WiMAXの法人契約が1番お得なプロバイダ紹介!契約方法から必要書類まで

個人契約ではなく、法人契約でWiMAXのプロバイダをお探しの方は、
「個人契約とどう違うんだろう?」
「法人契約でお得なプロバイダはどこだろう」
と悩まれるケースも多いのではないでしょうか。

会社にて個人契約でWiMAXを申し込むこともできますが、複数台のWiMAXを申し込む場合や、経理計上の手間を考えると法人契約で申し込まれたほうが何かとスムーズでしょう。

そこで今回は、WiMAXを「法人契約」で申し込む際に、プロバイダの選び方からおすすめのプロバイダ、更には契約方法、必要書類まで詳しくお伝えしていきます。是非ご覧ください!

法人用WiMAXのプロバイダの選び方

法人用にWiMAXプロバイダを選ぶ際に、ポイントとして見ておきたいのが以下の3点です。

  • 契約年数
  • プラン
  • 料金

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

契約年数

現在、法人契約できるプロバイダのほとんどは契約期間を「3年契約」としています。

参考:法人契約の窓口を設けている主要WiMAXプロバイダの契約期間比較

プロバイダ名 契約期間
UQ WiMAX 2年/3年/4年
GMOとくとくBB 3年
Broad WiMAX 2年/3年
BIGLOBE WiMAX 2年(Speed Wi-Fi NEXT WX03のみ)/3年
So-net WiMAX 3年
@nifty WiMAX 3年

ご存知の通り、契約期間内にWiMAXを解約した場合は解約違約金が発生しますので、法人契約の場合は契約期間内においてWiMAXの利用が充分予想できることを踏まえて、契約に入ったほうが良いでしょう。

プラン

法人契約の場合のWiMAX利用プランは、個人契約と同様大きくは「ライトプラン(通常プラン)」「ギガ放題プラン」の2つに分かれます。

両プランの違いは、通信制限ルールになります。

「ライトプラン(通常プラン)」と「ギガ放題プラン」の通信制限ルール比較

ライトプラン(通常プラン)
の通信量制限ルール
月内で7GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌月までの月内の残り期間にて128Kbpsの速度制限が発生
ギガ放題プランの
通信量制限ルール
月内の制限なし
ただし、3日間で10GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌日18:00〜翌々日2:00までの8時間、1Mbpsの速度制限が発生

ライトプランは「月内7GBまで」という制限がある分、月額料金がやや安めとなるのですが、データ通信量が個人利用と比べて大きくなることが見込まれる法人契約においては、ライトプランはお薦めできません。

例えば重要な会議中であったり、出先で会社のサーバーから容量の大きいデータをダウンロードしたいと思ったときに、ライトプランの「月内7GBまで」の制限に引っかかってしまいままならなくなってしまった…となっては目も当てられないですよね。

現在、法人契約でWiMAXのライトプランを選ばれる方は殆どいらっしゃらないでしょう。

法人WiMAXの契約プランにおいて、特に別の理由がない限りは、「ギガ放題プラン」を選んでおけば、間違いはないはずです。

料金

WiMAXを法人契約する際の選び方で、3つ目のポイントは「料金」です。

多くのプロバイダでは個人契約同様「端末代」を無料としていますので、ここで注目しておきたいのは「月額料金」です。

法人契約の場合は複数台のWiMAXを契約することになりますので、一台当たりの月額料金が安ければ、それに越したことはありません。

法人契約の窓口を設けている主要WiMAXプロバイダの料金比較

※ギガ放題プランの場合

プロバイダ名 一台あたりの月額料金 3年契約の場合の
トータルコスト目安
実質月額料金
UQ WiMAX 0ヶ月〜2ヶ月目まで:3,696円
3か月目以降:4,380円
163,008円 4,528円
GMOとくとくBB 0ヶ月〜2ヶ月目まで:2,690円
※初月は日割り
3ヶ月目〜24ヶ月目まで:3,344円
25ヶ月目以降:4,263円
135,794円 3,772円
Broad WiMAX 0ヶ月〜2ヶ月目まで:2,726円
※初月は日割り
3ヶ月目〜24ヶ月目まで:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
134,352円 3,732円
BIGLOBE WiMAX 0ヶ月:無料
1ヶ月目以降:4,180円
153,480円 4,263円
So-net WiMAX 0ヶ月:無料
1ヶ月目〜36ヶ月目まで:3,380円
37ヶ月目以降:4,379円
124,680円 3,463円
@nifty WiMAX 0ヶ月:無料
1ヶ月目〜2ヶ月目まで: 3,420円
3ヶ月以降:4,100円
149,240円 4,145円

ざっと表を見る限り、単月の月額料金を見る限り3,000円半ばから4,000円前半に固まっていますね。

ですが、3年間のトータルコストでみたときに、その差はかなり大きくなります。料金面でアドバンテージのある法人契約向けWiMAXプロバイダは、GMOとくとくBBとBroad WiMAXの2つがメインと言えるでしょう。

(補足)法人契約の場合は、キャッシュバックキャンペーンは向いていない?

個人契約の場合ですとキャッシュバックキャンペーンの手厚いWiMAXプロバイダが人気ですが、法人契約の場合キャッシュバックキャンペーンはあまり適していません。

理由は大きく2つあります。

1つ目は、キャッシュバックキャンペーンは1契約毎に行われますので、仮に5台のWiMAXで契約したとしても、キャッシュバック額はあくまで1契約分として支払われます(5倍にはなりません)。つまり、複数台数分で契約する場合キャッシュバックキャンペーンはそもそもお得にならないのです。

(そもそも、法人契約でキャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAXプロバイダは殆どありません)

2つ目は、法人でキャッシュバック額を受け取る場合は「雑収入」扱いとなり、課税対象になります。

それら帳簿上の手間と利益の(若干ではありますが)縮小を鑑みるに、法人契約の際にはキャッシュバックキャンペーンはあまりメリットがなくなってくるということですね。

法人契約できるプロバイダ比較

さて、ここで一度、法人契約できるプロバイダを比較整理してみたいと思います。

法人契約できる主要プロバイダ一覧

プロバイダ名 契約期間 プラン トータルコスト目安
(3年契約・ギガ放題)
UQ WiMAX 2年/3年/4年 通常プラン/ギガ放題プラン 163,008円
GMOとくとくBB 3年 通常プラン/ギガ放題プラン 135,794円
Broad WiMAX 2年/3年 通常プラン/ギガ放題プラン 134,352円
BIGLOBE WiMAX 2年(WX03のみ)/3年 通常プラン/ギガ放題プラン 153,480円
So-net WiMAX 3年 通常プラン/ギガ放題プラン 124,680円
@nifty WiMAX 3年 通常プラン/ギガ放題プラン 149,240円

上記表では、最もお得なWiMAXプロバイダはSo-net WiMAX、次いでBroad WiMAXになります。

ですが一点、Broad WiMAXでは注意すべき点があり、それは契約期間中に途中解約したときに、通常の解約違約金にプラスして1台につき9,500円(税別)が請求されてしまうのです。

Broad WiMAX 法人契約時の「重要事項説明」文抜粋

20151014日以降に、初期費用無料キャンペーンの適用を受けたお客様が、24ヶ月以内に回線契約を解除された場合、キャンペーン契約解除料金として上表とは別に9,500円(税抜)を請求させていただきます。

法人契約でWiMAXを利用した場合も、如何ともしがたい理由で解約しなくてはならないケースはありうるでしょう。そのあたりのリスクを鑑みても、法人契約する場合に最もお得なWiMAXプロバイダは「So-net WiMAX」になります。

1番お得な法人プロバイダはSo-net WiMAX

ここまでの内容から、WiMAXの法人契約において、一番お得なプロバイダは「So-net WiMAX」と言えそうですね。

ここで、その「So-net WiMAX」について詳しく見ておきたいと思います。

So-net WiMAXとは

So-net WiMAXは、ソネット株式会社が運営しているプロバイダです。

ソネットは1996年からインターネットサービスプロバイダ事業を開始、現在では約280万人の会員数を誇る光回線プロバイダを主事業としており、WiMAXプロバイダ事業も展開しています。

前述の通り、So-net WiMAXは「法人契約」も受け付けています。このあたりの守備範囲の広さも利用者からすると嬉しいポイントでしょう。

法人契約でSo-net WiMAX1番お得な理由

  • トータルコストがとにかく安い!
  • 扱う端末も幅広く、かつ最新端末も選べる!
  • サポート体制も充実しており、トータル的にサービスバランスの取れたプロバイダ

1点目の「トータルコストがとにかく安い!」については、前述の通りです。

So-net WiMAX3年契約のトータルコストは、124,680円。WiMAX提供元のUQ WiMAXと比較すると、4万円近くもお得になります。

また、2点目の「扱う端末も幅広く、かつ最新端末も選べる!」と3点目の「サポート体制も充実しており、トータル的にサービスバランスの取れたプロバイダ」であることも、So-net WiMAXをお薦めできる大きな理由です。

法人用WiMAXの契約方法は?

法人用WiMAXの契約方法は、大きく以下のステップを踏みます。

  • ① 公式サイトの法人契約申し込みフォームに登録
  • ② 担当者から電話等の連絡が入るので、そこで契約プラン詳細を決定
  • ③ 必要書類の送付
  • ④ 契約完了(端末発送)

①と②については、プロバイダによってははじめから「直接お電話で」契約されるよう促されているところもあります。

前章で紹介した「So-net WiMAX」では、今のところサイト上での申し込みはできないようで、電話(0120-878-685)による申し込みとなります。

個人契約と違って、電話によって一度専任スタッフと直接コミュニケーションを取れるのは安心とも言えるでしょう。

手順③の「必要書類」について、「必要書類って具体的になんだろう?」と気になった方は、次の章で詳しく説明しております。そのままお読み進めください。

法人用WiMAXを契約する際の「必要書類」は?

WiMAXを法人契約する際には、以下の資料を事前に準備しておく必要があります。

  • 「法人確認書類」
  • 担当者(あなた)の「証明書」
  • 担当者ご本人様の「本人確認書類」

「法人確認書類」について

契約する法人を確認できる書類です。具体的には、「登記簿謄本」か「印鑑登録証明書」のいずれかになります。

発行日より3か月以内で現住所が記載されているものを用意しておきましょう。

担当者(あなた)の「証明書」

こちらは、契約申請するあなた自身が、その法人に所属されていることを証明できる書類です。

具体的には、社員証のコピーまたは名刺になります。

どちらも、ご自身の名前と会社名両方が記載されていることが確認できればOKです。

担当者ご本人様の「本人確認書類」

こちらは、運転免許証やパスポートですね。原本ではなく写し(コピーやスキャンデータ)を提出する形になります。

 

その他、補助書類として以下を要求される場合もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

公共料金領収証:発行日より3か月以内で、現住所が記載されているもの(電気・都市ガス・水道など)

住民票:発行日より3か月以内で、現住所が記載されているもの

個人契約と法人契約の料金の違い

ここで、「WiMAXを契約する際に、個人契約と法人契約、どちらがお得なの?」と疑問に思われた方もいらっしゃることでしょう。

結論からお伝えしますと、個人契約のほうが料金的には安くなります。

具体的に、先程紹介した法人契約のSo-net WiMAXと、個人契約で最安値となるGMOとくとくBBとで発生する料金を比較してみましょう。

参考:法人契約(So-net WiMAX)・個人契約(GMOとくとくBB)の発生料金比較

※ ギガ放題プラン、個人契約は「月額割引キャンペーン」で計上

  法人契約
So-net WiMAX
個人契約 (月額割引)
GMOとくとくBB
初期費用(事務手数料) 3,000円 3,000円
0か月目(端末発送月)の月額料金 0円 2,170円の日割り
1〜2か月目の月額料金 3,380円 2,170円
3〜24か月目の月額料金 3,380円 3,260円
25〜36か月目の月額料金 3,380円 3,260円
トータルコスト(3年間) 124,680円 118,180円

こうして見ると、GMOとくとくBBでの個人契約のほうがトータルコストは安くなるのが一目瞭然ですね。

法人契約最安料金のSo-net WiMAXと比べて、個人契約のGMOとくとくBB(月額割引)は6,500円ほど安くなります。

つまり、「法人契約、個人契約どちらでも進められる」という場合は、個人契約にしたほうがコスト的にお得になるのです。

フリーランス・個人事業主なら個人で契約しよう

ここで、「フリーランス・個人事業主の場合は、個人契約・法人契約どちらが良いの?」と新たな疑問が産まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

フリーランスや個人事業主の場合は、契約するWiMAXの台数は1台のみの場合が殆どでしょう。

前述の通り、WiMAXは個人契約の方が料金が安く契約できるので、法人契約ではなく個人契約で行うと良いでしょう。

また、その際は経費として立替で計上すると良いでしょうね。

個人契約の場合は、GMOとくとくBBの「月額割引キャンペーン」がおすすめ

WiMAXを個人契約する場合、おすすめのWiMAXプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

特に、同プロバイダの「月額割引キャンペーン」は毎月の月額料金もかなりリーズナブルになっているのでおすすめです。

月額割引キャンペーンは、キャッシュバックキャンペーンこそないものの、その分月額料金が安くなっており、キャッシュバックのような手続きなしで最安級の料金で進めることができます。

また、契約後は送料無料の即日発送、機種代0円等、サービス品質もトータルで水準が高く、安心して契約することができるでしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

まとめ)WiMAXを法人契約する場合は契約期間・プラン・料金を必ずチェック!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

本記事のポイントをまとめてみましょう。

  • WiMAXを法人契約する場合は契約期間・プラン・料金を必ずチェック!
  • 法人契約は個人契約と比べると料金はやや高め。フリーランス・個人事業主は個人契約がおすすめ

その他、法人契約でWiMAXをお申し込みの際には、事前に「プロバイダの選定」「必要書類の準備」「申し込みの流れの把握」を行っておくとスムーズでしょう。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。