J-WiFiはWiMAXが1日からレンタルできる!メリット・デメリットまとめ

「ポケットWi-FiやWiMAXを契約したいけど、長期契約になるのが気になる」
「数日間のレンタル契約で、ポケットWi-FiやWiMAXを利用したい」

──こんなお悩みを抱えている人は、きっと多いことでしょう。

ご存知の通り、ポケットWi-FiやWiMAXの利用は通常の契約期間が2〜3年と、長期的な契約と利用が前提となっています。

出張期間中や旅行、または引っ越し直後といった環境下でモバイルWi-Fi接続をする際には、扱いづらさを感じますよね。

そんなときに是非チェックしておきたいのが、J-WiFiというモバイルWi-Fiのレンタルサービス。

J-WiFiは、最短1日からレンタル可能です。現在短期間でのポケットWi-FiWiMAXをご利用予定の方は、是非とも知っておきたいサービスと言えるでしょう。

本記事を読めば、そんなJ-WiFiの特長からメリット・デメリット、どのような人がJ-WiFiの利用に向いているかも理解を充分に深められるはずです。是非ご覧ください!

J-WiFiってどんなサービスなの?

J-WiFiは東京都新宿区に所在する「株式会社ジェネット」が運営しているレンタルWiFiサービス。

同社は通信機器の販売やケータイショップの運営を主事業としている会社です。

そんな株式会社ジェネットが運営するJ-WiFiのサービスですが、大きくは以下の特長があります。

  • ポケットWiFiWiMAXを購入ではなくレンタルで契約できる(最短1日からレンタル可能)
  • 選べる機種は「SoftBank 601HW」、「au/WiMAX W04」、「au/WiMAX HOME L01」の3
  • レンタルの見積もり確認から申し込みまでWebの専用ページで完結できる

J-WiFi公式サイト:https://j-wifi.jp

さて、そんなJ-WiFiのサービスについて、更に詳しくどんなメリット・デメリットがあるのか、料金や注意点等も併せて見ていきましょう。

J-WiFiの魅力的なメリット

J-WiFiのサービスのメリットとして大きく挙げられるのは、以下の7点です。

  • 1日からレンタルできる
  • 端末費用なし
  • 解約違約金なし
  • 契約の縛りなし
  • 容量無制限
  • 郵便局留めできる
  • 16時までの申込で当日発送
  • 補償サービスに加入できる

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

1日からレンタルできる

冒頭でもお話しましたが、J-WiFi1日からレンタル可能です。

例えば、au WiMAX W04Speed WiFi NEXT W04)を1日でレンタルした場合は以下の通り。

au WiMAX W041日のみレンタルした場合

上図右上の「税込480円」というのが、1日レンタル分の価格ということですね。送料を足すと税込み1,470円で利用が可能ということなります。

「旅行等で3〜4日間レンタルしたい」というケースで、同機種でレンタルした場合は以下のようになります。

au WiMAX W044日レンタルした場合

通常ポケットWiFiWiMAXの契約というと2〜3年、レンタル契約の場合も1ヶ月以上といったところが多いなか、J-WiFi「1日からレンタル可能」という手軽さは、用途に応じてはかなり魅力的ですよね。

※「SoftBank 601HW」については、レンタル受付を6泊7日からとしておりますので、ご注意ください。

端末費用なし

ポケットWi-FiやWiMAXを購入という形で契約する場合、端末費用が発生することがあります。端末費用は提供するプロバイダによっても変わりますが、大体2万〜4万円(※プロバイダによっては、端末代0円のキャンペーンやサービスを提供されているところもあります)。

J-WiFiはレンタルサービスということもあり、端末費用は発生しません。

解約違約金なし

J-WiFiは契約期間が1日からということで、通常のポケットWi-FiWiMAXでの契約で存在する「解約違約金」もありません。

かつ、レンタル期間を延長したいという場合は、延長料金を払えばOKです。

このあたりの手軽さも、JWiFiの大きなメリットと言えるでしょう。

J-WiFiの延長について

レンタル期間延長について

レンタル期間を延長する場合は、レンタル終了日の当社2営業日前までに、お電話かメールにて必ずご連絡ください。
自動延長ではありません。延長料金は、1日税込150円〜で、延長日数を乗じた金額をお知らせする延長専用URLから精算する必要があります。
最低延長期間は7日以上ですので予めご了承ください。
なお、商品により、延長できない物がございますので、ご注意ください。

引用元:「J-WiFi:レンタル期間延長について

契約の縛りなし

J-WiFiは上記解約違約金であったり契約期間といった、いわゆる「契約縛り」がありません。

これまで実際にポケットWi-FiWiMAXをご利用した人なら重々ご存知のところでしょうが、例えば「2年(3年)契約」での期間のしばりがある場合、「あといつまで使えるんだっけ?」「このタイミングで契約解除しないと…」というようなことを度々考慮する必要があり、そこにストレスを感じられる方も少なくありません。

J-WiFiはサービス利用において「縛り」という感覚を持たずに活用することができるでしょう。

容量無制限で利用できる

J-WiFiでレンタルできるモバイルWi-Fi端末は、ほぼ容量無制限で利用できます。

ただし、以下のように端末ごとに一定のデータ利用を行った際に速度制限(通信制限)が発生しますので注意が必要です。

  データ利用の制限ルール データ利用の制限を超えた際の速度制限
SoftBank 601HW 1日に3GBまで 翌日の0時まで、128Kbpsの速度制限
au/WiMAX W04 3日で10GBまで 翌日の18時〜翌々日の2時まで、1Mbpsの速度制限
au/WiMAX HOME L01 3日で10GBまで 翌日の18時〜翌々日の2時まで、1Mbpsの速度制限

どの端末も速度制限期間を過ぎれば、また通常通り利用可能になります。

郵便局留めができる

J-WiFiはモバイルWiFi端末の送付にて「郵便局留め」を指定できます。

郵便局留めとは、送付先を指定の郵便局にして、そこで受け取れるようにしてもらえるサービスです。

旅行や出張の際等、受け取り場所の特定が難しい場合に活用すると便利でしょう。

▽公式サイトの郵便局留めに関する記述

16時までの申込で当日発送

J-WiFiは、申し込みはインターネット経由で24時間いつでも行えます。

かつ、月〜金の平日申し込みの場合は、16時までに行われた場合は当日発送され、早ければ翌日以降に端末がお手元に届きます。

※土日・祝日は15時までの申込で当日発送になります。

申し込みのタイミング 発送タイミング
月〜金曜日16時まで 当日中に発送
土曜・祝日15時まで 当日中に発送
配送先 到着予定
本州 翌日以降
北海道・四国・九州・沖縄 翌々日以降

補償サービスに加入できる

J-WiFiでは、盗難や紛失、破損があった際の賠償金を保証してくれる「補償サービス」を用意しています。

サービス名称は、「安心補償パック」で、金額は一律で税込700円

旅行や出張、イベントでのサービス利用の際は紛失や置き引きといったトラブルも発生しやすくなりますので、ご不安な方はこのサービスを付けておくと良いでしょう。

▽安心保障パックの補償内容

補償内容(箇所) 負担金額
端末の盗難や紛失などの全損 40,000円→20,000円
端末の傷・へこみなどの部分破損 15,000円→7,500円
端末付属品の全損・破損 3,000円→1,500円

J-WiFiはこんな方におすすめ

ここまで、J-WiFiのメリットについてお伝えしました。具体的に J-WiFiのご利用が向いている方は、以下のようなタイプ・シチュエーションが挙げられるでしょう。

  • 出張・旅行・イベント・入院等で、短期(数日間)でのモバイルWi-Fi利用が見込まれる方
  • 契約期間や解約違約金の縛りなしで、手軽にモバイルWi-Fiを利用したい方
  • ポケットWi-FiWiMAXを、まずはいったん「お試し」で利用したいという方

J-WiFiのデメリット

どのようなサービスも、メリットがあればデメリットもあるものです。一方でのJ-WiFiのデメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 長期間利用の場合は、料金は割高になる
  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 申込みはWEBサイトのみ
  • 送料がかかる
  • 最新機種ではない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

長期間利用の場合は、料金は割高になる

当然と言えば当然ですが、J-WiFiを1ヶ月以上の長期利用をする場合は、料金はやや割高になります。

例えば、SoftBank 601HWau/WiMAX W04をそれぞれ1ヶ月利用した場合の金額は、以下の通りです。

SoftBank 601HW2ヶ月(60日間)利用した場合

au/WiMAX W042ヶ月(60日間)利用した場合

SoftBank 601HW」「au/WiMAX W04」どちらも、2ヶ月間利用した場合は1万円以上の金額になります。

J-WiFiの料金は1日〜15日までは1日の単価(au/WiMAX W04の場合は1日税込480円)で計算され、16日〜31日までは一律料金(au/WiMAX W04の場合は一律税込5,990円)で計算されます。

そして、31日以降は、また以降の日数ごとに料金が加算されていく(au/WiMAX W04の場合は32日目以降ごとに1日税込193円)、という仕組みになっています。

つまり、1ヶ月以上J-WiFiを利用するとなると、他のモバイルWi-Fi利用の金額と比べてもやや割高になる、ということですね。

モバイル Wi-Fi2か月以上の数か月間で利用することが見込まれる場合は、J-WiFiよりもFUJI WiFiのレンタルサービスの方がコスト的にもお勧めになります。詳しくは、以下の記事をご覧ください。

FUJI WifiはレンタルなのにWiMAX史上1番お得?選ばれる理由を解説

支払い方法はクレジットカードのみ

J-WiFiの申し込みにて、支払方法は「クレジットカード」のみとなっています。

口座振替やデビットカード、現金書留等は対応しておりませんので、ご注意ください。

モバイルWi-Fiをクレジットカード支払いではなく口座振替で契約されたい方は、併せて以下記事もご覧ください。

口座振替対応のWiMAXは?クレジットカード無しでも契約できる!

J-WiFiの申込みはWEBサイトのみ

また、J-WiFiの申し込み口は、公式サイト(WEBサイト)のみとなっています。直販店であったり、電話での申し込みは受け付けていません。

とはいえ、公式サイトはスマホからもアクセス可能となっていますのでこれによって困る人はあまりいないでしょうが、念のためご留意ください。

送料がかかる

現在多くのポケットWiFiWIMAXにて「送料無料」サービスを実施しているのに対して、J-WiFiは送料がしっかり発生します。

このあたりは、1日からの短期レンタルを実施しているところからも致し方ないところでしょうが、短日のサービス利用の際には、送料の金額的な割合も相応に高まりますので、ご注意ください。

▽送料について(公式サイトより)

最新機種ではない

前述のとおり、J-WiFiで選べる機種は「SoftBank 601HW」「au/WiMAX W04」「au/WiMAX HOME L01」となっております。

上記に挙げた機種のうち、SoftBank 601HW以外は各メーカーにおける「最新端末」ではありません。

au/WiMAX W04やau/WiMAX HOME L01については、それぞれ上位バージョンと言える最新機種がリリースされており、性能やスペックで言うと、これらは若干劣ります。

また、SoftBank 601HWについても、リリースされたのは2017317日と、約2年前の製品。

Softbank製のモバイルWi-Fiルーターとしては非常におすすめですが、「高スペックなモバイルWi-Fiを利用したい」という方にはやや物足りなさもあるかもしれません。

最新型のモバイルWi-Fi機器としては、WiMAXSpeed Wi-Fi NEXT WX05Speed Wi-Fi NEXT W05が人気です。そちらについては詳しくは以下記事をご参照ください。

最新ルーター「WX05」スペック完全ガイド! WiMAXがさらに使いやすく

WiMAX機種 W05スペック完全ガイド!契約すべきプロバイダは?

こんな方には、J-WiFiは向かないかも

ここまで、J-WiFiのデメリットについてお伝えしました。以下のような方は、 J-WiFiのご利用は向いていない可能性がありますのでご注意ください。

  • 2か月以上のモバイルWi-Fi利用が見込まれる方
  • 支払方法をクレジットカードでの支払い以外で検討されている方
  • 店頭や電話窓口で、詳細に説明を受けながらポケットWiFiWiMAXの契約を決めたい方
  • ハイスペックの最新端末を利用されたい方

J-WiFiの料金

さて、ここまでJ-WiFiのメリット・デメリットについてお伝えしてきました。

続いては、J-WiFiを実際に利用する際の料金について詳しく見ていきましょう。

前にもお伝えしましたが、J-WiFiは扱う端末機種(「SoftBank 601HW」「au/WiMAX W04」「au/WiMAX HOME L01」)によって料金が異なります。

J-WiFiの機種ごとの料金表(すべて税込)

  1日〜15日間利用 16日〜31日間 利用 32日間 利用
SoftBank 601HW 1日につき480円 一律6,980円 6,980円+32日目から1日につき225円
au/WiMAX W04 1日につき480円 一律5,990円 5,990円+32日目から1日につき193円
au/WiMAX HOME L01 1日につき480円 一律6,480円 6,480円+32日目から1日につき209円

なお、Softbank 601HWについては現在、新規入会につき1,000円分のポイント進呈キャンペーンを行っており、例えば「16日〜31日間」利用した場合の金額6,980円から1,000円分割り引くことができます。

J-WiFiの注意点

続いては、J-WiFiをご利用する際の注意点について。

特に押さえておきたいのは、以下の2点です。

  • 期間延長について
  • キャンセルについて

期間延長について

J-WiFiをご利用した際に、「延長したい」という場合は、1日150円の延長料金を支払えば、延長可能です。

ただし、以下条件があるのでご注意ください。

  • レンタル終了日の当社2営業日前までに、電話かメールにて連絡すること
  • その後、J-WiFiから延長日数を乗じた金額をお知らせする延長専用URLから精算すること
  • 延長期間は最大7日間
  • 元々のレンタル期間が10日以下の場合は延長不可
  • 場合によっては、商品により延長できないものあるので注意

キャンセルについて

J-WiFiのキャンセルについては、公式サイトにて以下の記載があります。

申込みのキャンセルはできますか?

キャンセルは、貸出日の3営業日以内でなければ可能です。
但し、キャンセル手数料として、1,080円をお支払い金額から差引いてご返金いたします。

つまり、レンタル利用はじめてから3営業日以上経ってからだったら料金の返却含めたキャンセルが可能、ただし、キャンセル料金1,080円が発生します、ということですね。

申込方法

J-WiFiの申し込み方法は、いたってシンプルです。

手順① 公式サイトの「レンタル申し込み」にて、条件を登録

公式サイトの「レンタル申し込み」から、レンタルの条件を登録して、画面上の「カートに入れて申し込み」を押します。

手順② カート情報にて、申し込み内容を確認

次のページにてカート情報が表示されるので、申し込み内容を確認します。

問題なければ、「次へ」ボタンを押します。

手順③ お客様情報を登録

配送先となる住所・名前・連絡先等の情報を入力します。

手順④ 発送・支払方法の指定

発送・支払方法の指定画面になります。

発送方法、配達希望時間を設定後、「次へ」ボタンを押します。

──その後、これまで登録した内容の確認画面が表示されますので、問題なければそのまま「上記内容で登録する」を押せば申し込みほぼ完了です。

その後、J-WiFiから案内のメールが届きますので、そちらに従って進めてください。

返却方法

J-WiFiの返却方法もいたってシンプルです。

端末一式が手元に届いた際に、返却用のレターパックが付いていますので、そちらに端末と付属品一式を入れ、郵便ポストに入れていただければ完了です。

返却後に料金は生じますか
返却後、レンタル期間、商品の確認、端末の動作確認を行った上で、不備がなければ料金は発生いたしません。
但し、期間の延長や商品の不備などがある場合は、別途ご請求する場合があります。

返却が遅れてしまいました、どのようにすれば良いですか
返却遅れがわかった時点で速やかにご連絡ください。
特に、レンタル終了日のポスト投函を当日の消印になる時間までにできなかった場合など、延滞料金が発生する場合があります。

商品の返却は、どのようにすれば良いですか?
商品送付時に、レターパックを同梱しております。
レターパックに商品全てを入れて、ポストに投函するだけです。
同梱のレターパックを紛失した方は速やかにご連絡を頂き、自己負担での返却をお願いします。
但し、延長料金が発生する場合があります。

引用元「J-WiFi:よくある質問

 

1ヵ月以上レンタルするならFUJI WiFiがおすすめ

さて、「J-WiFiのデメリット」でもお伝えしましたが、長期間利用の場合にはJ-WiFiはやや割高になります。

1ヶ月を超えてのレンタルをご検討される場合は、J-WiFiよりも前述のFUJI WiFiがおすすめです。

モバイルWi-Fiのレンタルサービス「FUJI WiFi

FUJI Wifiは、株式会社レグルスが展開するモバイルWi-Fiルーターレンタルサービスです。

J-WiFiのサービスと大きく違う点は、「利用期間は1か月単位」ということです。

FUJI WiFiの料金プラン

メインの回線 プラン名 月額料金 初期費用
ソフトバンク回線 4G/LTEいつも快適プラン 6,000円 2,000円
200ギガプラン 4,800円 2,000円
100ギガプラン 3,800円 2,000円
50ギガプラン 3,100円 2,000円
25ギガプラン 2,500円 2,000円
10ギガプラン 2,300円 2,000円
WiMAX回線 WiMAX2+ with au4G/LTE
(ギガ放題)
2,980円 2,000円
WiMAX2+ with au4G/LTE
(ギガ放題)月々割プラン
980円 39,800円

J-WiFiと違い、FUJI WiFiは初期費用が発生(2,000円)しますが、月額料金の安さ──特に、WiMAXのギガ放題プランの月額2,980円はかなり魅力です。

また、FUJI WiFiJ-WiFi同様、契約期間のしばりなく、解約違約金も発生しません。

2か月以上のモバイルWi-Fi利用が見込まれる場合は、FUJI WiFiの方がコスト的に断然お得になります。

FUJI WifiはレンタルなのにWiMAX史上1番お得?選ばれる理由を解説

まとめ) 数日〜1ヶ月スパンでモバイルWi-Fiを利用したい際は、J-WiFiがおすすめ

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

J-WiFiのこれまでの特徴、メリット・デメリットを総じてまとめると、J-WiFiは「1日からのレンタルが可能な、非常にフットワークの軽い手間いらずのモバイルWi-Fiレンタルサービス」と表現することができそうですね。

一方で、レンタル期間が1ヶ月を超える場合や、2〜3年といった中長期契約でモバイルWi-Fiルーターを利用される場合は、J-WiFiは逆に割高になってきます。

J-WiFiは旅行や出張等の、短期利用のシチュエーションに絞って活用したほうが望ましいでしょう。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。