FUJI Wifiのクラウドプランの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

以前よりポケットWiFi・WiMAXをレンタルできるレンタルWiFiサービスとして人気のあった「FUJI WiFi」が、2019年12月より新プランである「クラウドプラン」をリリースしました。

FUJI WiFiのクラウドプランは、「データ容量無制限」でインターネット利用ができ、かつ「国内・海外どちらでもインターネット接続できる」プランになります。

一方、同様の特徴・メリットを謳うポケットWiFiサービスはほかにも非常に多くのものがあり、これだけの情報では果たしてFUJI WiFiのクラウドプランが「本当におすすめのポケットWiFiサービスか」の判断も付きにくいですよね。

ですが、FUJI WiFiにはそんな他のポケットWiFiサービスと一線を画す、良質なメリット面が数多く含まれているのです。他のポケットWiFiサービスと比較しても、FUJI WiFiのクラウドプランが最もおすすめとなる人も少なくないでしょう。

そこで今回は、そんなFUJI WiFiクラウドプランの特徴からメリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきます。ぜひご覧ください!

FUJI Wifiのクラウドプランの特徴・評判は?

はじめに、FUJI WiFiクラウドプランの運営会社と、サービスの特徴・評判について見ていきましょう。

FUJI Wifiの運営会社

FUJI WiFiを運営するのは、「株式会社レグルス」という人材派遣とモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスを行う会社です。

2010年設立の同社の事業理念は、「通信と人材で、未来を繋げる」(※同社ホームページより)。

かねてよりWiMAX等のポケットWiFiレンタルサービスを行っていましたが、今回の記事で紹介する「クラウドプラン」を2019年12月より開始されました。

クラウドSIMによるトリプルキャリア対応で、海外利用も可能

FUJI WiFiクラウドプランの特徴を把握するうえで、まず押さえておきたいのが「FUJI WiFiクラウドプランは【クラウドSIM】対応」という点です。

クラウドSIMとは、通常ポケットWi-Fiやスマホの内部に挿入される「SIMカード」を用いず、クラウドサーバー(インターネット上のサーバー)上でSIM情報を管理する仕組みを指します。

従来のポケットWiFiは「一端末につき一つのSIMカード」とされていたましたが、クラウドSIM対応のポケットWiFi(クラウドWiFiといいます)はクラウド上の複数のSIM情報を参照することができます。

そして、これによってクラウドWiFiは「国内でのインターネットが繋がりやすい」「海外でもそのまま利用できる」といったメリットを発揮することができるのです。

参考:従来のSIMとクラウドSIMの違い

ちなみに、FUJI WiFiクラウドプランのクラウドSIMは、国内においてドコモ・au・ソフトバンクそれぞれの回線を利用できるようになっています。

更に、海外においてFUJI WiFiクラウドプランは93カ国でインターネット接続が可能です(※2019年12月現在)。

海外でのポケットWiFi利用も検討されている方は「FUJI WiFiクラウドプランのメリット─海外でもそのまま利用可能」にて詳しく説明していますのであわせてご覧ください。

また、FUJI WiFiクラウドプランの通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。

参考:FUJI WiFiクラウドプランの通信速度

下り 最大150Mbps
上り 最大50Mbps

FUJI Wifiのクラウドプランの料金

FUJI WiFiクラウドプランに契約すると、以下の「GlocalME G3」というモバイルルーター端末が送られてきます。

続いては、FUJI WiFiクラウドプランにおいて上記端末を利用する際の料金がどのようになっているかについて、確認していきましょう。

FUJI WiFiクラウドプランの料金プラン

プラン

□快適!クラウドプラン(使い放題):月額3,980円

【おまとめ支払い12ヵ月】の場合は月額3,480円相当 

□100ギガクラウドプラン:月額3,480円 

【おまとめ支払い12ヵ月】の場合は月額2,980円相当

端末代 0円(レンタル品のため要返却)
事務手数料 3,000円
送料 無料
契約違約金 なし

上記FUJI WiFiクラウドプランの料金プランでまずチェックしておきたいのが、「契約違約金」が「なし(無料)」となっている点です。

多くのポケットWiFiサービスにおいては契約後の更新時期以外のタイミングで解約した際に数千〜数万円の高額な解約事務手数料が発生するのですが、FUJI WiFiクラウドプランではそれがありません。

これまでポケットWiFiサービスの利用を検討しつつも解約時の違約金がネックに感じられた人にとっては、この仕組みはかなり大きなメリットに感じられることでしょう。

また、FUJI WiFiクラウドプランはレンタルサービスですので端末代も発生しません。月額料金においても「快適!クラウドプラン」「100ギガクラウドプラン」それぞれ価格はそれほど高くなく、かつ12ヶ月分まとめて支払った場合はかなり料金もお得になります。

参考:「快適!クラウドプラン」「100ギガクラウドプラン」

「契約・解約時のリスクや負担が少なく、かつ月額料金も比較的リーズナブル」というのが、FUJI WiFiクラウドプランの料金の特徴と言えるでしょう。

FUJI Wifiのクラウドプランの評判

さて、ここまでFUJI WiFiクラウドプランの特徴、料金体制を中心に見てきましたが、実際にFUJI WiFiクラウドプランを利用した人たちからどんな評判があるのか、ネットであがっている声を中心に確認してみましょう。

FUJI WiFiクラウドプランの良い評判

FUJI WiFiクラウドプランの「良い評判」で非常に多かったのが、新料金体制になってからの「料金プランのお得さ」「トリプルキャリア・海外利用可のクラウド機能の良さ」についてでした。かなり好意的なコメントが多く散見されますね。

FUJI WiFiクラウドプランの悪い評判・不安感のある評判

一方FUJI WiFiクラウドプランの「悪い評判」や「不安感のある評判」についてはそれほど多くのコメントは確認できませんでした。

FUJI WiFiクラウドプランにおけるマイナス評判においては、「通信速度がそれほど早くない」点を挙げられるケースが多いようです。

この点については次章以降の「FUJI WiFiクラウドプランのデメリット─通信速度は速くはない」で詳しく触れていきたいと思います。

FUJI Wifiのクラウドプランのメリット

さて、続いては改めてFUJI WiFiクラウドプランの「メリット」についてまとめてみましょう。

FUJI WiFiクラウドプランのメリットで押さえておくべきは、以下の6点です。

  • 1ヵ月レンタルだから違約金が発生しない
  • おまとめ支払いで月額料金が安くなる
  • トリプルキャリアで通信制限なし
  • atone払い(コンビニ払い)が可能
  • 端末代金が無料
  • 海外でもそのまま利用可能

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

1ヵ月レンタルだから違約金が発生しない

他のポケットWiFiサービスやクラウドWiFiサービスと比較しての「FUJI WiFiクラウドプラン」の一番のメリットとしては、冒頭でもお伝えしたように「解約違約金が発生しない」ことです。

そもそも、FUJI WiFiクラウドプランの契約は1ヶ月単位となります。ですので、契約の縛り自体が発生しなくなる、ということですね。

この点は、特に「クラウドWiFiサービス」を検討されている方は意識されると良いでしょう。

FUJI WiFiクラウドプラン以外のクラウドWiFiサービスにおいては、更新期間以外での解約時に1万〜数万の解約事務手数料(違約金)が発生します。

参考:クラウドWiFiサービスの解約違約金比較

サービス名 解約違約金
クラウドWiFi ずっと0円
どんなときもWiFi 0〜12ヶ月目19,000円、13〜24ヶ月目14,000円、26ヶ月目〜9,500円
限界突破WiFi 24ヶ月以内18,000円、28ヶ月目以降5,000円、※2年契約後は1年自動更新で最初の3ヶ月間が契約更新期間
Mugen WiFi 0ヶ月目:0円、1〜12ヶ月目9,000円、13〜24ヶ月目5,000円、25ヶ月目〜0円
よくばりWiFi 0〜12ヶ月目18,000円、13〜24ヶ月目12,000円、26ヶ月目〜9,500円
めっちゃWiFi 24ヵ月以内9,800円、25ヵ月以降なし
hi-ho GoGo WiFi 12ヶ月以内18,000円、13〜24ヶ月9,500円、26ヶ月目以降9,500円

ちなみに、「FUJI WiFiクラウドプランを当月中に解約したい」となった際は、その月の15日までにマイページから解約申請を行えばOKです。違約金なしに、その月にて解約を完了することができます。

ただし、解約申請はメール・電話では受け付けておらず、あくまでマイページからの解約申請で行っていただく必要がありますので、その点はご注意ください。

おまとめ支払いで月額料金が安くなる

FUJI WiFiクラウドプランは基本は「1ヵ月払い」ですが、契約時に3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月分をまとめて支払うと月額料金がディスカウントされてかなりお安くすることができます。

数ヶ月分をまとめて支払いにした際にどれだけ安くなるかについて、以下表にまとめましたのでご参考下さい。

プラン名 月々払い 3ヵ月 6ヵ月 12ヵ月
快適!クラウドプラン 3,980円

11,700円

(月額平均3,900円)

※ひと月80円お得

22,800円

(月額平均3,800円)

※ひと月180円お得

41,760円

(月額平均3,480円)

※ひと月500円お得

100ギガクラウドプラン 3,480円

10,200円

(月額平均3,400円)

※ひと月80円お得

19,800円

(月額平均3,300円)

※ひと月180円お得

35,760円

(月額平均2,980円)

※ひと月500円お得

12ヶ月分まとめて支払った際、「快適!クラウドプラン」は月額平均3,480円、「100ギガクラウドプラン」は2,980円まで安くなります。この金額は他のクラウドWiFiサービスと比較してもかなり安い部類に入ります。

かつ、おまとめ期間終了後は、それ以降も安くなった料金のままで1ヵ月ごとのレンタルになるので安心です。

ただし、初回契約時においては「おまとめ金額+事務手数料3,000円」をまとめて支払う必要があるので、初回の金額の大きさが相応になる点には注意しておいたほうが良いでしょう(例:12ヶ月まとめて支払う際は、41,760円+3,000円で43,760円が必要になります)。

トリプルキャリアで通信制限なし

FUJI WiFiクラウドプランは前述の通り、国内回線においてソフトバンク、ドコモ、auの主要3回線を利用でき、それぞれの回線を使いわけ、その時々で一番繋がりやすい回線でインターネット接続することができます。

また、それらトリプルキャリア回線での「繋がりやすさ」を担保する一方、FUJI WiFiクラウドプランでは「月内のインターネット利用における制限なし」で、サービスを利用できます。

現在、ほとんどのポケットWi-Fiにおいては、「1ヶ月内で7〜GBまで」または「3日で10GBまで」といった期間内でのデータ通信量の制限を設けています。

ですが、FUJI WiFiクラウドプランにはその制限がありません。つまり、毎日のインターネット利用において、「今どれくらいインターネット通信しただろう…」といったことを気にせず、利用できます。

ただし、FUJI WiFiクラウドプランの公式HPには「※通信会社の判断に寄り「異常な通信量を利用している」とみなされた場合には制限が発生する場合がございます」と記されていますので、ご留意ください。

atone払い(コンビニ払い)が可能

その他、FUJI WiFiクラウドプランでは、料金支払いの際にクレジットカード決済のほか「atone(アトネ)」というのコンビニ支払いにも対応しています。

「atone(アトネ)」とは、クレジットカードを持っていなくとも支払いを翌月に行える、後払い決済サービスです。つまり、何かしらの理由で「クレジットカード決済はできない(したくない)」という方も、FUJI WiFiクラウドプランでは特に支障なく月々の支払いを行えるということですね。

ただし、前述の「おまとめプラン」では「atone(アトネ)」の支払いはできず、クレジットカード決済のみとなっております。また、一度クレジットカード決済で契約した後にあとから「atone(アトネ)」支払いに変更することもできませんので、ご注意ください。

端末代金が無料

FUJI WiFiクラウドプランはレンタルWiFiサービスのため、端末代は発生しません。

契約した後は事務手数料(3,000円)と初月の月額料金のみで、サービスを開始することができます。

このあたりの手軽さも、FUJI WiFiクラウドプランの一つのメリットと言えるでしょう。

ただし、FUJI WiFiクラウドプランで利用する端末は前述の通り「レンタル品」になります。

つまり、FUJI WiFiクラウドプランのサービス利用(契約)を終了する際は返却が必要となりますのでご注意ください。

海外でもそのまま利用可能

冒頭でお伝えした通り、FUJI WiFiクラウドプランは海外でもそのままインターネット接続することが可能です。

FUJI WiFiクラウドプランの海外対応国は93ヶ国となっています(2019年12月現在)。

様々な国々への出張・旅行の機会があるという方も、FUJI WiFiクラウドプランでしたら安心ですね。

ちなみに、海外でFUJI WiFiクラウドプランを利用する際は、別途1日980円が発生します(通信量は一律500MB)。

参考:FUJI WiFiクラウドプランでインターネット接続可能な国・地域一覧

アジア ベトナム、カザフスタン、パキスタン、韓国、中国、台湾、タイ、香港、カンボジア、インドネシア、マレーシア、シンガポール、ヨルダン、フィリピン、イスラエル、スリランカ、ネパール 
アフリカ モロッコ、西サハラ、ケニヤ、エジプト、南アフリカ共和国、マダガスカル
ヨーロッパ ポーランド、イギリス、チェコ共和国、イタリア、バチカン、サンマリノ、ポルトガル、フランス、モナコ、アイスランド、ロシア、ウクライナ、トルコ、スペイン、ドイツ、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、スイス、デンマーク、エストニア、フィンランド、ギリシャ、クロアチア、アイルランド、リトアニア、ラトビア、マルタ、オランダ、ノルウェー、ルーマニア、セルビア、スウェーデン、スロベニア、スロバキア、モンテネグロ、ジャージー島、マン島、ジブラルタル、リヒテンシュタイン、オーランド諸島、ハンガリー、キプロス、マケドニア共和国、ガーンジー島
北米 アメリカ合衆国、プエルトリコ、メキシコ、セント・マーチン島、カナダ、グアドループ
オセアニア オーストラリア、フィジー、グアム、サイパン
南米 ウルグアイ、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、パナマ、ペルー、エクアドル、コスタリカ、ドミニカ共和国、グアテマラ、ニカラグア、エルサルバドル、ベネズエラ、ガイアナ

FUJI Wifiのクラウドプランのデメリット

さて、ここまでFUJI WiFiクラウドプランのメリットについて詳しく触れましたが、「デメリット」面ではどんな点が挙げられるかについて見ておきましょう。

FUJI WiFiクラウドプランのデメリット面で押さえておきたいのは、以下の3点です。

  • 通常料金は安くはない
  • 通信速度は速くはない
  • 即日発送には対応していない

上記項目について、FUJI WiFiクラウドプランでの契約が適切かどうかの確認も含めて、注意深くチェックしていきましょう。

通常料金は安くはない

FUJI WiFiクラウドプランのデメリット一点目でまず挙げられるのが、「通常料金がそれほど安くない」ことです。

前述の通り、現在多くの会社でクラウドWiFiサービスが提供されていますが、それら他サービスと比較してのFUJI WiFiクラウドプランの料金は以下表の通りです。

他社サービスとの料金比較(初月料金含まず)

サービス名 初期費用 月額料金 2年間総額

FUJI WiFi

100ギガクラウドプラン)

3,000円

3,480円
(12ヶ月まとめて支払いで2,980円)

86,520円
(12ヶ月まとめて支払いで74,520円)
Mugen WiFi(格安プラン) 3,000円 3,280円 81,720円
hi-ho GoGo WiFi(通常プラン) 3,000円 3,355円 83,520円
限界突破WiFi 0円 3,500円 84,000円
クラウドWiFi 3,980円 3,380円 85,100円

FUJI WiFi

(快適!クラウドプラン)

3,000円

3,980円

(12ヶ月まとめて支払いで3,480円)

98,520円

(12ヶ月まとめて支払いで86,520円)

どんなときもWiFi 3,000円 24ヶ月目まで3,480円、25ヶ月目以降3,980円 86,520円
めっちゃWiFi 3,000円 3,480円 86,520円
よくばりWiFi  3,800円 3,450円 86,600円

上記表では、FUJI WiFiの「快適!クラウドプラン」と「100ギガクラウドプラン」、他のクラウドWiFiサービスの月額料金及び2年間の総コストを比較して確認できるようにしています。

快適!クラウドプランのコストがかなり高めになっており、12ヶ月まとめて支払いした際にかろうじて他のサービスと同等の安さになることが確認できるでしょう。

毎月の利用量が100GBまでなら「100ギガクラウドプラン」のおまとめ支払いがお得

FUJI WiFiクラウドプランのもうひとつのプランである「100ギガクラウドプラン」は月額3,480円と他のクラウドWiFiサービスとほぼ同等の価格であり、かつ「おまとめ支払い12ヵ月」にした場合は月額平均2,980円の安さにまで下げられます。

毎月のインターネット利用量が100GBを下回るという人の場合は、「100ギガクラウドプラン」を選ばれると料金的にも(他のクラウドWiFiサービスを選ぶより)お得になるということですね。

プラン内容および「おまとめ支払い」の実施は契約後あとからの変更も可能ですので、まず「快適!クラウドプラン」を1ヵ月利用してみて、月間のインターネット利用量が100GBに収まるようであれば、「100ギガクラウドプラン」の「おまとめ支払い12ヵ月」へプラン変更するというのもひとつの手かもしれません。

ご自身のインターネット利用スタイルに合わせて、一番お得なプランを設計しておくと良いでしょう。

通信速度は速くはない

前述の通り、FUJI WiFiクラウドプランの通信速度は下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっており、WiMAXやソフトバンクのPocket WiFiといった他の高速回線のポケットWi-Fiと比べるとやや遅めです。

参考:「FUJI WiFiクラウドプラン」の端末スペック

端末 GlocalME G3
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
連続使用時間 15時間
サイズ 約 幅65mm × 高さ126.5mm × 厚さ19mm
重さ 約240g

WiMAXやソフトバンクPocket WiFiの最新端末では下り最大1Gbps以上の速度が出るのに対して、FUJI WiFiクラウドプランの下りの速度は最大値150Mbpsとなっています。

インターネット通信に速度を求める、高速回線であることを重要視される方はFUJI WiFiクラウドプランよりもWiMAXなどの高速回線のポケットWi-Fiがおすすめになるかもしれません。

WiMAXとワイモバイル(Y!mobile)のポケットWi-Fiを徹底比較

ポケットWiFi(Pocket WiFi)のおすすめの機種はどれ?

即日発送には対応していない

また、FUJI WiFiクラウドプランは契約後の「即日発行」には対応していません。

他のポケットWi-Fiサービスにおいて、申し込み後「即日発送」を行っているところは少なくありませんが、FUJI WiFiクラウドプランでは、最短で2営業日後の発送になりますのでご注意ください。

参考:FUJI WiFiクラウドプランと他のクラウドWiFiサービスの端末発送タイミングについて

  どんなときもWiFi めっちゃWiFi Mugen WiFi FUJI WiFiクラウドプラン
発送タイミング 即日発送 3営業日前後で発送 即日発送

最短で

2営業日後の発送

ちなみに、FUJI WiFiクラウドプランは申し込み時に「当月から利用」か「翌月から利用」のいずれかを指定することができます。

また、上記の通りFUJI WiFiは即日発送不可とおり、かつ月半ばから利用したとしても料金は「月単位」となります(初月日割りなし)。

ですので、申し込みの際は(発送にかかる日数も見越して)余裕をもって早めに契約を行い「翌月から利用」を指定すると特に損なく利用開始できるでしょう。

FUJI Wifiのクラウドプランをオススメの方

ここまでの内容で、FUJI WiFiクラウドプランの特徴・メリット・デメリットについて、ご理解も深められたのではないでしょうか。

一方で、「FUJI WiFiクラウドプランが自分にとっておすすめか、まだよくわからない」という方は、以下の「FUJI WiFiクラウドプランがおすすめの方はこんな方」の項目を参考にして、「複数当てはまるかどうか」を確認されると良いでしょう。

  • トータルコストが安くなるなら初期費用が掛かってもいい方
  • 月間の利用量が100GBに収まる方
  • 月額料金の支払いをクレジットカード以外で行いたい方
  • ポケットWiFiを海外でも利用したい方
  • ポケットWiFiの解約時の違約金支払いをネックに感じている方

上記5項目の複数が当てはまり、さらに前述したFUJI WiFiクラウドプランのデメリット(通常料金は安くない、通信速度は早くない、即日発送に対応していない)が気にならないという方は、FUJI WiFiクラウドプランを契約先として本格的に検討を進められると良いでしょうね。

まとめ) FUJI WiFiクラウドプランは、契約・解約時の手軽さと、「まとめて支払い」のお得さがポイントのクラウドWiFiサービス!

ここまでの内容を、ざっとまとめてみましょう。

FUJI WiFiクラウドプランの特徴

  • クラウドSIM採用のポケットWiFiで、国内はソフトバンク・ドコモ・auの回線を利用できる
  • 「快適!クラウドプラン」(月額3,980円)と「100ギガクラウドプラン」(月額3,480円)の2つのプランから選択可能
  • 「まとめてお支払い」(3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月)を実施すると、月額料金が大きくディスカウントされる
  • 契約期間は1ヶ月間(契約期間の縛りなし)

FUJI WiFiクラウドプランのメリット

  • 1ヵ月レンタルだから違約金が発生しない
  • おまとめ支払いで月額料金が安くなる
  • トリプルキャリアで通信制限なし
  • atone払い(コンビニ払い)が可能
  • 端末代金が無料
  • 海外でもそのまま利用可能

FUJI WiFiクラウドプランのデメリット

  • 通常料金は安くはない
  • 通信速度は速くはない
  • 即日発送には対応していない

先に、「契約・解約時のリスクや負担が少なく、かつ月額料金も比較的リーズナブル」というのが、FUJI WiFiクラウドプランの料金の特徴であるとお伝えしました。

ですが、「FUJI WiFiクラウドプランのデメリット」でお伝えしたように通常料金のままの契約ですとFUJI WiFiクラウドプランは他のクラウドWiFiサービスと比較してそれ程お得にはなりません。

「おまとめ支払い」サービスの利用と、その他月100GBまでの利用で収まりそうでしたらより料金の安いプランの「100ギガクラウドプラン」を選ぶべきでしょう。

その他FUJI WiFiクラウドプランは、「通信速度」がそれほど早くないこと、「即日発送」には対応していないといったディスアドバンテージはあります。

ですが、それらでメリット面を許容でき、かつFUJI WiFiクラウドプラン内での最適な料金プランを自身で設定できるようしたら、FUJI WiFiクラウドプランは他のサービスと比べてもかなりお得で、かつサービス品質の高いポケットWiFiサービスとして、活躍してくれることでしょう。

つまり、FUJI WiFiクラウドプランを上手に契約するとする際には、今回この記事で紹介したFUJI WiFiクラウドプランのサービス内容をしっかり把握した上でのプラン選択が重要となるのです。

現在FUJI WiFiクラウドプランでの契約を検討中の方は、ぜひこの記事を参考にして下さいね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


2月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
トリプル
キャリア
2年 81,720円 3,405円/月 公式サイト
3 ネクストモバイル
(使い放題プラン)
ソフトバンク 2年 77,400円 3,225円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。