ポケットWi-Fiでオンラインゲームは快適に遊べる?おすすめはWiMAX一択

ポケットWi-Fiを使って、PS VitaやSwitch、PS4でのオンラインゲームを遊べるか、気になっていませんか。

どんどんリッチ化が進むオンラインゲームにおいて、一昔前までは「ポケットWi-Fiの通信速度では、オンラインゲームは快適に遊べない」という意見が主流でした。

ですが、ここ数年においてポケットWi-Fiの性能向上の進度もすさまじく、実際にポケットWi-Fiを利用しているオンラインゲームユーザーの数も増えてきています。

つまり、これまでの「オンラインゲーム=固定回線でないとNG」の図式は遅かれ早かれなくなっていくことでしょう。

この記事では、現在(2019年7月)においてオンラインゲームを遊ぶ際のおすすめのポケットWi-Fiは何かについて、見ていきたいと思います。

現在ポケットWi-Fiを利用してオンラインゲームをされようとしている方は、きっとお役に立つことでしょう。

ぜひご覧ください!

結論:WiMAXならオンラインゲームが快適にできる!

結論から先に述べていきたいと思います。

オンラインゲームを遊ぶ際のポケットWi-Fiで、おすすめは「WiMAX」です。

さて、なぜオンラインゲームのときにWiMAXがおすすめなのかについては次の章でじっくり確認するとして、まずは実際にWiMAXを利用してオンラインゲーム(PS4やPS Vita、Switch等)をやっている方々のネット上の口コミをチェックしてみましょう。

オンラインゲームでWiMAXを利用している人たちの口コミ

CASE① スプラトゥーン2(Switch)

 

CASE② モンハンワールド(PS4)

 

CASE③ 黒い砂漠(PS4、Xbox、Windows他)

さて、上記に紹介したオンラインゲームは「スプラトゥーン2」と「モンハンワールド」そして「黒い砂漠」と、オンラインゲーム好きの方々には説明不要の人気タイトルです。

最近のネット上の書き込みを見る限り、これらタイトルをプレイする際のインターネット接続回線として、「WiMAX」でほぼほぼ問題なく動作できていることが確認できます。

つまり、WiMAXのインターネット接続で、オンラインゲームは問題なくプレイできるということですね。

──さて、なぜこれまで「ポケットWi-Fiのインターネット接続では、オンラインゲームのプレイは難しい」とされていたのが、WiMAXで可能となっていったのか、その理由について、次の章で詳しく見ていきたいと思います。

WiMAXで快適に遊べる理由

「WiMAXでオンラインゲームは問題なくプレイできる」とお話しましたが、なぜポケットWi-FiのなかでもWiMAXがそうなのかについては、大きく以下3つの理由があるからです。

  • WiMAXの速度はポケットWi-Fiの中で最も速い
  • 月内のデータ通信量 無制限で利用できる
  • 通信状況が最も安定している

上記3つの理由は、まさにWiMAXの特徴でもあるのですが、これらについてひとつずつ、詳しく見ていくことにしましょう。

WiMAXの速度はポケットWi-Fiの中で最も速い

WiMAXがオンラインゲームの際にも快適に利用できる一番の理由は、WiMAXの「回線速度」にあります。

WiMAXの回線速度はポケットWi-Fiの中でも最も速く、最新機種W06においては下り最大867Mbps(1.2Gbps有線LAN接続時)と、固定回線に匹敵する速度が出るからです。

※上記速度数値は最大速度(理論値)となり、実際の速度は通信環境によって変わりますので、ご注意ください。

主要ポケットWi-Fiの通信速度比較

ポケットWi-Fi デザイン外観 通信速度(下り最大値)
WiMAX (W06) 867Mbps
※有線接続の場合下り最大1,237Mbps
WiMAX (WX05) 440Mbps
ワイモバイル
(Pocket WiFi 603HW)
612Mbps
ワイモバイル
(Pocket WiFi 601ZT)
112.5Mbs
ネクストモバイル
(FS030W)
150Mbs
どんなときもWiFi
(D1)
150Mbs

上記表を見て確認できる通り、WiMAXの通信速度は他のポケットWi-Fiと比較して最も速く、その為オンラインゲームで求められる「通信速度の速さ」にも対応できる、ということですね。

表内の3つ目に紹介されている「ワイモバイル(Pocket WiFi 603HW)」も下りの最大速度612Mbpsということで、こちらも速度面ではおすすめですが、次項でも紹介する「月内のデータ通信量を無制限で利用できるか」の観点では、WiMAXと比べてややディスアドバンテージがありますので、ご注意ください。

「Pocket WiFi 603HW」はどんな機種?契約する前に知るべきメリット・デメリット

月内のデータ通信量 無制限で利用できる

オンラインゲームをプレイする際に、注意すべきは通信速度だけではありません。

ゲームプレイ時に消費される「データ通信量」にも意識を向けるべきでしょう。

オンラインゲームで消費されるデータ通信量は、そのゲームによっても変わりますが大体10分につき「5〜15MB」です。つまり、連続5時間ほどオンラインゲームをやった場合、0.5GBほどのデータ通信量になるということですね。

更に注意したいのは、オンラインゲームの「大型アップデート」です。

近年のオンラインゲームにおいては、リリース後も仕様変更や機能・イベント等の追加に伴うアップデートが行われるため、その際に消費されるデータ通信量も大型の時は1GBを超えるなど、かなり膨大になるのです。

モンハンワールドをプレイする際に必要なデータ通信量目安

データ通信量が必要なパターン 必要なデータ通信量目安
通常プレイ時@1時間 約80MB
アップデート時(通常) 80〜150MB
アップデート時(大型) 500MB〜1.5GB

上記の「モンハンワールドとプレイする際に必要なデータ通信量目安」を参考に、1ヶ月間オンラインゲームをプレイした場合どの程度のデータ通信量を消費するかをイメージすると、(その人のプレイスタイルや生活習慣にも寄りますが)ざっと10GB〜数十GBといったところでしょう。

つまり、ポケットWi-Fiでオンラインゲームをプレイする際は、そのポケットWi-Fiの月間データ通信量がそれだけ許容できる必要がある、ということです。

その点、WiMAXは「ギガ放題」という契約プランがあり、こちらのプランでは月内のデータ通信量をほぼ無制限で利用できます。

WiMAXギガ放題プランのイメージ

現在においても多くのポケットWi-Fiにおいて、「月内○GBまで」というようにデータ通信量の制限をかけています。オンラインゲームをプレイする際は、WiMAXのように「月内制限なし使い放題」でインターネット接続できるポケットWi-Fiを選ぶべきでしょう。

WiMAXのギガ放題とは?契約前に知るべき注意点と通常プランとの違い

通信状況が最も安定している

そのほか、オンラインゲームをプレイする際に、通信面で意識しておきたいのが「通信の安定性」です。

インターネット接続における通信の安定性は、Ping値(またはレイテンシ)で測られることが多く、この値は通信を相手に送ってから帰ってくるまでの平均的な応答時間の速さを示しています。

応答時間は速ければ速い方が越したことはありませんので、Ping値(レイテンシ)も少ない方が、より通信が安定しているとみなされます。

逆に、Ping値(レイテンシ)の数値が高いと、オンラインゲームプレイ中に応答待ち時間等のラグが発生する、動きがコマ送りのようになるなどの現象が発生されやすくなります。

インターネット接続におけるPing値(レイテンシ)の目安

Ping値 オンラインゲームの動作イメージ 該当するインターネット回線
1~10ms 殆どのゲームにおいて、非常に快適にプレイ可能 固定回線(光回線)
11~50ms 非常に快適にプレイ可能 WiMAX(最新端末またはホームタイプ)
51~80ms 快適にプレイ可能 WiMAX
81~100ms プレイ可能 一般的なポケットWi-Fi
100~150ms ゲーム中コマ送りになる等の違和感が少なからず発生 一般的なポケットWi-Fi
151ms~ ゲーム中多くの場面で通信が途切れる等の支障が発生 一般的なポケットWi-Fi

上記表で確認できる通り、万全を期してオンラインゲームをプレイするとしたらやはり光回線がおすすめとなりますが、WiMAXにおいても十二分に優秀なPing値となっています。

WiMAXの通信の安定さは、このように他のポケットWi-Fiと比べてとても高く、こういった観点においても、オンラインゲームをプレイする際におすすめのインターネット回線になりうるということですね。

WiMAXで、オンラインゲームをより快適に遊ぶ方法

さて、「ポケットWi-Fiで、オンラインゲームは快適に遊べるか」というテーマで、WiMAXのインターネット回線の場合は可能であることをお伝えしました。

続いては、WiMAXでオンラインゲームをプレイする際に、「より快適にプレイする」為のポイントについてお伝えします。

オンラインゲームをWiMAXのインターネット回線で快適に遊ぶためのポイント

  • 電波が入りやすい場所で遊ぶ
  • 自宅メインならホームルーターで有線接続する
  • 最新機種のWiMAXを選ぶ

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

電波が入りやすい場所で遊ぶ

前章にて、オンラインゲームを快適にプレイする際に、「通信の安定」も大切であることをお伝えしました。

通信の安定さ(Ping値)は、通信を相手に送ってから帰ってくるまでの平均的な応答時間によって決まります。

では、そんな通信の安定さが損なわれる場所はどこかというと、代表的なものは以下の3点です。

  • 電車、新幹線の移動中
  • 地下エリアや厚い壁に囲まれたエリア
  • 高層ビルの30階以上

ひとつめの「電車、新幹線の移動中」については、WiMAXをはじめとするポケットWi-Fiにおいては移動中のインターネット回線は基地局から別の基地局への切り替えが発生するため、高速データ通信を求めるオンラインゲームのプレイ環境としてはそぐわないからです。

また、WiMAXのインターネット回線は高速ですが、障害物にはやや弱く、地下エリアや厚い壁に囲まれたエリア、その他高層ビルの30階以上といった場所では本来の通信速度を発揮しきれません。

なるべく上記の様な場所・環境を避けて、インターネット接続されることを意識すると良いでしょう。

自宅メインならホームルーターで有線接続する

「オンラインゲームをプレイするのは、自宅のみ」という方は、ホームルータータイプのWiMAXがおすすめです。

ホームルータータイプのWiMAXは、据え置き型のWiMAXとして、固定回線の代わりとして活用できるWi-Fiルーターです。

ホームルータータイプのWiMAX

  デザイン外観 通信速度
Speed Wi-Fi HOME
L02
下り最大:867Mbps
上り最大:75Mbps
※有線接続の場合、下り最大:1Gbps
WiMAX
HOME 01
下り最大:440Mbps
上り最大:75Mbps
Speed Wi-Fi HOME
L01
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps

通常のモバイル型のWiMAX(ポケットWi-Fi)は、時間帯や周囲建物や壁などの障害物によっても繋がりやすさの品質が変わりますが、ホームルータータイプの場合、それら周囲の環境から受ける影響をあまり受けずに、一定の品質を保つことができるのです。

更に、ホームルーターは優先用の接続端子もあり、ゲーム機器を有線で接続すると更に電波の繋がりやすさにおける安定感を向上できるのです。

ホームルーター型のWiMAXは電源コンセントからの電源供給になりますので(また大きさからしても)持ち運びはできませんが、インターネット利用のメインが室内のオンラインゲームになるという方は、ホームルータータイプがおすすめとなるでしょう。

WiMAX HOME 01スペックガイド!L01との性能の違い比較!

WiMAX HOME L02スペックガイド!HOME01比較とおすすめプロバイダ紹介!

最新機種のWiMAXを選ぶ

WiMAXで、外出先でもインターネット利用する見込みのある方は、ホームルータータイプのWiMAXではなく、「最新型」のWiMAXを利用されることをおすすめします。

現在(2019年7月時点の)最新型のWiMAXは「W06」「WX05」ですが、これら最新機種には、旧型のWiMAXと比較したときに以下機能が強化されているからです。

  • 高性能ハイモードアンテナによる繋がりやすさ向上
  • TXビームフォーミングによる、機器との接続感度向上

高性能ハイモードアンテナとは、基地局からの電波を受信する性能を高めるための機能です。この高性能ハイモードアンテナを搭載したWiMAXは、旧バージョンWiMAXと比較して、通信速度を20%程度改善しているとのことです(公式サイトより)。

また、TXビームフォーミングは、WiMAXからスマホやPCに向けて「電波を送信する」性能を高める機能です。この機能によってまたインターネットの繋がりやすさを向上できています。

これら機能向上のある最新機種WiMAXを使用すれば、オンラインゲームプレイの快適さも、一段と増していけることでしょう。

WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

最新ルーター「WX05」スペック完全ガイド! WiMAXがさらに使いやすく

WiMAXの契約はGMOとくとくBBがおすすめ

WiMAXでポケットWi-Fiの契約をする際に、一番おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBの特徴

  • トータルコストが業界最安値!
  • キャッシュバック特典プランの他、月額割引特典など、いくつかのキャンペーンを選ぶことができる
  • 契約後、端末は即日発送ですぐに手元に届く!
  • 最新端末での契約が可能!

GMOとくとくBBの一番の特徴は、とにかくトータルコストが業界安値であることです。

かつ、今回紹介したホームルータータイプのWiMAXも、最新機種のWiMAXも端末代無料で契約が可能です。

更には端末は「即日発送」で送られてきますので、早ければ翌日にはWiMAXが手元に届きます。

この速度感は、「1日でも早くオンラインゲームをやりたい!」という方にもおすすめかもしれませんね。

GMOとくとくBBではいくつかのキャンペーンが用意されていますが、前述の「月額割引キャンペーン」がトータル的に一番おすすめです。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

月額割引キャンペーンは、その名の通り「WiMAXの月額料金が割引される」キャンペーンです。

インターネットの通信量をほぼ無制限で利用できる「ギガ放題プラン」においても、月額割引キャンペーンの場合は、契約から0〜2ヶ月目は月額2,170円(契約月は2,170円の日割り計算)、その後も契約期間満了の36ヶ月目までは月額3,480円で利用することができます。

数あるWiMAXプロバイダの中でも、純粋に月額料金がここまで安くなっているプロバイダはまずありません。かつ、GMOとくとくBBの利用者は非常に多く、信頼・実績面でも安心でしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

GMOとくとくBB WiMAXは月額割引がおすすめ!料金が確実に安くなる

「…本当にWiMAXでオンラインゲームが快適にできるか不安…」という方はレンタルもあり

ここまでの内容で、WiMAXの契約についての検討もされつつ、一方で「電波の入りは本当に大丈夫だろうか…」であったり、「オンラインゲームが快適に遊べるか確認したい」と思われた方は、いちどWiMAXをレンタルできるサービスを利用されると良いでしょう。

WiMAXをレンタルできるサービスはいくつかありますが、おすすめは「DMMいろいろレンタル」です。

「DMMいろいろレンタル」は、PCから家電、ブランドバッグまで、幅広い商品をレンタルできるサービスで、その一環としてWiMAXなどのポケットWi-Fiのレンタルも受け付けています。

DMMいろいろレンタルの魅力は、送料がなんと往復無料、身分証明書不要、1ヶ月〜6ヶ月という短期間単位で借りられる手軽さにあります。

料金もかなりやすく、DMMいろいろレンタルで6ヶ月間ポケットWi-Fiをレンタルした場合の平均月額料金は3,000円前後。ただし、最新機種は人気があってすぐにレンタルできなかったりといったこともあるので、事前にサイト上でレンタル可能かを確認されると良いでしょう。

2019年7月現在において、WiMAXでは準最新機種のWX05が比較的早くレンタル可能となっているようです。

DMMいろいろレンタルはWiMAXが最安値!?契約前に知るべき注意点

まとめ) WiMAXの最新機種で、快適なオンラインゲームを満喫しよう

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

これまでの「オンラインゲームをプレイする際は、固定回線」といった定説がだんだん変わりつつあり、WiMAXがその位置にも立ちつつあることが、よりイメージできたのではないかと思います。

オンラインゲームがどんどん進化してきているのと同様、WiMAXをはじめとするポケットWi-Fiもまた、その性能の高まりは日進月歩です。古い定説にばかり目を向けていると、そういった新しい変化に気付けないままになってしまう危険性もあるでしょう。

さて、前述もしましたがWiMAXでオンラインゲームをプレイする際は、以下の3点がポイントとなります。

これから新規にWiMAXの契約をされる際は、最後のおさらいとしてチェックしておいてください。

オンラインゲームをWiMAXのインターネット回線で快適に遊ぶためのポイント(再掲載)

  • 電波が入りやすい場所で遊ぶ
  • 自宅メインならホームルーターで有線接続する
  • 最新機種のWiMAXを選ぶ

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。