一人暮らしのインターネット環境の選び方!ケース別でおすすめが変わる

これから一人暮らしを始めるという方は、「インターネット回線をどうしよう」と悩まれていませんか。

現代社会において、インターネット回線はもはや必需品となりつつあります。

一人暮らしを始めてすぐにネット環境がなければ不便と感じることでしょう。

ですが、ご存知の通りインターネット回線は様々なタイプがあり、かつ短期間で解約すると高額な違約金を支払わなければなりません。

あとから「思ったよりも繋がりが悪い…」「もっと料金の安いプランにすればよかった」と思っても、違約金なしに解約できるのは大分先。つまり、最初のタイミングでインターネット環境を慎重に選ぶ必要がある、ということですね。

そこで今回は、そんな「一人暮らしにおける最適なインターネット環境」について、詳しくお話していきたいと思います。ぜひご参考ください!

一人暮らしのインターネット環境は二択

さて、「一人暮らしのインターネット環境にはどんなものがあるか」というと、大きくは以下の2つになるでしょう。

  • モバイルWi-Fi
  • 固定回線(光回線)

それぞれ、どのような特徴、メリットがあるのか見ていきましょう。

モバイルWi-Fiによるインターネット環境

「モバイルWi-Fi」とは、持ち運び可能なインターネット接続機能を持つ小型のルーターのことです。「WiMAX」「ポケットWi-Fi」という名称のほうが馴染みあるかもしれませんね。

「持ち運び可能」ですので、モバイルWi-Fiひとつあれば一人暮らしの自宅でも外出先でも自由にインターネット接続することができます。

工事の手間なしに気軽に開始でき、かつ「いつでもどこでも」ネットにアクセスできるのがモバイルWi-Fiの利点でしょう。反面、固定回線と比べると通信速度が遅い、通信量の制限がある等のデメリットもあります。

モバイルWi-Fiのメリット

  • すぐに導入できる(初期工事の必要なし)
  • 運用費が固定回線と比べて安い
  • 自宅でも外出先でも自由にインターネット接続できる

モバイルWi-Fiのデメリット

  • 固定回線と比べると通信速度が遅い
  • 地域・場所によってはインターネット接続しにくくなることがある
  • 通信量制限がある。制限を超えて利用すると「速度制限」モードになる

モバイルWi-Fiはこんな方におすすめ

  • 外出先でもインターネット接続することが多いという方
  • 月々のインターネット接続コストを抑えたい方
  • すぐにインターネット環境を用意したい方
  • 今住んでいる場所を、1年以内に引っ越しする可能性のある方 または居住地が流動的な方

固定回線(光回線)によるインターネット環境

固定回線とは、シンプルに言えば「屋内で利用する専用のインターネット回線」です。

一人暮らしのアパート・マンションの住居にインターネット接続用の回線を設置します。これまで固定回線は様々な種類の回線形態がありましたが、現在は光ファイバーを利用してデータを送信する「光回線」が一般的となっています。

利用する場は設置した場所(住居)に限られますが、その分安定した通信速度を得られ、また通信量の制限もありません。大容量データのやり取りが多いという方はこちらがおすすめでしょう。

固定回線(光回線)のメリット

  • 通信速度が速い
  • 通信が安定している
  • 通信量の制限なし。無制限にインターネット接続できる

固定回線(光回線)のデメリット

  • モバイルWi-Fiと比べると、月額の通信料はやや高め
  • 導入時に工事の必要がある
  • 活用場所は設置した住居(自宅)に限られる

固定回線(光回線)はこんな方におすすめ

  • インターネット環境に「通信速度の早さ」を求めている方
  • 安定したインターネット接続を求めている方
    ※上記2項目は例えばオンラインゲーム、ビデオ会議、高画質動画の鑑賞等の用途があります
  • 外出先でインターネット接続をあまり必要としない方

一人暮らしにおけるモバイルWi-Fiと固定回線の特徴を比較

さて、ここまでモバイルWi-Fiと固定回線(光回線)の概要、メリット・デメリットについてざっとおはなししましたが、改めて両者の特長を比較しておきたいと思います。

モバイルWi-Fiと固定回線(光回線)の特徴比較

※ モバイルWi-Fiは主にWiMAXSpeed Wi-Fi NEXT W05)の仕様をもとに作成しています

  モバイルWi-Fi 固定回線(光回線)
料金目安
3,000〜4,500円

4,000円〜5,000円
回線速度
下り最大:758Mbps
上り最大:112.5Mbps
※モバイルWi-Fiの契約プラン・種類・型番によって通信速度の最大値は異なります

下り最大:おおよそ1Gbps(1000Mbps)
上り最大:おおよそ1Gbps(1000Mbps)
※契約先、契約プランによって通信速度の最大値は異なります
通信量制限
(速度制限)

あり
通常プラン:月内で7GB以上のインターネット通信を行った場合、翌月までの月内の残り期間にて128Kbpsの速度制限が発生
ギガ放題プラン:3日間で10GB以上のインターネット通信を行った場合、翌日18:00〜翌々日2:00までの8時間、1Mbpsの速度制限が発生

なし
契約方法
以下のいずれかの方法で契約可能
・プロバイダ(インターネット代理店
・家電量販店
・直販店

以下のいずれかの方法で契約可能
・プロバイダ(インターネット代理店)
・家電量販店
・直販店
初期工事
基本、初期工事の手間は無し

初期工事の必要あり
期間:1週間ほど
外出先でも
利用できるか

※ただし、場所によっては通信が繋がりにくくなる場合あり
×

こうして見ると、モバイルWi-Fiと固定回線どちらも一長一短なところはありそうですね。

やはり選択の大きなポイントは、「外出先でも自由にインターネット接続したいか」になってくるのではないでしょうか。

ちなみに用途別で見た際には、以下の通りです。

モバイルWi-Fiと固定回線(光回線)の用途別おすすめ比較

モバイルWi-Fi 固定回線(光回線)
インターネット閲覧
(検索やネットショッピング等)
SNSの利用
(facebook、twitter等)
メールの送受信
動画鑑賞
高画質動画の長時間(10時間等)再生を行う場合、速度制限が発生する可能性あり
動画配信
(テレビ会議、生中継等)

場所・状況によっては、回線が途切れる等のトラブルが発生する可能性あり
オンラインアクションゲームのプレイ
(オンラインFPS等)

場所・状況によっては、回線が途切れる等のトラブルが発生する可能性あり

「高画質動画を毎日長時間観たい」という方や、動画配信、オンラインアクションゲームを利用される方はモバイルWi-Fiよりも固定回線の方が向いていそうですね。

それ以外の用途で言うとモバイルWi-Fiも固定回線どちらも不便なく利用することができます。

モバイルWi-Fiと固定回線(光回線)の選び方のポイント①

  • 外出先でも自由にインターネット接続したいか→YESならモバイルWi-Fiがおすすめ
  • 動画配信やオンラインFPSなどを利用する予定はあるか→YESなら固定回線(光回線)がおすすめ

格安SIMユーザーならモバイルWi-Fi一択

さて、その他のモバイルWi-Fi・固定回線(光回線)の選択の決め手として、「現在格安SIMを利用しているか」という見方もあります。

どういうことかというと、月々のスマホ料金を最安1,000円台からで契約できる格安SIMですが、その分月間で利用できるデータ容量もやや少なめです(契約時にデータ容量を選ぶこともできますので、余裕を持ったプランにされている方もいらっしゃるでしょうが、多くの方は月間5GB以内でご契約されていることから、このように記載しております)。

ご存知の通り設定したデータ容量の上限を過ぎてしまうと速度制限モードになってしまい、充分にインターネット接続ができなくなってしまいます。また、常にデータ通信料を気にしながらスマホを利用するのもやや窮屈でしょう。

そのような際に、モバイルWi-Fiを所有していれば、格安SIMでインターネットを参照する際もモバイルWi-Fiで接続しておけばデータ容量をそれほど気にせずに利用することができます。

また、モバイルWi-Fiの最大のメリットとも言える「持ち運び可能でいつでも、どこでもインターネット接続できる」で、格安SIMスマホ利用途の相性がかなり良い、ということですね。

モバイルWi-Fiと固定回線(光回線)の選び方のポイント②

  • 格安SIMを利用しており、月間の通信料をセーブしたい→YESならモバイルWi-Fiがおすすめ

モバイルWi-Fiで検討の場合は、エリア次第で、WiMAXかネクストモバイルを判断するとベター

格安SIMを利用している等の理由で、「インターネット環境をモバイルWi-Fiで構築しよう」という方は現在、WiMAXかネクストモバイルがおすすめです。

どちらも月額料金は3,500円前後でコストパフォーマンス※が良く、自宅でも外出先でも気兼ねなくインターネット接続を行えるでしょう。

WiMAXは契約先のプロバイダによって月額料金が大きく異なります。詳細は「WiMAXならGMOとくとくBBが1番安い」をご覧ください。

WiMAXとネクストモバイルそれぞれのスペック比較

WiMAXは「Speed Wi-Fi NEXT W05」、ネクストモバイルは「FS030W」でスペックを記載

名称 WiMAX
Speed Wi-Fi NEXT W05
ネクストモバイル
FS030W
デザイン ブラック×ライム/ホワイト×シルバー
カラー:ブラック
通信速度 下り最大:758Mbps
上り最大:112.5Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:20Mbp
月間の通信量 ギガ放題プランの場合:無制限
通常プラン(ライトプラン)の場合:月7GBまで
20GB、30GB、50GB
(プランから選択可能)
サービス対応エリア 〇やや広い ◎広い

WiMAXとネクストモバイルを比較した際に、通信速度で言うと圧倒的にWiMAXのほうがアドバンテージがあるのですが、ネクストモバイルのメリットとしてはその「サービス対応エリア」の広さにあります。

ネクストモバイル(ソフトバンク)回線とWiMAX回線の通信エリア比較

ネクストモバイル (ソフトバンク) 回線 WiMAX回線
関東首都圏
地方 (中国地方 広島県付近)

首都圏では、ネクストモバイル回線、WiMAX回線それぞれサービスエリアの差はそれほど大きくありませんが(若干、ネクストモバイル回線のカバー率が高くなります)、地方で観た場合は、ネクストモバイル回線のカバー率が圧倒的に高くなります。

地方在住の方や、出張や旅行先でインターネット接続をふんだんに行うという方は、WiMAXよりもネクストモバイルの通信エリア網を活用したほうが良いでしょう。また、地下鉄や建物の奥まった場所でのインターネット接続の際も、ネクストモバイルは接続しやすいとされています。

尚、実際にモバイルWi-Fiルーターをご契約される際は、事前にお住いの地域のサービスエリア状況を確認しておくと良いでしょう。

ネクストモバイルもWiMAXも以下サイトから確認できますので、併せてご参考ください。

WiMAXならGMOとくとくBB1番安い

サービス対応エリアでWiMAXの利用で問題なさそう、となった方は、次はWiMAXの契約先としてプロバイダ選びを検討する必要があります。

現時点で国内のWiMAXプロバイダは20以上ありますが、なかでもおすすめのWiMAXプロバイダは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

GMOとくとくBBの特徴・強みは以下の通りです

WiMAXプロバイダ「GMOとくとくBB」の特徴・強み

  • トータルコストが他のWiMAXプロバイダより安い
  • 選べるキャンペーンプラン(キャッシュバックキャンペーン、月額料金割引キャンペーン)
  • 最新端末を選べる
  • 利用者数が多く、実績も豊富

2つ目の「選べるキャンペーンプラン」についてですが、GMOとくとくBBには、いくつかキャンペーンプランがあり、なかでも人気は「月額割引キャンペーン」になります。

月額割引キャンペーンは、他のWiMAXプロバイダにあるような「キャッシュバック」のキャンペーンこそないものの、その分月額料金が安くなっており、キャッシュバックのような手続きなしで最安級の料金でWiMAXを利用できます。

また、契約後は送料無料の即日発送、機種代0円等、サービス品質もトータルで水準が高く、安心して契約することができるでしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

4K動画やオンラインゲーム利用者は固定回線がおすすめ

さて、ここまでの内容で「自分はWiMAXやネクストモバイルのようなモバイルWi-Fiよりも、固定回線の方が向いているかも…」という方は、続いては「固定回線をどこで契約するか」という判断をしていく必要があるでしょう。

前述の通り、高画質動画(4K動画)やFPSオンラインゲームをふんだんに利用される方、または外出先でインターネット利用の予定があまりないという方は固定回線がおすすめです。

そして、固定回線の契約先については、現在利用されているスマホ・携帯電話のキャリアに応じて決めていくと良いでしょう。

ドコモのスマホを利用されている方はドコモ光がおすすめ

ドコモのスマホ/携帯電話を利用されている方が固定回線を引く場合は、「ドコモ光」がおすすめです。

一番の理由は、ドコモ光の加入によってドコモのスマホ料金を含めた月々の月額料金が最大3,500円安くなるという特典があるからです。

その他にも、15,000円キャッシュバック特典や10,000円の分のdポイントプレゼントなどのキャンペーンも実施しています。

ちなみに、ドコモ光は、前述のGMOとくとくBBともサービス提携しており、GMOとくとくBBのキャンペーンページからも特典を享受しての入会が可能です。

GMOとくとくBB経由で申し込んだ場合、Wi-Fiルーターも無料で付いてくるようですね。

auのスマホ/携帯電話を利用されている方はauひかりがおすすめ

auスマホユーザーで固定回線を希望されている方は、「auひかり」一択でほぼ間違いないでしょう。

理由はというと、上記図でも出ている通り「最大70,000円」の高額キャッシュバック特典があること、更にはauスマートバリューというサービスで、auスマホとau光の併用で最大2,000円月額料金が安くなるからです。

auひかりは毎月のキャンペーンも活性で、その分キャンペーン内容も都度変わっていっていますので、契約の際は必ずそのタイミングでauひかりの公式サイト等でキャンペーン内容をご確認されると良いでしょう。

ソフトバンクのスマホ/携帯電話を利用されている方はソフトバンク光がおすすめ

ソフトバンク回線でスマホをご利用されている方は「ソフトバンク光」がおすすめです。

ソフトバンクはau光を超える、キャッシュバック額が「最大80,000円」とかなり高額ですね。

あとは、ソフトバンクには「おうち割」というサービスがあり、こちらはソフトバンクのスマホとソフトバンク光併用で毎月最大1,000円安くなるというものです。

ドコモやauのそれぞれの光回線もそうですが、月額費用が安くなるのはいわば「積み上がり式」のメリットです。該当される方はぜひとも適用しておくと良いでしょう。

まとめ) 一人暮らしでどのインターネット環境が良いかは、「該当するケース」の見極めが重要!

ここまでお読みになって、いかがでしたでしょうか。

本記事のポイントを以下にまとめてみましょう。

  • 外出先でも自由にインターネット接続したいか → YESならモバイルWi-Fiがおすすめ
  • 動画配信やオンラインFPSなどを利用する予定はあるか → YESなら固定回線(光回線)がおすすめ
  • 格安SIMを利用しており、月間の通信料をセーブしたい → YESならモバイルWi-Fiがおすすめ
  • モバイルWi-Fiでの契約の際は、主に「対応エリア」を確認しつつ、WiMAXかネクストモバイルの選択を
  • WiMAXでの契約の際に、一番のおすすめはGMOとくとくBB
  • 固定回線での契約の際は、使用しているスマホ・携帯電話のキャリアに合わせて契約先の選定を
    ・ドコモ ⇒ ドコモ光
    ・au ⇒ auひかり
    ・ソフトバンク ⇒ ソフトバンク光

上記のポイントを意識しておけば、一人暮らしの際に「なんのインターネット環境を構築すれば良いか」について検討する際に、より迷いのないご判断ができるのではないでしょうか。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。