ネクストモバイルは最強のWi-Fiルーター?メリット・デメリットまとめ

モバイルWi-Fiルーターをどれにしようかで悩んでいる際に、「ネクストモバイルってどうなんだろう?」と現在思っている方は多いのではないでしょうか。

価格帯もWiMAXと比べてかなり安く、かつ通信制限も20GB〜と大容量で使え、更には電波も入りやすい──。

そんな良い噂ばかりが入ってくるネクストモバイルですが、実際はメリット・デメリット両方あります。

つまり、ネクストモバイルが「合う人」「合わない人」それぞれいるということですね。

そこで今回は、ネクストモバイルの特徴からメリットとデメリット、押さえておきたい機能・性能まで詳しく紹介していきたいと思います。

きっと本記事を読まれた後には、あなた自身の「ネクストモバイルを契約すべきかどうか」のお悩みは解決していることでしょう。

是非ご覧ください!!

ネクストモバイルとは

「ネクストモバイル」とは、株式会社グッド・ラックが提供するモバイルWi-Fiルーターです。

端末デザインは、「モバイルタイプ」と「ホームタイプ」の2つ。どちらもコンパクトでスタイリッシュなデザインですね。

ネクストモバイルの特徴

気になるネクストモバイルの特徴は、以下の通りです。

  • ゆとりある、たっぷりの月間の通信量(20GB、30GB、50GBから選択可能)
  • 月額料金2,760円〜と、モバイルWi-Fiルーターでは最安級
  • とにかく電波の入りが良い!地下鉄・新幹線の走行中でも通信可能
  • 工事不要で手軽に始められる!かつ最短翌日に開通

特に意識したいのが、1つ目の「ゆとりある、たっぷりの月間の通信量」と、3つ目の「とにかく電波の入りが良い!地下鉄・新幹線の走行中でも通信可能」でしょう。

通常のスマートフォン端末の場合、月間通信量を「7GBまで」としているところが殆どですので、気兼ねなくインターネット接続を楽しめそうですよね。

また、外出先でモバイルWi-Fiルーターを利用される方は電波の入りはとくに気になるところ。地下鉄や新幹線でも利用できるのは、出張の多いビジネスマンには嬉しいポイントでしょう。

更には、月額料金がリーズナブルなのも見逃せません。

WiMAXやポケットWi-Fiを利用時にもっとも悩むのは月々の利用コストです。月額料金をずっと3,000円を切って利用できる(※月間20GBまでのプランの場合)ことに魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

ネクストモバイルのスペック

※モバイルタイプFSO30W

名称 FS030W
デザイン カラー:ブラック
サイズ 74.0 × 74.0 × 17.3mm(幅 × 高さ × 厚さ)
重さ 128g
連続通信時間 20時間(Bluetooth通信24時間)
連続待受時間 600時間
通信方式 Softbank 4G LTE
Softbank 3G
通信速度(理論値) Softbank 4G LTE
 下り最大150.0Mbps/上り最大20.0Mbps
Softbank 3G
 下り最大42.0Mbps/上り最大5.76Mbps
月間の通信量 20GB、30GB50GB(プランから選択可能)

上記がネクストモバイル(FS030W)のスペック一覧になります。

「連続通信時間」が20時間と、バッテリーの持ちもかなり優秀です。

通信方式はSoftbankの4G LTEと3Gを利用。「電波が入りやすい」というのは、このSoftbank回線を利用しているから、ということですね。

ネクストモバイルの5つのメリット

さて、ここからは更にネクストモバイルに関しての理解を深めていく為に、ネクストモバイルのメリットについて見ていきましょう。

ネクストモバイルの主なメリットは以下の5点です。

  • 月間容量を超えなければ速度制限が発生しない
  • 料金プランが安い!容量で選べてわかりやすい
  • バッテリーの持ちが良い!長時間の外出にも十分対応
  • 通信エリアはモバイルルーター内で最高クラス
  • 最短即日発送可能!

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

月間容量を超えなければ速度制限が発生しない

先にも述べましたが、ネクストモバイルの月間容量は20GB、30GB、50GBの中から選ぶことができます。

かつ、この月間容量を超えなければ速度制限が発生することはありません。

「ギガ放題」で知られるWiMAXは、月間容量は無制限ですが3日で10GB以上利用してしまうと翌日18:0026:00まで通信速度1Mbpsの速度制限が発生してしまいます。

月中に不用意に速度制限が発生するリスクがないというのは、安心ですよね。

料金プランが安い!容量で選べてわかりやすい

そして、ネクストモバイルの一番の特長とも言える「料金プランの安さ」

料金プランは3パターンあり、それぞれ月間容量(データ量)20GBプラン、30GBプラン、50GBプラン3つのプランから選ぶことができます。

かつ、それぞれのプランは24ヶ月均一料金です(3プランとも、契約期間は2年間)。

プラン名 特徴 お薦めの人
20GBプラン 月間20GBまで利用可能 モバイルWi-Fiルーターの利用が、インターネット閲覧やメール送受信等、ライトに活用している人 月間の利用量を抑えたい人
30GBプラン 月間30GBまで利用可能 支払方法で、クレジットカード/口座振替を選択できる モバイルWi-Fiルーターの利用にて、インターネット閲覧やメール送受信等に加え、ビジネスでも利用するという人 口座振替で契約したい人
50GBプラン 月間50GBまで利用可能 「1GBあたりの月額利用料」が3プラン中で一番安い モバイルWi-Fiルーターの利用にて、たまに映画視聴や大容量データのDLもされるという人 容量を気にせずインターネット接続したいという人

「月間容量20GBって、結構少ないんじゃないの?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、モバイルWi-Fiルーター利用者の1ヵ月の平均利用容量は大体20GBです。つまり、約半分の人は一番ライトな20GBプランで事足りてしまうということですね。

また、ネクストモバイルはプロバイダ契約の必要がないので、プロバイダ契約特有の「短期間にコロコロ変わるキャンペーン」に振り回されることもありません。かなりわかりやすく、ユーザーに迷わせない料金プランです。

更には、契約期間も「2年間」と短く設定されているのも利用者にはありがたい特長です。

他のモバイルWi-Fiルーターでは、契約期間を「3年間」としているところも少なくありません。

2年の期間は、モバイルWi-Fiルーターの製品・契約見直しに適度なタイミングです。

このあたりも、「ネクストモバイルにしよう」という大きな理由付けに繋がることでしょう。

バッテリーの持ちが良い!長時間の外出にも十分対応

また、ネクストモバイルはバッテリーの持ちもかなり良いです。

こちらは、他のモバイルWi-Fiルーターと比べても圧巻の良さ。以下、比較表で見てみましょう。

端末 バッテリーの持ち(連続通信時間)
ネクストモバイル(FS030W) 20時間
WiMAX(Speed Wi-Fi NEXT W05) ハイパフォーマンスモード:約390分(6.5時間)
ノーマルモード:約540分(9時間)
バッテリーセーブモード:約630分(10.5時間)
ポケットWi-Fi(Pocket WiFi 701UC) 18時間

モバイルWi-Fiルーターで圧倒的人気を誇るWiMAXの最新機種「Speed Wi-Fi NEXT W05」と比較しても、ネクストモバイルのバッテリーの持ちは約2倍!

長時間の外出時も、ネクストモバイルだったらとても安心ですね。

通信エリアはモバイルルーター内で最高クラス

ネクストモバイルは、通信回線にソフトバンクの回線を利用しているため、電場の入りはかなり秀逸です。

「主要都市部99%をカバー」とある通り、(離島や山間部での利用でない限り)ネクストモバイルを利用して「電波が入りにくい…」となることは殆どないでしょう。

ご自身のお住まいでインターネットが繋がるかご不安な方は、一度以下公式サイトの「エリア確認」ページでご確認されると良いでしょう。

最短即日発送可能!

ネクストモバイルは、ネットで契約後に即日発送してくれます。届くタイミングは地域によって異なりますが、多くの場合は翌日にはネクストモバイルが使えるようになる、ということですね。

他のモバイルWi-Fiルーター同様、ネクストモバイルは利用開始の際に工事等の手間は一切かかりません。

こういった「開始の手軽さ」も、ネクストモバイルのメリットと言えるでしょう。

ネクストモバイルがおすすめの人は、こんな人!

さて、ここまででネクストモバイルのメリットをお伝えしてきましたが、「具体的にどんな人が、ネクストモバイルがお薦めか」というと、以下のような方々になるでしょう。

  • 外出先でのメールチェックやインターネット閲覧等のインターネット利用が多い方
  • モバイルWi-Fiルーターの月額料金を低価格に抑えたい方
  • 地下鉄の電車内、または新幹線内でインターネット接続することがある方
  • WiMAXだと、通信エリア外になってしまうという方
  • 手っ取り早くモバイルWi-Fiルーターを始めたいという方

ネクストモバイルの3つのデメリット

さて、メリットの多いネクストモバイルですが、デメリットの方もしっかり見ておきましょう。

ネクストモバイルの注意すべきデメリットは、大きく以下の3点です。

  • データ容量を使い切るとほぼ使えない
  • 速度品質は、「オンラインゲーム用」「テレビ会議用」としては厳しい
  • 途中から契約プランの変更ができない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

データ容量を使い切るとほぼ使えない

さて、スマートフォン端末の「月内7GBまで」と比べて、大分ゆとりのある通信容量を持つネクストモバイルですが、それでも利用の仕方によっては、仮に50GBプランで申し込んだとしても、容量を使い切ってしまうこともあります。

例えば、HuluやNetflixなどで映画鑑賞をされる方は多くいらっしゃると思いますが、その際に利用するデータ量は、大体1時間に2GB前後。つまり、20GBプランでしたら月内10時間、30GBプランでしたら15時間、50GBプランでしたら25時間分映画鑑賞すれば、容量を使い切ってしまうということですね。

それ以外にも仕事で大容量のデータをやり取りする場合やオンラインゲーム、テレビ会議をする際も同様に容量をかなり取りますので、このあたりのインターネット利用が多い方は、光回線、もしくはWiMAXの「ギガ放題プラン」を活用されるほうが望ましいでしょう。

更には、プランの容量を使い切ってしまった場合は、翌月1日まで通信速度が128Kbpsまで制限されます。

128Kbpsは、インターネット閲覧やメールの送受信がかろうじて出来るレベルです。こうなるともう、この期間はモバイルWi-Fiルーターを持つメリットがなくなってしまうということですね。

速度品質は、「オンラインゲーム用」「テレビ会議用」としては厳しい

また、ネクストモバイルの速度品質にも注意しておくべきでしょう。

他の最新モバイルWi-Fiルーターと比較すると、ネクストモバイルの通信速度はやや遅めです。

各モバイルWi-Fiルーターの通信速度比較

端末 通信速度(理論値)
ネクストモバイル(FS030W Softbank 4G LTE
 下り最大150.0Mbps/上り最大20.0Mbps
Softbank 3G
 下り最大42.0Mbps/上り最大5.76Mbps
WiMAXSpeed Wi-Fi NEXT W05 下り最大708Mbps/上り最大75Mbps

WiMAXと比較すると最大速度(下り)で5倍近くの差が出ます。

通信速度が要求されるオンラインゲームやテレビ会議では、ネクストモバイルは不向きと言わざるとえないでしょう。

オンラインゲームを利用する際に、通信品質を見るうえで一つの指標となるのが「PING値(ピン値)」という数値です。

PING値とは、簡単に言うと「応答速度」。この数値が少なければ少ないほど、応答速度が優秀であることを意味します。

Ping値(応答速度)の目安

評価 Ping
非常に速い 1〜15ms
速い 16〜35ms
ふつう 36〜50ms
遅い 50〜100ms
とても遅い 100ms〜

ネクストモバイルのPING値はおおよそ150msです。そして、PCPlay StationSwitch上でのオンラインゲームで求められるPING値は1〜90程。つまり、ネクストモバイルでオンラインゲームをやるというのはかなり厳しいということです。

ちなみに、スマホのオンラインゲームでしたらそれ程PING値も求められませんので、「オンラインゲームはやるけど、スマホゲームがメイン」という方はネクストモバイルでも問題なく楽しめます。

途中から契約プランの変更ができない

ネクストモバイルの3つ目のデメリットは、「契約後のプラン変更ができない」ことです。

ネクストモバイルは前述の通り、20GBプラン、30GBプラン、50GBプランと3つのプランが用意され、それはとても分かりやすくなっているのですが、あとから「やっぱり別のプランにしよう」としたとしても、プランの変更はできないシステムとなっています。

つまり、申し込み時に「後で後悔しない」ための入念な選択が大事になってくるのです。

どうしても決められないという方は、一番人気の「30GBプラン」にされるのが妥当かもしれません。

こんな人は、ネクストモバイルは向かないかも・・・

さて、ここまででネクストモバイルのデメリットをお伝えしてきました。

特に、以下のようなタイプの方は、ネクストモバイルの契約は一度見直した方が良いかもしれません。

  • インターネットで大容量のデータのやりとりを行う可能性がある方
  • オンラインゲームやテレビ会議など、通信品質が求められるインターネット接続を行う方
  • インターネット接続の用途がまだ明確に定まっていない方

初期費用0円!端末代金無料キャンペーン開催中

ネクストモバイルは、現在「端末代無料キャンペーン」実施中です。

初期費用は事務手数料の3,000円のみです。

また、他社のモバイルWi-Fiルーターやスマートフォン端末であるような、「端末代金は月額料金に上乗せ」ということもありません。これはかなりうれしいですよね。

「端末代無料キャンペーン」の期間

2016年317日 〜 終了未定

現時点(20188月)ですでにキャンペーン期間は2年以上経過していますので、これがすぐすぐになくなるということはなさそうですが、公式サイトにて「※当キャンぺーンは予告なく変更・終了する場合がございます。予めご了承ください」とあるので、ネクストモバイルの契約をご検討中の方は早めにアクションを起こしておくと良いかもしれませんね。

「端末代無料キャンペーン」の適用条件

対象サイトから、キャンぺーン期間内に新規で申込んだ方すべて適用になります。

通信速度は充分足りる!地下鉄でも動画視聴OK

「ネクストモバイルのデメリット」で「速度品質のデメリット」を挙げましたので、「普段のインターネット利用で速度がちゃんと出るだろうか…」と不安に思われた方もいらっしゃることでしょう。

ですが、オンラインゲームやテレビ会議といった用途でない限り、ネクストモバイルのインターネット利用にて通信速度がネックになることはまずありません。

容量さえ気にしていれば、動画視聴も全くもって問題なくできるでしょう。

また、地下鉄の乗車中でも充分に繋がるのがネクストモバイルの大きなメリット。

通勤・通学中にネット閲覧、Youtubeなどの動画鑑賞をされるという方にはうってつけのモバイルWi-Fiルーターと言えそうです。

逆に、通信速度に定評のあるWiMAXでは地下鉄の乗車中はあまり接続状態が良くありません。

このように、時と場所を選ばず安定したインターネット接続ができるのも、ネクストモバイルの大きなメリットなのです。

30GBプランのみ口座振替対応

「モバイルWi-Fiルーターの契約をしたいけど、クレジットカード払いでなく口座振替にしたい」という方も、ネクストモバイルはお薦めです。

前に述べた通り、ネクストモバイルは「30GBプラン」の場合、口座振替での契約が可能です。

実は、口座振替が可能なモバイルWi-Fiルーターのプロバイダは多くありません。

口座振替でモバイルWi-Fiルーターの契約をしたいという方で、かつ前述の「ネクストモバイルのメリット」に魅力を感じるという方は、ネクストモバイルの「30GBプラン」の契約を検討されると良いでしょう。

一方、口座振替で契約した場合は以下条件がありますのでご注意ください。

※口座振替でのお支払いをご希望のお客様は、契約事務手数料・決済手数料を代金引換にてお支払いいただきます。また、2ヶ月目以降、口座振替手数料といたしまして200円(税抜)が発生します。こちらは引き落としの有無に関わらず発生いたします。

契約解除料は25ヵ月目のみ0円!契約解除料まとめ

ネクストモバイルの契約を検討する最終段階に入られている方は、「契約解除料」についても押さえておきましょう。

ネクストモバイルは、契約更新月(契約してから25ヶ月目)以外に解約を行うと、契約解除料が発生します。

ネクストモバイルの「契約解除料」表

タイミング 契約解除料
0〜12ヶ月目 19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目 14,000円(税抜)
25ヶ月目(更新月) 0円
26ヶ月以降(更新月以外) 9,500円(税抜)

このあたりの料金感は、他のモバイルWi-Fiルーターも同様です。

つまり、解約をするとしたら更新月狙いが望ましい、ということですね。

ですが、その更新月が訪れるのは2年に1度。契約や解約の際は、前もっての計画的なアクションが望ましいでしょう。

ネクストモバイルには、「初期契約解除制度」がある

その他、ネクストモバイルには、端末を受け取ってから8日以内であれば無料で契約を解除できる「初期契約解除制度」というものがあります。(ただし、事務手数料3,000円は返金されません)

解約する場合はネクストモバイルの窓口に電話するまたは 書面で連絡する必要があります。

また、この初期契約解除制度を利用する場合、申請をしてから7日以内に端末を返却する必要があり、返却期限を過ぎると「機器損害金」を請求されるのでご注意ください。

フットワークの軽いインターネット接続を望んでいる人は、ネクストモバイルはとってもお薦め!メリット・デメリットは事前に入念にチェックを

ここまでお読みになって、いかがでしたでしょうか。

一度、ネクストモバイルのメリット・デメリットを振り返ってみましょう。

ネクストモバイルのメリット

  • 月間容量を超えなければ速度制限が発生しない
  • 料金プランが安い!容量で選べてわかりやすい
  • バッテリーの持ちが良い!長時間の外出にも十分対応
  • 通信エリアはモバイルルーター内で最高クラス
  • 最短即日発送可能!

ネクストモバイルのデメリット

  • データ容量を使い切るとほぼ使えない
  • 速度品質は、「オンラインゲーム用」「テレビ会議用」としては厳しい
  • 途中から契約プランの変更ができない

ここまでの内容でご認識いただいた通り、ネクストモバイルはメリットとデメリットがくっきりと出るモバイルWi-Fiルーターです。

いわば、ネクストモバイルは「フットワークの軽さがウリのモバイルWi-Fiルーター」

月額料金の安さと、一定の容量まで気にせず通信できる手軽さに魅力を感じるという方は、是非とも押さえておきたいモバイルWi-Fiルーターです。

一方で、「外出先でもとことんインターネット接続をしたい!」という方は、通信量や通信品質がより安定するWiMAXをご検討されると良いでしょうね。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。