Mugen WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

国内・海外でもインターネット接続出来て、かつ月内のデータ量無も制限で使えるMugen WiFiが気になっていませんか。

月額料金3,280円〜3,800円、更には端末代金が無料と、Mugen WiFiは特に料金面においてプラスの特徴が目立つポケットWiFiです。

ですが、Mugen WiFiはそれ以外のメリットに多くの特徴を有していますので、契約の際にはそれらをしっかり把握したうえで進められた方が安心でしょう。

この記事では、そんなMugen WiFiの特徴から料金体制、メリット、デメリットまで詳しくお伝えしていきます。ぜひご覧ください!

Mugen WiFiの特徴・評判は?

Mugen WiFiは2019年10月にサービス開始した、ポケットWiFiサービスの中ではかなり新しいサービスです。

サービス開始早々の2019年11月に初期費用や解約費用の料金改定を行っており、より使いやすくなっているようです。

そこで今回、Mugen Wi-Fiの運営会社にも確認しつつ、その特徴・評判について調べてみました。

Mugen WiFiの運営会社

Mugen WiFiを運営するのは「株式会社surfave」という、こちらも2019年6月設立の新興のベンチャー企業になります。事業内容はMugen WiFiのサービス運営ほか、HP制作を行っています。

東京都渋谷区恵比寿に拠点を持ち、従業員数は現在14名(公式サイトより 2019年10月)。

会社名の由来は「次から次に生まれるインターネットの波を乗りこなせるSurfboadをつくる」という同社の理念から来ているのでしょう。

クラウドSIM採用でトリプルキャリア対応。海外でも使える

Mugen WiFiの特徴でまず押さえておきたいのが、「クラウドSIM」対応であること。

通常はポケットWi-Fiやスマホの内部に挿入されるSIMカードを、クラウドSIMではクラウドサーバー(インターネット上のサーバー)上で管理しますので、従来のSIMベースと比べて「国内でのインターネットが繋がりやすい」「海外でもそのまま利用できる」といったメリットを発揮できます。

参考:従来のSIMとクラウドSIMの違い

Mugen WiFiのクラウドSIMは、国内においてはソフトバンク・ドコモ・auの回線を利用できるようになっています(運営会社の株式会社surfaveに確認済み)。

いずれかの回線が繋がりにくい、障害等の不調で繋がらないといったときも他の回線で補うことができますので、この機能が「インターネットの繋がりやすさ」の発揮に繋げられるということですね。

更に、海外においてMugen WiFiのクラウドSIMは全134カ国で利用可能です。

海外でのポケットWiFi利用も検討されている方は「Mugen WiFiのメリット 海外でもそのまま利用可能」にて詳しく説明していますのであわせてご覧ください。

通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

Mugen WiFiの通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。

Web閲覧やYoutube等の視聴など、通常のインターネット接続においては問題ない速度レベルですが、WiMAXやソフトバンクPocket WiFiなどの最新端末と比べると、やや遅めといったところでしょう。

Mugen WiFiの料金

Mugen WiFiの料金プランは、以下の2つが用意されています。

  • MUGENアドバンスプラン 2年契約で月額3,800円
  • MUGEN格安プラン 2年契約で月額3,280円

上記2つのプランにおいて通信速度や繋がりやすさ、海外での対応状況による違いはありません。

それ以外における両プランの特徴・違いについて見ていきましょう。

MUGENアドバンスプラン 2年契約で月額3,800円

MUGENアドバンスプランは、以下の特徴を持つプランです。

  • 液晶画面付きのスマホ感覚で操作できる端末で、翻訳アプリと地図アプリ、トリップアドバイザー(旅行コミュニティサイト)アプリ、モバイルバッテリー機能が搭載されている。
  • 重量は若干重めの188g

上記に記している通り、ポケットWiFiとしての機能のほかに、翻訳アプリや地図アプリ、モバイルバッテリー機能も付いた多機能性がMUGENアドバンスプランの特徴になります。

他のポケットWiFiでは液晶画面が小さいまたは画面自体が無いものもあるなか、5.7インチの大画面でスマホと同じ感覚で操作できるMUGENアドバンスプランの端末は、かなりユニークな存在です。

海外への旅行・出張の際は、地図アプリ・翻訳アプリの利用でも大いに役立てられることでしょう。

また、バッテリー容量も3,900mAhと豊富で、WiFiとしても連続12時間利用できるうえにモバイルバッテリー機能もあるので、いざというとき充電器としても使えます。

アドバンスプランはそういったプラスαの機能をがある分、月額料金はもうひとつのプラン「格安プラン」とくらべてやや高めの「3,800円」となっています。

MUGEN格安プラン 2年契約で月額3,280円

もう一方のプランであるMUGEN格安プランは、以下の特徴があります。

  • 液晶画面なしのシンプルなデザイン、容量も軽い(重さ149g)。
  • ポケットWiFi以外の付随機能は基本なし。その分月額料金はMUGENアドバンスプランと比べて若干安め(月額3,280円)

「MUGENアドバンスプランの多機能性を取り除いてシンプルにしたのが、MUGEN格安プラン」と覚えておくとよいでしょう。

月額料金は3,280円。この価格は他のポケットWiFiと比べてもかなりリーズナブルな金額です。

端末代(42,000円)無料、25ヶ月目以降解約料なし

その他プランの特徴として、MUGENアドバンスプラン、MUGEN格安プラン共に「端末代(42,000円分)が無料」「25ヶ月目以降解約費用なし」となっています。

  MUGENアドバンスプラン MUGEN格安プラン
月額料金 3,800円(税別) 3,280円(税別)
契約期間 2年
端末代 無料
初期費用

事務手数料3,000円

送料 無料
解約費用

12ヶ月以内30,000円、13〜24ヶ月15,000円、25ヶ月目以降0円

※2年以内の解約の場合、端末返却か端末違約金(契約残月数×1,600円)が必要

Mugen WiFiの評判

Mugen Wi-Fiを実際に利用された方々の評判についても調べてみましたが、まだサービス開始間もないということで、ネット上では利用者の声はまだ殆どありませんでした。

ツイッター上ではMugen WiFiについて他の類似サービスと比較している上記のようなコメントも2,3ありましたが、どちらかというとやや宣伝的な目的による書き込みの印象があり、「Mugen Wi-Fiを利用した生の声」についてはもう少し時期をおいてからでないと確認できなそうです。

Mugen WiFiのメリット

さて、続いては改めてMugen WiFiの「メリット」についてまとめてみましょう。

Mugen WiFiのメリットで押さえておくべきは、以下の8点です。

  • トリプルキャリアで最適な回線が利用できる
  • 通信制限なし
  • 料金が格安プランだと3,280円と最安値でずっと変わらない
  • 端末代金が無料
  • 海外でもそのまま利用可能
  • 端末補償オプションの加入義務なし
  • 最短即日発送可能
  • 安心の30日間の全額返金補償あり

トリプルキャリアで最適な回線が利用できる

先にも触れた通り、MugenWiFiは「ソフトバンク回線・ドコモ回線・au回線、それぞれの回線を使いわけ、その時々で一番繋がりやすい回線でインターネット接続する」ことができます。

基本的には「ソフトバンク回線」が利用されることが多いようですが、必要に応じて他の回線に切り替わります。

主要通信会社のインターネット回線はどれも国内幅広い通信エリアを有しますので、日常生活において「トリプルキャリアだから、他のポケットWiFiと比べて繋がりやすい」と体感できることはあまりないかもしれませんが、例えば山間部や離島に赴いた際や、災害時でのインターネット接続においては、トリプルキャリアのアドバンテージが発揮されやすくなるでしょう。

通信制限なし

現在、ほとんどのポケットWi-Fiにおいては、「1ヶ月内で7GBまで」または「3日で10GBまで」といった期間内での通信量の制限を設けています。

ですが、Mugen WiFiにはその期間内での通信制限がありません。つまり、毎日のインターネット利用において、「今どれくらいインターネット通信しただろう…」といったことを気にせず、利用できるということですね。

ただし、「著しくネットワークを占有」するような行為が見られた場合、通信速度384Kbpsに制限される場合がありますのでご注意ください。

料金が格安プランだと3,280円と最安値でずっと変わらない

月額料金が一律(格安プラン3,280円、アドバンスプラン3,800円)という点も、Mugen WiFiの大きなメリットと言えるでしょう。

他社のポケットWiFiでは、契約後1〜3ヶ月間のみ月額料金を安くしていたり、契約更新後(2年目以降など)に料金が値上がりするケースが非常に多いのですが、Mugen WiFiは一律料金のまま利用できます。

Mugen WiFiを検討されている方で、同じくトリプルキャリア、通信制限なしの「どんなときもWiFi」と比較検討されている方もいらっしゃることでしょう。

どんなときもWiFiの月額料金は初期3,480円ですが、2年目以降は3,980円と500円アップします。このあたりの特徴差も、比較の際に参考にしておくと良いでしょうね。

どんなときもWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

端末代金が無料

Mugen WiFiは端末代を「無料」としています。

また、レンタルサービスではないので、契約終了後に返却する必要もありません(※ただし、2年以内の解約の場合、端末返却か端末違約金【契約残月数×1,600円】が必要となりますのでご注意ください)。

解約費用が安い

通常、ポケットWiFiの利用では、契約更新月以外での解約には「解約違約金」が発生します。

2年契約の場合では、「25ヶ月目」以外の1ヶ月目〜24ヵ月目と26ヶ月目以降はすべて発生しますので、解約違約金次第ではサービス終了時期をきちんと見極めないと、高額な料金を支払って解約する必要があります。

ところがMugen WiFiでは、2年以内の解約では解約違約金は発生しますが、2年目以降は契約が自動更新されないので、解約違約金が必要ありません。2年以内の解約違約金も安く設定されていますので、他社に比べ解約のハードルがとても低いです。

さらに後述する「30日間お試し制度」があるので、「使ってみたけどあまり通信状態が良くない」「契約したけど思ったほど利用する機会が少ない」といった場合でも、違約金なしで解約できるのは嬉しいですね。

どんなときもWiFiとの解約違約金の比較

  Mugen WiFi どんなときもWiFi
0ヶ月目 0円 19,000円
1〜12ヶ月目 9,000円 19,000円
13〜24ヶ月目 5,000円 14,000円
25ヶ月目 0円 0円
26ヶ月目以降 0円  9,500円

海外でもそのまま利用可能

冒頭でお伝えした通り、Mugen WiFiは海外でもSIMの入れ替え等の手間なく、そのままインターネット接続することが可能です。

参考:Mugen WiFiが利用できる国一覧

□1GB/日 1,200円で利用できる国・地域

アジア(21地域) ベトナム、タイ、台湾、スリランカ、シンガポール、フィリピン、ネパール、モンゴル、ミャンマー、マレーシア、マカオ、ラオス、大韓民国、日本、インドネシア、インド、香港、中華人民共和国、カンボジア、ブルネイ、バングラデシュ
オセアニア(5地域) 北マリアナ諸島、ニュージーランド、グアム、フィジー、オーストラリア
ヨーロッパ(48地域) バチカン、イギリス、ウクライナ、トルコ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロベニア、スロバキア、セルビア、サンマリノ、ロシア連邦、ルーマニア、ポルトガル、ポーランド、ノルウェー、オランダ、モンテネグロ、モナコ、マルタ、マケドニア共和国、ルクセンブルク、リトアニア、リヒテンシュタイン、ラトビア、ジャージー、イタリア、マン島、アイルランド、アイスランド、ハンガリー、ガーンジー、ギリシャ、ジブラルタル、ドイツ、フランス、フィンランド、エストニア、デンマーク、チェコ共和国、キプロス、クロアチア、ブルガリア、ボスニアヘルツェゴビナ、ベルギー、オーストリア、アルバニア、アランド島
北アメリカ(19地域 アメリカ合衆国、タークス・カイコス諸島、トリニダード・トバゴ、セントビンセント・グレナディーン、サン・マルタン、プエルトリコ、メキシコ、マルティニーク、ジャマイカ、ハイチ、グアドループ、グレナダ、キュラソー島、ケイマン諸島、カナダ、イギリス領ヴァージン諸島、アルバ、アンティグア・バーブーダ、アンギラ

□1GB/日 1,600円で利用可能で利用できる国・地域

アフリカ(14地域) アルジェリア、エジプト、ガーナ、ケニア、モロッコ、モーリシャス、ナイジェリア、チュニジア、タンザニア、南アフリカ共和国、ザンビア、アンゴラ、マダガスカル、西サハラ
南アメリカ 17地域 アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、パナマ、ペルー、ウルグアイ、ベネズエラ、ボリビア、エクアドル、コスタリカ、ドミニカ共和国、グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル、ガイアナ、スリナム
中東 11地域 アラブ首長国連邦、バーレーン、イスラエル、ヨルダン、カザフスタン、パキスタン、カタール、サウジアラビア、クウェート、タジキスタン、オマーン

ちなみに、海外でのデータ量の制限は基本1GBまでとなっていますが、1GBを超えた場合でも384Kbpsで無制限の通信が可能です。

海外への旅行や出張が度々あるという方は、Mugen WiFiの「海外でもそのまま使える」メリットが大いに活用できそうですね。

端末補償オプションの加入義務なし

Mugen WiFiでは、ポケットWiFi端末が破損および水漏れしたときのために以下の保証プランが用意されています。

Mugen補償プラン(月額500円)

上記プランに加入した場合、月額500円が別途追加で発生されます。

多くのポケットWiFiでは、入会キャンペーンや格安プラン適用の為に端末保証オプションの強制加入が求められますが、Mugen WiFiでは強制されません。必要だと感じられる方のみ加入すればOKです。

メーカー保証は利用できますので、サービス開始1年間は「Mugen補償プラン」に加入しなくても自然故障による無償交換に応じてもらえます。

最短即日発送可能

その他、Mugen WiFiは申し込み後「最短即日発送」を可能としています。

即日発送の条件は、「平日16:00までの受付」になります。

端末が手元に届くタイミングはお住まいの地域や配達状況によって変わりますが、最短で申し込み後翌日にはサービスを利用できます。

「なるべく早くポケットWiFiを使いたい」と急いでいる方にも、Mugen WiFiはおすすめできるということですね。

安心の30日間の全額返金補償あり

Mugen WiFiのメリットで最後にお伝えするのが、「30日お試し制度」です。

こちらの制度は、Mugen WiFiの利用が初めての場合、30日以内であれば返金保証が利用できるというものです。

はじめてポケットWiFiを利用される方は、「自分の利用地域で問題なくインターネット接続できるだろうか」であったり、「接続スピードや繋がりやすさはどうだろう」と不安になられる方も多いことでしょう。

そんな悩みに対して、Mugen WiFiのこの「30日間お試し制度」があるのは、安心感を持てますね。

ただし、契約事務手数料は返金の対象外、返却処理手数料として税別1,080円が発生します。また、送料も利用者負担となりますのでご注意ください。

Mugen WiFiのデメリット

さて、ここまでMugen WiFiの特徴とメリットを中心にお伝えしましたが、Mugen WiFiの「デメリット」面についても見ておきましょう。

Mugen WiFiの契約前に押さえておきたいデメリットとしては、以下の1点のみです。

ただしこちらは、クラウドWiFiサービス自体の性能の問題ですので、大きなデメリットとは言えませんね。

通信速度は速くはない

前述の通り、Mugen WiFiの通信速度は他の高速回線のポケットWi-Fiと比べるとやや遅めです。

参考:「Mugen WiFi」の端末スペック

  MUGENアドバンスプラン MUGEN格安プラン
端末 G4 U2s
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
連続使用時間 12時間
バッテリー容量 3,900mAh 3,500mAh
重さ 188g 149g

WiMAXやソフトバンクPocket WiFiの最新端末では下り最大1Gbps以上の速度が出るのに対して、Mugen WiFiの下りの速度は最大値150Mbpsとなっています。

インターネット通信に速度を求める、高速回線であることを重要視される方はよくばりWiFiよりもWiMAXなどの高速回線のポケットWi-Fiがおすすめになるかもしれません。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fiを徹底比較

ポケットWiFi(Pocket WiFi)のおすすめの機種はどれ?

Mugen WiFiをおすすめの方

ここまでの内容で、Mugen WiFiの特徴・メリット・デメリットについて、ご理解も深められたのではないでしょうか。

最後に、「Mugen WiFiがおすすめの方」はどんな方かについて、まとめておきましょう。

  • 安くポケットWiFiを利用したい方
  • 解約のリスクを減らしたい方
  • ポケットWiFiを試してみたい方(30日間お試し制度を利用できる)
  • ポケットWiFiを海外で利用したい方

上記箇条書きに「複数当てはまる」という方は、Mugen WiFiの利用がおすすめでしょう。

まとめ)2年以上の利用が確実で、かつ国内・海外での利用と繋がりやすさを求める方は、Mugen WiFiはおすすめ!

ここまでの内容を、ざっとまとめてみましょう。

Mugen WiFiのメリット

  • トリプルキャリアで最適な回線が利用できる
  • 通信制限なし
  • 料金が格安プランだと3,280円と最安値でずっと変わらない
  • 解約費用が安い
  • 端末代金が無料
  • 海外でもそのまま利用可能
  • 端末補償オプションの加入義務なし
  • 最短即日発送可能
  • 安心の30日間の全額返金補償あり

Mugen WiFiのデメリット

  • 通信速度は速くはない

現在、ポケットWiFiを提供するサービス・会社は非常に多く存在ます。

また、上記に挙げたMugen WiFiのメリットを大部分を同様に有するポケットWiFiサービスもいくつか存在します。

そのうえで、Mugen WiFiを契約先のポケットWiFiに選ぶとしたら、ポイントは「2年以上の利用が見込まれること(割高な解約事務手数料を払わずに済むこと)」および、「クラウドSIMによるトリプルキャリア回線および海外134か国でのインターネット接続利用可能の恩恵を活用できること」の2点を見定めるべきでしょう。

また、「30日間の全額返金保証」の仕組みは、Mugen WiFi以外のポケットWiFiサービスでは殆どみられません。このあたりの仕組みもひとつの「保険」としつつ、Mugen WiFiの契約検討を進めてみると良いかもしれませんね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


6月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 月額料金
1 BBN Wi-Fi トリプル
キャリア
2年 3,250円/月 公式サイト
2 ギガWi-Fi
(U2sプラン)
トリプル
キャリア
3年 3,250円/月 公式サイト
3 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 3,344円/月
(1〜2ヶ月目2,590円、
25ヶ月目〜4,263円)
公式サイト