月額料金が安いWiMAXは?人気プロバイダ4社の実質料金で比較!

「WiMAXを購入するなら、とにかく月額料金が安いところにしたい!」

WiMAXのご購入をご検討中の方で、上記のように思っている方は多くいらっしゃることでしょう。

WiMAXの各プロバイダでは、「月額◯◯◯◯円〜」「◯◯◯◯◯円キャッシュバック」と料金の安さ・お得さを掲げていますが、実際にそのプロバイダの料金が安いのかは、他社と比較してみない分かりませんよね。

WiMAXのプロバイダを比較する上で重要なのは、毎月の月額料金の合算によるトータルコストで比較することです。

そこで今回は、毎月の固定費となるWiMAXの「月額料金」のトータルコストを比較して、お薦めのWiMAXプロバイダを紹介していきたいと思います。

是非ご覧ください!

当サイトがおすすめするWiMAXの選び方

さて、具体的なWiMAXプロバイダの紹介・解説する前に、一度「WiMAXプロバイダを選ぶとしたらこういう観点でみると良いですよ」といった、WiMAXプロバイダの「選び方」についてお話していきます。

WiMAXプロバイダを選ぶ際に、押さえておきたいポイント

  • 通信プランはギガ放題
  • 契約年数は3年が主流
  • 最新機種が選べる
  • キャンペーンがお得orGETしやすい

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

通信プランはギガ放題

「ギガ放題」という言葉は、WiMAXを購入されようとしている方ならご存知の方も多いことでしょう。

簡単に説明すると、月額の通信量制限なしに「インターネットを使い放題」することができる契約プランです。

実際は「まったく無制限」というわけではなく、3日間で10GBを超えて利用した場合、翌日の18時から翌々日の2時までの約8時間、通信速度制限が発生します(速度1Mbps)。

とはいえ、「3日で10GBの利用」は相当のヘビーユーザーでなければ到達しない通信量ですし、かりに通信制限が発生しても1Mbpsの速度は出ますので、YouTubeの動画閲覧など、通常のインターネット利用は問題なくできるでしょう。

一方、「ギガ放題プラン」とは別に多くのWiMAXプロバイダでは「ライトプラン(またはFlatツープラスプラン)」といったものを用意しています。

こちらはギガ放題とは異なり、「月間の通信量は7GBまで」と決められており、7GBを超えて利用した場合、その月が終わるまでは通信速度制限が発生し、その際の速度目安も128kbpsと、やや制限も厳しめです。

ライトプランはその分ギガ放題と比べて料金自体は安めになっているのですが、普段から仕事プライベート問わずインターネット利用されている方からすると「月間の通信量7GBまで」はやや心元ないところでしょう。

実際、現在WiMAXを契約する新規ユーザーの90%以上は「ギガ放題プラン」を選ばれているそうです。

つまりは、WiMAX購入する際に、選ぶプランは「ギガ放題」一択にしておいた方が望ましく、「月額料金が安いから」という理由だけで「ライトプラン」を選ばない方が良い、ということですね。

契約年数は3年が主流

現在のWiMAXのプロバイダはほとんどが3年契約のみを扱っており、契約年数は選べないのが実情です。

以前は2年契約が選択できるプロバイダも多くありましたが、現在は一部のプロバイダのみで、その場合には「月額料金が高くなる」「お得なキャンペーンが適用されない」などの理由からおすすめはできません。

3年よりも短い期間でのWiMAXの利用を想定しているのであれば、1日単位・月単位で借りられるレンタルサービスの利用をおすすめします。

ポケットWi-Fiが1ヶ月3,000円以下で借りれる?料金が安いレンタル会社

今回の「月額料金が安いWiMAXプロバイダ」比較は、3年契約の場合でご紹介していきます。

最新機種が選べる

WiMAXの性能は日進月歩。1年経てばより高性能な機器がリリースされます。

現在のWiMAX最新機種といえば2019年1月に登場した「Speed Wi-Fi NEXT WX06」ですが、少し前の2018年11月にも「Speed Wi-Fi NEXT WX05」が出ており、現在の最新機種といえばこの2つのモデルになります。

WiMAX最新機種比較

  Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT WX05
外観
メーカー HUAWEI  NECプラットフォームズ
下り最大通信新速度  558Mbps
(LTE使用時 867Mbps
※有線(USB)接続時 1,237Mbps
440Mbps
(LTE使用時 440Mbps)
上り最大通信速度  30Mbps
(LTE使用時 75Mbps
30Mbps
バッテリー(440Mbps通信時)  約7時間10分
(ハイパフォーマンスモード)
約8時間
(ハイパフォーマンスモード)
バッテリー(220Mbps通信時)  約11時間40分
(バッテリーセーブモード)
約14時間
(バッテリーセーブモード)
バッテリー(au 4G LTE通信時)  約10時間 約11時間30分
バッテリー容量  3,000mAh 3,200mAh(取り外し可能)
連続待ち受け時間  約800時間 約850時間

2つの機種を比較すると、通信速度ではW06、バッテリー性能ではWX05が優れているのが分かりますね。

通信速度を優先するのであればW06が文句なしに良いのですが、謳い文句にしているギガビット級通信の下り最大1,237MbpsはUSB接続時の速度ですので、通常のWiMAX2+通信時に最大558Mbpsとなります。WX05でも最大440Mbpsですので、十分に高速通信が期待できるスピードです。

また、W06のバッテリーは一体型なのでバッテリーの劣化が起こると、本体交換という手間と時間がかかります。WX05であれば、バッテリー交換が簡単にできるので、そのリスクはほとんどありません。

ですので、通信速度を優先するのであればW06、バッテリー性能を優先するのであればWX05を選択するのがおすすめです。

キャンペーンがお得 or GETしやすい

その他、WiMAXプロバイダ選びの際は、「キャンペーンのお得さ」をしっかり吟味しておくと良いでしょう。

現在多くのWiMAXプロバイダにおいて、「キャッシュバック特典」「乗り換え時の違約金負担」等、様々なキャンペーンを展開しています。

それらキャンペーンを有効活用することで、「トータルの利用額が数万円レベルでお得になる」となることも少なくありません。

一方で、キャンペーンは得てして「適用条件」なるものも存在します。

例えば、「キャッシュバック特典」の場合は、途中のプラン変更をすると無効になるケースもありますし、「適用期間になってプロバイダからメールのご連絡をした際に、期限までに申し込まないと無効になる」というケースもあります。

それら適用条件も確認しつつ、「これだったら『取りっぱくれ』なしにGETできそうだ」というキャンペーンを提供しているWiMAXプロバイダを選んでいった方が安全でしょう。

WiMAX人気プロバイダ4社の月額料金を比較

さて、ここまで「WiMAXプロバイダを選ぶ時のポイント」をお話してきましたが、ここからはいよいよお薦めプロバイダについてお話していきたいと思います。

本記事のテーマである「月額料金が安いWiMAX」という観点でみたときに、注目しておきたいのは以下の4つのWiMAXプロバイダ(GMOとくとくBBは2つのキャンペーン)です。

  • GMOとくとくBB (キャッシュバック・月額値引きキャンペーン)
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE
  • JPWiMAX

これらWiMAXプロバイダの実際の月額料金がどれだけ安いのか、表形式で比較しながら見ていきましょう。

「月額料金が安い」で評判のWiMAXプロバイダ

下記料金額は「最新機種W06」「ギガ放題プラン」で計上しています。WiMAX提供元のUQ WiMAXも月額料金の比較参考として入れています。

※キャッシュバック特典がある場合、トータルコストからキャッシュバック金額を差し引き、利用月間数で割り戻して計上しております。

プロバイダ キャンペーン・特典 トータルコスト(3年) 実質月額料金 特徴・備考

UQ WiMAX
(参考料金)

キャッシュバック 160,112円 4,448円 最大13,000円キャッシュバック特典

GMOとくとくBB

キャッシュバック 123,060円 3,418円 最大35,000円の高額キャッシュバック特典
月額料金値引き 125,660円 3,491円 月額料金値引きではWiMAX最安
JPWiMAX キャッシュバック
(Amazonギフト券) 
 124,800円  3,467円  契約後すぐに1万円のAmazonギフト券がもらえる
BIGLOBE
キャッシュバック 129,310円 3,592円 月額値引きとキャッシュバックで特典が選べる
Broad WiMAX
月額料金値引き 132,176円 3,672円 他社WiMAXからの乗り換え負担サービスあり
初期費用18,857円割引き

比較したWiMAXプロバイダの中で最も料金が安いのは、GMOとくとくBBの「キャッシュバックキャンペーン」です。UQ WiMAXと比べると実質月額料金で1,000円以上、3年間のトータルコストで約37,000円安くなっています。

GMOとくとくBBは、「月額料金値引きキャンペーン」でも安さを誇っており、キャッシュバックと実質月額料金が約70円の違いで、キャッシュバックの手間なく確実に安い月額料金でWiMAXを利用することができます。

JPWiMAXの特典は1万円分のAmazonギフト券プレゼントによる実質値引きです。通常のキャッシュバックは半年後〜1年後になってようやく手続きをして振込が行われますが、JPWiMAXは契約後すぐにAmazonギフト券が発行されますので、キャッシュバックに抵抗がある方にも安心していただけますよ。

こうして比較してみると、キャッシュバックでも月額値引きでもGMOとくとくBBが料金が安いということが分かりますね。

1番安いプロバイダはGMOとくとくBB

 

GMOとくとくBBでは、キャッシュバックも月額値引きでも料金が安いわけですが、おすすめなのは「月額値引きキャンペーン」です。

トータルコストでは、間違いなくキャッシュバックキャンペーンの方が安くなりますが、月額料金に+70円してでも月額値引きキャンペーンには選択する価値があります。

キャッシュバックは申請が必要!申請し忘れリスクに注意!!

キャッシュバックキャンペーンは「申請漏れ」に注意する必要があります。

どういうことかというと、キャッシュバック特典は通常適用時期に入るとプロバイダから「案内メール」が届きます。

その案内メールで紹介されているエントリーフォームからキャッシュバック額の振込先を設定すると、晴れてキャッシュバック額がGETできる、という仕組みです。

つまりは、その案内メールを気づかずにいたり、その後エントリーフォームの申請し忘れてしまうと、キャッシュバック額がもらえなくなってしまう、ということですね。

メール管理をこまめにしない方や、WEBからの登録が苦手だったり億劫に感じている人はやや要注意です。

反面、普段からメール管理やスケジュール管理ができており、「そういう作業は得意(苦にならない)」という方であれば、GMOとくとくBBの高額キャッシュバック特典はおすすめです。

キャッシュバックは受け取れるか不安な方には月額料金値引き特典がおすすめ!

WiMAXのキャッシュバックは受取率が30%と言われており、受け取れるか不安という方も当然いると思います。そんな方には、「月額料金値引き」の特典が断然おすすめです。

トータルコストでは、キャッシュバックに比べれば若干割高にはなってしまいますが、月額料金がしっかり安くなりますので、キャッシュバック受取リスクに怯えることなく、安心してWiMAXを利用することができます。

GMOとくとくBBのプロバイダ紹介

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

GMOとくとくBBの特徴

  • 契約から1〜2か月の間は月額料金が3,609円に値下げ!
  • キャンペーンのキャッシュバック額がかなり大きい!
  • 月額値引きキャンペーンで安心の格安料金!
  • トータルコストが、他のプロバイダと比較しても群を抜いて安い!

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

「オプションサービス」の解約は忘れずに!

さて、月額料金の安いWiMAXプロバイダについてここまでお話してきましたが、ここでひとつ、重要な注意点をお話しておきたいと思います。

殆どのWiMAXプロバイダは、格安となるキャンペーンの適用条件として、「オプションサービスの加入」を掲げています。そして、問題はそれらオプションサービスが有料(月額課金)であるということ。

例えば、GMOとくとくBBでしたら「GMOとくとくBB安心サポート」(月額300円)、「Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション」(月額362円)が発生し、Broad WiMAXでしたら「安心サポートプラス」(月額550円)、「MyBroad サポート」(907円)が発生します。

GMOとくとくBBのオプションサービス


※詳しくはプロバイダの窓口にお問い合わせください。

まとめ)月額料金最安値プロバイダは「GMOとくとくBB」!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

月額料金の安いWiMAXプロバイダを見極める際に大切なポイントと、実際にお薦めの「月額料金が安いWiMAXプロバイダ」として、GMOとくとくBBを紹介しました。

現在、どのWiMAXプロバイダでもかなりの高頻度でキャンペーン期間を刷新しています。

つまり、数か月後には今回提示した2つのプロバイダよりお得で安いWiMAXプロバイダが登場することも、十分起こりえるということでしょう。

ですので、「WiMAXを契約しよう!」となった際は、再度最新情報を各WiMAXプロバイダの公式サイトからチェックしておくと良いかもしれませんね。

もちろん、こちらのサイトでも常に最新のお薦め情報をご提供できますよう運営してまいりますので、是非またその際はご活用ください。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!




9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。