@nifty WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

WiMAXのプロバイダ探しで、「@nifty WiMAXってどうなんだろう?」と気になっていませんか。

「@nifty」と言えば、国内でも老舗のインターネットプロバイダ。

以前から他のサービスで利用していたという方も少なくないでしょう。

結論から言えば、コスト最優先で選ぶとしたらWiMAXの契約先に@nifty WiMAXは適していません。つまり、もっと安いWiMAXプロバイダはいくつか存在します。

一方で、「@niftyの充実した会員サポートを利用したい」であったり、「以前から@niftyを利用していた」「契約先は実績のある会社を選びたい」といった方にはマッチングもされやすいでしょう。

つまり、@nifty WiMAXがあなたにとっておすすめかどうかは、より深く@niftyを知る必要があります。

──ということで、今回は@nifty WiMAXの主な特徴からメリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきたいと思います。是非ご覧ください!

@nifty WiMAXの特徴・評判は?

@nifty WiMAXってどんなプロバイダ?

@nifty WiMAX」は、ニフティ株式会社が提供しているWiMAXプロバイダサービスです。

ニフティ株式会社は、インターネットプロバイダ事業として2000年のインターネット開始時期からサービスを展開しており、現在もWiMAXプロバイダのほか「@nifty光」(光回線)、「NifMO」(格安スマホ・格安SIM)、そのほかADSL接続サービス等を提供しています。

新興の会社が多いWiMAXプロバイダにおいて、@niftyのこういった運用実績と信頼感は大きなアドバンテージと言えるでしょう。

そんなニフティ株式会社が展開する、@nifty WiMAXですが、WiMAXの基本サービスは他のプロバイダ同様、「ギガ放題プラン」と「通常プラン」の大きく2つのプランが用意されています。

@nifty WiMAX ギガ放題プラン

契約期間 2年間 / 3年間
通信方式 WiMAX2+
基本月額料金 利用登録月:0
翌月より2ヵ月間:3,420
4ヵ月目以降:4,100
事務手数料 3,000円
通信量制限
ルール
月内の制限なし
ただし、3日間で10GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌日1800〜翌々日2:00までの8時間、1Mbpsの速度制限が発生

@nifty WiMAX 通常プラン

契約期間 3年間
通信方式 WiMAX2+
基本月額料金 利用登録月:0
2ヵ月目以降:3,420
事務手数料 3,000円
通信量制限
ルール
月内で7GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌月までの月内の残り期間にて128Kbpsの速度制限が発生

上記ギガ放題プラン、通常プランの内容は、他のWiMAXプロバイダと大きな差はありません。

ギガ放題プランは通常プランと比べると、月額料金(4か月目以降)がやや高めですね。

また、@niftyでは3年契約に限りかなりお得な入会キャンペーンを行っていますので、トータル的に見たときに2年契約より3年契約のほうがお得になっています。

現在は、キャッシュバック額30,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを行っています。かつ、キャッシュバックの受け取りタイミングは「5ヶ月目」とかなり早め。ここはかなり気になるポイントですよね。

続いては、そんな@nifty WiMAXを利用した人々から、実際どんな評判があるかを見てみましょう。

@nifty WiMAXに対しての「良い評判」

仕事で単身赴任することになって。その際に以前から知っていた@niftyWiMAXの契約をしました。
キャッシュバック額が結構大きいのと、初月の月額料金が無料だったので、かなりお得感を持ちましたね。選んで間違いはないんじゃないかと。

これまでずっとインターネットプロバイダでニフティを利用していたので、WiMAXもニフティで契約しました。利用してみての感想は、インターネット接続がとても安定していて、スムーズでしたね。

自宅の固定回線で@niftyを使っていたのですが、外出先でもインターネット接続することが多くなってきたので、その流れで@nifty wimaxを契約しました。

良かった点は、WiMAXno端末代が0円だったこと。あとは、地下の場所以外はほとんど問題なくインターネット接続できていることですね。電車やタクシーの移動中でも通信が途切れることもなく、快適に利用できています。

さすがのニフティと言いますか、公式サイトの情報がとても丁寧ですよね。他のWiMAXプロバイダはなんというか、説明足らずで少し不親切感を感じることがありました。

更新月以外に解約しようとすると高額な手数料を取られるのが気になりますが、まあそのあたりは他のプロバイダも一緒でしょうし、概ね満足しています。

@nifty WiMAXについての「良い評判」で多かったのは、「安心感のあるサービス(サポート)」と「インターネットの繋がりやすさ」といった点でした。

また、「すでに別サービスで@niftyを使っていたから」という声も多かったです。このあたりは、これまで実績を積み上げてきた@niftyだからこそのコメントでしょう。

高額キャッシュバックキャンペーンについてのポジティブコメントも散見されましたが、このあたりはキャンペーン期間を過ぎて終了してしまうこともありますので、現在のキャンペーンに魅力を感じられている方は早めに申し込みをされると良いかもしれませんね。

@nifty WiMAXに対しての「悪い評判」

一方、@nifty WiMAXについての「悪い評判」については以下のようなものがありました。

nifty会員でないと、毎月250円プラスで料金が発生する。今のところ@niftyWiMAX以外で利用する予定はないので、そこがちょっと気になりました。

思ったより通信速度が出なかった。使っている場所のせいかもしれないけれど、「下り最大440Mbps」という宣伝を見て契約したけど、やっぱりあくまで「最大」ということなんだろうな、と。

あとから、もっと安いWiMAXプロバイダがあると知ったから。もっときちんと料金比較をするべきでした

@nifty WiMAXについての「悪い評判」で多かったのは、料金面のコメントです。このあたりは、後述の「@niftyのデメリット」で詳しく見ていきましょう。

また、2つ目のコメントの「思ったより通信速度が出なかった」という点については、@niftyの問題というよりはWiMAXの性能および利用場所の問題がありそうです。

このあたりが気になる方は、以下記事を先にご確認されておくと良いでしょう。

WiMAXの通信速度は早い!他モバイルWi-Fi・ポケットWi-Fiと速度を比較

WiMAXは契約前にデメリットを理解しよう!おすすめ出来ない方まとめ

@nifty WiMAXのメリット

さて、@nifty WiMAXの良い評判、悪い評判を見ておいた後に、改めて@nifty WiMAXのメリットについて整理してみましょう。

WiMAX プロバイダ @nifty WiMAXのメリットとしては、以下の4点が挙げられます。

  • キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック額が高額!
  • WiMAX最新端末を選べる(端末代0円〜1円)
  • サポートの品質が高い!
  • au スマートバリューmineに対応している

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック額が高額!

前述の通り、@nifty WiMAXでは現在、キャッシュバック額30,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

30,000円という金額は他のWiMAXプロバイダと比べても(最高額ではないですが)かなり高い部類に入ります。

かつ、キャッシュバック額を受け取れるのは契約してから5ヶ月目。通常他のWiMAXプロバイダで行われているキャッシュバックキャンペーンでは、キャッシュバック額を受け取れるのは1年後が殆どです。

キャッシュバック額を受け取り期間が短ければその分取り損ねのリスクも軽減されるでしょうし、こちらはかなりうれしいポイントですよね。

ちなみに、こちらのキャンペーンは「3年契約」のみとなっています。2年契約でのお申し込みの際は対象外となりますのでご注意ください。

WiMAX最新端末を選べる(端末代0円〜1円)

nifty WiMAXのその他のメリットとして、WiMAX端末を最新端末含めて多くのラインナップから選ぶことができることも挙げられます。

参考:@nifty WiMAXで契約できるWiMAX端末一覧

WiMAX端末 イメージ
Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT W05
WiMAX HOME 01
Speed Wi-Fi HOME L01s

料金が安い代わりに最新端末が選べなくなっているWiMAXプロバイダも少なくない中、@nifty WiMAXでは、最新端末であるSpeed Wi-Fi NEXT WX05とSpeed Wi-Fi NEXT W05が選べます。

特に、「はじめてWiMAXを契約する」という方はなるべく最新端末を選んでおいた方が間違いないでしょう。

ちなみに、Speed Wi-Fi NEXT WX05Speed Wi-Fi NEXT W05はどちらもおすすめですが、製品の特徴等若干異なりますので、詳しく知りたいという方は以下の記事をご覧ください。

最新ルーター「WX05」スペック完全ガイド! WiMAXがさらに使いやすく

WiMAX機種 W05スペック完全ガイド!契約すべきプロバイダは?

サポートの品質が高い!

それから、@nifty WiMAXを利用されている方々からは「@niftyのサポート品質の高さ」も定評があります。

nifty WiMAXの高サポート品質のポイント

  • 電話での問い合わせが繋がりやすい
  • サポート担当の対応が的確
  • 公式サイトの情報(FAQ等)も充実している

特に1つ目の「電話での問い合わせが繋がりやすい」については、実はWiMAXプロバイダの電話窓口は「繋がりにくい」ところが多く、その点が利用者の不満・ストレスに繋がっていることが少なくないのです。

その点@niftyは電話も繋がりやすく、かつ繋がった後のサポート品質も的確となると、ぐっと評価・印象もアップしますよね。

au スマートバリューmineに対応している

nifty WiMAXは、auスマートバリューmineにも対応しています。

auスマートバリューmineとは、auスマホ(またはau携帯)をご利用の方が、併せてWiMAXを利用した際に、auスマホ・携帯の月額料金が最大1,000円割引されるサービスです。

auスマートバリューmineとWiMAXは相性抜群!スマホ料金が毎月1000円お得に

auスマートバリューmineに対応しているWiMAXプロバイダは楽天ブロードバンドWiMAXだけではありませんが、未対応のプロバイダも少なくありません。

auユーザーでしたらぜひとも活用しておきたい特典です。

@nifty WiMAXのデメリット

続いては、@nifty WiMAXのデメリットについても見てみましょう。

@nifty WiMAXのデメリットとして挙げられるのは、以下の3点です。

  • nifty会員でない場合は、プラスで毎月250円が発生する
  • 解約の手続きが、他のプロバイダと比べて少しだけ複雑
  • トータルコストでみたときに、最安値プロバイダではない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

nifty会員でない場合は、プラスで毎月250円が発生する

nifty WiMAXは、前述の月額料金の他に、「@nifty基本料金」というものがあり、こちらが月額250円となっています。

「@nifty基本料金」とは、その名の通り@niftyを利用するにあたって発生する基本料金のことです。

こちらの基本料金には、専用のメールボックス(5GB分)とブログ用のアカウントが含まれています。…が、これらを活用する方はあまり多くはいらっしゃらないでしょう。

そのほかの@niftyサービスを利用している場合はこの250円は発生しませんが、「WiMAXでのみ@niftyを利用する」という方は必ず毎月250円が発生しますのでご注意ください。

解約の手続きが、他のプロバイダと比べて少しだけ複雑

nifty WiMAXを解約する際は、電話・会員専用サイト(Web)どちらからでも対応可能です。

──その点は便利なのですが、解約の際に「解除」か「解約」かのどちらかを選ぶ必要があります。

「解除と解約、どう違うの?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。具体的には、以下の違いがあります。

  • 解除|@niftyの提供するサービスの一部を解除
  • 解約|@niftyすべてのサービスを停止

WiMAXサービスを解約する場合は、上記の「解除」となるのですので、その場合前述の「@nifty基本料金」が発生したままで、WiMAX解約後も毎月250円のコストが発生してしまうので注意が必要です。

まあ、これらを知っておけば回避できる問題ですので、「デメリット」というほどはないかもしれませんが、@nifty WiMAXを契約先のプロバイダとして選定される方は事前に把握しておくと良いでしょう。

トータルコストでみたときに、最安値プロバイダではない

さて、3年契約の際の高額キャッシュバックキャンペーンが特徴の@nifty WiMAXですが、トータルコストで観たときには、他のWiMAXプロバイダ──たとえばGMOとくとくBBのほうが安くなります。

ここでは、他の「月額料金の安さ」をウリにしているWiMAXプロバイダの「GMOとくとくBB」と「Broad WiMAX」とで、実際のトータルコストを比較しつつ見てみましょう。

WiMAXプロバイダのトータルコスト比較

※ギガ放題プラン、最新端末「Speed Wi-Fi NEXT W05」で契約(3年契約)した場合の比較
※@nifty WiMAXは@nifty基本料金250円を含む

  GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
GMOとくとくBB
(月額割引)
Broad WiMAX @nifty WiMAX
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
0か月目
(端末発送月)
3,609円の
日割り計算
2,170円の
日割り計算
2,726円 250円
1か月目 3,609円 2,170円 2,726円 3,670円
2か月目 3,609円 2,170円 2,726円 3,670円
3〜24か月目 4,263円 3,260円 3,411円 4,350円
25〜36か月目 4,263円 3,260円 4,011円 4,350円
キャッシュバック
特典
▲40,500円 ――― ――― ▲30,000円
トータルコスト
(3年間)
120,160円 125,660円 132,176円 128,240円

3年間のトータルコストでみると、@nifty WiMAXは、GMOとくとくBBよりも8,000円ほどコスト高になります。

すでに@nifty会員の方で、毎月の@nifty基本料金を払わずに済むという方は上記トータルコストよりも9,000円程安くなりますのでかなり低コストになりますが、それ以外の方でかつ「コストの安さ」を最優先してWiMAXプロバイダを選ぶ際は、@NIFTY WIMAXよりもGMOとくとくBBの方がお薦めでしょう。

WiMAXのプロバイダの理想な選び方

さて、ここまでで@nifty WiMAXのメリット・デメリットを含めた特徴は大分把握されたことと思います。一方で、「では一体、どのWiMAXプロバイダにすればよいの?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

WiMAXプロバイダを選ぶ際の、押さえておきたいポイントは以下の3点です。

  • トータルコストが安い
  • 2年契約できる
  • 最新機種が選べる

1点目については、前の章で詳しくお話していますので説明不要でしょう。

2点目の「2年契約できる」については、WiMAXプロバイダの中では「3年契約のみ」または「2年契約も可能だが、その場合最新機種は選べない」といった条件があったりします。

3つ目の「最新機種が選べる」については、WiMAXはまさに日進月歩で性能も向上してきていますので、契約するとしたら最新機種で申し込まれるのがお薦めです。

さて、これら「WiMAXプロバイダの理想的な選び方」の3要素について、先ほどトータルコストの比較で出した「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」「@nifty WiMAX」で比較すると以下の通りです(20191月現在)。

  GMOとくとくBB Broad WiMAX @nifty WiMAX
トータルコストの安さ 3年契約:〇
2年契約:×
2年契約できるか × ×
最新機種が選べるか

nifty WiMAXを上記比較項目で見る際は、3年契約と2年契約とで分けて確認すると良いでしょう。

3年契約の場合はキャッシュバックキャンペーンが付くのでトータルコストはかなり安めになりますが、2年契約はキャッシュバック額が付かないのでやや割高になります。

最新機種が選べるメリットは大きいものの、上記3要素トータルで見ると、「GMOとくとくBB」のほうが全体的なお得感は大きくなることでしょう。

おすすめのWiMAXプロバイダはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

現時点で最もお薦めのWiMAXプロバイダは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

@nifty WiMAXと比較した際に、GMOとくとくBBには以下のアドバンテージがあります。

@nifty WiMAXと比べた際の、GMOとくとくBBのメリット(アドバンテージ)

  • トータルコストが、@nifty WiMAXより安い
  • 選べるキャンペーンプラン
  • 「@nifty基本料金」のような、プラスαのコストをかけずに契約できる

2つ目の「選べるキャンペーンプラン」についてですが、GMOとくとくBBには、いくつかキャンペーンプランがあり、なかでも人気は「キャッシュバックキャンペーン」と「月額割引キャンペーン」になります。

「キャッシュバックキャンペーン」はキャッシュバック額4万円という、@niftyを上回る驚異の金額となっていますが、トータル的に安定してお薦めできるは「月額割引キャンペーン」です。

月額割引キャンペーンは、キャッシュバックこそないものの、その分月額料金が安くなっており、キャッシュバックのような手続きなしで最安級の料金で契約することができます。

また、契約後は送料無料の即日発送、機種代0円等、サービス品質もトータルで水準が高く、安心して契約することができるでしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

まとめ 「安心・信頼のサポート」を期待するのなら@nifty WiMAXがベスト!

ここまでお読みになれて、いかがでしたでしょうか。

一度、@nifty WiMAXのメリット、デメリットについてまとめてみましょう。

@nifty WiMAXのメリット

  • キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック額が高額!
  • WiMAX最新端末を選べる(端末代0円〜1円)
  • サポートの品質が高い!
  • au スマートバリューmineに対応している

@nifty WiMAXのデメリット

  • nifty会員でない場合は、プラスで毎月250円が発生する
  • 解約の手続きが、他のプロバイダと比べて少しだけ複雑
  • トータルコストでみたときに、最安値プロバイダではない

nifty WiMAXは老舗インターネットプロバイダのニフティ株式会社が運営するだけあり、全体的にバランスの取れたWiMAXプロバイダではあるのですが、上記「@nifty WiMAXのデメリット」を鑑みた際に「ちょっと気になるな」という方は、左記にご紹介したGMOとくとくBBを選ばれたほうが良いかもしれませんね。

逆に上記「@nifty WiMAXのデメリット」がそれほど気にならず、またニフティ株式会社の実績と信頼感、そして高品質なサポートにメリットを感じる方は@nifty WiMAXはおすすめのプロバイダと言えるでしょう。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。