WiMAXの初月(1ヵ月目)の料金が無料で契約できるプロバイダ6社を比較!

「WIAMXの初月(1カ月目)の月額料金が、無料になるプロバイダで契約したい」と考えていませんか。

現在(201812月)、初月以降の月額料金が無料になるWIAMXプロバイダはいくつかあります。

中には最大で初月〜3か月目までの期間無料になるWiMAXプロバイダもあるくらいです。

ですが、ここで注意しておきたいのは、初月〜数か月間が無料(またはディスカウント料金)であったとしても、契約期間のトータル価格自体は割高になるケースも少なからずあるということ。

そこで今回は、「初月(一カ月目)以降の月額料金が無料のWiMAXプロバイダ」と、そのプロバイダが本当にお得かどうかを、しっかりご紹介していきたいと思います。

是非ご覧ください!!

「初月の月額料金が無料のプロバイダ」一覧

はじめに、初月の月額料金を無料としているWiMAXプロバイダがどこなのか、一覧で紹介していきましょう。

「初月の月額料金が無料のプロバイダ」一覧

プロバイダ名 無料期間 条件等 基本の月額料金 (ギガ放題)
BIGLOBE WiMAX 最大1ヶ月間 ・公式サイトからの申込み
・契約期間:2年/3年
※2年契約は「WX03」の端末のみ
3,380円
※申込翌月〜翌々月は2,695円/月
So-net WiMAX 最大1ヶ月間 ・公式サイトからの申込み
・契約期間:3年
3,380円
@nifty WiMAX 最大1ヶ月間 ・公式サイトからの申込み
・「ギガ放題プラン 3年契約」での申込み
4,100円
※申込翌月〜翌々月は3,420円/月
カシモWiMAX 最大1ヶ月間 ・公式サイトからの申込み
・「最安級プラン」での申し込み
・契約期間:2年
3,380円
※申込翌月〜翌々月は1,380円/月
DTI WiMAX 最大2ヶ月間 ・公式サイトからの申し込み
・「ギガ放題プラン 3年契約」での申込み
・契約期間:3年 (2年契約は無料対象外)
3,760円
※申込翌月は2,590円
楽天ブロードバンド
WiMAX
最大3ヶ月間 ・公式サイトからの申し込み
・契約期間:3年
4,380円

現在、初月の月額料金を無料としているプロバイダは全6プロバイダ!

初月のみならず、DTI WiMAXや楽天ブロードバンドWiMAXは2〜3か月まで無料とされています。

ですが、この「月額料金が無料になる期間」だけでWiMAXの契約先プロバイダを決めて良いかというと、そんなことはありません。併せて、条件や無料期間を終えた後の月額料金、そしてそのプロバイダの特徴・特性を見極めていく必要があるでしょう。

ここからは、上記に紹介した5つのWiMAXプロバイダについて、どのプロバイダがお得かじっくり見ていきましょう。

初月の料金が無料のプロバイダ

初月の月額料金を無料としているプロバイダのうち、まずは「初月の料金のみを無料」としている、以下4プロバイダを見ていきたいと思います。

  • BIGLOBE WiMAX
  • So-net WiMAX
  • nifty WiMAX
  • カシモWiMAX

BIGLOBE WiMAX

プロバイダ名 無料期間 条件等 基本の月額料金 (ギガ放題)
BIGLOBE WiMAX 最大1ヶ月間 ・公式サイトからの申し込み
・契約期間:2年・3年
※2年契約は「WX03」の端末のみ
3,380円
※申込翌月〜翌々月は2,695円/月

BIGLOBE WiMAXは、NECの関連会社である「ビックローブ株式会社」が提供するWiMAXプロバイダサービスです。WiMAXのみならず、インターネットプロバイダの老舗として、多くの人がご存知の会社でしょう。

BIGLOBE WiMAXの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 料金がリーズナブル
  • 2年契約が選択できる ※端末「Speed Wi-Fi NEXT WX03」のみ
  • サポート品質が高い
  • 支払方法で、クレジット決済か口座振替かを選ぶことができる

老舗インターネットプロバイダだけありバランスの取れたサービス品質ですが、月額のトータルコストで言うと、これから紹介するカシモWiMAXGMOとくとくBBといった格安WiMAXプロバイダと比べてやや割高になります。

サポート品質や、提供業者の実績や信頼を重視される方にはおすすめWiMAXプロバイダと言えるでしょう。

BIGLOBE WiMAXについては、以下記事にて詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

BIGLOBE WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

So-net WiMAX

プロバイダ名 無料期間 条件等 基本の月額料金
(ギガ放題)
So-net WiMAX 最大1ヶ月間 ・公式サイトからの申し込み
・契約期間:3年
3,380円

So-net WiMAXは、ソネット株式会社が運営しているプロバイダです。前述のBIGLOBE同様、国内インターネット普及時から活躍していたインターネットプロバイダ会社です。

「ソネット」と聴いて、少し前に人気を集めたマスコットキャラクターの「ポストペットモモ」を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

So-netの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 料金がリーズナブル
  • 「カスペルスキー」や「So-net安心サポート」等、So-netならではのサポート体制がある
  • 契約期間は3年契約のみ

So-netも月額料金がリーズナブルで、おすすめできるプロバイダの一つではあるのですが、契約期間は「3年」で固定されています。また、月額のトータルコストはこれから紹介するカシモWiMAXGMOとくとくBBといった格安WiMAXプロバイダと比べてやや割高になります。

BIGLOBE同様、提供企業の実績・信頼でプロバイダの契約先を優先して検討されている方には向いているでしょうが、「コスト重視」でプロバイダを決める方は、他の格安プロバイダを見ておいたほうが良いでしょうね。

So-net WiMAXについては、以下記事にて詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

So-net WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

nifty WiMAX

プロバイダ名 無料期間 条件等 基本の月額料金 (ギガ放題)
@nifty WiMAX 最大1ヶ月間 ・公式サイトからの申し込み
・「ギガ放題プラン 3年契約」でのお申込み
4,100円
※申込翌月〜翌々月は3,420円/月

nifty WiMAXは、ニフティ株式会社の提供するWiMAXプロバイダです。

同社についてはBIGLOBESo-net同様、老舗インターネットプロバイダサービスとしてご存知の方も多いことでしょう。

niftyの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 料金がリーズナブル
  • 3万円キャッシュバックキャンペーン実施中(201812月現在)

niftyは最近キャンペーンが活性しており、201812月には「3万円」キャッシュバックも実施しています。

基本の月額料金が4,100円とやや高めですが、キャッシュバック額と相殺すればなかなかリーズナブルな料金プランと言えるでしょう。かつ、初月の月額料金が無料になるのも嬉しいポイントですね。

トータルコストで言うと、後述のカシモWiMAXGMOとくとくBBの方がお薦めですが、今後よりお得なキャンペーンを展開する場合もありますので、プロバイダ選定時には一度チェックしておくと良いでしょう。

カシモWiMAX (最安級プラン)

プロバイダ名 無料期間 条件等 基本の月額料金 (ギガ放題)
カシモWiMAX 最大1ヶ月間 ・公式サイトからの申し込み
・「最安級プラン」での申し込み
・契約期間:2年
3,380円
※申込翌月〜翌々月は1,380円/月

カシモWiMAXは、株式会社MEモバイルが提供するWiMAXプロバイダです。

2017年105日からサービスを開始した新興プロバイダですが、その料金の安さ、サービス品質のバランスの良さから、じわじわと人気が高まりつつあります。

カシモWiMAXの特徴としては、以下が挙げられます。

  • トータル的に料金が安い
  • 契約期間で「2年契約」を選択できる!
  • 「初月の月額料金無料」は「最安級プラン」のみで、選べる端末に制限がある

カシモWiMAXの特徴としてまず挙げられるのは、前述の通り「トータルコストの安さ」、そして「2年契約を選べること」です。

現在「3年契約」が主流となっているWiMAXですが、トータルコスト面、端末の劣化タイミング等を踏まえると2年契約のほうが何かとメリットがあります。

WiMAXのおすすめの契約期間は?全4パターンのメリット・デメリット

一方で、カシモWiMAXで「初月の月額料金無料」を狙うとしたら「最安級プラン」を選ぶ必要があり、こちらのプランですと選べる端末機器に制限がかかります。

2018年12月現在、「最安級プラン」で選べる端末は「Triprouter」のみ。

こちらは現在主流となっているSpeed Wi-Fi NEXT W05Speed Wi-Fi NEXT WX05と比べるとやや使い勝手が悪くなりますので、カシモWiMAXを契約先に選ぶ場合は、「最安級プラン」ではなく「新端末プラン」にしておいたほうが良いでしょう。

「新端末プラン」にした際は「初月の月額料金無料」の特典は無くなりますが、それでも料金の安さのメリットは充分にあります。

カシモ WiMAXについては、以下記事にて詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

カシモWiMAXとGMOとくとくBB比較!メリットの差・違い

DTI WiMAX3年ギガ放題プランのみ2ヵ月無料

続いては、月額料金無料が「2ヶ月」無料となる、DTI WiMAXについて見ていきましょう。

プロバイダ名 無料期間 条件等 基本の月額料金 (ギガ放題)
DTI WiMAX 最大2ヶ月間 ・公式サイトからの申し込み
・「ギガ放題プラン 3年契約」でのお申込み
・契約期間:3年(2年契約は無料対象外)
3,760円
※申込翌月は2,590円

DTI WiMAXは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供しているWiMAXプロバイダサービスです。同社は光回線サービスや格安SIMサービスも展開しており、それらサービスの価格の安さで人気を得ています。

DTI WiMAXの特徴としては、以下が挙げられます。

  • トータル的に料金が安い
  • 最新端末のWiMAXを入手できる (かつ、月額料金無料の特典も享受できる)
  • DTI会員限定の「DTI Club Off」を利用できる!
  • auスマートバリューmineに非対応

DTI WiMAXも、カシモWiMAX同様トータルコストが安く、更には「最大2ヶ月間、月額料金無料」の特典がありと、コスト面での魅力の高いプロバイダです。

DTI WiMAXをプロバイダ先として選定する際に注意したいのは、上記に挙げた特徴の4つ目「auスマートバリューmineに非対応」という点です。

auスマートバリューmineとは、「auスマホ(またはau携帯)をご利用の方が、併せてWiMAXを利用した際に、auスマホ・携帯の月額料金が最大1,000円割引される」サービスです。

auスマートバリューmineとWiMAXは相性抜群!スマホ料金が毎月1000円お得に

現在、多くの主要WiMAXプロバイダがauスマートバリューmineに対応していることを鑑みると、auユーザーの方にはDTI WiMAXはあまりおすすめできないかもしれませんね。

DTI WiMAXについては、以下記事にて詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

DTI WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

楽天ブロードバンドWiMAX3ヵ月無料

次にご紹介するのは、月額料金無料が「3ヶ月」も無料!となる、楽天ブロードバンドWiMAXについてです。

プロバイダ名 無料期間 条件等 基本の月額料金 (ギガ放題)
楽天ブロードバンドWiMAX 最大3ヶ月間 ・公式サイトからの申し込み
・契約期間:3年
4,380円

「楽天ブロードバンドWiMAX」は、楽天グループ会社の「楽天コミュニケーションズ株式会社」が提供しているWiMAXプロバイダサービスです。

同社は「楽天モバイル」や「楽天コミュニケーションズ光」といったサービスも提供しておりますので、ご存知でないという方は殆どいらっしゃらないのではないでしょうか。

楽天ブロードバンドWiMAXの特徴としては、以下が挙げられます。

  • 入会特典で楽天スーパーポイントが5,000ポイント貯まる
  • セキュリティ・サポート等のオプションサービスが豊富
  • 提供するWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT W05 のみ
  • 料金(トータルコスト)はやや高め

楽天ブロードバンドWiMAXの特徴で注意したいのは、最後に挙げた「料金(トータルコスト)はやや高め」というところ。「最大3カ月間の月額料金無料」はかなり魅力的ですが、その後の基本の月額料金は4,380円と、他のWiMAXプロバイダと比べてかなり高めです。

結果、3年間契約で使い続けた際に、他のWiMAXプロバイダと比べてトータルコストが高くなってしまう、ということですね。

一方で、「入会特典で楽天スーパーポイントが5,000ポイント貯まる」はじめ、楽天ブロードバンドWiMAXでは楽天スーパーポイントが貯まりやすくなる仕組みがありますので、普段から楽天サービスをご利用されている方には向いているかもしれません。

楽天ブロードバンド WiMAXについては、以下記事にて詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

楽天ブロードバンドWiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

事務手数料が無料のプロバイダ

続いては、月額料金ではなく契約時の「事務手数料」が無料になるプロバイダを紹介します。

通常、WiMAXプロバイダ契約時にかかる事務手数料は3,000円。つまり、WiMAX利用時の1ヶ月分の月額料金とほぼ同様のコストが発生しているということですね。

参考:WiMAXプロバイダの事務手数料目安

  事務手数料
WiMAXプロバイダ ギガ放題プラン 3,000円
WiMAXプロバイダ 通常プラン 3,000円

DTI WiMAXの通常プランの場合、事務手数料は5,000円になります。

そんな中、以下の2プロバイダにおいては、特定のプラン・条件に限り事務手数料を無料に設定しています。

  • BIGLOBE WiMAX
  • nifty WiMAX

BIGLOBE WiMAX(ギガ放題 2年契約 WX03

先にもご紹介したBIGLOBE WiMAXですが、ギガ放題プランでSpeed Wi-Fi NEXT WX03の端末につき、事務手数料を無料にすることができます。

プロバイダ名 条件等 基本の月額料金 (ギガ放題)
BIGLOBE WiMAX ・公式サイトからの申し込み
・2年プラン契約
・端末Speed Wi-Fi NEXT WX03を選択
3,380円
※申込月は無料
※申込翌月〜翌々月は2,695円/月

Speed Wi-Fi NEXT WX03は201612月にリリースされたWiMAXで、最新バージョンと比べるとスペック面でやや劣りますが、それでも十二分に活用できます。

かつ、この端末で契約した場合2年契約も可能となりますので、「WiMAXのスペック(速度等)にはあまりこだわらない」という方は、こちらのプランでの検討をされても良いでしょう。他の格安WiMAXプロバイダと比べても、かなり手ごろなコスト感です。

nifty WiMAX(ギガ放題 2年契約 キャッシュバックプラン W04)

nifty WiMAXもギガ放題プランでSpeed Wi-Fi NEXT W04の端末につき、事務手数料を無料にすることができます。

プロバイダ名 条件等 基本の月額料金 (ギガ放題)
@nifty WiMAX ・公式サイトからの申し込み
・2年プラン契約
・端末Speed Wi-Fi NEXT W04を選択
・20,000円キャッシュバック
4,350円
※申込月は無料
※申込翌月〜翌々月は3,670円/月

Speed Wi-Fi NEXT W04は20172月にリリースされた機種ですので、最新機種に比べれば通信速度は劣りますが、まだまだ現役で使用できるスペックです。

月額料金では、BIGLOBEの事務手数料無料のプランよりも割高になりますが、20,000円キャッシュバックがあるので、トータルコストではほぼ同額になります。

最新機種にこだわらないという方であれば、こちらもおすすめですね。

総支払額はとくとくBBがもっとも安い

ここまで、初月の月額料金が無料となるWiMAXプロバイダについて紹介してきました。

「それで結局、どのプロバイダが一番お得なの?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

そこで、ここまで紹介した6プロバイダに、併せて人気プロバイダであるGMOとくとくBBBroad WiMAXを加えての、3年間利用時のトータルコスト比較を行ってみたいと思います。

各プロバイダの3年間利用時のトータルコスト比較

※ギガ放題プラン 基本3年契約プランで計上(2年契約プランの場合は更新後1年利用した場合で計上)

プロバイダ名 事務手数料 基本の月額料金 (ギガ放題) キャッシュ
バック額
トータルコスト
(3年間)
BIGLOBE WiMAX
(月額値引き)
3,000円 3,380円
※申込月は無料
※申込翌月〜翌々月は2,695円/月
123,310円
BIGLOBE WiMAX
(キャッシュバック)
3,000円 4,380円
※申込月は無料
※申込翌月〜翌々月は3,695円/月
30,000円 129,310円
So-net WiMAX 3,000円 3,380円 ※申込月は無料 124,680円
@Nifty WiMAX 3,000円 4,100円
※申込月は無料
※申込翌月〜翌々月は3,420円/月
149,240円

カシモWiMAX

(Triprouter)

3,000円 3,380円
※申込月は無料
※申込翌月〜翌々月は1,380円/月
120,680円
DTI WiMAX 3,000円 3,760円
※申込月〜翌月は無料
※申込翌々月は2,590円
133,430円
楽天ブロードバンド
WiMAX
3,000円 4,380円
※申込月〜翌々月は無料
151,920円
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
3,000円 4,263円
※申込月は3,609円の日割り計算
※申込翌月〜翌々月は3,609円/月
42,200円 116,569円
GMOとくとくBB
(月額値引き)
3,000円 3,260円
※申込月は2,170円の日割り計算
※申込翌月〜翌々月は2,170円/月
120,350円
Broad WiMAX 3,000円 3,411円
※申込月〜翌々月は2,726円/月
127,152円

上記で最もトータルコストの安いプロバイダは…

  • 1位 GMOとくとくBB キャッシュバックキャンペーン 116,569
  • 2位 GMOとくとくBB 月額無料キャンペーン 120,350
  • 3位 カシモWiMAX Triprouter 120,680
  • 4位 BIGLOBE WiMAX(月額料金値引き特典) 123,310
  • 5位 So-net WiMAX 124,680

上記プロバイダ内での最安値は、1位・2位ともに「GMOとくとくBB」でした。

月初の月額料金や事務手数料が無料だとしても、3年の総支払額でみるとこのように金額差が出てくるのは驚きですね。

2ヶ月間無料のDTI WiMAX3か月間無料の楽天ブロードバンドWiMAXにおいては、3年間総額で見ると他のWiMAXプロバイダよりもかなり高額になるのも注意しておきたいところでしょう。

つまり、契約当初の割引だけでプロバイダを選定してしまうと、最終的に損をしてしまう可能性があるということですね。

トータルコストでWiMAXを選定するのなら、GMOとくとくBBにしておけば間違いなし

現時点でトータルコスト面で最もお薦めのWiMAXプロバイダは、前述の通りGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」、「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

GMOとくとくBBの特徴

  • 選べるキャンペーンプラン
  • トータルコストが、他のプロバイダと比較しても群を抜いて安い!
  • 電話窓口等、サポート体制も充実!

GMOとくとくBBには、いくつかキャンペーンプランがあり、なかでも人気は「キャッシュバックキャンペーン」と「月額割引キャンペーン」になります。

プロバイダ名 事務手数料 基本の月額料金 (ギガ放題) キャッシュ
バック額
トータルコスト
(3年間)
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
3,000円 4,263円
※申込月は3,609円の日割り計算
※申込翌月〜翌々月は3,609円/月
42,000円 116,769円
GMOとくとくBB
(月額値引き)
3,000円 3,260円
※申込月は2,170円の日割り計算
※申込翌月〜翌々月は2,170円/月
120,350円

「キャッシュバックキャンペーン」はキャッシュバック額420,00円という驚異の額が魅力ではあるのですが、トータル的に安定してお薦めできるは「月額割引キャンペーン」でしょう。

月額割引キャンペーンは、キャッシュバックキャンペーンこそないものの、その分月額料金が安くなっており、キャッシュバックのような手続きなしで最安級の料金で進めることができます。

また、契約後は送料無料の即日発送、機種代0円等、サービス品質もトータルで水準が高く、安心して契約することができるでしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

契約のタイミングは月初が最もお得!

さて、ここまでの内容から、「次にWiMAXを契約するとしたら、このプロバイダにしよう」というイメージを大分持ててきたのではないでしょうか。

最後に、WiMAXを契約する際の「タイミング」についてお話しておこうと思います。

結論から言えば、WiMAXを契約するタイミングで一番おすすめは「月初」、つまり月初めになります。

初月無料としているプロバイダの場合は、その無料期間を最大限活用するとしたら月初の契約にすべきでしょう。

かつ、GMOとくとくBBのような初月を日割り計算としているプロバイダ、Broad WiMAXのように初月の契約日に関わらず定額にしているプロバイダの場合も、月初にしておけば料金を損することにはなりません。

逆に月末に契約してしまうと、プロバイダによってはせっかくの無料月が数日のみで消化されることになってしまいます。

WiMAXの契約時は、なるべく月初に合わせて行うようにすると良いでしょう。

WiMAXの契約タイミングについては、以下記事で詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

WiMAXの契約のタイミングは月初がおすすめ!初月のルールの違いを比較

まとめ) 初月の料金に惑わされず、トータルコストでWiMAXプロバイダ選びを!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

「初月の月額料金無料」のWiMAXは確かに魅力的です。ですが、トータル価格で見たときに、それら「初月〜23ヶ月の間、月額料金無料」のプロバイダがそれ程お得にならないことは、良くご理解いただけたのではないでしょうか。

WiMAXは、スマートホンや携帯電話同様に末永く扱っていく製品です。

そして、利用している期間は通常月額料金が発生します。つまり、その「末永く扱う」という長い視点をもって、WiMAXのプロバイダ選びをしていく必要があるということですね。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。