ギガゴリWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

月額料金がかなり安くて、かつ外出先でのバッテリーの持ちの良いポケットWi-Fiの「ギガゴリWiFi」が気になっていませんか。

ギガゴリWiFiの特徴は、なんといっても「月額料金が安い」こと。

最安値の20GBプランで申し込んだ場合、月額料金は2,350円(2年目以降は2,850円)となり、同スペック端末を扱うサービスにおいては最安値と言えるでしょう。

一方で、ギガゴリWiFiは、「通信速度はそれほど速くない」「月内インターネット使い放題のプランがまだ対応されていない」(2020年1月現在)といったデメリットもあり、「すべての人におすすめできるポケットWi-Fiか」というと、必ずしもそうとは言い切れません。

この記事では、ギガゴリWiFiの特徴、メリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

記事をお読みになれば、ギガゴリWiFiがあなたにとっておすすめのポケットWi-Fiか、しっかりと判断もつけられることでしょう。ぜひご覧ください!

ギガゴリWiFiの特徴・評判は?

はじめに、ギガゴリWiFiの特徴・評判について見ていきましょう。

ギガゴリWiFiの運営会社は

ギガゴリWiFiを運営するのは、GMOインターネット株式会社。東京渋谷に本社を置く、東証一部上場企業です。

GMOインターネット株式会社は1991年設立され、これまでインターネットに関するインフラから広告・メディア・金融など多岐にわたるサービスを展開してきました。

同社の手掛ける「お名前.com」や「GMOクリック証券」を利用されていたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

それらサービスの中でも、インターネットプロバイダサービスの「GMOとくとくBB」はひと際活性しており、2019年5月時点における会員数は130万人。

光コラボ(光回線)やWiMAXなどのプロバイダサービスを行っており、今回新たに本記事で紹介する「ギガゴリWiFi」の提供も開始されました。

参考:「GMOとくとくBBはどんな会社が運営していますか?」 ギガゴリWiFi公式HP「よくあるご質問」より

Q:GMOとくとくBBはどんな会社が運営していますか?

A:プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

安心の大手キャリア通信

続いては、ギガゴリWiFiのポケットWi-Fiとしてのスペックについて見ていきましょう。

ギガゴリWiFiのスペック

端末名 FS030W
回線 ソフトバンク回線
通信速度

下り最大150Mbps

上り最大50Mbps

連続通信時間 約20時間
重量 128g
同時接続 15台

ギガゴリWiFiのスペックでまず注目しておきたいのが、通信回線に「ソフトバンク回線」を利用しているという点です。

ソフトバンク回線は、国内のインターネット回線の中でも特に繋がりやすさに定評のある回線です。

地方の都市部から離れたところにお住いの方や、建物の奥まった場所や地下エリアでインターネット接続をすることが多いという方は、ソフトバンク回線を利用するギガゴリWiFiの利用がマッチするかもしれませんね。

一方、通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsと、ギガゴリWiFiはそこまでの回線速度はありません。このあたりについては、「ギガゴリWiFiのデメリット──通信速度は早くない」でも詳しく述べていますので、併せてご覧ください。

ギガゴリWiFiの料金

続いては、ギガゴリWiFiの料金プランについても見ていきましょう。

現在ギガゴリWiFiは、「20GBプラン」と「30GBプラン」、そして「使い放題プラン」の3つのプランを用意しています。

※ただし、「使い放題プラン」は2020年1月時点では「準備中」で申し込みはできない状態となっています。

料金

□20GBプラン(契約期間:1年間)

1年目 月額2,350円、2年目以降 月額2,850円

□30GBプラン(契約期間:1年間)

1年目 月額2,650円、2年目以降 月額3,100円

□使い放題プラン(契約期間:1年間)

1年目 月額3,050円、2年目以降 月額3,500円

事務手数料 3,000円
解約違約金 12カ月目まで18,000円、14ヶ月目以降8,000円
端末補償

「安心サポート」月額300円(最大2カ月無料)

「安心サポートワイド」月額500円(初月0円、2ヶ月目200円)

上記スペック表を見て、パっと目に付くのはやはり月額料金の安さでしょうか。

一番価格帯の高くなる「使い放題プラン」においても、1年目は月額料金3,000円で済ませられます。現在他の会社の使い放題プランを利用していて、ギガゴリWiFiの料金に惹かれる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そのほか、「20GBプラン」「30GBプラン」「使い放題プラン」どのプランも契約期間は1年間となっています。また、契約初月において、月額料金は日割り計算されます。

ギガゴリWiFiの評判

さて、ギガゴリWiFiを実際に利用した人の評判はどうかというと、残念ながらリリースから間もないこともあり(2020年1月24日現在)、Twitterでは以下2件のコメントが確認されたのみでした。

上記どちらのコメントも、「ギガゴリWiFiってお得そうだけどどうなのかな…」といった、まだ利用前の打診フェーズのようですね。

現在、多くの人達はポケットWi-Fiに「制限なしのインターネット利用」を求めています。

そのため、ギガゴリWiFiにおいても今後人気が出るプランは、現在「準備中」とされている「使い放題プラン」になることでしょう。

ギガゴリWiFiの評判については、使い放題プランが提供されるようになってから改めて確認しておくと良いかもしれませんね。

ギガゴリWiFiのメリット

続いてはギガゴリWiFiのメリットはどのようなものがあるかについて確認してみましょう。

押さえておきたいメリットは、大きく以下の3点です。

  • 契約期間が1年間
  • 3つのプランから選択できる
  • 口座振替に対応予定?

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

契約期間が1年間

ポケットWi-Fiサービスと言うと、多くの場合契約期間が2年〜3年と長めに設定されていますが、ギガゴリWiFiは1年間としています。

解約違約金の心配なしに継続か解約かを検討できる時期が1年毎にあるのは、他のポケットWi-Fiサービスと比較してのギガゴリWiFiのやや大きなアドバンテージと言えるでしょう。

参考:ギガゴリWiFiの契約期間(公式HPより)

上記図にあるように、サービス利用から1年毎に「契約更新月」(ピンクの網掛け部分)が訪れ、この間に解約する場合は解約違約金なしで済ませられるということですね。

一方、契約更新月以外のタイミングで解約する場合は、1年目18,000円、2年目以降8,000円の解約違約金が発生しますのでご注意ください。

3つのプランから選択できる

また、ギガゴリWiFiは前述の通り利用する人のタイプに合わせて「20GBプラン」と「30GBプラン」、そして「使い放題プラン」の3つのプランを用意しています。

例えば、「インターネットの利用はメールやWeb閲覧のみなので、通信量はそれほど必要ない」という方は、月額料金の安い20GBプランや30GBプランを選択してコストを抑えられる、ということですね。

また、「毎月のインターネット利用量を気にせず、ガンガン活用したい」という方は「使い放題プラン」がおすすめになります。

このように、活用イメージに合わせて柔軟にプランを選べる点は、ギガゴリWiFiのメリットのひとつと言えるでしょう。

また、このように「3つのプランから自分に合ったものを選べる」体制にしているサービスとしてギガゴリWiFiのほか「ネクストモバイル」もありますが、両サービスはほぼ同じサービス内容でありながらギガゴリWiFiのほうが若干安くなっています(1年目利用時において)。

この点については、「ギガゴリWiFiのデメリット──ネクストモバイルとの利用料金比較」にて詳しく紹介していますので、併せてご覧ください。

口座振替に対応予定?

またギガゴリWiFiの支払い方法は現在クレジットカード決済のみですが、今後「口座振替」も対応される見込みです。

公式サイトの「お支払い方法」では、口座振替が「準備中」になっていますので、いずれこちらも対応されるということなのでしょう。

クレジットカードをお持ちでない方や、何かしらの理由でクレジットカードでの決済をしたくないという方は、今後ギガゴリWiFiの口座振替が役立てられそうですね。

ただし、ギガゴリWiFiで口座振替払いにした際は、初期契約手数料として別途20,000円(税抜)が発生しますのでご注意ください。

ギガゴリWiFiのデメリット

ここまで、ギガゴリWiFiの特徴、メリットについて見てきましたが、デメリット面でどんな点があるかについても見ていきましょう。

ギガゴリWiFiの契約前に、特に知っておきたい・押さえておきたいデメリットは以下の5点です。

  • 通信速度は速くはない
  • 「使い放題プラン」がまだ申し込めない
  • 2年目以降は月額料金が上がる
  • 端末補償オプションに加入する必要がある
  • 即日発送に対応するかは不明

ギガゴリWiFiがあなたにとってリスクのないおすすめのポケットWi-Fiサービスかを判断するためにも、上記5点についてしっかりチェックしていきましょう。

通信速度は速くはない

前述の通り、ギガゴリWiFiの通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっており、WiMAXやソフトバンクのPocket WiFiといった他の高速回線のポケットWi-Fiと比べるとやや遅めです。

参考:「速度はどれくらい出ますか?」ギガゴリWiFi公式HP「よくあるご質問」より

Q:速度はどのくらい出ますか?

A:下り最大150Mbpsです。本サービスはベストエフォート型のサービスです。記載の速度は、理論上の最大接続速度でありインターネットご利用時の通信速度を保証するものではありません。

 

下り最大150Mbpsという速度は、Webサイトの閲覧やYoutub動画や音楽のストリーミング視聴といった通常のインターネット利用では問題なく利用できますが、以下のような用途ではやや表示・再生がコマ送りのようになったり途絶えたりすることもあるでしょう。

  • 高画質動画の視聴
  • 動画つきのテレビ会議
  • FPS等のオンラインゲーム

上記のような用途でのインターネット利用も検討されている方は、ギガゴリWiFiよりも光回線等の固定回線や、WiMAXなどの通信速度の速いポケットWi-Fiサービスを利用されることをおすすめします。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fiを徹底比較

ポケットWiFi(Pocket WiFi)のおすすめの機種はどれ?

「使い放題プラン」がまだ申し込めない

また、ギガゴリWiFiの3プランのうち「使い放題プラン」は現在(2020年1月)は準備中で申し込むことができません。

月間の利用データ量が軽めで済みそうな方は料金の安い「20GBプラン」「30GBプラン」を選んで問題ないでしょうが、月内インターネット無制限で利用したいという方は、今のところギガゴリWiFiではなく別のポケットWi-Fiサービスを利用する必要があります。

クラウドSIMのWiFiサービス4社を比較!あなたにぴったりのクラウドWiFi

WiMAXのおすすめの機種はどれ?WiMAXの機種の選び方を解説

2年目以降は月額料金が上がる

また、ギガゴリWiFiを契約する際に特に注意したい点が、「1年目と2年目とで、月額料金が約500円変わる(2年目から値上げになる)」という点です。

ギガゴリWiFiの「20GBプラン」と「30GBプラン」、そして「使い放題プラン」の3つのプランはどれも1年契約ですが、2年目以降も継続して利用する場合は、利用料金が約500円上がります。

ちなみに、ギガゴリWiFiと同様のプランを展開しているネクストモバイルにおいては、1年目の月額料金はギガゴリWiFiよりやや高くなるものの2年目においてギガゴリWiFiよりも割安になります。

参考:ネクストモバイルとの利用料金比較

  ギガゴリWiFi(1年契約) ネクストモバイル(2年契約)
初期費用 3,000円 3,000円
20GBプラン

1〜12ヶ月目:2,350円

13ヶ月目〜:2,850円

1〜24ヶ月目:2,400円

25ヶ月目〜:2,900円 

30GBプラン

1〜12ヶ月目:2,650円

13ヶ月目〜:3,100円

1〜24ヶ月目:2,700円

25ヶ月目〜:3,200円

使い放題プラン

1〜12ヶ月目:3,050円

13ヶ月目〜:3,500円

1〜24ヶ月目:3,100円

25ヶ月目〜:3,600円

1年契約のギガゴリWiFiでは2年目(13ヶ月目)以降は450円〜500円月額料金が上がります。ネクストモバイルも月額料金が上がる料金体系ですが、2年契約なので上がるのは3年目(25ヶ月目)以降になります。

3年目時点では両者のサービスで料金が上がった状態になりますので、差が出るのは2年目(13〜24カ月目)ということですね。

それでは、2年目以降の料金の差が分かるようにトータルコストで比較してみましょう。

参考:ギガゴリWiFiとネクストモバイルの【トータルコスト】比較

  ギガゴリWiFi ネクストモバイル
20GBプラン

1年 31,200円(2,600円/月)

2年 65,400円(2,725円/月)

3年 99,600円(2,767円/月)

4年 133,800円(2,786円/月)

1年 31,800円(2,650円/月)+解約違約金19,000円

2年 60,600円(2,525円/月)

3年 95,400円(2,650円/月)+解約違約金9,500円

4年 130,200円(2,713円/月)

30GBプラン

1年 34,800円(2,900円/月)

2年 72,000円(3,000円/月)

3年 109,200円(3,033円/月)

4年 146,400円(3,050円/月)

1年 35,400円(2,950円/月)+解約違約金19,000円

2年 67,800円(2,825円/月)

3年 106,200円(2,950円/月)+解約違約金9,500円

4年 144,600円(3,013円/月)

使い放題プラン

1年 39,600円(3,300円/月)

2年 81,600円(3,400円/月)

3年 123,600円(3,433円/月)

4年 165,600円(3,450円/月)

1年 40,200円(3,350円/月)+解約違約金19,000円

2年 77,400円(3,225円/月)

3年 120,600円(3,350円/月)+解約違約金9,500円

4年 163,800円(3,413円/月)

上記表は、ギガゴリWiFiとネクストモバイルそれぞれ1〜4年と年単位で利用した際のトータルコスト比較です。

ネクストモバイルは2年契約のため、契約期間内で解約することになる「1年間」および「3年間」利用になる場合は別途解約違約金が発生しますので、その分トータルコストは大きくなります。特に2年間利用時においてはトータルコストで両サービスの差は4,000〜5,000円にもなり、ネクストモバイルの方が安くなります。

一方のギガゴリWiFiは1年間毎に解約タイミングを持った場合は解約違約金は発生しないこと、および1年目の月額料金がやや安いこともあって、1年間利用・3年間利用におけるトータルコストはネクストモバイルより安くなります。

これらのことから、ギガゴリWiFiとネクストモバイルとで、契約先でどちらにしようか迷った場合は、以下の観点で決めていくと良いでしょう。

  • 利用が1年単位になる可能性がある:ギガゴリWiFiがおすすめ
  • 利用が最短で2年で、長期的な利用の可能性が高い:ネクストモバイルがおすすめ

ネクストモバイルの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

端末補償オプションに加入する必要がある

そのほか、ギガゴリWiFiは申し込み時に端末補償オプションとして「安心サポート」「安心サポートワイド」のいずれかに加入する必要があるので、ご注意ください。

ギガゴリWiFiの端末補償オプション

  補償対象 月額料金
安心サポート 機器の故障 300円(税抜)
安心サポートワイド 機器の故障・破損・水漏れ 500円(税抜)

つまり、ギガゴリWiFiを利用される際は、毎月の料金に加えて上記の端末保証オプションの月額料金も加算されるということですね。

ただし、どちらの端末保証オプションも無料期間を設けていますので、「端末保証オプションは自分には必要ない」という方は「端末発送月の翌月以降」に解約しておくことをおすすめします。

WiMAXの補償サービスは加入する必要なし!水没が心配な方だけ加入しよう

即日発送に対応するかは不明

また、ギガゴリWiFiの発送について「即日発送」対応かは現在公式HP上では確認できません。

これからギガゴリWiFiを申し込まれる方は、ある程度ゆとりを持ったスケジュールで申し込みをしておくと良いでしょう。

ただし、ギガゴリWiFiを運営するGMOとくとくBBは他のWiMAXなどのポケットWi-Fiサービスにおいては即日発送に対応していますので、今後ギガゴリWiFiにおいても即日発送に対応するかもしれません。

ギガゴリWiFiをおすすめの方

ここまで、ギガゴリWiFiの特徴、メリット・デメリットについてお伝えしました。

「ギガゴリWiFiが自分にとっておすすめか、まだよくわからない」という方は、以下の「ギガゴリWiFiがおすすめの方はこんな方」の項目を参考にして、「複数当てはまるかどうか」を確認されると良いでしょう。

ギガゴリWiFiがおすすめの方は、こんな方

  • 安くポケットWiFiを利用したい方
  • 1年単位でポケットWiFiを契約したい方
  • 実績のある会社のサポートを受けたい方
  • 月内のインターネット通信量が20〜30GB以内に確実に収まりそうという方
  • ポケットWi-Fiの通信速度の速さにはそれほどこだわらない方
  • ポケットWi-Fiの利用に、「繋がりやすさ」を求める方

まとめ) 1年以内の利用で、かつ安くポケットWi-Fiを利用したい方には、ギガゴリWiFiはおすすめ

ここまでの内容を、ざっとまとめてみましょう。

ギガゴリWiFiの特徴

  • インターネット回線は大手通信キャリア「ソフトバンク回線」を利用
  • 20GBプラン、30GBプラン、使い放題プランの3プランから選んで契約できる
  • 運営会社は大手インターネットプロバイダのGMOインターネット株式会社

ギガゴリWiFiのメリット

  • 契約期間が1年間
  • 3つのプランから選択できる
  • 口座振替に対応予定?

ギガゴリWiFiのデメリット

  • 通信速度は速くはない
  • 「使い放題プラン」がまだ申し込めない
  • 2年目以降は月額料金が上がる
  • 端末補償オプションに加入する必要がある
  • 即日発送に対応するかは不明

前章でもお伝えしましたが、「安くポケットWiFiを利用したい方」「1年単位でポケットWiFiを契約したい方」「月内のインターネット通信量が20〜30GB以内に確実に収まりそうという方」にはギガゴリWiFiはおすすめのポケットWi-Fiになるでしょう。

一方で、通信速度の速さや月内インターネット使い放題を優先したい人は、同社GMOとくとくBBで提供するWiMAXで検討を進めたほうが良いかもしれませんね。

GMOとくとくBB WiMAXは月額割引がおすすめ!料金が確実に安くなる

あとは、現在「準備中」とされている「使い放題プラン」が提供されるようになれば、月内のインターネット通信量をヘビーに利用したい方にも料金面での優位性が際立ち、ギガゴリWiFiの利用者は自然と増えてくることでしょう。その際にまた、ネット上の評判も改めてチェックしておくと良いかもしれませんね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


2月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
トリプル
キャリア
2年 81,720円 3,405円/月 公式サイト
3 ネクストモバイル
(使い放題プラン)
ソフトバンク 2年 77,400円 3,225円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。