WiMAXの有料オプションが無料・なしで契約できるおすすめプロバイダ

WiMAXを契約する際に、月々の費用の他に発生する「有料オプション」について気になっていませんか。

「掲示された料金を目安に契約したのに、いろんな有料オプションがついて結構な金額になってしまった…」というのは、月額コストの発生する商品・サービスでは良く聞く話です。

WiMAXにおいても、有料オプションのサービスやルールを設けているプロバイダが多くあります。

そして、その内容は各プロバイダによって様々。契約の事前に把握しておかないと、ちょっと心配ですよね。

そこで今回は、そんなWiMAXの有料オプションについて、また、有料オプションが無料またはなしで契約できるお薦めプロバイダについて紹介していきたいと思います。

是非ご覧ください!!

WiMAXの有料オプションの種類

はじめに、WiMAXの「有料オプション」でどんな種類があるのか、見ていきましょう。

  • 故障・破損・紛失等が起きた際の補償サービス(安心サポート等)
  • セキュリティ対策サービス(ウィルス対策やパスワード保護等)
  • 会員料金(メールアカウント、メールボックス利用等の付加サービス付であることが多い)
  • その他

故障・破損・紛失等が起きた際の補償サービス(安心サポート等)

「有料オプション」で一番メジャーなのはこのパターンでしょう。WiMAXを利用していて故障や破損、紛失等が起きた際に無料または格安で対応・サポートを受けられる、オプションサービスです。

料金は、月額300800円ほど。

基本、有料オプションの加入は私たち利用者の方で選ぶことができますが、プロバイダによっては入会キャンペーンの適用条件の一つにこれら有料オプションの加入を含めている場合もあります。

該当WiMAXプロバイダ

  • GMOとくとくBB
  • Broad WiMAX
  • DTI WiMAX
  • 3WiMAX 

セキュリティ対策サービス(ウィルス対策やパスワード保護等)

ウイルス対策やインターネット詐欺、パスワード管理等の機能を有するソフト・アプリを利用できるオプションサービスです。WiMAXからインターネット接続するPCやスマホに対して行えます。

料金は、1サービス300円程度(月額)です。セキュリティ面で不安を感じている方向けのサービスと言えますが、お使いのスマホ・PCにすでにセキュリティ対策サービスがすでにインストールされている方が殆どでしょう。

オプションの加入をご検討される場合、それら機能の重複について確認しておくと良いでしょう。

該当WiMAXプロバイダ

  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX
  • So-net WiMAX 

会員料金(メールアカウント、メールボックス利用等の付加サービス付であることが多い)

老舗プロバイダに多いのがこのパターン。

専用の相談窓口の利用から、独自のメールアカウントの発行、メールボックス利用等の付加サービス付きであることが多いです。

「特に必要ない」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このオプションは「必須」とされている場合が多く、注意が必要です。料金は大体200円前後です。

該当WiMAXプロバイダ

  • nifty WiMAX
  • So-net WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX 

オプションに加入なしで契約できるプロバイダ

ここまでの内容で、「結局、どのWiMAXプロバイダも有料オプションの加入が必須なの?」と不安になられた方もいらっしゃったかもしれませんね。

ですが、一部WiMAXプロバイダは、有料オプションに全く加入せずに契約することが可能です。

具体的にどのプロバイダが該当するかというと、以下の3プロバイダです。

※有料オプションの加入義務はないけれど、加入しなかった場合入会キャンペーンの適用条件から外れてしまう──というプロバイダは除外しています。

  • UQ WiMAX
  • カシモWiMAX
  • DTI WiMAX

UQ WiMAX

UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズが展開するWiMAXプロバイダです。

UQコミュニケーションズと言えば、WiMAXの本家本元。有料オプションも数多くそろえていますが、それらオプションの加入なしに契約できます。

ただし、UQ WiMAXは他のWiMAXプロバイダと比べて基本料金が高めですので、トータル的にはあまりおすすめできません。

UQ WiMAXの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無
(月額の金額)
必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 あり(380500円) 必須ではない
セキュリティ対策サービス あり(500円) 必須ではない
会員料金 無し
その他 グローバルIPサービス、トラブル時のリモートサービス、その他エンタメ系サービス等多数(961,990円) 必須ではない

UQ WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

カシモWiMAX

カシモWiMAXは、株式会社MEモバイルが提供する、新興のWiMAXプロバイダです。

カシモWiMAXの一番の特長は、なんといっても月額料金が安いということ。

プランもシンプルで、WiMAX初心者にもやさしいプロバイダと言えるでしょう。本章の中でも、最もお薦めできるWiMAXプロバイダです。

カシモ WiMAXの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無 (月額の金額) 必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 あり(300円) 必須ではない
セキュリティ対策サービス 無し
会員料金 無し
その他

カシモWiMAXとGMOとくとくBB比較!メリットの差・違い

DTI WiMAX

DTI WiMAXは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供するWiMAXプロバイダです。

こちらも契約プランもシンプルに行える等、トータルバランスの取れたプロバイダです。

一方、月額料金はカシモWiMAXはじめ最安級プロバイダと比べるとやや値が張ります。また、auスマートバリューmineも対象外ですので、auユーザーの方にはあまりおすすめできません。

DTI WiMAXの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無 (月額の金額) 必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 あり(300円) 必須ではない
セキュリティ対策サービス あり(300円) 必須ではない
会員料金 無し
その他 グローバルIPオプション(1つのグローバルIPを所有できる 96円) 必須ではない

オプションが実質無料で契約できるプロバイダ

続いては、契約時にオプションの登録が義務付けられるものの、実質無料で契約できるというWiMAXプロバイダを紹介していきます。

「え?そんなプロバイダなんてあるの?」と思われた方もいらっしゃることでしょうが、現在以下の1プロバイダが該当します。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」、「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

そして、料金の安さ、契約プランの柔軟さもあって、現在もっとも人気のあるWiMAXプロバイダのひとつです。

GMOとくとくBBは、契約時に「安心サポート」または「安心サポート ワイド」の加入を入会キャンペーンの適用条件としているのですが、こちらは契約後すぐにキャンセルしても入会キャンペーンの適用はされます。

かつ、キャンペーン中につき、それら有料オプションの料金が「2ヶ月間無料」となっています。

つまり、有料オプションに加入しても、すぐに解約してしまえば料金も発生せず、かつ入会キャンペーンの恩恵も受けられるということですね。

GMOとくとくBBの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無 (月額の金額) 必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 あり(300500円) 入会キャンペーンの適用条件として必須
※ただし、2ヶ月間無料期間があり、その間に解約した場合は料金も関わらず、キャンペーンも適用される
セキュリティ対策サービス 無し
会員料金 無し
その他

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

GMOとくとくBB WiMAXの3つのキャンペーンを比較!料金は業界最安値

有料オプション加入必須のプロバイダ

続いては、有料オプションの加入が必須となっているWiMAXプロバイダを紹介していきます。

紹介するのは、以下の2つ。どちらも、料金の安さから人気のプロバイダですので、こちらのWiMAXプロバイダでご検討中であった方はご注意下さい。

  • Broad WiMAX
  • 3WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXは株式会社リンクライフが提供するWIMAXプロバイダです。

こちらのプロバイダも、料金の安さで高い人気を誇ります。

有料オプションは、故障・破損時の補償サービスとしての「安心サポート」、その他専用問い合わせ窓口サービスとしての「My Broadサポート」があり、これらの加入は入会キャンペーン(初期費用割引キャンペーン)の適用条件の一つとなっているので注意が必要です。

ただし、どちらの有料オプションも入会後すぐに解約すれば、1ヶ月分のオプション料金のみの支払いで済みますし、入会キャンペーンも適用されます。

特に有料オプション自体は必要なく、入会キャンペーンの適用目的で有料オプションを設定される方は、解約の手続きをし忘れることの無いよう、ご注意ください。

Broad WiMAXの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無 (月額の金額) 必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 あり(550907円) 入会キャンペーンの適用条件として必須
※ただし、入会後解約すれば、2ヶ月目以降はオプション料金は発生せず、かつ入会キャンペーンも適用される
セキュリティ対策サービス 無し
会員料金 無し
その他 モバレコポイントクラブ
(宿泊やレジャー施設、レストラン等の会員特典を受けられる 400円)
必須ではない

Broad WiMAXの評判は良い?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

3WiMAX

3WiMAXは株式会社Elevenが提供するWIMAXプロバイダです。

auユーザー向けの特典が厚く、料金もかなりリーズナブルで人気もあったのですが、残念ながら現在(2018年11月)において、新規加入の受付を停止しているようです。

ですので、現在3WiMAXに加入中の方向けに、説明をしておきましょう。

有料オプションは、故障・破損時の補償サービスとしての「安心サポートプラス」、その他専用問い合わせ窓口サービスとしての「My SSサポート」があり、これらの加入は入会キャンペーン(初期費用割引キャンペーン)の適用条件の一つとなっています。

ただし、前述のBroad WiMAX同様に、どちらの有料オプションも入会後すぐに解約すれば、1ヶ月分のオプション料金のみの支払いで済みますし、入会キャンペーンも適用されます。

現在3WiMAXと契約されている方で、入会キャンペーンの適用目的で有料オプションを申し込まれた方は、解約の手続きを忘れていないかを確認されると良いでしょう。

3WiMAXの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無 (月額の金額) 必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 あり(550〜800円) 入会キャンペーンの適用条件として必須
※ただし、入会後解約すれば、2ヶ月目以降はオプション料金は発生せず、かつ入会キャンペーンも適用される
セキュリティ対策サービス 無し
会員料金 無し
その他

3WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

独自の基本料金が必要なプロバイダ

続いては、会員料金等の有料オプション、またはそれらが基本料金に含まれているWiMAXプロバイダを紹介していきます。

  • BIGLOBE WiMAX
  • @nifty WiMAX
  • so-net WiMAX

上記3つのWIMAXプロバイダは、「会員料金」を基本料金に含めていますので、契約の手続き上は有料オプション加入なしで契約することができます。また、会員料金自体は大体200円ほどと、比較的安く契約できます。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXは、ビッグローブ株式会社が提供するWiMAXプロバイダです。

サポート品質の高さと、料金もリーズナブルなところから、こちらも人気のプロバイダの一つです。

BIGLOBE WiMAXは他のプロバイダとやや特徴が異なり、月額の基本料金内に以下の要素が含まれています。

  • データ端末代(800円@月)
  • 「ベーシック」コース基本料金(200円@月)

「データ端末代」とは、WiMAX端末代19,200円を、24ヶ月間毎月800円ずつ支払っていく仕組みで、かつ現在月額値引きキャンペーンを実施しており、端末代に発生している800円は値引きで相殺されるようにしています。

ただし、24ヶ月以内に解約をする場合、残りの月数×800円分を残端末代として支払う必要があるので注意しておくと良いでしょう。

「ベーシックコース基本料金」は、簡単に言えば、BIGLOBEの会員費用のようなものです。BIGLOBEのメールアカウントとメールボックスを利用でき、その他メール転送サービス、「1時間までダイヤルアップ接続が可能」といったサービスも付いています。

「あんまり使わなそう…」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。ですが、こちらは基本料金に含まれているので外すことはできません。

その他、インターネット詐欺対策、パスワード保護サービスを受けられるオプションサービスもありますが、こちらは必須ではありません。必要と感じる方のみご検討されると良いでしょう。

BIGLOBE WiMAXの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無 (月額の金額) 必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 なし(一部無料サポートで受け付け)
セキュリティ対策サービス あり(150〜300円) 必須ではない
会員料金 あり(200円) 基本料金に含まれる
その他

BIGLOBE WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

@nifty WiMAX

nifty WiMAXは、インターネットプロバイダの老舗、ニフティ株式会社が提供するWiMAXプロバイダです。

nifty WiMAXBIGLOBE同様、月額費用内に「@nifty基本料金」(月額250円)という、会員料金のようなものが含まれます。

こちらの「@nifty基本料金」は、専用のメールアカウントとメールボックス、その他ブログ開設用のアカウントを持つことができます。すでに@niftyの他のサービスを利用しており、そこで「@nifty基本料金」に加入されている方は重複しての入会の必要はありません。

その他、グローバルIPオプションやセキュリティサービス、会員様向け優待サービスといったオプションがありますが、これは必須とされていないので、必要な方のみご検討されると良いでしょう。

nifty WiMAXの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無 (月額の金額) 必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 なし(一部無料サポートで受け付け)
セキュリティ対策サービス あり(500円) 必須ではない
会員料金 あり(250円) 基本料金に含まれる
その他 グローバルIPアドレスオプション、会員様向け優待サービス(96円〜300円) 必須ではない

So-net WiMAX

So-net WiMAXは、こちらもインターネットプロバイダの老舗、ソネット株式会社が提供するWiMAXプロバイダです。「So-net」と言えば、インターネット普及時に人気を集めたマスコットキャラクターの「ポストペットモモ」を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

So-net WiMAXもBIGLOBEや@nifty同様、月額費用内に「コース料金」(月額250円)が含まれます。

こちらはすでにSo-netの他のサービスを利用しており、そこで「コース料金」に加入されている方は重複しての入会の必要はありません。

その他、「カスペルスキー セキュリティ」「So-net 安心サポート」「So-net くらしのお守りワイド」といった有料オプションがあり、かつこれらにおいて「12ヶ月間無料」のキャンペーンが実施されています。

ご興味ある方は、まずは無料期間で実施のご検討をされても良いかもしれませんね。

So-net WiMAXの有料オプション情報

有料オプションの種類 有無 (月額の金額) 必須かどうか
故障・破損等が起きた際の補償 なし(一部無料サポートで受け付け)
セキュリティ対策サービス あり(500円) 必須ではない
会員料金 あり(200円) 基本料金に含まれる
その他 So-net くらしのお守り、So-net 安心サポート(300円〜450円) 必須ではない

So-net WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

オプションは加入する必要ない?

さて、ここまでWiMAXの有料オプションについてと、各WiMAXプロバイダの有料オプションの特徴についてまとめました。

ここで、「結局、WiMAXの有料オプションは加入する必要ないの?」と考えた方もいらっしゃることでしょう。

基本姿勢として、WiMAXの有料オプションに加入する必要はありません。

なぜかというと、WiMAXはスマホと異なり、普段から手に取って使うというよりかは、バッグやカバンに入れたまま使用することが多く、故障・破損の可能性はかなり低まり、「安心サポート」系のオプションを実際に利用する機会は殆どないためです。

また、セキュリティ対策サービスについても、WiMAXの付属サービスを利用するより、PCまたはスマホ向けの専用ソフトを利用する場合の方が圧倒的に多いです。

「それでもやっぱり不安」という方や、「入会キャンペーンの適用条件になっているから」という理由のある方でない限り、有料オプションは無理に登録する必要はないと考えて良いでしょう。

まとめ) オプションに加入したくない方はカシモWiMAXがおすすめ

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

WiMAXの有料オプションのタイプと、それぞれの加入の必要性についてまとめてみましょう。

有料オプションのタイプ 加入の必要性
故障・破損・紛失等が起きた際の補償サービス(安心サポート等) プロバイダ側で必須としていない場合、「ないと不安」と感じられる方、入会キャンペーンの適用条件となっている場合のみ加入を検討すると良いでしょう。
セキュリティ対策サービス(ウィルス対策やパスワード保護等) プロバイダ側で必須としていない場合、「ないと不安」と感じられる方、入会キャンペーンの適用条件となっている場合のみ加入を検討すると良いでしょう。
会員料金(メールアカウント、メールボックス利用等の付加サービス付であることが多い) プロバイダ側で基本料金に含めている場合は必須となります。
それ以外は加入の必要はありません。

また、「契約時に有料オプションには加入したくない」という方にお薦めのWiMAXプロバイダは「カシモWiMAX」です。

カシモWiMAXは、必須としている有料オプションがないこと、および月額料金の安さもあって、安定の選択肢と言えるでしょう。

カシモWiMAXとGMOとくとくBB比較!メリットの差・違い

次点のおすすめは、「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは、入会キャンペーンの適用条件として「安心サポート」または「安心サポートワイド」の加入を掲げていますが、初月に解約すれば実質無料で済みます。

料金面では全WiMAXプロバイダ中でも最安値ですので、プロバイダ選びの際はぜひともチェックしておくと良いでしょう。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

GMOとくとくBB WiMAXの3つのキャンペーンを比較!料金は業界最安値

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。