モバイルWi-FiルーターのMbpsはどれくらい必要?通信速度の平均〜上り下りを解説

「モバイルWi-Fiルーターを買おう!」と思ったとき、まず悩むのは「何を基準にモバイルWi-Fiルーターを選べば良いんだろう?」という点ではないでしょうか。

モバイルWi-Fiルーターを選ぶ基準はいくつかありますが、その中で特に意識しておきたいのが、「通信速度」というキーワードです。つまり、インターネット接続する際の、通信(受信や送信)の速さのことですね。

今回は、モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に知っておきたい通信速度の知識から、お薦めのモバイルWi-Fiルーターまで、詳しく説明していきます。

今からモバイルWi-Fiルーターの購入または買い替えを検討されている方は、是非ご覧ください!!

まずは、「通信速度」の知識をおさらい

はじめに、モバイルWi-Fiルーターを扱う際に必ず登場する、「通信速度」についておさらいしておきましょう。

通信速度は、その名の通りインターネット接続の際の通信の速度を表わします。

そして、その「通信速度」について理解する際に併せて把握しておきたいのが、以下のキーワードです。

人によっては「あまり聞きなれないキーワード」かもしれませんが、逆を言えば、これらキーワードを押さえておけば、モバイルWi-Fiルーターの通信速度の検討は充分行えるということです。

順を追って、見ていきましょう。

「Mbps」や「Kbps」は、通信速度の単位

モバイルWi-Fiルーターの通信速度を理解するうえで、まず押さえておきたいのが、「Mbps」(メガビーピーエス)と「Kbps」(キロビーピーエス)です。

これらMbps・Kbpsは、「1秒間に送受信できるデータ量」を表す単位です。

一般的なデータ容量を表す単位に「MB(メガバイト)」がありますが、この「B(バイト)」とMbpsの「b(ビット)」は異なる単位で「1Byte=8bit」になります。

つまり、「1MB/s=8Mbps」となり、モバイルWi-Fiルーターで「通信速度100Mbps」とあった場合は、1秒間で12.5MBのデータ通信(受信)できる、ということになります。

「Mbpsを8で割った数値がMB/sになる」と覚えると分かりやすいですね。

ちなみに「M(メガ)」と「K(キロ)」の関係はバイトとビットで若干異なり、「1MB=1,024KB」「1Mbps=1,000Kbps」となります。

近年では、高画質画像や動画のデータをインターネット上で再生または送受信することが増えてきていますが、これらのデータ量は大きいので、通信速度の単位としては「Mbps」がメインで扱われることが多いでしょう。

データ量の目安

  データ量(大よそ) 通信にかかる時間(通信速度1Mbps[125KB/s]の場合)
テキストメール 50KB 0.4秒
Webサイト(1ページ) 300KB 2.4秒
画像(低画質) 100KB 0.8秒
画像(高画質) 2MB 約16.4秒
動画 10分(中解像度) 40MB 約5分28秒
動画 10分(高解像度) 150MB 約20分29秒

通信速度の説明に出てくる「上り」「下り」とは

続いてモバイルWi-Fiルーターの通信速度を理解するうえで覚えておきたいのが、「上り」「下り」というキーワードです。

これらキーワードは、送受信を意味します。

「上り」が「送信」、「下り」が「受信」です。

「上り」と「下り」の概要

  説明 具体的なケース
上り(送信) データを送信
(アップロード)する速度
  • メールを送信する
  • サーバーにデータをアップロードする
  • 他人にデータを転送する
下り(受信) データを受信
(ダウンロード)する速度
  • インターネットでWebサイトを閲覧する
  • メールを受信する
  • アプリやゲーム、音楽等をダウンロードする
  • インターネット上の動画を視聴する
  • 他人からデータを受け取る(転送してもらう)

モバイルWi-Fiでは、「下り」通信速度を重視!

上記の表をご覧になられて分かる通り、スマホやタブレットでのインターネット利用の際は、圧倒的に「下り(受信)」での通信が多くなります。

つまり、モバイルWi-Fiルーターの通信速度を確認する際は、「下り」の通信速度がどれくらいかを見ることが重要だということですね。

下り「最大値」で選ぶのは危険!理論値や実測値を理解しよう

さて、ここで注意しておきたい点があります。

モバイルWi-Fiルーターの商品ラインナップを見ると、必ず出てくるのが「通信速度(最大値)」の表示です。

そこでは、「通信速度(最大値):720Mbps」であったり、「最大通信速度:500Mbps」であったり、「これだけ通信速度が出るのなら、まず問題ないだろう」と思われてしまう方もいらっしゃることでしょう。

ですが、この数値はあくまで「最大値」です。

これは、「技術的な試験結果では、最大ここまで速度が出ますよ」という数値ということで、現実ではまずこんな速度は出ません。そこで覚えておきたいのが「理論値」と「実測値」の数値です。

通信速度の「理論値」と「実測値」の概要

  説明 数値の公表元
理論値 「理論上ではここまでの速度が出せます」という、文字通り理論上の通信速度です。実際にこの速度が出ることはまずありません。(「最大速度」とほぼ同義です) 各キャリアやサービス提供会社が数値を公表します。
実測値 実際に通信速度を測って、導き出した通信速度です。エリアや、その地域での同時接続数(利用数)によっても変動します。 第三者機関(調査会社等)が数値を公表します。また、自身で調べることもできます。

「理論値」は、あくまで理論上の数値であって、実際に私たちがモバイルWi-Fiルーターを利用したときに、それだけの通信速度が出るわけではありません。

ですので、目安とすべきは「実測値」でしょう。

一方、「実測値」は、各キャリアやサービス提供会社のほうでは公開していないことが多く、確認するとしたら以下の手段を取ることになります。

  • 店舗スタッフに実測値の目安を尋ねる
  • インターネット等で、目当てのモバイルWi-Fiルーターの実測値を公表しているページを探す
  • アプリ等を利用して、自身で調べる

3つ目の「アプリ等を利用して、自身で調べる」は、モバイルWi-Fiルーター購入前に行うのは難しいので、1つ目と2つ目の「店舗スタッフに実測値の目安を尋ねる」、「インターネット等で、目当てのモバイルWi-Fiルーターの実測値を公表しているページを探す」を意識されると良いでしょう。

また、通信速度の「理論値」が全く情報として役に立たないかというと、そんなことはありません。

実測値が理論値を上回って速度を出せることはありませんので、「理論値が高いモバイルWi-Fiルーター」=「(実際にその速度が出ることは無いにしても)通信速度の高いモバイルWi-Fiルーター」という関係図は成り立つでしょう。

高画質の動画をよく鑑賞される方や、お仕事でデータのやり取りが多いという方で「通信速度は速いに越したことがない」というニーズをお持ちの場合は、まず「理論値」でモバイルWi-Fiルーターの候補を絞っていって、その後「実測値」を確認して選別していく、という流れが望ましいでしょう。

通信速度がどれくらいだったら、快適にインターネットが観れる?

さて、ここまででモバイルWi-Fiルーターの通信速度を見ていく際の重要なキーワード(Mbps・Kbps、上り・下り、理論値・実測値)は押さえておくことができました。

ですが、「通信速度のことは分かったけれど、結局どれくらいの通信速度だったら快適にインターネットを利用できるの?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

そこで、つづいては、「用途ごとに望ましい通信速度目安」と、併せて知っておきたい「速度制限ルール」について、お話していきます。

用途ごと、望ましい通信速度目安

「インターネットを快適に過ごす」と一言で言っても、その「快適度合い」の閾値は人によって変わってきます。

「メールやSNSくらいしかしない」という方と、「動画や音楽をジャンジャン利用する」という方では、「ここまでの通信速度があれば快適だ」という線引きが変わってくるのは当然のことでしょう。

そこで、インターネットの利用用途ごとに、望ましい通信速度(下り 実測値)の目安をまとめてみました。

※以下の表で紹介する「望ましい通信速度」はあくまで目安です。実際にモバイルWi-Fiルーターをご購入される際は、「参考」としてご利用ください。

モバイルWi-Fiルーター用途ケース 望ましい通信速度(下り 実測値)
利用は「メールやSNS、インターネット閲覧のみ」という方 500Kbps〜
「メールやSNS、インターネット閲覧」と併せて、「Youtubeなどの動画や音楽のストリーミング配信、カジュアルゲーム」もモバイルWi-Fiルーターで利用されるという方 1Mbps〜
ビジネス用途でも多くモバイルWi-Fiルーターを利用される(仕事でのデータのやり取りが多い)という方 5Mbps〜
「HD画像の動画(映画等)や、オンラインゲームをモバイルWi-Fiルーターでヘビーにかつ快適に利用されるという方 15Mbps〜

上記表にて、特に注意したいのが「動画の視聴」です。

YouTubeやHulu、Amazonプライムビデオ等、現在の人々のインターネット利用においてスマホやPCを利用しての「動画視聴」は一般化されつつあります。

一方、動画はデータ通信量が結構嵩みます。また、標準画質(SD)と高画質(HD)でも、その通信量は変わっていきます。

そこで、現在メジャーな動画サービスと、それぞれを利用する際の推奨通信速度をまとめてみましたので、「モバイルWi-Fiルーターで動画視聴をする予定」という方は、ご参考ください。

YouTube他動画サービスを観るために必要な通信速度

動画サービス 推奨する通信速度(下り 実測値ベース)
Youtube 500Kbps 以上
映画、テレビ番組、ライブイベントなど YouTube の一部のプレミアム コンテンツの場合は、1Mbps以上【参照
DTV 平均2Mbps程度の通信速度が必要
(HD画質の動画を視聴する場合は、実効速度4Mbps程度の通信速度が必要)【参照
Hulu パソコン:下り速度6Mbps以上を推奨
スマートフォン/タブレット:下り速度3Mbps以上を推奨
テレビ/ブルーレイプレーヤ/ゲーム機/メディアプレーヤー:下り速度6Mbps以上を推奨【参照
Amazon
プライムビデオ
SD(標準画質)で900Kbps
HD(高画質)で3.5Mbps参照
U-Next 標準画質:1.5Mbps以上
高画質:3Mbps以上【参照

こうしてみると、動画サービスによって推奨(必要)とされる通信速度は結構変わってきますね。

また、これらの数値は「推奨値」ですので、より快適に動画視聴をされたいという方は、更に少し余裕をもって通信速度が出ることを踏まえて、モバイルWi-Fiルーターをご選定されていくと良いでしょう。

モバイルWi-Fiは「データ通信制限」ルールに注意!

ここまでで、モバイルWi-Fiルーターの通信速度の概要と、快適なインターネット活用ができる上での目安についてご理解も進まれたことかと思います。

ここで、もうひとつ、モバイルWi-Fiルーターの通信速度の理解を深めていくうえで重要なポイントがあります。それは、「データ通信制限」

モバイルWi-Fiルーターの「データ通信制限」とは?

モバイルWi-Fiルーターは、インターネット接続が「データ量の上限なく好きなだけできる」というわけではありません。

各会社から提供されるモバイルWi-Fiルーターは、一定の期間内に使える通信量が決まっており、その通信量を超えてしまった場合、通信速度を制限するルールを設けており、これが「データ通信制限」です。

「一定の期間内に使える通信量」は、モバイルWi-Fiルーターによってルールが異なります。以前までは「1ヶ月間で使えるデータ量は〇GBまで」というルールとしているモバイルWi-Fiルーターが多かったですが、現在では「3日間で〇〇GB制限」というように、短期間での制限ルールをかけるモバイルWi-Fiルーターも増えてきています。

具体的に、データ通信制限がどのタイミングで発生し、その後の通信制限がどれくらいかについて、4つのモバイルWi-Fiルーターを例に見てみましょう。

代表的なモバイルWi-Fiルーターとそれぞれのデータ通信制限ルール

タイプ WiMAX Y!mobile 格安SIM キャリア×モバイル
ルーター(docomo)
代表的な
プラン
UQ Flatツープラス
ギガ放題(2年)
Pocket WiFiプラン2 U-mobile
LTE使い放題プラン
ウルトラデータ
LLパック
データ通信
制限ルール
3日間で10GB以上利用時に速度制限発生 月間で7GB以上利用時に速度制限発生
※「アドバンスオプション」申し込み(+月額500円)時は、3日間で10GB以上利用時に速度制限発生
3日間で約1〜2GB利用時に速度制限発生 月間で30GB以上利用時に速度制限発生
制限が
かかった時の
通信速度
概ね1Mbps
※翌日18時頃〜翌々日2時頃にかけて制限
最大128Kbps
※「アドバンスオプション」申し込み時は概ね1Mbps(翌日18時頃〜翌々日2時頃にかけて制限)
最大200Kbps 0.128Mbps
※月末まで

UQ WiMAXでは、3日で10GB以上使うと通信速度が1Mbpsに下がる

上記「代表的なモバイルWi-Fiルーターとそれぞれのデータ通信制限ルール」の表で、注目しておきたいのが「WiMAX」の「UQ Flatツープラスギガ放題(2年)」です。

このモバイルWi-Fiルーターでは、データ通信制限ルールが「3日間で10GB以上」とありますが、相当なヘビーユーザーでない限り3日で10GBの通信量を消費することはまずないでしょう。

加えて、制限がかかった時の通信速度も「1Mbps」と、メールやインターネット閲覧、Youtube動画を観るくらいでしたら充分に耐えられる通信量です。

つまり、UQ WiMAXはデータ通信制限をそれほど気にせず、インターネット活用したい方にはうってつけのモバイルWi-Fiルーターということですね。

通信速度重視でモバイルWi-Fiを選ぶ時の比較ポイント

さて、ここからは実際に「通信速度重視でモバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に、実際にどのモバイルWi-Fiルーターが良いか」について見ていきましょう。

現在、通信速度重視でモバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に、まず押さえておきたいのはUQ WiMAXとY!mobileとYahoo! Wi-Fiです。

モバイルWi-Fiルーター「UQ WiMAX」「Y!mobile」「Yahoo! Wi-Fi」比較

タイプ UQ WiMAX Y!mobile Yahoo! Wi-Fi
代表的な
プラン
UQ Flatツープラス
ギガ放題(2年)
Pocket WiFiプラン2 Yahoo! Wi-Fi
4G/LTEデータプラン2
通信速度
(下り・理論値)
440Mbps 612Mbps 612Mbps
データ通信制限
ルール
3日間で10GB以上利用時に速度制限発生 月間で7GB以上利用時に速度制限発生
※「アドバンスオプション」申し込み(+月額500円)時は、3日間で10GB以上利用時に速度制限発生
月間で7GB以上利用時に速度制限発生
※「アドバンスオプション」申し込み(+月額684円)時は、3日間で10GB以上利用時に速度制限発生
データ通信
制限時の
通信速度
概ね1Mbps
※翌日18時頃〜翌々日2時頃にかけて制限
最大128Kbps
※「アドバンスオプション」申し込み時は概ね1Mbps(翌日18時頃〜翌々日2時頃にかけて制限)
最大128Kbps
※「アドバンスオプション」申し込み時は概ね1Mbps(翌日18時頃〜翌々日2時頃にかけて制限)
月額料金 4,380円
※最初の3ヶ月間は3,609円
3,696円 3,696円
契約期間 25ヶ月 3年 3年
通信エリア 〇やや広い【参照 〇広い【参照 〇広い【参照

エリア内ならUQ WiMAXがおすすめ

上記表で、もっともおすすめなのは前章でもご紹介した「UQ WiMAX」です。

その理由について、説明していきましょう。

UQ WiMAXは、下り最大440Mbpsの高速通信を「存分に」使える

UQ WiMAXの特徴としてまず挙げられるのが、「3日間10GBまで使い放題」という点でしょう。

通常のモバイルWi-Fiルーターでは、「月間7GBまで」を制限とするところが多い中、この利用量はインターネットヘビーユーザーからするとかなり魅力的です。

つまり、UQ WiMAXのモバイルWi-Fiルーターを利用する方は、速度制限を殆ど気にすることなく、通信速度下り最大440Mbpsの高速通信を存分に使えるということですね。

データ通信制限がかかっても、1Mbpsは確保!かつ、翌日のネットワーク混雑時間帯のみ!

UQ WiMAXでは、かりに3日間10GB以上のデータ通信を行って通信制限がかかったとしても、1Mbpsは担保されます。

この「1Mbps」のデータ通信量は、ストリーミングで音楽を聴いたり、Youtube動画を観るには十分の通信量です。

また、万一データ通信制限がかかっても、制限時間は「3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯(※2017年2月時点)」のみです。それ以外の時間は、問題なく快適にインターネット接続ができます。

「そこまでデータ通信を活用するか分からない…」という方の為に、最初の3か月間は通常プラン料金!

更には、UQ WiMAXを提供するプロバイダの多くは、加入後の最初の3か月間は通常プラン料金の3,609円が適用されます。

更には、もし「実際使ってみたけど、そんなにデータ通信量はかからなそうなので、通常プランのままでも良いかな」と感じた際は、そのタイミングで通常プランへのプラン変更もできるのです。

このあたりの融通の利きやすさも、UQ WiMAXを選ぶ際の強いメリットと言えるでしょう。

WiMAXの購入は、「GMOとくとくBBギガ放題プラン」がとってもお薦め!

「モバイルWi-Fiルーターは、WiMAXで契約しよう」となった際は、GMOとくとくBBギガ放題プランが一番お勧めです。

GMOとくとくBBギガ放題プランがお薦めの理由

  • 契約から1~2か月の間は月額料金が3,609円に値下げ!
  • 3か月目以降も4,263円と公式価格よりお得な価格に!
  • キャンペーンのキャッシュバック額がかなり大きい!

GMOとくとくBBギガ放題プランは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

GMOとくとくBBギガ放題プランをお勧めする一番の理由は、契約1~2か月において月額料金が3,609円とかなり格安になっているのと、3か月目以降も4,263円と公式価格よりお得な価格になっている点です。

また、GMOとくとくBBギガ放題プランの特徴として、キャンペーン期間のキャッシュバック額がとても大きいこと。

他のプロバイダのキャッシュバック額は大体1万円~2万円なのに対して、GMOとくとくBBギガ放題プランのキャッシュバック額は3万円~4万円!トータル費用でみると、格段に低価格になるのです。

「キャッシュバックは受け取れるか不安」という方にも、GMOとくとくBBは月額料金を大幅に値引きしたキャンペーンも用意しています。

GMOとくとくBBギガ放題プランは、WiMAXの契約を検討する際に必ずチェックしておくと良いでしょう。

まとめ 通信速度の仕組みを知っておけば、モバイルWi-Fiルーターは断然「選びやすく」なる!!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

「モバイルWi-Fiルーターを購入しようと思っているけれど、どのモバイルWi-Fiルーターが良いのかわからない」という方も、「通信速度」基準でモバイルWi-Fiルーター選びをする際は、今回の内容で大分参考になるのではないでしょうか。

先に説明しましたように、実際の活用シーンで見ていった際に必要となる速度がそこまで高まることはありません。ですので、モバイルWi-Fiルーター選びの際は、「通信速度」だけでなく、「データ通信制限ルール」や「通信制限がかかった時の速度」についても注目して選んでいくべきでしょう。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。