口座振替対応のWiMAXは?クレジットカード無しでも契約できる!

WiMAXを購入するとしたら、店頭での購入よりも、各WiMAXプロバイダが提供するWebサイトからの購入のほうが圧倒的にお得であることは、ご存知の方も多いことでしょう。

キャッシュバック特典をはじめ、各種キャンペーンが充実しているのがWebサイト購入の大きな魅力です。

ですが、WebからWiMAXを購入しようとしたとき、殆どのWiMAXプロバイダではクレジットカード支払いを指定していて、「口座振替で購入したいのにできない!」と嘆かれたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、口座振替で購入できるWiMAXプロバイダについて、注意点等も併せてご案内していきたいと思います。是非ご覧ください!

口座振替でも契約できるWiMAX会社は?

さて、前段で「口座振替での申し込みが可能なWiMAXプロバイダは少ない」とお話ししましたが、あくまで「少ない」であって、全くない訳ではありません。

2018年12月現在、WiMAXを口座振替で契約できるWiMAXプロバイダは以下の3社です。

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX

※これまで、@niftyのプロバイダでも WiMAXの口座振替での契約を受け付けていましたが、2017年6月に口座振替での契約受付を終了しました。

現在、WiMAXの契約プランの主流は「Flat ツープラス」と「ギガ放題」

口座振替に関わらず、各プロバイダがWiMAXを提供する際の契約プランは、大きく「Flatツープラス」と「ギガ放題」に分かれます。

  説明
Flatツープラス
(通常プラン)
WiMAX2+という通信方式を使用してインターネットに接続します。
月間7GBまでの通信量制限があり、月内で7GBを超えての利用があった場合、月内の残りの日間にて速度制限(128kbps)がかかります。
ギガ放題 Flatツープラス同様、WiMAX2+という通信方式を使用してインターネットに接続します。
月間の通信量制限はありませんが、3日間で10GB以上通信利用した場合、翌日の深夜の時間帯に速度制限(1Mbps)がかかります。

現在では多くの人が月間の通信量制限なしの「ギガ放題」でWiMAXを利用されています。

一方、Flatツープラスはギガ放題より月額料金が安くなるので、「WiMAXは重宝するけど、それほどインターネット接続が多い訳ではない」という方はFlatツープラスを選ばれるのもアリでしょう。

さて、先ほどのUQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXそれぞれのプロバイダがFlatツープラス、ギガ放題に対応しているか見てみましょう。

  UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX Broad WiMAX
Flatツープラス (通常プラン) 〇対応 〇対応 〇対応
ギガ放題 〇対応 〇対応 〇対応

上記表を見るかぎり、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXどのプロバイダもFlatツープラスもギガ放題にも対応しています。

つまり、Flatツープラスかギガ放題のどちらを選択したとしても、上記3プロバイダでは口座振替で対応してくれるということですね。

となると、今度はこれら3つのプロバイダからどれを選ぶかが問題になってきそうです。

続いては、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXそれぞれのプロバイダの料金プランについても見ていきましょう。

口座振替対応のプロバイダで最も安いのは「BIGLOBE」

初めに結論を言うと、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXの口座振替対応可能のプロバイダで最もトータルコストが安くなるのは「BIGLOBE」です。

金額にどれだけの差が出てくるのか、表で整理してみましょう。

UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXのそれぞれの料金比較

※以下の表は、下記条件における料金を記載しております。

契約プラン ギガ放題(3年)
支払方法 口座振替

  UQ WiMAX BIGLOBE WiMAX
※キャッシュバック特典選択時
Broad WiMAX
初期費用 3,000円 3,000円 18,857円
0か月目 3,696円(日割) 0円 2,726円(日割)
1〜2か月目 3,696円 3,695円 2,726円
3〜24か月目 4,380円 4,380円 3,411円
25か月目以降 4,380円 4,380円 4,011円
キャッシュバック特典 ▲15,000円
トータルコスト(3年間) 163,008円 144,310 円 147,483円

UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXそれぞれの料金比較ですが、トータルコストでみるとBIGLOBE WiMAXが安くなります。

月額料金でみるとBroad WiMAXがかなり低コストで魅力的なのですが、初期費用が18,857円と結構高くつくところと、キャッシュバック特典が付かない点が大きくマイナスとなり、BIGLOBEよりも割高になってしまいます。

UQ WiMAXに至っては、BIGLOBEよりも2万円ほど高くなっていますので、こちらはもう選択肢から外しておいた方がよさそうですね。

口座振替対応できるWiMAXプロバイダで一番安いのはBIGLOBE

前述の通り、口座振替できるWiMAXプロバイダで一番安いのはBIGLOBEです。

また、BIGLOBEはそのほか以下キャンペーンも行っています。

口座振替でWiMAXを購入されるという場合、現時点ではプロバイダはBIGLOBE一択と言っても良いでしょう。

BIGLOBEのWiMAXキャンペーン(2019年8月)

  • 選べるキャンペーン
    6か月目に15,000円キャッシュバック+値引き総額38,570円 or 値引き総額46,970円
  • データ端末は最短翌日&送料無料
  • 申し込み必須オプション無し
  • サービス開始月 月額料金 0円
  • 8日以内なら契約解除OK
  • 22カ月以降は機種変更0円

※「選べるキャンペーン」は、口座振替とクレジットカード支払いとで金額が異なりますのでご注意ください。

BIGLOBE WiMAXプロバイダの詳細については、以下記事にも詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

BIGLOBE WiMAXキャンペーン!キャッシュバック+値引きで68,570円お得

WiMAXを口座振替で契約するまでの流れ

さて、ここまででWiMAXを口座振替で購入する場合のお薦めプロバイダについて紹介してきました。

ここからは、実際にWiMAXを口座振替で購入する際のポイント、注意点をお話していきます。

まずは、口座振替するまでの流れについて見ていきましょう。

WiMAXを口座振替で契約するまでの流れ

Step1 各プロバイダのWiMAX申し込みフォームに進む

UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXのどのプロバイダで申し込む際も、それぞれのサイトで申し込みフォームを用意していますので、そこからWiMAXの申し込みを行っていきます。

その際には、事前に以下を確認しておくと良いでしょう。

  • 申し込むデータ端末の決定
  • 契約プランの確認
  • サービスエリアが対応しているかの確認

申し込むデータ端末は、特に希望がない場合は最新端末(現時点では「Speed Wi-Fi NEXT W05」)にしておいた方が無難でしょう。

最新端末のほうが性能面での安定がありますし、最新端末になったからと言って料金が一気に変わること言うこともありません。

また、WiMAXがお住まいの地域で利用可能かを確認する、サービスエリアのチェックは必ずやっておきましょう。地方や山岳部では、WiMAXのメイン通信方式であるWiMAX2+でのインターネット接続ができない場合もあります。

サービスエリアのチェックは各プロバイダのサイトから確認できますが、以下サイトでもチェックできます。

また、申し込み画面の途中で、「お支払方法の選択」という画面が表示されます。

▽BIGLOBEの場合

▽Broad WiMAXの場合

その後は氏名、住所、連絡先などの登録を行い、申し込みを完了します。

Step2 口座振替依頼書を記入する

WiMAXの契約申し込みを行った後は、各プロバイダから「口座振替依頼書」の記入を促されます。

こちらは、インターネット上から記入できるプロバイダと、直接用紙が送られてくるプロバイダがありますので、それぞれのプロバイダの指示に沿って進めていくと良いでしょう。

また、その際に「口座振替依頼書」と合わせて準備・提出が必要なものがありますので以下にまとめておきます。

  準備物
BIGLOBE WiMAX ・預金口座振替依頼書
・自動払込利用申込書
※未成年者の申し込みの場合は、併せて親権者の同意書も用意
UQ WiMAX ・預金口座振替依頼書
・本人確認書類のコピー
※未成年者の申し込みの場合は、併せて親権者の同意書も用意
Broad WiMAX ・預金口座振替依頼書
・本人確認書類のコピー
※未成年者の申し込みの場合は、併せて親権者の同意書も用意

※詳細は、各プロバイダの公式サイトをご確認されるか、窓口にお問い合わせください。

Step3 WiMAX端末が送付されます

プロバイダの方で書類および口座振替情報を確認したのち、WiMAX端末が送付されます。

ここで注意しておきたいのが、クレジットカード支払いと比べて、プロバイダ側で「口座情報および本人情報の確認」を行いますので、WiMAX端末が手元に届くまで若干の日数を要する点です。

▽BIGLOBEの口座振替での契約の際の「データ端末の受け取り」説明箇所

上記BIGLOBEの口座振替の「データ端末の受け取り」説明にて、「データ端末は支払方法確定後、通常2日〜1週間で届きます」とある通り、口座振替の申し込みの場合プロバイダの方では「支払方法確定」の手順を踏むことになります。

そして、その際には本人確認等の手続きも含まれるため、クレジットカード支払いの契約と比べて、若干日数がかかってしまうということですね。

上記Step1〜3の手順を踏んで、完了です。

途中の「口座振替依頼書の記入」(Step2)を押さえておけば、とくに悩むことなく進められるでしょう。

口座振替に対応している銀行・金融機関

さて、WiMAXを口座振替にする際に、「どの金融機関が対応しているんだろう?」と気になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

先に結論からお伝えしますと、国内の主要金融機関は大体対応しています。

UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAX各プロバイダの口座振替時の対応金融機関説明ページ

  口座振替時の対応金融機関説明ページ
BIGLOBE WiMAX インターネットで支払い登録のできる金融機関一覧
UQ WiMAX UQ mobile 口座振替対応一覧
Broad WiMAX ※窓口にてご確認ください(インターネット上での説明なし)

WiMAXを口座振替で申し込んだ場合、契約完了までの期間は2〜3週間

前述の「WiMAXを口座振替で契約するまでの流れ」で説明した通り、WiMAXを口座振替で申し込んだ場合は契約が完了してWiMAX単体が手元に届くまで、若干日数を要します。

これは、大きく以下の理由があるからです。

  • 「口座振替依頼書」(併せて本人確認書類)を郵送することになるため
  • プロバイダ側で、本人情報、口座情報の確認を行うため
  • プロバイダ側で、料金の振替手続きを行う為

在庫状況や配達状況によっても変動するでしょうが、口座振替での申し込みの場合は、WiMAXを利用できるのは申し込みから2〜3週間後で見ておいたほうが良いでしょう。

口座から振替がされるようになるまでに1〜2ヶ月かかります。

また、最初の1〜2か月は自動振込の手続き途中ということでプロバイダから振込用紙が送られてくる場合もあります。その場合は、ご自身で支払い手続きを行う必要があります(その際はコンビニ支払いも可能です)。

クレカと口座振替で悩んでる方は「クレカ払い」がおすすめ

さて、ここまでWiMAXを口座振替で契約する際のポイントについてお話してきました。

もし、「口座振替でWiMAXを契約予定だったが、クレジットカード支払いでも対応可能だ」という場合は、クレジットカード支払いにされたほうが良いでしょう。

その理由は、以下2点からです。

  • BIGLOBE、Broad WiMAXでは、口座振替よりもクレジットカード支払いのほうが、キャンペーン内容が充実しているため
  • 口座振替はクレジットカード支払いと比べ、WiMAXが手元に届くのに日数が多くかかるため

特に1つ目の「BIGLOBE、Broad WiMAXでは、口座振替よりもクレジットカード支払いのほうが、キャンペーン内容が充実している」については、どちらのプロバイダもその差はかなり大きいです。

BIGLOBE、Broad WiMAXそれぞれの、口座振替とクレジットカード支払いのキャンペーン内容の違い

  口座振替とクレジットカード支払いのキャンペーン内容の違い(2018年8月)
BIGLOBE 「選べるキャンペーン」にて、口座振替はクレジットカード支払いと違って値引き総額が15,000円ほど低くなる
Broad WiMAX クレジットカード支払いの場合、初期費用の端末料金18,857円が無料になるが、口座振替の場合は無料にならない

どちらのプロバイダでも、口座振替にした場合クレジットカード支払いと比べて2万円近くトータルコストがかかってしまうことになります。

「どうしてもクレジットカード支払いはできない…」という場合を除いては、WiMAXの契約は口座振替よりもクレジットカード支払いのほうがお得だということですね。

まとめ 「WiMAX契約は、どうしても口座振替で!」という場合は、BIGLOBE WiMAX一択!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

これまでの内容をざっとまとめてみましょう。

まとめ
  • WiMAXの契約を口座振替で行えるプロバイダは、UQ WiMAX、BIGLOBE WiMAX、Broad WiMAXの3つ
  • 口座振替での契約の場合、BIGLOBE WiMAXのプロバイダが一番安い
  • 口座振替でWiMAXを購入する場合、クレジットカード支払いと比べて手元に届くのに日数がかかる
  • BIGLOBE、Broad WiMAXともに、キャンペーン特典は口座振替よりクレカ支払いにしたほうが手厚くなる

WiMAXの購入はクレジットカード支払いがお薦めですが、それでも「どうしても口座振替でWiMAXを購入したい」という方は、BIGLOBEのプロバイダで申し込みをすると良いでしょう。

また、BIGLOBE WiMAXのプロバイダについては以下記事で詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

BIGLOBE WiMAXキャンペーン!キャッシュバック+値引きで68,570円お得

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。