・ソフトバンクの3回線でのインターネット接続が可能で、その場所、ときどきによって3回線から最適な回線を利用できるということです。

ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線どれも国内での繋がりやすさに定評のあるインターネット回線ですが、更には「いずれかの回線が繋がりにくい」「障害等の不調で繋がらない」といったときも他の回線で補うことができるのです。

更に、ポケモバCloudは国内のみならず海外でもインターネット接続ができ、135カ国で追加の手続きや契約なしにインターネット利用することができます。

利用料金

続いては、ポケモバCloudの利用料金についても見ていきましょう。

利用料金 月額3,250円
契約期間 2年
初期費用 事務手数料3,000円
解約違約金 1〜24ヶ月目:18,000円、25ヶ月目:0円、26ヶ月目:〜9,500円
送料 無料
端末代 無料(解約時に要返却)
オプション Wi-Fi安心サービス 月額400円

ポケモバCloudの月額料金は一律で「3,250円」です。他のポケットWi-Fiサービスにあるような、「1〜3ヶ月後、または2年目から月額料金アップ」といったことはありません。

一方、ポケモバCloudは「レンタルWiFiサービス」であるため、サービス終了時に返送する必要があります(返送代は自己負担)。

また、契約期間は「2年間」としており、期間内または更新期間外の解約には「1〜24ヶ月目:18,000円、25ヶ月目:0円、26ヶ月目:〜9,500円」の解約違約金が発生しますので、この点にも注意しておくと良いでしょう。

利用端末

ポケモバCloudの利用端末は、「U2S」。

クロックワークス社製の、国内・海外両方で利用できるポケットWi-Fi端末です。

機種名 U2S
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
連続通信時間 約12時間
同時接続台数 5台
サイズ 127.0mm×65.7mm×14.2mm
重さ 約149 

ポケモバCloud「U2S」の通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。

WiMAXなどの他の高速回線のポケットWi-Fiと比べると、やや通信速度面での見劣りはありますが、インターネット用途がWeb閲覧やメールのやり取り、標準動画・音楽等のストリーミング配信などになる場合はそれ程不便を感じずに利用できるでしょう。

ポケモバCloudの評判

さて、実際にポケモバCloudを利用した人の評判がどうなのかというと、現時点(2020年3月)においてはネット・SNS上では見かけられませんでした。

サービスがリリースされてまだ間もないこともありますので、ポケモバCloud利用者からの口コミや評判が出回ってくるのは今後になりそうですね。

ポケモバCloudのメリット

続いては、ポケットWi-Fi「ポケモバCloud」を利用した際に、どのようなメリットが期待できるかについて見ていきましょう。

ポケモバCloudのメリット面で押さえておきたいのは、以下の3点です。

  • トリプルキャリアで最適な回線が利用できる
  • 通信制限なし
  • 海外135カ国でも利用可能

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

トリプルキャリアで最適な回線が利用できる

先にもお伝えしましたが、ポケモバCloudは「トリプルキャリア」に対応しており、ソフトバンク、ドコモ、auの国内主要3回線から常に最適な回線を選んでインターネット接続することができます。

特に、これまで「WiMAX回線」等の上記3回線以外のインターネット回線でポケットWi-Fiを利用されていた方は、その「繋がりやすさ」が大きく改善されることを体感しやすいでしょう。

一方、ソフトバンク、ドコモ、auの各通信会社のインターネット回線はどれも国内幅広い通信エリアを有しますので、すでにこれら回線でのインターネットを利用された方の方では日常生活において「トリプルキャリアだから、他のポケットWiFiと比べて繋がりやすい」と体感できることはあまりないかもしれません。

ですが、例えば山間部や離島に赴いた際においては、トリプルキャリアのアドバンテージが発揮されやすくなるでしょう。

通信制限なし

現在、ほとんどのポケットWi-Fiにおいては、「1ヶ月内で7〜GBまで」または「3日で10GBまで」といった期間内での通信量の制限を設けています。

一方、ポケモバCloudにはその制限なく、データ容量無制限でインターネットを利用できます。

つまり、毎日のインターネット利用において、「今どれくらいインターネット通信しただろう…」といったことを気にせず、利用できるということですね。

ただし、「著しくネットワークを占有」するような行為が見られた場合、通信速度を制限される場合がありますのでご注意ください。

海外135カ国でも利用可能

先にもお伝えしましたが、ポケモバCloudは別途手続きや追加の契約をすることなく、海外でのインターネット接続が可能です。

尚、海外利用の際は、「1日500MBタイプ」「1日1GBタイプ」のどちらかを選ぶことができ、「1日500MBタイプ」は1日につき900円、「1日1GBタイプ」は1日につき1,200円の追加料金が発生します。

※料金データプランの通信量上限を超えた際も、384Kbpsの速度でインターネット利用を続けることが可能です。

参考:ポケモバCloudが利用できる国一覧

地域 利用できる国
アジア アラブ首長国連邦、イスラエル、インド、インドネシア、オマーン、カザフスタン、カタール、カンボジア、クウェート、サウジアラビア、シンガポール、スリラ ンカ、タイ、タジキスタン、 ネパール、バーレーン、パキスタン、バングラディシュ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マカオ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、ヨルダン、ラオス、香 港、台湾、大韓民国、 中華人民共和国
オセアニア オーストラリア、グアム、ニュージーランド、フィジー、北マリアナ諸島
北アメリカ アメリカ合衆国、アルバ、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、イギリス領ヴァージン諸島、カナダ、キュラソー島、グアドループ、グレナダ、ケイマン諸島、 サン・マルタン、ジャマイカ セントビンセント・グレナ、ディーン、タークス・カイコス諸島、トリニダード・トバゴ、ハイチ、プエルトリコ、マルティニーク、メキシコ
南アメリカ アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、エルサルバトル、ガイアナ、グアテマラ、コスタリカ、コロンビア、スリナム、チリ、ドミニカ、ニカラグア、パ ナマ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー、ボリビア
ヨーロッパ アイスランド、アイルランド、エーランド島、アルバニア、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オーストリア、オランダ、ガーンジー、キプロス、ギリ シャ、クロアチア、サンマリノ、 ジブラルタル、ジャージー、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、チェコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、ノルウェー、 バチカン、ハンガリー、 フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポルトガル、マケドニア、マルタ、マン島、モナコ、モンテネ グロ、ラトビア、リトアニア、 リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、ロシア連邦
アフリカ アルジェリア、アンゴラ、エジプト、ガーナ、ケニア、ザンビア、タンザニア、チュニジア、ナイジェリア、マダガスカル、モーリシャス、モロッコ、西サハラ、 南アフリカ

ポケモバCloudのデメリット

続いては、ポケモバCloudのデメリットについても確認しておきましょう。

ここまでの内容で、「ポケモバCloudのサービスは自分にフィットしそう」と感じた方は、以下のデメリット面もしっかりチェックしたうえで、実際に契約するかの判断をされると良いでしょう。

  • 通信速度は速くない
  • 最大同時接続台数が5台と少ない
  • 解約違約金が高い

通信速度は速くない

ポケモバCloudで利用する端末「U2S」は、トリプルキャリア回線および海外でも利用可能といったアドバンテージはあるのですが、「通信速度」の観点ではあまり高性能ではありません。

参考:ポケモバCloud「U2S」の通信速度

機種名 U2S
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

WiMAXやソフトバンクPocket WiFiの最新端末の中には下り最大1Gbps近くの速度が出るのに対して、ポケモバCloudの下りの速度は最大値150Mbpsとなっています。

インターネット通信に速度を求める、高速回線であることを重要視される方はポケモバCloudよりもWiMAXなどの高速回線のポケットWi-Fiがおすすめになるでしょう。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fiを徹底比較

最大同時接続台数が5台と少ない

また、家族でポケットWi-Fiを共用する方や、ゲーム機やIoT家電などスマホやPC以外でのインターネット利用を検討する方は、ポケモバCloudの「最大同時接続台数」にも注意すべきでしょう。

ポケモバCloudの端末「U2S」の最大同時接続台数は「5台」と少なめです。

他のポケットWi-Fiではおおよそ10〜15台の同時接続が可能であるのに対して、やや心もとなさがあります。

参考:ポケモバCloud「U2S」の最大同時接続台数

機種名 U2S
連続通信時間 約12時間

解約違約金が高い

また、ポケモバCloudを契約する前に最も注意しておきたい点が、「解約違約金」についてです。

ポケモバCloudは2年契約となっており、契約更新期間以外の解約違約金ルールは「〜24ヶ月目:18,000円、26ヶ月目〜:9,500円」となっており、他社ポケットWi-Fiサービスと比べてもやや高めとなっています。

参考:ポケモバCloudと、他のポケットWi-Fiサービスの解約違約金ルール比較

サービス名 解約違約金ルール
ポケモバCloud 〜24ヶ月目:18,000円、26ヶ月目〜:9,500円
どんなときもWiFi 〜12ヶ月目:19,000円、13〜24ヶ月目:14,000円、26ヶ月目〜:9,500円
限界突破WiFi 〜24ヶ月目:18,000円、28ヶ月目〜:5,000円
Mugen WiFi 0ヶ月目:0円、1〜12ヶ月目:9,000円、13〜24ヶ月目:5,000円、25ヶ月目〜:0円

上記表では、ポケモバCloudと、ポケモバCloud同様に「トリプルキャリア回線」かつ「海外でも利用可能」とするポケットWi-Fiサービスの解約違約金ルールを比較したものです。

上記表では「Mugen WiFi」の解約違約金が一番安いですが、比較したときにポケモバCloudの違約金の高さが際立つのではないでしょうか。

ポケモバCloudでの契約の際は、高額な解約違約金を払わずに済むように「基本2年間は利用し続ける」前提で行われたほうが良いでしょうね。

ポケモバCloudと、他社サービスとの料金と解約違約金比較

さて、ポケモバCloudのデメリット説明にて、他社ポケットWi-Fiサービスとの解約違約金比較を行いましたので、併せてよりおすすめできる他社ポケットWiFiがあるかについて見ていきましょう。

ポケモバCloudと比較するサービスは、前章でも取り上げた以下3サービスです。

  • どんなときもWiFi
  • 限界突破WiFi
  • Mugen WiFi(格安プラン)

どのサービスもポケモバCloud同様にトリプルキャリア対応、かつ海外でも利用可能、また端末は「U2S」を利用していますので、通信速度の性能も同様です。

参考:ポケモバCloudと、他のポケットWi-Fiサービスの解約違約金ルール比較

サービス名 月額料金 解約違約金
ポケモバCloud 月額3,250円 〜24ヶ月目:18,000円
26ヶ月目〜:9,500円
どんなときもWiFi

月額3,480円

(25ヶ月目以降3,980円)

〜12ヶ月目:19,000円
13〜24ヶ月目:14,000円
26ヶ月目〜:9,500円
限界突破WiFi 月額3,500円 〜24ヶ月目:18,000円
28ヶ月目〜:5,000円
Mugen WiFi(格安プラン) 月額3,280円 0ヶ月目:0円
1〜12ヶ月目:9,000円
13〜24ヶ月目:5,000円
25ヶ月目〜:0円

月額料金だけみたときはポケモバCloudが最安となります。次点は「Mugen WiFi(格安プラン)」の月額3,280円。

ですが、解約違約金で観るとポケモバCloudがかなり高めになり、Mugen WiFiと比べたときに違約金が初年度から9,000円異なり、25ヶ月目以降その差は9,500円になります(Mugen WiFiは2年目以降の解約違約金は0円)。

つまり、解約時のリスクを含めるとポケモバCloudよりもMugen WiFiのほうがおすすめ度が高まる──ということですね。

トリプルキャリア回線で、かつトータルでおすすめのポケットWiFiは、「Mugen WiFi」

Mugen WiFiは、月額料金3,280円とポケモバCloudより若干高くなるもののその差は30円。ほぼ同じくらいの料金と見て良いでしょう。

また、Mugen WiFiは前述の通り解約リスクが低いのと併せて「30日間の全額返金補償」サービスもついていますので、ポケットWiFiを初めて利用する方も安心して申し込みができます。

その他、平日13時、土曜11時までの受付完了で最短即日発送も可能となっていますので、「なるべく早くポケットWiFiを使い始めたい」という方にもおすすめです。

Mugen WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

ポケモバCloudをおすすめの方

ここまで、ポケモバCloudの特徴からメリット・デメリット、そして他社のポケットWi-Fiサービスとの比較について見てきました。

総論としてポケモバCloudがおすすめになる方がどんな方かというと、以下のように説明することができます。

ポケモバCloudがおすすめの方

  • とにかく安くモバイルWi-Fiルーターを利用したい方

月額料金の安さだけではなく、解約リスクなどトータル面でポケットWiFiを選ぶ際は、前述のMugen WiFi、また通信速度の速さを求める場合は「WiMAX」の方がよりおすすめになるでしょう。

まとめ)月額料金の安さがウリのポケモバCloudだが、ポケットWiFi選びの際はそれだけで選ばないように!

ここまでの内容を、ざっとまとめてみましょう。

ポケモバCloudのメリット

  • トリプルキャリアで最適な回線が利用できる
  • 通信制限なし
  • 海外135カ国でも利用可能

ポケモバCloudのデメリット

  • 通信速度は速くない
  • 最大同時接続台数が5台と少ない
  • 解約違約金が高い

現在多くのトリプルキャリア対応かつ通信制限なし、海外でも利用可能なポケットWiFiサービスが登場してきている中で、ポケモバCloudの主たる特徴は「月額料金の安さ」一点に尽きるということもできそうです。

一方で、ポケットWiFiサービス選びをする際は、以下の観点で確認することが重要です。

  • トータルコストの安さ
  • 通信の繋がりやすさ
  • 通信速度の速さ
  • 解約リスクの低さ(契約期間の短さや、解約違約金の安さ等)
  • サポートの充実さ

これら観点も意識しつつ他のポケットWiFiサービスとも比較した際に、それでも「ポケモバCloudの月額料金の安さが魅力」という方は、具体的な契約まで検討を進めてみると良いでしょうね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


3月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
トリプル
キャリア
2年 81,720円 3,405円/月 公式サイト
2 FUJI Wifi
(快適!クラウドプラン)
※キャンペーン適用
トリプル
キャリア
1ヶ月 83,520円
(2年利用時)
3,480円/月 公式サイト
3 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト

※トータルコストには、契約年数分の月額料金に初期費用を含みます。