novas WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

WiMAXのプロバイダ探しで、「novas WiMAXってどうなんだろう?」と気になっていませんか。

novas WiMAX(ノバ ワイマックス)は株式会社シンセイコーポレーションが提供するWiMAXプロバイダです。

同社はプロバイダとしての提供のみならず、以前よりWiMAXのルーター製品の開発にも携わっていましたので、「前に使っていた」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、最近のWiMAXプロバイダで「novas WiMAX」の評判を聞くことはあまりありません。

WiMAXルーターで言うとHUAWEI社やNECプラットフォーム社の製品が主流となってきているのと、プロバイダで言うとGMOとくとくBBBroad WiMAX等の活性度合が高まってきていることによって、やや目立たなくなってきているのかもしれません。

novas WiMAXは他のWiMAXプロバイダとは違った独自路線を取っているところもあり、またキャンペーンも毎月様々な展開を見せています。

「(自分は)novas WiMAXと相性が良さそう…」という方もきっといらっしゃるでしょうし、WiMAXプロバイダ選びの際は他のプロバイダと併せて一度チェックしておくのも良いでしょう。

──ということで、今回はnovas WiMAXの主な特徴からメリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきたいと思います。是非ご覧ください!

novas WiMAXの特徴・評判は?

novas WiMAXってどんなプロバイダ?

novas WiMAX」は、前述の通り株式会社シンセイコーポレーションが提供しているWiMAXプロバイダサービスです。

株式会社シンセイコーポレーションは、WiMAXの提供だけでなく自社内で様々なIT製品、エレクトロニクス製品の開発を行っており、WiMAX製品としても、以下novas HOME+CAというホームルーターをリリースされています。

novas WiMAX」という名称も、上記のホームルーターの「novas HOMECA」の名称から取って名付けられたようですね。

novas WiMAXで提供されるWiMAX製品は、novas HOMECA以外にも「Speed Wi-Fi NEXT W05」や「Speed Wi-Fi NEXT WX05」といった、最新の人気製品も押さえています。

novas WiMAXの製品ラインナップ

そんな株式会社シンセイコーポレーションが展開する、novas WiMAXですが、WiMAXの基本サービスは「ギガ放題プラン」と「定額プラン」の2つが用意されています。

novas WiMAX ギガ放題プラン

契約期間 2年間 / 3年間
※Speed Wi-Fi NEXT W05は3年のみ
通信方式 WiMAX2+
基本月額料金 サービス開始月(0か月目):0円
1〜2か月目:2,780円
3か月目〜契約満了月:3,980円
契約満了月以降:4,380円
事務手数料 3,000円
通信量制限ルール 月内の制限なし
ただし、3日間で10GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌日18:00〜翌々日2:00までの8時間、1Mbpsの速度制限が発生

novas WiMAX 定額プラン

契約期間 2年間 / 3年間
通信方式 WiMAX2+
基本月額料金 サービス開始月(0か月目):0
1か月目以降:3,599
事務手数料 3,000円
通信量制限ルール 月内で7GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌月までの月内の残り期間にて128Kbpsの速度制限が発生

上記ギガ放題プラン、通常プランの内容は、他のWiMAXプロバイダと大きな差はありません。

料金的には、最安値とまではいきませんが、平均的な価格帯と言えそうです。

「では、novas WiMAXはプロバイダとしてどんな特徴があるの?」と気になった方向けに、以下novas WiMAXの特徴2点を挙げておきましょう。

  • 自社製品のホームルーター「novas HOMECA」を提供している
  • スマートロック「Qrio」がnovas Home+CAとのセットでお得に手に入るプランがある

2つ目の「スマートロックQrionovas Home+CAとのセットでお得に手に入るプラン」というのは、スマホを使った鍵の開け閉めが可能なスマートロックQrio製品novas Home+CAとセット購入できるプランです。

自宅のIoT化を目指されている方にはおすすめかもしれませんね。

novas WiMAXのメリット

続いていは、novas WiMAXのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

まず、WiMAX プロバイダ novas WiMAXの「メリット」としては、以下の3点が挙げられます。

  • Speed Wi-Fi NEXT W05製品限定のキャンペーンがある 
  • novas Home+CAの、ホームルータとしての性能は高い
  • 契約期間を2 or 3年で選択可能

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W05製品限定のキャンペーンがある 

現在(201812月)novas WiMAXでは、Speed Wi-Fi NEXT W05製品限定のキャンペーンを実施しています。

Speed Wi-Fi NEXT W05を3年契約で契約されると適応されるこのキャンペーンは、初月(0カ月目)の月額料金が無料、更に1〜2ヶ月目の月額料金が1,980円と、かなり安く設定されています。

実際、「3年間の利用料総額が118,140円」というのは、他のプロバイダと比較してもかなり安い金額です。

WiMAX配信元本家のUQ WiMAX3年契約をした場合、その額は163,008円にもなりますので、そこと比較すると4万円以上もお得になるということですね。

novas Home+CAの、ホームルータとしての性能は高い

加えて、自社製品でもあるnovas Home+CAのホームルーターは、性能の高さで利用者から一定の人気を博しています。

novas Home+CAの特徴(公式サイトより)

  • 下り最大220Mbps対応で快適通信
  • 高速無線LAN(IEEE802.11ac)、ギガ対応有線LAN(1000Base-T)に対応
  • 5GHz/2.4GHz同時利用可能、無線LAN同時接続最大16台

「下り最大220Mbps」の速度は最新版のWiMAXホームルーターと比べるとやや見劣りしますが、それでも安定感のある接続状態を担保できるのは魅力があります。製品のメーカーでもあるので、サポートも安心でしょう。

契約期間を2 or 3年で選択可能

最近多くのWiMAXプロバイダにおいては、契約期間を「3年」としています。

以前まで2年間で3年間とで選択できるプロバイダも少なからずあったのですが、ここ数ヶ月の間でそのうちの多くが契約期間を「3年のみ」と変更してきました。

一方、novas WiMAXでは、契約期間を2年と3年で選択することができるのです。
Speed Wi-Fi NEXT W05はキャンペーン中につき3年契約のみ

WiMAXの契約は、内部バッテリーの性能の劣化等の兼ね合いがあったり、また毎年のペースで新しい端末製品がリリースされることもあり、契約期間は3年間よりも2年間で結ばれたほうが間違いはありません。

そして、現在その2年契約を選択できるWiMAXプロバイダは少なくなってきていますので、novas WiMAX 2年契約・3年契約どちらも選択できる特徴はひとつのアドバンテージと言えるでしょう。

WiMAXのおすすめの契約期間は?全4パターンのメリット・デメリット

novas WiMAXのデメリット

続いては、novas WiMAXのデメリットについても見てみましょう。

novas WiMAXのデメリットとして挙げられるのは、以下の3点です。

  • W05のキャンペーン以外で契約すると、やや割高になる
  • WiMAXのホームルーター Speed Wi-Fi HOME L01sWiMAX Home01は取り扱っていない
  • au スマートバリューmineに対応していない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

W05のキャンペーン以外で契約すると、やや割高になる

Speed Wi-Fi NEXT W05の割引キャンペーンが大きなメリットのnovas WiMAXですが、キャンペーン外の製品を契約した場合、やや割高感が否めません。

参考:novas WiMAXの料金プラン(ギガ放題プラン)

サービス開始月
(0ヶ月目)
1ヶ月目〜
2ヶ月目
3ヶ月目〜
契約満了月
更新月以降 3年間のトータルコスト
(事務手数料3,000を含む)
月額利用料 0円 2,780円 3,980円 4,380円 143,880円

Speed Wi-Fi NEXT W05のキャンペーンを適用しない場合、ギガ放題プランの3年契約を結んだ場合、3年間のトータルコストは143,880円。──かなりの金額ですね。

参考:novas WiMAXと主要WiMAXプロバイダにおける、3年間のトータルコスト比較

※ギガ放題プラン 3年契約で比較しています

プロバイダ (プラン) 3年間のトータルコスト
(事務手数料3,000を含む)
novas WiMAX 143,880円
novas WiMAX
※Speed Wi-Fi NEXT W05キャンペーン適用
118,140円
GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン 118,269円
GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン 120,350円
Broad WiMAX 134,352円

上記表では、novas WiIMAXと料金の安いお得プロバイダとして、GMOとくとくBBBroad WiMAXとで3年間のトータルコストを比較しています。

さて、Speed Wi-Fi NEXT W05のキャンペーンがウリのnovas WiMAXですが、トータルコストではGMOとくとくBBとほぼ変わらない金額になります。

かつ、GMOとくとくBBは初月の月額料金を日割り計算するので、契約日によってはGMOとくとくBBのほうが安くなることも十分あり得る、ということですね。

また、Speed Wi-Fi NEXT W05キャンペーン以外でnovas WiIMAXを契約した場合、料金はかなり高くなります。何かよっぽどの理由がない限りは、novas WiIMAXの通常プランを契約先に選定する理由はないでしょう。

WiMAXのホームルーター Speed Wi-Fi HOME L01sWiMAX Home01は取り扱っていない

WiMAXのホームルーターを検討中の方は、novas Home+CAの製品以外のホームルーターも併せてお探しになることでしょう。ですが、novas WiMAXではnovas Home+CA以外のホームルーターを置いていません(競合になるので、当然と言えば当然ですが)。

WiMAXのホームルーターと言えば、Speed Wi-Fi HOME L01sやWiMAX Home01目当ての方も少なくないことでしょう。

WiMAX HOME01 Speed Wi-Fi HOME L01s
製造元:NECプラットフォームズ株式会社 製造元:HUWAI
 

どちらのホームルーターも評判の高い製品ですので、novas WiMAXでこれら製品を選べないというのは、ややディスアドバンテージと言えるでしょう。

WiMAX HOME 01スペックガイド!L01との性能の違い比較!

WiMAXのホームルーターはデメリットのみ。L01sとW05を比較した結果まとめ

au スマートバリューmineに対応していない 

novas WiMAXは、「auスマートバリューmine」に対応していません。

auスマートバリューmineが何かというと、「auスマホ(またはau携帯)をご利用の方が、併せてWiMAXを利用した際に、auスマホ・携帯の月額料金が最大1,000円割引されますよ」というサービスです。

auスマートバリューmineとWiMAXは相性抜群!スマホ料金が毎月1000円お得に

現在、多くの主要WiMAXプロバイダがauスマートバリューmineに対応しているのに対して、novas WiMAXが対応していないというのは、auユーザーにとってはかなり大きなマイナスポイントです。

auスマートバリューmineの、年間最大12000円(1,000円×12ヶ月)の値引きはかなり大きな特典です。auユーザーの方は、JP WiMAXよりも後述の「WiMAXのプロバイダの理想な選び方」で紹介しているWiMAXプロバイダを選んだほうがお得感は高まるでしょう。

WiMAXのプロバイダの理想な選び方

さて、ここまででnovas WiMAXのメリット・デメリットを含めた特徴は大分把握されたことと思います。一方で、「では一体、どのWiMAXプロバイダがお薦めなの?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

WiMAXプロバイダを選ぶ際の、押さえておきたいポイントは以下の3点です。

  • トータルコストが安い
  • 2年契約できる
  • 最新機種が選べる

さて、これら「WiMAXプロバイダの理想的な選び方」の3要素について、先ほどトータルコストの比較で出した「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」「novas WiMAX」で比較すると以下の通りです。

  GMOとくとくBB Broad WiMAX novas WiMAX
(通常)
novas WiMAX
(W05)
トータルコストの安さ ×
2年契約できるか × × ×
最新機種が選べるか

参考:サポート品質

novas WiMAXは、通常プランとSpeed Wi-Fi NEXT W05キャンペーンとで条件が大きく変わりますので、それぞれ分けて表示しています。

こうして比較して見ると良くわかりますが、現状novas WiMAXW05キャンペーンにおけるトータルコストの安さはかなり魅力的ではありますが、「最もおすすめなプロバイダ(プラン)か」というと、なかなか難しいところです。

おすすめのWiMAXプロバイダはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

現時点で最もお薦めのWiMAXプロバイダは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

novas WiMAXと比較した際に、GMOとくとくBBには以下のアドバンテージがあります。

novas WiMAXと比べた際の、GMOとくとくBBのメリット(アドバンテージ)

  • トータルコストが、novas WiMAXより安い(W05キャンペーン以外)
  • auユーザー向けのauスマートバリューmineが適用される
  • 選べるキャンペーンプラン
  • 最新端末を選べる

3つ目の「選べるキャンペーンプラン」についてですが、GMOとくとくBBには、いくつかキャンペーンプランがあり、なかでも人気は「キャッシュバックキャンペーン」と「月額割引キャンペーン」になります。

「キャッシュバックキャンペーン」はキャッシュバック額4万円という驚異の額が魅力ではあるのですが、一方でキャッシュバック特典は以下のリスク・デメリットがあります。

  • 実際にキャッシュバック額が入金されるのは1年後
  • 振り込みの手続きを行う必要があり、正しく行わなかった場合キャッシュバック額が振り込まれないこともある

WiMAXのキャッシュバックはお得なの?受取率30%の真実とおすすめ料金プラン

細かい手続き、作業も苦にならず、きちんとキャッシュバック額を貰えるという自身のある方はともかく、上記リスク・デメリットのご懸念を感じられる方は同じくGMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」がお薦めです。

月額割引キャンペーンは、キャッシュバックキャンペーンこそないものの、その分月額料金が安くなっており、キャッシュバックのような手続きなしで最安級の料金で進めることができます。

また、契約後は送料無料の即日発送、機種代0円等、サービス品質もトータルで水準が高く、安心して契約することができるでしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

まとめ novas WiMAXW05キャンペーンのコストパフォーマンスは魅力あり

ここまでお読みになれて、いかがでしたでしょうか。

一度、novas WiMAXのメリット、デメリットについてまとめてみましょう。

novas WiMAXのメリット

  • Speed Wi-Fi NEXT W05製品限定のキャンペーンがある 
  • novas Home+CAの、ホームルータとしての性能は高い
  • 契約期間を2 or 3年で選択可能

novas WiMAXのデメリット

  • W05のキャンペーン以外で契約すると、やや割高になる
  • WiMAXのホームルーター Speed Wi-Fi HOME L01sWiMAX Home01は取り扱っていない
  • au スマートバリューmineに対応していない 

こうして見ると、novas WiMAXを契約先プロバイダとして選定するケースとしては、「W05キャンペーン狙い」もしくは「ホームルーターのnovas Home+CA狙い」のいずれかになるケースが殆どといえそうですね。

W05キャンペーン」については、キャンペーンの適用期間等に重々注意しつつのご検討をされると良いでしょう。また、プロバイダというよりも「モノづくり」メーカーとしての色が強い株式会社シンセイコーポレーションが、今後WiMAXに関わる新製品をリリースすることもあるかもしれません。定期的に公式サイトを覗いておくと良いかもしれませんね。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。