NURO光の評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

「高速のインターネット環境にしたい!」という方で、NURO光が気になっている方は多いのではないでしょうか。

「世界最速インターネット」をキャッチコピーとするNURO光ですが、通信速度は他の光回線の速度を凌駕する速さで、最大通信速度(下り)は、なんと2GBps!実際に利用されている方々の評判も高いです。

これから光回線の契約を検討されるという方は、NURO光は是非とも有力候補の一つとして挙げておくと良いでしょう。

ですが、NURO光はやや新参の光回線サービスということで、いくつかデメリットもあり、場合によっては他の光回線を利用したほうがおすすめになることもあります。

この記事を読めば、あなたにとってNURO光が一番おすすめかそうでないかの判断をしっかりつけられることでしょう。ぜひご覧ください!

NURO光の特徴・評判は?

はじめに、NURO光がどんな特徴を持つサービスか、その概要、利用料金、利用されている方々の評判等を見ていきましょう。

NURO光の運営会社って?

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する光回線サービスです。

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社といえば、「ソネット(So-net)」のインターネットサービスプロバイダの運営会社としてご存知の方も多いことでしょう。

1995年に設立されてから多くの利用者の実績を築き、またソニーグループ企業ということもあって高い信頼も勝ち得ている会社です。

そして、NURO光をリリースしたのが、2013年4月。現在の加入者数はインターネット上から確認できませんでしたが、利用エリアの拡大に伴いNURO光の利用者は年々増加していることが予想されます。

NURO光の主な特徴

NURO光の主な特徴として挙げられるのは、前述の通り回線速度の速さ。最大2GBps(下り)の回線速度は、他の光回線を凌駕する速さです。

NURO光の光回線サービスを利用できるエリアは、以下の通りです。

関東 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海 愛知、静岡、岐阜、三重
関西 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州 福岡、佐賀

※一部利用できない地域もあります。

対応エリアはまだ国内の特定の都道府県にて限定的ですが、2019年には福岡・佐賀でのサービスが開始されたりと、今後NURO光を利用できるエリアは拡大されていくことでしょう。

プロバイダは「So-net」のみ

NURO光と他の光回線サービスの大きな違いであるのが、「光回線サービスとプロバイダがセットになっている」ということです。

NURO光のサービスを利用する際、プロバイダは「So-net」に固定され(So-netも同社が提供するサービスです)、そのため契約の際も光回線とプロバイダを別々で行うことなく、一本で済ますことができます。

たとえばKDDIの提供する「auひかり」の光回線サービスを利用する際は、プロバイダはauひかりが提携するプロバイダ11社から選ぶことになります。

「プロバイダが固定されるのは不安…」という方もいらっしゃるかもしれませんが、So-netはサポートや特典も多いサービスですので、ここは「So-net自体のサービス品質」と「プロバイダ選びの手間が省ける」観点から、メリットとして捉えて良いでしょう。

プロバイダとは

ここで、光回線契約時にあわせて利用(契約)することになる「プロバイダ」について簡単に説明しておきましょう。

私たちが光回線のインターネットを利用する際は、インターネット回線とプロバイダの二つが必要となります。

インターネット回線

インターネット通信を行うための回線。

光回線のほか、ADSL回線、モバイル回線、CATV回線などの種類があります。

プロバイダ インターネット回線を利用者が使える(繋げられる)ように設定するサービス(または業者)。

光回線のインターネットを契約する際は、通常は上記「インターネット回線」と「プロバイダ」の両方を契約する必要がありますが、NURO光はこの契約をセットで行えるということですね。

利用料金

さて、気になるNURO光の利用料金は、基本月額料金として4,742円です。

NURO光の料金プラン

プラン NURO 光G2V
月額基本料金 4,742円
基本工事費 40,000円
(30ヶ月の分割、ただし割引で相殺されて実質無料)
契約事務手数料 3,000円 (利用開始月に請求)
契約期間 2年間
契約解除料 9,500円
キャンペーン

35,000円キャッシュバック

また、NURO光では「基本工事費」はキャンペーンの特典割引で相殺されて実質無料になります。

そのほか、すでにNUROの設備が導入済マンションなら、工事費用が発生しなくなりますので更に料金も安くなります。

ちなみに、他の光回線と比べてNURO光の料金がどれだけ安いかというと、NURO光は「やや安め」の光回線サービスになります。

光回線としてメジャーな「フレッツ光」や「auひかり」「ドコモ光」「ソフトバンク光」の基本月額料金と比較してみても、NUROひかりのほうが数百円安くなります。

参考:各光回線の基本月額料金比較

  基本月額料金 回線速度(下り最大)
NURO光(2年契約の場合) 〜4,743円 2Gbps
フレッツ光(2年契約の場合) 〜5,700円(別途条件あり) 1Gbps
auひかり(2年契約の場合) 〜5,100円(別途条件あり) 1Gbps
ドコモ光(2年契約の場合) 〜5,200円(別途条件あり) 1Gbps
ソフトバンク光(2年契約の場合) 〜5,200円 1Gbps
enひかり(契約期間の縛りなし) 〜4,300円 1Gbps

※ 各光回線は、その時々において割引特典等のキャンペーンを実施しております。実質に支払う月額料金が上記月額基本料金と異なる場合もございますのでご注意ください。詳細は各社HPでご確認されることをおすすめします。

「料金の安さ」のみで光回線サービスを選ぶとしたら上記表の「enひかり」がおすすめとなりますが、NURO光には前述のとおり「回線速度の速さ」のアドバンテージがあります。

かつNURO光はキャンペーン内容も充実しており、基本月額料金自体も他の光回線と比較してややお得な価格設定となっていることから、トータルで見て「かなりおすすめのインターネット光回線」と言えるでしょう。

enひかりは最安値の光回線!契約前に知るべきメリット・デメリット

NURO光の「良い評判」

続いては、NURO光を実際に利用された方の評判について、見ていきたいと思います。

NURO光を利用された方々の「良い評判」で圧倒的に多かったのが、その通信速度の速さについてでした。

最大通信速度2Gbpsの特徴は、このようにきちんと利用者の評価・評判に繋げられているということですね。

NURO光の「悪い評判」

一方、NURO光の「悪い評判」「残念な評判」については、以下のようなコメントが見られました。

NURO光の「悪い評判」「残念な評判」で多かったのが、「工事期間が長い」こと、次いで「対応エリアの狭さ」にありました。

この2点は、NURO光を回線先として選ぶ際の重要なポイントにもなりますので、以降の「NURO光のデメリット」でも詳しく触れていきましょう。

NURO光のメリット

さて、ここからはNURO光の契約を検討する際に、押さえておきたいNURO光の「メリット」について見ていきましょう。特に意識しておきたいのは、以下の7点です。

  • 通信速度がとにかく速い
  • 「回線+プロバイダ」利用料金が合算請求
  • キャンペーン特典で35,000円キャッシュバック
  • 工事費用は実質無料
  • 設定サポート無料
  • 月額500円のセキュリティソフトが無料
  • ソフトバンクのスマホ・ケータイがお得に

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

通信速度がとにかく速い

前述の通り、NURO光の最たる特徴(メリット)は、その通信速度の速さにあります。

インターネットの主な利用用途に高画質動画やオンラインゲームを掲げている方は、NURO光の「下り最大2Gbps」の通信速度を充分に享受できることでしょう。

NURO光は、IPv6・IPoEの規格にも対応しており、そのため通信速度も安定して高速で出しやすく、またインターネット混雑時の影響も出にくいとされています。

WiMAXでIPv6は使える?IPv6・IPoEに対応したWiMAXプロバイダ

「回線+プロバイダ」利用料金が合算請求

先にも触れました通り、NURO光は、インターネット回線とプロバイダがセットになっておりますので、支払いの際も「合算請求」となります。

インターネット回線はじめ通信料金は支払先や名目が複数あって、家計の管理の際にわずらわしさを感じている人は多くいらっしゃることでしょう。

NURO光のように、利用料金が複数に分かれずに一本にまとめられるのは、私たち利用者からすると嬉しいポイントですよね。

キャンペーン特典で35,000円キャッシュバック

現在、NURO光では、現在35,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。

キャンペーンページからの申し込みのみ対象となります。ご注意ください。

35,000円キャッシュバックキャンペーン概要

対象者 NURO 光 G2 V(戸建て/マンションミニ)に新規入会された方、またはコース変更された方
キャッシュバック額 35,000円
キャッシュバック額
受け取り時期
4ヶ月後
適用条件

キャンペーンページからお申し込みのうえ、お申し込みから12カ月後の末日までにご利用開始された方

・キャッシュバックの受け取りまで、サービスを継続して利用された方

 ※過去に「NURO 光」コース特典を受けられた方は本特典の対象外

キャンペーン終了期間 未定

キャッシュバック額「35,000円」という金額の大きさと、受け取り期間が「4ヶ月後」と比較的早いタイミングで獲得できるスケジュール感とで、NURO光のこちらのキャンペーンはかなりお得度が高いです。

NURO光の契約をされる際は、こちらのキャンペーンは是非とも適用させておきたいところですよね。

工事費用は実質無料

NURO光の「公式特典」として、現在「基本工事費 40,000円実質無料」の特典サービスを行っています。

こちらの特典は、NURO光契約後、毎月発生する基本工事費の月割払い(割賦金)1,334円×30ヶ月分を、そのまま割り引いてくれるサービスです。

つまり、NURO光では実質「基本工事費を無料」で利用できる、ということですね。

設定サポート無料

そのほか、NURO光加入後に必要となる、インターネットに関わる各種設定(メールソフトの設定や、セキュリティソフトの設定等)について、リモートまたは訪問でのサポートを無料で受けることができます。

光回線契約後の、インターネットの設定が手間だという方や、やり方がよく分からないという方には、こちらも嬉しい特典と言えるでしょう。

月額500円のセキュリティソフトが無料

また、NURO光の契約を行った際、「カスペルスキー」というセキュリティソフトが無料で付いてきます。

日本ではあまり聞きなれないセキュリティソフトかもしれませんが、フランスやドイツでは売上シェアNo.1の実績ある製品です。

これからセキュリティソフトの導入を検討されていた人は、NURO光の契約と併せてカスペルスキーを利用されると、コスト的なメリットにも繋げられます。

ソフトバンクのスマホ・ケータイがお得に

更に、ソフトバンクのスマホ・携帯電話を利用されている方は、「おうち割」「ホワイトコール24」の特典が適用され、スマホ・携帯の利用料金割引や国内無料通話が実現できます。

おうち割光セット スマホ・携帯電話料金が最大1,000円割引
ホワイトコール24 国内通話が24時間無料

ただし、どちらの特典も「NURO 光電話」(IP電話サービス)に加入する必要があります。

NURO光電話利用料金以下の通りです。

月額料金 関東500円(税抜)/東海・関西・九州 300円(税抜)
通話料金 7.99円(税抜) 
ただし、ソフトバンクグループが提供している約400万世帯の利用者がいる「BBフォン」をはじめ、
通話無料になる提携サービスがある

NURO光のデメリット

さて、ここまでNURO光の特徴とメリットについて見てきましたが、「NURO光のデメリット」についても確認していきましょう。

NURO光のデメリットで必ず押さえておきたいのは、以下の3点です。

  • 対応エリアが狭い
  • 開通工事に時間がかかる
  • 30ヶ月以内の解約時には、基本工事費の分割残債額が請求される

対応エリアが狭い

NURO光の対応エリアについては先にも触れましたが、国内ではまだ以下の19都府県に限られています。

「NURO光の悪い評判」においても、お住いの地域が対応エリアでなかったことを挙げられた方がいらっしゃいましたが、特に地方お住いの方で「自身の地域はNURO光が利用できない」という方はまだまだ多くいらっしゃいます。

開通工事に時間がかかる

NURO光のデメリットで良く挙げられるのが、こちらの「開通工事の長さ」です。

NURO光では、初期工事において「宅内工事」と「屋外工事」の2つがあり、これらを2回に分けて行う、という流れを取っています。

ちなみに、他の光回線における工事期間はおおよそ1ヶ月、回数も1度きりです。

工事の際は立ち合いの必要も出てきますので、この初期工事におけるリードタイムの長さや手間のかかり具合は、NURO光のやや大きなデメリットと言えるでしょう。

現在NURO光では、工事期間中においてインターネット接続の必要のある方向けに「Wi-Fiレンタルサービス」も行っています(※無料ではありません)が、このあたりを許容できるかどうかが、NURO光に決めるかどうかの大きなポイントになりそうですね。

30ヶ月以内の解約時には、基本工事費の分割残債額が請求される

そのほか、NURO光を30ヶ月以内に解約する場合、通常の解約料金9,500円と併せて基本工事費の分割残債額が請求されます。

基本工事費は毎月1,334円発生しています(契約時は割引サービスで相殺されています)ので、仮に契約後20ヶ月目で解約した場合、残りの基本工事費10ヶ月分(1,344円×10ヶ月)の13,440円を別途請求されることになります。

引っ越し等のやむなき理由で、NURO光を30ヶ月以内に解約する可能性があるという方は、この点も事前に把握されておくと良いでしょう。

NURO光をオススメの方

ここまで、NURO光の「メリット」「デメリット」について紹介しました。

お読みになられた方は、ご自身にとってNURO光がおすすめかどうかのイメージが、大分ついてきたのではないでしょうか。

例えば、以下の項目が複数当てはまるという方は、NURO光がおすすめになるでしょう。

  • エリアが対応している方(関東・東海・関西・九州エリアの一部)
  • 初期工事中の開通準備期間(1〜2ヶ月間)を待てる方
  • 高速インターネットを求める方
  • ソフトバンクのスマホ・携帯電話を利用している方

ポイントはやはり、1つ目と2つ目の「エリアが対応している方(関東・東海・関西・九州エリアの一部)」と「初期工事中の開通準備期間(1〜2ヶ月間)を待てる方」、この2つが許容できるかになります。

この2点が適うという方は、NURO光を選んでまず間違いはないでしょうね。

まとめ)「より高速のインターネット回線を!」という方は、NURO光は必ず検討候補に!

NURO光の特徴からメリット、デメリットをお伝えしてきました。

そもそも光回線を導入されようという方は、「回線の安定性」と「通信速度」を求められている方が殆どでしょう。その際に、NURO光は現在私たちが選択できる光回線の中でも、とてもおすすめのインターネット回線です。

一方で、前述した「NURO光のデメリット」がネックになるという方は、他の光回線と併せて「WiMAXの利用」について検討されることもお勧めします。

WiMAXはNURO光ほどではありませんが、他の光回線に匹敵する通信速度と、更には「持ち運び可能で外出も利用できる」というポータビリティとしてのメリットがあります。

WiMAXのおすすめの機種はどれ?WiMAXの機種の選び方を解説

どのインターネット回線が一番おすすめかは、その人その人の「インターネット活用スタイル」によって変わります。NURO光のインターネット回線が一番相性の合う方も多くいらっしゃるでしょうし、その他の光回線やWiMAX等のポケットWi-Fiがマッチするという方もいらっしゃることでしょう。

そして、皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


10月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大34,000円キャッシュバック
3年 121,160円 3,366円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。