動画視聴におすすめのポケットWiFi!制限の目安や視聴時間を解説

ポケットWi-Fiの契約を考えていて、「HuluやNetflix、Amazonプライムといった動画配信サービスも、ポケットWi-Fiで問題なく観ることはできるだろうか…?」と悩んでいませんか。

結論から言うと、ポケットWi-Fiでの動画配信サービスの視聴は充分可能です。

ただし、どのポケットWi-Fiでも問題なく視聴できるということではなく、以下の条件を適えたポケットWi-Fiのみがストレスなく動画視聴を行えます。

  • 一定の通信速度を保てるポケットWi-Fiであること
  • データ通信量の制限が無い、または緩く設定されたポケットWi-Fiであること

この記事では、上記条件の確認方法から、実際に動画視聴におすすめのポケットWi-Fiまで、詳しくかつわかりやすくお伝えしていきます。ぜひご覧ください!

動画配信サービスの推奨通信速度

さて、冒頭で「ポケットWi-Fiが動画配信サービスを利用できる条件」のひとつとして、「一定の通信速度を保てるポケットWi-Fiであること」を挙げました。

そこで、実際に動画配信サービスが推奨する通信速度がどれくらいなのかを、見ておきたいと思います。

※以下動画配信サービスごとの「推奨する通信速度」については、公式サイトでの明記が無い等の理由で一部おおよその目安で記載させていただいております。

動画配信サービス 推奨する通信速度
YouTube 低画質(360p):0.5Mbps〜
中画質(460p):1Mbps
高画質(720p):2Mbps
超高画質(1080p):3.5Mbps
AbemaTV 2〜3Mbps
Amazonプライム・ビデオ 標準(SD):0.7Mbps〜
高画質(HD):3.5Mbps〜
GYAO! 0.5Mbps〜2Mbps
Netflix 低画質:0.5Mbps〜
中画質:1.5Mbps
高画質:3Mbps
超高画質:5Mbps
dTV 2Mbps〜4Mbps
Hulu 3Mbps〜5Mbps
U-NEXT 低画質0.1〜0.5Mbps
自動0.1〜4Mbps
高画質 1.5〜4Mbps
DMM動画プレイヤー 高画質 1.5〜4Mbps

動画配信サービスの推奨通信速度・まとめ

上記各動画配信サービスの推奨通信速度の内容から、常時4〜5Mbpsの通信速度を維持できるポケットWi-Fiでしたら問題なく視聴できる、ということが言えそうですね。

現在プロバイダや直販店で提供されているポケットWi-Fiでしたら、上記の通信速度は問題なく出るはずです。

レンタルWi-FiサービスでポケットWi-Fiを契約予定の方は、選択できる端末ラインナップにて旧式のものが含まれることもありますので、「最大通信速度(下り)」が100Mbps以上のものを選んでおけば、速度面の問題は充分クリアできるでしょう。

モバイルWi-FiルーターのMbpsはどれくらい必要?通信速度の平均〜上り下りを解説

WiMAXの通信速度は早い!他モバイルWi-Fi・ポケットWi-Fiと速度を比較

動画視聴 1分あたりに必要なデータ通信量は5MB〜

続いては、ポケットWi-Fiで動画配信サービスを利用するためのもう一つの条件、「データ通信量の制限が無い、または緩く設定されたポケットWi-Fiであること」についても見ていきましょう。

ポケットWi-Fiの多くは、利用するデータ通信量において月間または(数)日間での制限を設けています。

特によく見受けられるのは、「1ヶ月内の通信量上限7GBまで」というケースでしょう。

それに対して、動画配信サービスでの動画視聴に使用するデータ通信量は1分間および1時間でおおよそ以下の通りです。

  1分間に使用するおおよそのデータ通信量 1時間に使用するおおよそのデータ通信量
低画質画像(240p) 5MB 300MB(0.3GB)
標準画像(SD480p) 10MB 600MB(0.6GB)
高画質画像(HD720p) 15MB 900MB(0.9GB)

例えば動画配信サービスで2時間映画を観た際には、低画質画像の場合は0.6GB、標準画像(SD)の場合は1.2GB、高画質画像(HD)の場合は1.8GBのデータ通信量を消費する、ということですね。

こうしてみると、仮に「1ヶ月内の通信量上限7GBまで」のポケットWi-Fiで契約してした場合は、月内で観られる動画の数や時間がかなり限られてしまうことが分かることでしょう。

また、制限しているデータ通信量を超えてポケットWi-Fiでのインターネット利用をした場合は、「速度制限モード」といって通信速度がかなり遅い状態での利用を余儀なくされます。

つまり、ポケットWi-Fiでの利用用途に動画配信サービスを検討されている方は、月内のデータ通信量の制限がきつくないものを選ぶことが望ましいということですね。

おすすめは、月内のデータ通信量を「無制限」としているポケットWi-Fiです。

具体的にどのようなポケットWi-Fiがあるかについては、次章で詳しく見ていきましょう。

動画視聴に最適なポケットWiFi

さて、ここまで、HuluやNetflix、Amazonプライムといった動画配信サービスを利用できるポケットWi-Fiを選ぶ際に、「通信速度」と「データ通信量」がポイントとなることを説明しました。

ここまでのまとめ

動画視聴できるポケットWi-Fiを選ぶ際のポイントは、以下2点。

  • 通信速度4〜5Mbpsを維持できること →最近のポケットWi-Fiなら問題なし
  • 月内のデータ通信量制限が無制限または大容量であること

ここからは、上記2点を軽くクリアできる「動画視聴に最適なポケットWi-Fi」として、以下の2つのポケットWi-Fiについて紹介していきたいと思います。

  • WiMAX 「ギガ放題」プラン
  • どんなときもWiFi

WiMAX「ギガ放題」プラン

WiMAXは、ポケットWi-Fiの中でも非常に人気・評判が高く、すでにご存知だったという方も多いことでしょう。

特に、月間のインターネット使い放題(※)の「ギガ放題プラン」は、「快適な速度で、データ通信量を気にせず利用したい」という方には、現在最もおすすめのポケットWi-Fiといえます。

※ギガ放題プランは月内のデータ通信量制限はありませんが、「3日間で10GB以上インターネット通信」を行った場合に限り、翌日18:00〜翌々日2:00までの8時間、通信速度1Mbpsの速度制限が発生します。

WiMAX「ギガ放題」プランが、動画視聴でおすすめの理由

  • 通信速度が他のポケットWi-Fiと比べても非常に早く、さくさくと動画再生できる
  • 月内のデータ通信量が無制限の為、上限に気にせず動画視聴できる
  • 多くのプロバイダで提供されており、その中から最安値の契約をすればコスト的にもリーズナブル

上記「WiMAX「ギガ放題」プランが、動画視聴でおすすめの理由」で挙げた1、2点目が、まさにWiMAX人気のポイントとも繋がるところです。

3点目の「多くのプロバイダで提供されており、その中から最安値の契約をすればコスト的にもリーズナブル」については、特に「GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン」のプランが価格的に安く、かつサービスも安定して高くておすすめです。

GMOとくとくBB 月額割引キャンペーン

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

GMOとくとくBBの中にもいくつかプランがあるのですが、そのなかでも特におすすめが「月額割引キャンペーン」といって、その名の通り月額料金が通常よりかなり割り引かれたキャンペーンが適用できるプランです。

「ギガ放題プラン」の場合、GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンでは、契約から0〜2ヶ月目は月額2,170円(契約月は2,170円の日割り計算)、その後も契約期間満了の36ヶ月目までは月額3,480円で利用することができます。

数あるWiMAXプロバイダの中でも、純粋に月額料金がここまで安くなっているプロバイダはまずありません。かつ、GMOとくとくBBの利用者は非常に多く、信頼・実績面でも安心でしょう。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーンについては、以下記事にて詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

GMOとくとくBB WiMAXは月額割引がおすすめ!料金が確実に安くなる

どんなときもWiFi

動画視聴に最適なポケットWi-Fiとして、もうひとつおすすめしたいのが「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFiは、株式会社グッドラックにて2019年3月よりサービス開始された、「容量無制限」でインターネット利用できるレンタルWiFiです。

データ通信量を無制限でインターネットを利用できて、更にはインターネットも他のポケットWi-Fiと比べてとても繋がりやすい点が非常に人気で、一時期は申し込みが殺到して端末の到着まで時間がかかるほどだったそうです。

どんなときもWiFiが、動画視聴でおすすめの理由

  • 月内のデータ通信量が無制限の為、上限に気にせず動画視聴できる
  • インターネットが繋がりやすく、「自宅だとなかなか電波の入りが悪い…」という方もどんなときもWiFiでは問題なく接続できることが多い

どんなときもWiFiについては、以下記事にて詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

どんなときもWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

さて、メリットの多いどんなときもWiFiですが、通信速度については「下り最大150Mbps」と、動画視聴には問題ない速度ではありますが、WiMAXと比べるとやや遅めです。

インターネットの繋がりやすさを重要視する場合は「どんなときもWiFi」、通信速度及びサクサク再生を重要視する場合は「WiMAX」を優先して検討をされると良いかもしれませんね。

「WiMAX」や「どんなときもWiFi」を契約前に知るべき注意点

前章で動画視聴におすすめのポケットWiFiとして、「WiMAXギガ放題プラン」と「どんなときもWiFi」を紹介しましたが、これらポケットWiFiの契約を具体的に検討される方向けに、あわせて注意していただきたいポイントを紹介しておきます。

WiMAXギガ放題プランは、データ通信量にて「3日で10GBまで」の制限のルールがある

先にも述べましたが、WiMAXギガ放題プランは、月内のデータ通信量制限はないものの、「3日間で10GB以上インターネット通信」を行った場合に限り、翌日18:00〜翌々日2:00までの8時間、通信速度1Mbpsの速度制限が発生します。

速度制限の時間帯を過ぎればまたもとの通信速度で利用できるようになりますが、速度制限中の「1Mbps」ですと、動画視聴にはやや心もとないですよね(Youtube等の低画質動画でしたら、あまり問題なく視聴が可能です)。

「動画視聴を短期間でまとめてたくさん行う予定」という方は、WiMAXギガ放題プランでの視聴の際は3日で10GBを超えないよう、注意しつつ利用されるのが望ましいでしょう。

どんなときもWiFiは基本無制限で利用できるが、例外ルールもあるので注意

一方、基本「インターネット使い放題」とされるどんなときもWiFiについても、公式サイトでは例外として以下のような利用をした場合は通信速度を制限する場合があるとのことですので、こちらもご契約の際は事前に認識されておくと良いでしょう。

  • 違法ダウンロード
  • 不正利用
  • 大容量通信によるネットワークの占有

どんなときもWiFiの通信速度制限する場合について

どんなときもWiFiはまだサービス開始されて間もないということで、ネット上で実際に「通信速度を制限された」という声は確認できませんでしたが、動画視聴とあわせて仕事等でかなり大容量のデータのやりとりを予定されている方は、慎重にご判断およびご利用されると良いでしょう。

まとめ) ポケットWiFiでも動画視聴は問題なし!あなたにとって、最適なポケットWiFi&プラン選びを

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

ポケットWiFiは年々その品質・精度を高め続けており、今ではポケットWiFiでの動画視聴は当たり前の時代になりつつあります。

ですが、記事でもお伝えしたように、すべてのポケットWiFiで問題なく動画視聴ができるということではなく、以下2点について、しっかり押さえてうえでポケットWiFi選びをすることが大切です。

  • 通信速度4〜5Mbpsを維持できること
  • 月内のデータ通信量制限が無制限または大容量であること

上記を適えるおすすめのポケットWiFiとして、今回「WiMAXギガ放題(GMOとくとくBB月額割引キャンペーン)」と「どんなときもWiFi」を紹介しましたが、「どちらかがよりおすすめか」については、あなた自身のインターネットの活用スタイルによって変わってくるでしょう。

このサイトでも「WiMAXギガ放題(GMOとくとくBB月額割引キャンペーン)」と「どんなときもWiFi」について詳しく紹介している記事がありますので、是非それぞれの特徴をより深くご理解した上で、ご自身にとっての一番のポケットWiFiを見つけて頂ければと思います。

GMOとくとくBB WiMAXは月額割引がおすすめ!料金が確実に安くなる

どんなときもWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。