ギガゴリWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

GMOとくとくBBからリリースされた、月額料金が安くて1年契約が可能な「ギガゴリWiFi」が気になっていませんか。

ギガゴリWiFiは2020年2月よりサービス提供が開始された、比較的新しいポケットWi-Fiサービスです。

大手WiMAXプロバイダーであるGMOとくとくBBからの提供ということで、気になっていたという方もいらっしゃることでしょう。

さて、そんなギガゴリWiFiですが、現時点ではすべての人に強くおすすめできるポケットWi-Fiではありません。その理由は、同スペックでより安くておすすめのポケットWi-Fiが他にも存在するからです。

この記事では、ギガゴリWiFiの特徴、メリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

記事をお読みになれば、ギガゴリWiFiがあなたにとっておすすめのポケットWi-Fiか、しっかりと判断もつけられることでしょう。ぜひご覧ください!

ギガゴリWiFiの特徴・評判は?

はじめに、ギガゴリWiFiの特徴・評判について見ていきましょう。

ギガゴリWiFiの運営会社

ギガゴリWiFiを運営するのは、GMOインターネット株式会社。東京渋谷に本社を置く、東証一部上場企業です。

GMOインターネット株式会社は1991年設立され、これまでインターネットに関するインフラから広告・メディア・金融など多岐にわたるサービスを展開してきました。

同社の手掛ける「お名前.com」や「GMOクリック証券」を利用されていたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

それらサービスの中でも、インターネットプロバイダサービスの「GMOとくとくBB」はひと際活性しており、2019年5月時点における会員数は130万人。

光コラボ(光回線)やWiMAXなどのプロバイダサービスを行っており、今回新たに本記事で紹介する「ギガゴリWiFi」の提供も開始されました。

参考:「GMOとくとくBBはどんな会社が運営していますか?」 ギガゴリWiFi公式HP「よくあるご質問」より

Q:GMOとくとくBBはどんな会社が運営していますか?

A:プロバイダー運営実績20年以上の東証一部上場企業GMOインターネット株式会社が運営しております。

プランにより利用回線・契約年数が異なる

ギガゴリWiFiには、20GBプラン、30GBプラン、ワールドプランの3つのプランが用意されています。

プラン名 契約年数 利用回線 機種 海外利用
20GBプラン 1年契約 ソフトバンク回線 FS030W 不可
30GBプラン 1年契約 ソフトバンク回線 FS030W 不可
ワールドプラン 2年契約 トリプルキャリア U2s 132カ国で利用可能

20GBプランおよび30GBプランは契約年数が1年、利用回線はソフトバンクであるのに対して、ワールドプランは契約期間2年、利用回線はトリプルキャリア(ドコモ、au、ソフトバンクの3回線を利用でき、その都度最も繋がりやすい回線を自動選択して接続してくれる回線)と、まさに「別サービス」のような違いです。

公式サイトでも両タイプのプランはページを分けており、特徴紹介も以下のような違いがあります。

20GBプラン、30GBプラン

ワールドプラン

ただし、通信速度についてはどのプランも「下り最大150Mbps、50Mbps」と共通しています。

プランの選定については、「月間のデータ量は20〜30GBで済む」という方は20GBプランまたは30GBプランを、「月間データ量無制限で利用したい」「海外でもインターネット接続したい」という方はワールドプランを優先的に検討されると良いでしょう。

ギガゴリWiFiの料金プラン

続いては、ギガゴリWiFiの料金プランについて見ていきましょう。

料金

・20GBプラン 1年目月額2,350円、2年目以降月額2,850円 

・30GBプラン 1年目月額2,650円、2年目以降月額3,100円 

・ワールドプラン ずっと月額3,460円

事務手数料 3,000円
解約違約金

・20GBプラン、30GBプラン 〜12カ月目18,000円、14ヶ月目〜8,000円 

・ワールドプラン 9,000円

端末補償

・安心サポート 月額300円(最大2カ月無料)

・安心サポートワイド 月額500円(初月0円、2ヶ月目200円)

20GBプラン、30GBプランはともに月額料金は2,000円台ですが、ワールドプランは1,000円程高く3,000円台となっています。一方、解約違約金についてはワールドプランが一律9,000円と安めになっていますね。

20GBプラン、30GBプランは月額料金が2年目以降に500円程値上げされる設計になっています。20GBプラン、30GBプランで契約される方は留意しておくと良いでしょう。

ギガゴリWiFiの評判

さて、ギガゴリWiFiを実際に利用した人の評判はどうかというと、現在のところ概ねポジティブな口コミ・評判が多いようです。

以下は、最近のtwitterの書き込みで確認されたギガゴリWiFiの評判・口コミです。

上記ギガゴリWiFiに関する評判・口コミでは、「通信の安定性」と「十分な接続速度」に関するものが多いようです。ポケットWi-Fiにおいて「繋がりやすさ」と「接続速度」は非常に大切な評価ポイントですので、ギガゴリWiFiはその点で良い評判を得られているのは注視すべきでしょう。

ただし、ギガゴリWiFiと同品質・同スぺックの端末を利用するポケットWi-Fiサービスも多くありますので、これら評判だけでギガゴリWiFiの契約を決めてしまうのは尚早かもしれません。

次項以降で紹介する、「ギガゴリWiFiのメリット・デメリット」もしっかり確認していかれることをおすすめします。

ギガゴリWiFiのメリット

続いては、「ギガゴリWiFiのメリット」について見ていきましょう。

リリース以降何度かサービス仕様を変更しているギガゴリWiFiですが、現時点では以下の2点が同サービスの大きなメリットと言えそうです。

  • ワールドプランでは無制限利用が可能
  • ソフトバンク回線の1年契約が可能

ワールドプランでは無制限利用が可能

ギガゴリWiFiの「ワールドプラン」では、月内データ量の制限なしで、WiMAXのような「3日10GB利用で速度制限」のような通信制限もなく、実質「インターネット使い放題」で利用できます。

かつ、前述のとおりワールドプランは海外でも利用可能(※海外利用時は利用日数分に応じて別途費用が発生します)。海外への旅行や出張が多いという方はワールドプランの利用がフィットされやすいでしょう。

ギガゴリWiFiは「クラウドSIM」を採用しており、こちらは通常はポケットWi-Fiやスマホの内部に挿入されるSIMカードを、クラウドサーバー(インターネット上のサーバー)上で管理する仕組みを指します。

クラウドSIMは、クラウドサーバーから全世界・全キャリアのSIMカードの中から最適な回線を読み込み、インターネットに繋げることができます。

そのため、クラウドSIMを搭載しているギガゴリWiFiの「ワールドプラン」は、国内・海外に関わらずインターネット通信が可能になるのです。

クラウドSIMのWiFiサービス4社を比較!あなたにぴったりのクラウドWiFiサービス

ソフトバンク回線の1年契約が可能

一方の「20GBプラン」および「30GBプラン」では、「ソフトバンク回線を1年契約で利用できる」点に注目すべきでしょう。

FS030Wを利用したソフトバンク回線のモバイルWiFiサービスは他にも多くありますが、その大体は契約期間を2〜3年としており、ギガゴリWiFiのような1年契約のサービスは多くありません。

ただし、他のポケットWi-Fiサービスで、FS030Wの端末で契約期間を「1ヶ月」としたレンタル型のサービスもあります。解約リスクをさらに低くしたい場合は、契約期間のより短い1ヶ月契約のサービスがおすすめになるでしょう。

参考:FS030W端末の主要ポケットWi-Fiサービス 契約期間・月額料金・解約違約金比較

サービス名 契約期間 プラン名 月額料金 解約違約金
FUJI Wifi 1カ月 25ギガプラン 2,480円(12カ月おまとめ支払いで1,980円) なし
ギガゴリWiFi 1年 20GBプラン

1〜12ヶ月目:2,350円

13ヶ月目〜:2,850円

〜12ヶ月目:18,000円

14ヶ月目〜:8,000円

30GBプラン

1〜12ヶ月目:2,650円

13ヶ月目〜:3,100円

ネクストモバイル 2年 フラット20GBプラン

1〜24ヶ月目:2,400円

25ヶ月目〜:2,900円

〜12ヶ月目:19,000円

13〜24ヶ月目:14,000円

26ヶ月〜:9,500円

フラット30GBプラン

1〜24ヶ月目:2,700円

25ヶ月目〜:3,200円

それがだいじWi-Fi 3年 20GBプラン 2,380円 9,500円
30GBプラン 2,680円

FUJI Wifiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

ギガゴリWiFiのデメリット

続いては、ギガゴリWiFiのデメリットについても見ておきましょう。

ギガゴリWiFiでの契約前に必ずチェックしておきたいデメリット・注意点は、以下の4点です。

  • 「2年契約のトリプルキャリア」としてはそれほど安くはない
  • 20GBプラン、30GBプランは2年目以降月額料金が高くなる
  • 通信速度は速くはない
  • 端末補償オプションに加入する必要がある

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

「2年契約のトリプルキャリア」としてはそれほど安くはない

前章のメリットでも紹介した「ワールドプラン」は、トリプルキャリア回線で、かつ2年契約となっています。

そして、実は他のポケットWi-Fiを提供する各社でも、2年契約でトリプルキャリア回線のサービスを出している所が多く、中にはギガゴリWiFiのワールドプランよりも月額料金の安いところも複数あるのです。

参考:国内の主なトリプルキャリア回線のポケットWi-Fiと、契約期間・月額料金比較

サービス名 契約期間 月額料金
ギガゴリWiFi 2年 3,460円
どんなときもWiFi 2年

24ヶ月目まで3,480円(初月日割り)

25ヶ月目以降3,980円

hi-ho GoGo WiFi 2年 3,355円
Mugen WiFi 2年 3,280円(初月0円)

上記表は、現在国内で提供される主なトリプルキャリア回線のポケットWiFiサービスです。

どのサービスも繋がりやすさ、海外での利用可能という特徴は同じですが、月額料金で見たときに「hi-ho GoGo WiFi」と「Mugen WiFi」がギガゴリWiFiのワールドプランよりも安くなっていることが確認できます。

ギガゴリWiFiのワールドプランは、トリプルキャリア回線としては平均的な価格帯であり、よって、料金の安さでは他にもっとおすすめのポケットWi-Fiがある、ということですね。

hi-ho GoGo WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

Mugen WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

20GBプラン、30GBプランは2年目以降月額料金が高くなる

また、20GBプランおよび30GBプランにおいては、「1年目と2年目とで、月額料金が500円変わる(2年目から値上げになる)」という点に注意するべきでしょう。

2年目以降では、「20GBプラン」の月額料金は500円アップの2,850円、「30GBプラン」は450円アップの3,100円と高くなります。

特に他のポケットWiFiと料金面で比較する際は、ギガゴリWiFiの20GBプランおよび30GBプランで2年目以降に月額料金が上がる点も踏まえて、比較検討されることをおすすめします。

通信速度は速くはない

前述の通り、ギガゴリWiFiの通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっており、WiMAXやソフトバンクのPocket WiFiといった他の高速回線のポケットWi-Fiと比べるとやや遅めです。

参考:「速度はどれくらい出ますか?」 ギガゴリWiFi公式HP「よくあるご質問」より

Q:速度はどのくらい出ますか?

A:下り最大150Mbpsです。本サービスはベストエフォート型のサービスです。記載の速度は、理論上の最大接続速度でありインターネットご利用時の通信速度を保証するものではありません。

下り最大150Mbpsという速度は、Webサイトの閲覧やYoutub動画や音楽のストリーミング視聴といった通常のインターネット利用では問題なく利用できますが、以下のような用途ではやや表示・再生がコマ送りのようになったり途絶えたりすることもあるでしょう。

  • 高画質動画の視聴
  • 動画つきのテレビ会議
  • FPS等のオンラインゲーム

上記のような用途でのインターネット利用も検討されている方は、ギガゴリWiFiよりも光回線等の固定回線や、WiMAXなどの通信速度の速いポケットWi-Fiサービスを利用されることをおすすめします。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fiを徹底比較

ポケットWiFi(Pocket WiFi)のおすすめの機種はどれ?

端末補償オプションに加入する必要がある

そのほか、ギガゴリWiFiは申し込み時に端末補償オプションとして「安心サポート」「安心サポートワイド」のいずれかに加入する必要がありますので、ご注意ください。

ギガゴリWiFiの端末補償オプション

  補償対象 月額料金
安心サポート 機器の故障 300円(税抜)
安心サポートワイド 機器の故障・破損・水漏れ 500円(税抜)

つまり、ギガゴリWiFiを利用される際は、毎月の料金に加えて上記の端末保証オプションの月額料金も加算されるということですね。

ただし、どちらの端末保証オプションも無料期間を設けていますので、「端末保証オプションは自分には必要ない」という方は「端末発送月の翌月以降」に解約しておくことをおすすめします。

WiMAXの補償サービスは加入する必要なし!水没が心配な方だけ加入しよう

ギガゴリWiFiよりもおすすめのポケットWi-Fiは?他サービスとの比較

ここまで、ギガゴリWiFiの特徴からメリット・デメリットまで紹介しました。

これまで触れた通り、ギガゴリWiFiは「ワールドプラン」と「20/30GBプラン」の2つのタイプのサービスがありますが、どちらのタイプも料金的にもっとおすすめのポケットWiFiサービスがあります。

一方で、これまでギガゴリWiFiの利用を検討されていた方は、ギガゴリWiFiの「トリプルキャリア回線のアドバンテージ」(ワールドプラン)、または「FS030W端末のリーズナブルさ」(20/30GBプラン)いずれかに魅かれてことかと思います。

そこで、この章では上記それぞれにおいてギガゴリWiFiに代わっておすすめできるポケットWiFiサービスを紹介していきましょう。

トリプルキャリア回線のポケットWiFiは「Mugen WiFI」がもっともおすすめ

トリプルキャリア回線のポケットWiFiで現在最もおすすめできるのは、「Mugen WiFi」です。

Mugen WiFiは、ギガゴリWiFiワールドプラン同様にクラウドSIMで海外利用可でありつつ、月額料金は3,280円と200円近く安くなります。

また、Mugen WiFiは25ヶ月目以降、解約違約金が無料になり、更には契約直後の「30日間の全額返金補償」サービスもついていますので、ポケットWiFiを初めて利用する方も安心して申し込みができます。

その他、ギガゴリWiFiにあるような「端末保証オプションへの強制加入」の仕組みもありません。

料金の安さだけではなく、サービス全体からしても、ギガゴリWiFiワールドプランよりもMugen WiFiのほうがおすすめになるでしょう。

Mugen WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

FS030W端末のリーズナブルなポケットWiFiは、「FUJI Wifi」がもっともおすすめ

「FS030W端末をよりリーズナブルに契約したい」という方に最もおすすめできるポケットWiFiは、「FUJI WiFI」です。

FUJI WifiではWiMAXやクラウド型WiFi等、非常に多くのラインナップを取り揃えており、その中にFS030W端末のサービスも用意されています。

FUJI WiFiの主な特徴は、「レンタル型サービス」であること。1ヶ月単位でのレンタルが可能で、解約時の違約金等も発生しません。ポケットWi-Fiを短い期間で利用したい方にはおすすめです。

FUJI WifiのFS030W系で用意されているプランは、「25GBプラン」と「50GBプラン」の2プランがあります。

FUJI Wifiの利用料金・プラン内容

契約期間 1カ月
初期費用 3,000円
端末代金 無料(レンタル品のため要返却)
端末補償オプション 月額250円と月額400円の2タイプ
送料 無料
月額料金

25GBプラン 2,480円(おまとめ支払いで最大500円引き)

50GBプラン 2,980円(おまとめ支払いで最大500円引き)

FUJI WiFiの月額料金は25ギガプランが2,480円、50ギガプラン2,980円で、ギガゴリWiFiにあるような「2年目以降料金値上げ」といったものはなく、ずっと同じ料金で利用できます。

さらに、「おまとめ支払い」という支払い方法で3〜12ヶ月分の料金を前払いすると、月額料金はさらに最大500円安くなります。

長い期間FS030W端末のポケットWiFiを利用する場合、ギガゴリWiFiよりもFUJI WiFiを選んだほうがトータルコストはかなり節約できることでしょう。

FUJI Wifiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

まとめ)ギガゴリWiFiよりももっとおすすめのポケットWi-Fiがある!しっかりと比較検討を

ここまでの内容を、ざっとまとめてみましょう。

ギガゴリWiFiの特徴

  • インターネット回線は大手通信キャリア「ソフトバンク回線」を利用
  • 20GBプラン、30GBプラン、使い放題プランの3プランから選んで契約できる
  • 運営会社は大手インターネットプロバイダのGMOインターネット株式会社

ギガゴリWiFiのメリット

  • 契約期間が1年間
  • 3つのプランから選択できる

ギガゴリWiFiのデメリット

  • 「2年契約のトリプルキャリア」としてはそれほど安くはない
  • 20GBプラン、30GBプランは2年目以降月額料金が高くなる
  • 通信速度は速くはない
  • 末補償オプションに加入する必要がある

先にもお伝えした通り、ギガゴリWiFiは、20/30GBプランとワールドプランとでその特徴が大きく分かれます。

20/30GBプランはFS030W端末を利用したリーズナブルなポケットWiFiサービスとして、ワールドプランはクラウドSIM&トリプルキャリア回線として抜群の繋がりやすさと海外でも利用可能のアドバンテージを持つポケットWiFiサービスとして利用が可能です。

ですが、どちらのタイプもギガゴリWiFiが「もっともおすすめ」という訳ではなく、料金・サービス面でよりおすすめのポケットWiFiサービスがあることを前章でお伝えしました。

現在国内では非常に多くのポケットWiFiサービスが登場しています。

今回のように、他の類似サービスと比較したときに、もっとおすすめのサービスがあるということは非常によくあります。つまり、ポケットWiFiの契約をする際は、各ポケットWiFiサービスをしっかり比較検討することが大切になるのです。

このサイトでは、そんな「ポケットWiFiサービス選び」を、皆さんがよりスムーズに行えるように情報を紹介しております。是非、参考にしていただければと思います。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


6月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 月額料金
1 BBN Wi-Fi トリプル
キャリア
2年 3,250円/月 公式サイト
2 ギガWi-Fi
(U2sプラン)
トリプル
キャリア
3年 3,250円/月 公式サイト
3 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 3,344円/月
(1〜2ヶ月目2,590円、
25ヶ月目〜4,263円)
公式サイト