めっちゃWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

月内の通信量の制限がなく、かつ月額料金も3,480円とかなり安い「めっちゃWiFi

ポケットWi-Fi選びで、めっちゃWiFiにしてみようかと気になっている方は多いのではないでしょうか。

めっちゃWiFiは「月内のデータ通信量の制限なし」「月額料金が安い」という特徴の他、「ドコモ・ソフトバンク・auのトリプルキャリア回線対応」「海外でも利用可能」といった利点も有した、非常にメリットが多岐に渡るレンタルWiFiサービスです。

ただし、すべての人にめっちゃWiFiがおすすめかというと、インターネットの利用スタイルによっては、おすすめの人とそうでない人に分かれることでしょう。

この記事を読めば、めっちゃWiFiの特徴からメリット・デメリットまで把握でき、あなたにとってめっちゃWiFiが最もおすすめなポケットWi-Fiかの判断もつけられることでしょう。ぜひご覧ください!

めっちゃWiFiの特徴・評判は?

めっちゃWiFiは2019年10月に提供が開始された、レンタルWiFiサービスです。

サービス提供から間もないということもあって、ネットでの情報や評判はまだ少なめです。

本サイトでは、まだネットには紹介されていないような内容も含めて、めっちゃWiFiの特徴・評判について調査しましたので、その内容についてお伝えしていきます。

めっちゃWiFiの運営会社

まず、めっちゃWiFiの運営会社について、見ていきましょう。

めっちゃWiFiを運営するのは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社。2007年設立の、電気通信事業・MVNO事業を手掛ける会社です。

MVNOとは

Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。

docomoやau、sohutbank等、大手通信キャリアのデータ通信網を利用して、インターネット通信や通話のサービスを提供すること、またその事業者そのものを指します。

スマートモバイルコミュニケーションズは、めっちゃWiFiのほかに格安スマホ「スマモバ」も提供しており、こちらのサービスで同社を知ったという方も多いことでしょう。

つまり、通信機器としてのサービス実績は相応に積みあがっている企業ということですね。

クラウドSIM採用でトリプルキャリア対応。海外でも使える

めっちゃWiFiの機能面でまず押さえておきたいのが、「クラウドSIM」対応であることです。

クラウドSIMとは、通常ポケットWi-Fiやスマホの内部に挿入されるSIMカードを用いず、クラウドサーバー(インターネット上のサーバー)上で管理する仕組みです。

従来は「一端末につき一つのSIMカード」とされていたところを、クラウド上の複数のSIM情報を参照できますので、従来のポケットWi-Fiと比べて「国内でのインターネットが繋がりやすい」「海外でもそのまま利用できる」といったメリットを発揮できます。

参考:従来のSIMとクラウドSIMの違い

ちなみに、国内においてめっちゃWiFiのクラウドSIMはドコモ・au・ソフトバンクそれぞれの回線を利用できるようになっており、いずれかの回線が繋がりにくい、障害等の不調で繋がらないといったときも他の回線で補うことができるようになっています。

更に、海外においては100カ国以上で利用可能です。

海外でのポケットWiFi利用も検討されている方は「めっちゃWiFiのメリット『海外でもそのまま利用可能』」にて詳しく説明していますのであわせてご覧ください。

また、めっちゃWiFiの通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。

めっちゃWiFiの料金

続いては、めっちゃWiFiの料金プランについて見ていきましょう。

契約期間 2年
月額料金

3,480円(税別)

※3年目以降の値上がりなし

端末代 無料(レンタル)
初期費用 事務手数料3,000円(税別)
送料 無料
契約解除料 24ヵ月以内9,800円、25ヵ月以降なし
その他

・端末保障オプション なし

・端末損害賠償金 5,000円

上記めっちゃWiFiの料金プランでまず押さえておきたいのが、月額料金が「一律3,480円(税別)」であること。一定の期間を過ぎた後に値上がりすることもありません。

更に、契約期間である2年間を過ぎた後は、解約事務手数料(契約解除料)が発生しない点にも注目しておくと良いでしょう。

通常ポケットWi-Fiは更新時期以外での解約時には数千円〜数万円の契約解除料が発生しますが、3年目以降においてめっちゃWiFiでは手数料が発生しないということですね。

めっちゃWiFiの評判

クラウドSIMでトリプルキャリア対応で、かつ月額料金も安く、更には3年目以降の契約解除料も発生しないめっちゃWiFiですが、サービスがリリースされてまだ間もないこともあり2019年11月現在においてネット上のユーザーの評判はまだ少なめです。

今のところ良い評判が7割、悪い評判が3割ほど、といったところでしょうか。

良い評判においては繋がりやすさや回線の速さが多く見られました。

悪い評判については、「ときどきインターネットの繋がりが悪くなる」といったコメントが見られましたが、このあたりはめっちゃWiFiの機能性というよりは、ドコモ・au・ソフトバンク回線の不調から来ている可能性も考えられます。

めっちゃWiFiの評価・評判については、もう少し時が経ってから改めて確認してみると良いでしょうね。

めっちゃWiFiゃのメリット

さて、続いては改めてめっちゃWiFiの「メリット」についてまとめてみましょう。

めっちゃWiFiのメリットで押さえておくべきは、以下の7点です。

  • トリプルキャリアで最適な回線が利用できる
  • 通信制限なし
  • 料金がずっと3,480円で安い
  • 契約解除料が安い
  • 端末の損害賠償金が安く、端末保障オプションがない
  • 端末代金が無料
  • 海外でもそのまま利用可能

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

トリプルキャリアで最適な回線が利用できる

先にも触れた通り、めっちゃWiFiは「ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線」の国内インターネット主要3回線を利用することができます。

つまり、それぞれの回線を使いわけ、その時々で一番繋がりやすい回線でインターネット接続することができるということですね。

ただし、主要通信会社のインターネット回線はどれも国内幅広い通信エリアを有しますので、日常生活において「トリプルキャリアだから、他のポケットWiFiと比べて繋がりやすい」と体感できることはあまりないかもしれません。

一方、例えば山間部や離島に赴いた際や、災害時でのインターネット接続においては、トリプルキャリアのアドバンテージが発揮されやすくなるでしょう。

通信制限なし

現在、ほとんどのポケットWi-Fiにおいては、「1ヶ月内で7〜GBまで」または「3日で10GBまで」といった期間内でのデータ通信量の制限を設けています。

ですが、めっちゃWiFiにはその制限がありません。つまり、毎日のインターネット利用において、「今どれくらいインターネット通信しただろう…」といったことを気にせず、利用できるということですね。

ただし、「著しくネットワークを占有」するような行為が見られた場合、通信速度を制限される場合がありますのでご注意ください。

料金がずっと3,480円で安い

上記表でも紹介されている通り、他社のポケットWiFiでは契約後1〜3ヶ月間のみ月額料金を安くしていたり、契約更新後(2年目以降など)に料金が値上がりするケースが非常に多いのですが、めっちゃWiFiは一律料金のまま利用できます。

ちなみに、めっちゃWiFiと同様にドコモ・au・ソフトバンクのトリプルキャリアの回線に対応し、かつ通信制限なしのポケットWi-Fiで比較的知名度の高いサービスに「どんなときもWiFi」があります。

どんなときもWiFiの月額料金は初期3,480円(めっちゃWiFiと同額)ですが、2年目以降は3,980円と500円アップします。つまり、料金面で比較したときには、どんなときもWiFiよりもめっちゃWiFiがトータルコストでお得になるということですね。

どんなときもWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

契約解除料が安い

その他、めっちゃWiFiのメリットとして「契約解除料が安い」ことも意識しておくべきでしょう。

参考:クラウドSIM(国内トリプルキャリア)対応の主要ポケットWi-Fi4サービスの契約解除料比較

  どんなときもWiFi 限界突破WiFi Mugen WiFi めっちゃWiFi
契約解除料

0〜12ヶ月目19,000円

13〜24ヶ月目14,000円

26ヶ月目〜9,500円

24ヶ月以内18,000円

28ヶ月目以降5,000円

※2年契約後は1年自動更新で最初の3ヶ月間が契約更新期間

0〜12ヶ月目30,000円

13〜24ヶ月目25,000円

26ヶ月目〜9,500円

※2年以内の場合端末返却か端末違約金として契約月残数×1,600円

24ヵ月以内9,800円
25ヵ月以降なし

めっちゃWiFiと他のクラウドSIM対応のポケットWi-Fiサービスとで契約解除料を比較した際に、めっちゃWiFiの解除料の安さはひと際目立ちます。

契約期間の2年間は契約解除料9,800円と、他のサービスより1〜2万円ほど安くなっています。更にめっちゃWiFiは25ヶ月以降の契約自動更新がない為、契約解除料自体も発生しません。

ポケットWi-Fi選びで「契約解除料の高さが気になっている…」という方は、めっちゃWiFiはかなりおすすめになるでしょう。

端末の損害賠償金が安く、端末保障オプションがない

その他、めっちゃWiFiは万一端末が故障・紛失した場合の損害賠償金は5,000円としており、こちらも他社サービスと比べてかなり安めです。

参考:クラウドSIM(国内トリプルキャリア)対応の主要ポケットWi-Fi4サービスの端末損害賠償金比較

  どんなときもWiFi 限界突破WiFi Mugen WiFi めっちゃWiFi
端末が破損・紛失した場合の損害賠償金 18,000円(税抜)

なし(端末プレゼント)

18,000円(税抜) 5,000円(税抜)

上記他のクラウドSIM対応のポケットWi-Fi「どんなときもWiFi」「Mugen WiFi」においては、端末が破損・紛失した場合の損害賠償金が18,000円とかなり高額です(限界突破WiFiのみ端末プレゼントの為損害賠償金は発生しません)。

これらと比較してめっちゃWiFiの損害賠償金5,000円はかなり安めです。

また、めっちゃWiFiは損害賠償金が安いため、端末保障オプションも用意されていません。

他社のポケットWi-Fiでは、月額500円の端末保証オプションの加入をキャンペーン適用などの条件としている場合もありますので、このあたりの手軽さも、めっちゃWiFiのメリットと言えるでしょう。

端末代金が無料

また、めっちゃWiFiはレンタルWiFiサービスのため、端末代も発生しません。

ですので、契約時においても事務手数料(3,000円)と初月の月額料金のみで、サービスを開始可能です。

ただし、「レンタル」サービスということで、めっちゃWiFiのサービス利用を終了する際は返却が必要となりますのでご注意ください。

海外でもそのまま利用可能

冒頭でお伝えした通り、めっちゃWiFiは海外でもそのままインターネット接続することが可能です。

めっちゃWiFiの海外対応国は100ヶ国以上!様々な国々への出張・旅行の機会があるという方も安心ですね。

参考:めっちゃWiFiでのインターネット接続可能な国・地域一覧

ヨーロッパ

日額1,250円(非課税)

オーランド諸島 アルバニア オーストリア ベルギー ブルガリア ボスニア・ヘルツェゴビナ クロアチア キプロス チェコ共和国 デンマーク エストニア フィンランド フランス ドイツ ガーンジー ジャージー ギリシャ ハンガリー アイスランド アイルランド イタリア ジブラルタル ラトビア リヒテンシュタイン リトアニア ルクセンブルク マルタ マン島 モンテネグロ マケドニア モナコ オランダ ノルウェー ポーランド ポルトガル ルーマニア ロシア サンマリノ セルビア スロバキア スロベニア スペイン スウェーデン スイス トルコ ウクライナ イギリス バチカン

アジア①

日額850円(非課税)

中国、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、インド、ミャンマー、モンゴル、ラオス、カンボジア、バングラデシュ

アジア②

日額1,250円(非課税)

バーレーン ブルネイ クウェート イスラエル ヨルダン カザフスタン ネパール オマーン パキスタン カタール サウジアラビア スリランカ タジキスタン 台湾 アラブ首長国連邦 

中央・南アメリカ

日額1,250円(非課税)

アルゼンチン アンギラ アンティグア・バーブーダ アルバ ボリビア ブラジル チリ コロンビア コスタリカ ドミニカ イギリス領ケイマン諸島 エクアドル ペルー イギリス領バージン諸島 ウルグアイ ベネズエラ キュラソー島 グレナダ グアドループ ガイアナ ハイチ ジャマイカ マルティニーク サン・マルタン セントビンセント・グレナディーン島 スリナム トリニダード・トバゴ タークス・カイコス諸島
北アメリカ
日額1,250円(非課税)
カナダ エルサルバドル グアテマラ メキシコ ニカラグア パナマ プエルトリコ アメリカ(ハワイ グアム サイパン)

オセアニア

日額1,250円(非課税)

オーストラリア フィジー ニュージーランド 北マリアナ諸島

めっちゃWiFiを海外利用する際は、別途1日毎の追加料金が発生します。

アジア圏の17の国と地域(中国、台湾、韓国、香港、マカオ、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピン、マレーシア、ベトナム、インド、ミャンマー、モンゴル、ラオス、カンボジア、バングラデシュ)では、850円/日、それ以外では1,250円/日で利用可能です。

アジア圏17か国の「850円/日」は、単クラウドSIM対応のポケットWi-Fiサービスと比較してもかなり安い金額です。アジア圏へ出張・旅行が多く、現地でのポケットWi-Fi利用を検討されている方は、めっちゃWiFiの利用がお得になるでしょう。

また、海外利用時においては1日1GBまでの制限が設けられていますが、仮に1GBを超えた場合でも384Kbpsで無制限の通信が可能となっています。

めっちゃWiFiのデメリット

さて、ここまでめっちゃWiFiのメリットについて詳しく触れましたが、「デメリット」面ではどんな点が挙げられるかについて見ておきましょう。

めっちゃWiFiのデメリット面で押さえておきたいのは、以下の2点です。

  • 通信速度は速くはない
  • 即日発送に対応していない

通信速度は速くはない

前述の通り、めっちゃWiFiの通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっており、他の高速回線のポケットWi-Fiと比べるとやや遅めです。

参考:「めっちゃWiFi」の端末スペック

端末 U2s
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
連続使用時間 12時間
バッテリー容量 3,500mAh
重さ 151g

WiMAXやソフトバンクPocket WiFiの最新端末では下り最大1Gbps以上の速度が出るのに対して、めっちゃWiFiの下りの速度は最大値150Mbpsとなっています。

インターネット通信に速度を求める、高速回線であることを重要視される方はよくばりWiFiよりもWiMAXなどの高速回線のポケットWi-Fiがおすすめになるかもしれません。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fiを徹底比較

ポケットWiFi(Pocket WiFi)のおすすめの機種はどれ?

即日発送に対応していない

また、めっちゃWiFiは契約後の「即日発行」には対応していません。

参考:めっちゃWiFiの発送ルールについて(公式サイト「よくある質問」より)

Q:申し込んでから端末はどれくらいで届きますか?

A:申込手続き完了後、3営業日前後でご登録住所へ出荷いたします。
※お申し込み内容の確認状況により、商品配送までの日数が変動する可能性がございます。
なお、配送状況によっては、お届けと利用開始日が前後する可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

他のポケットWi-Fiサービスにおいて、申し込み後「即日発送」を行っているところは少なくありません。

それに対してめっちゃWiFiは「端末発送までに3営業日前後かかる」とのことですので、「今すぐにでもポケットWi-Fiを利用したい」という方にはやや不向きかもしれませんね。

めっちゃWiFiをおすすめの方

ここまでの内容で、めっちゃWiFiの特徴・メリット・デメリットについて、ご理解も深められたのではないでしょうか。

最後に、「めっちゃWiFiがおすすめの方」はどんな方かについて、まとめておきましょう。

  • 安くポケットWiFiを利用したい方
  • 海外だと主にアジアでポケットWiFiを利用したい方
  • 端末保障オプション加入が気乗りしない方
  • 解約リスクを抑えたい方

上記に挙げた4項目は、他のポケットWi-Fiと比較してめっちゃWiFiが特に優れているポイントになります。

上記4項目のいずれか(または複数)が当てはまり、さらに前述しためっちゃWiFiのデメリット(通信速度は早くない、即日発送に対応していない)が気にならないという方は、めっちゃWiFiを契約先として本格的に検討を進められると良いでしょう。

まとめ)「通信速度の速さ」「即日発送」を求めない人は、めっちゃWiFiはめっちゃおすすめ

ここまでの内容をざっとまとめてみましょう。

めっちゃWiFiのメリット(再掲載)

  • トリプルキャリアで最適な回線が利用できる
  • 通信制限なし
  • 料金がずっと3,480円で安い
  • 契約解除料が安い
  • 端末の損害賠償金が安く、端末保障オプションがない
  • 端末代金が無料
  • 海外でもそのまま利用可能

めっちゃWiFiのデメリット(再掲載)

  • 通信速度は速くはない
  • 即日発送に対応していない

めっちゃWiFiは「クラウドSIM対応のポケットWi-Fi」としてのアドバンテージを充分に発揮しつつ、かつ「月額料金が一律で安い」「契約解除料が安い」「損賠賠償金が安い」といったメリットをもつ非常にバランスの取れたレンタルWiFiサービスです。

まだサービス開始も間もないため、めっちゃWiFiに関する評判はまだ少なめでしたが、今後はめっちゃWiFiの利用ユーザーは確実に増えるでしょう。

この記事を読まれて「めっちゃWiFiは自分と合いそう…」と思った方は、めっちゃWiFiの評判がではじめて注文殺到でなかなか手に入らなくなる前に、早めに契約の検討をしておくと良いかもしれませんね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


12月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大34,000円キャッシュバック
3年 121,160円 3,366円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。