DTI WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

WiMAXのプロバイダ探しで、「DTI WiMAXってどうなんだろう?」と気になっていませんか。

WiMAXのプロバイダ探しをすれば必ずと言って良いほど登場するDTI WiMAX。提供会社の株式会社ドリーム・トレイン・インターネットは、古くからインターネットプロバイダ事業を行っていますので、ご存知の方もいらっしゃることでしょう。

ですが、WiMAXのプロバイダ候補としてDTI WiMAXはあまりおすすめできません。

理由は、ほかにお薦めのWiMAXプロバイダがいくつかあるからです。

とは言っても、そのおすすめでない理由があいまいなままですと、迷いのないWiMAXプロバイダ選びもしにくいですよね。

──ということで、今回はDTI WiMAXの主な特徴からメリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきたいと思います。是非ご覧ください!

DTI WiMAXの特徴・評判は?

DTI WiMAXってどんなプロバイダ?

DTI WiMAX」は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供しているWiMAXプロバイダサービスです。

同社は光回線サービスや格安SIMサービスも展開しており、それらサービスの価格の安さで人気を得ています。

そんな株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが展開する、DTI WiMAXですが、WiMAXの基本サービスは他のプロバイダ同様、「ギガ放題プラン」と「通常プラン」の大きく2つのプランが用意されています。

DTI WiMAX ギガ放題プラン

契約期間 2年間 / 3年間
2年間契約が選べる端末はSpeed Wi-Fi NEXT WX03のみ
通信方式 WiMAX2+
基本月額料金 最初の3か月間:3,500円 4か月目以降:4,300
事務手数料 3,000円
通信量制限ルール 月内の制限なし
ただし、3日間で10GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌日1800〜翌々日2:00までの8時間、1Mbpsの速度制限が発生

DTI WiMAX 通常プラン

契約期間 2年間 / 3年間
2年間契約が選べる端末はSpeed Wi-Fi NEXT WX03のみ
通信方式 WiMAX2+
基本月額料金 3,500円
事務手数料 5,000円
通信量制限ルール 月内で7GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌月までの月内の残り期間にて128Kbpsの速度制限が発生

上記ギガ放題プラン、通常プランの内容は、他のWiMAXプロバイダと大きな差はありません。

特徴を挙げるとしたら、以下の3つの点になるでしょう。

  • 基本3年契約。2年契約を選べるのは、Speed Wi-Fi NEXT WX03のみ
  • 通常プランでは事務手数料が若干割高
  • 月額料金は他のWiMAXプロバイダと比べてやや高め

続いては、そんなDTI WiMAXを利用した人々から、実際どんな評判があるかを見てみましょう。

DTI WiMAXに対しての「良い評判」 

最新のWiMAX端末はじめ、契約時にいくつかの端末を選べたのが良かったです。月額利用料の店舗で購入するより安かったですし。送料も無料で、スムーズに利用開始できました。

設定はすぐに完了でき、インターネット接続ができました。他のWiMAXプロバイダと料金を比較すると、若干高いかな?と思いましたが、まあ気にならない程度です。
PCとスマホ、それからゲーム機でのネット接続をDTI WIMAXで利用していますが、使用感は快適ですね。

大分前に契約しました。キャッシュバック額も結構高額でしたので、その点で満足しています。
インターネットの速度的にも、問題なし。DTIWiMAXは、バランスの取れたサービスだと思います。

オフィスで活用しています。私の会社は従業員5名の小規模オフィスなのですが、DTI WiMAXを導入してから一気にネット利用がスムーズになりました。なによりも有難いのが安定性です。急につながりにくくなるということは殆どありません。これまでの光回線と比べてコストカットもできたので、満足しています。

DTI WiMAXについての「良い評判」で多かったのは、「インターネットの繋がりやすさ」「契約から利用迄がシンプルかつスムーズ」といった点でした。

ただ、このあたりの評価は他のWiMAXプロバイダでも同様ですので、参考程度にとどめておくと良いでしょう。

一点注意したいのは、3人目の方の「キャッシュバック額が高額だった」というコメントです。実は、DTI WiMAXは以前まで3万円の高額キャッシュバックキャンペーンを実施していたのですが、現在はもう行われていません。

代わりに、「NTTグループカード新規入会キャンペーン」と言って、DTI WiMAXの月額料金をNTTグループのクレジットカード(NTTグループカードレギュラー や NTTグループカードゴールド)を使って支払うと最大6,000円のキャッシュバックが行われるというキャンペーンを行っています(201812月現在)。

このあたりは、次章の「DTI WiMAXのメリット」でも詳しく見ていきましょう。

DTI WiMAXに対しての「悪い評判」

一方、DTI WiMAXについての「悪い評判」については以下のようなものがありました。

契約後2か月目まで月額料金が無料になるのは良いのだけれど、3か月目以降が結構高い。GMOとくとくBBBIGLOBE WiMAXのほうが断然お得になると思う。

auユーザーですが、auスマートバリューmineが使えなかったのがショックでした…。年間にすると1万円以上の特典になるので、この点は残念ですね。auユーザーは別のauスマートバリューmine対応のプロバイダにしたほうが良いと思います。

料金が高い。あと、以前まであったキャッシュバックキャンペーンがなくなっていたのがマイナス。DTI WiMAXを選ぶ理由が見つからない。

DTI WiMAXについての「悪い評判」で多かったのは、「月額料金が高め」だということ。実際はというと、他のWiMAXプロバイダと比べて決して割高なプロバイダではないのですが、キャッシュバックキャンペーンを含め、入会時の特典のお得感があまりないところから、そういったマイナスイメージを持たれているのかもしれませんね。

DTI WiMAXのメリット

さて、DTI WiMAXの良い評判、悪い評判を見ておいた後に、改めてDTI WiMAXのメリットについて整理してみましょう。

WiMAX プロバイダ DTI WiMAXのメリットとしては、以下の4点が挙げられます

  • 入会後、月額料金2か月分無料!
  • 最新端末のWiMAXを選べる!
  • クレジットカード支払いでNTTカードグループのクレカ利用で最大6,000円のキャッシュバック!
  • DTI会員限定の「DTI Club Off」を利用できる!

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

入会後、月額料金2か月分無料!

多くのWiMAXプロバイダでは初月からしっかりと月額料金を取っていますが、DTI WiMAXでは契約月〜翌月まで月額料金が無料となっています。

2か月分の月額料金が無料になるので、ギガ放題プラン・通常プランどちらも最大7,000円分(3,500円×2か月)のコストダウンになります。結構大きな金額ですよね。

ただし、「2ヶ月間の無料期間中に解約しよう」とすると、解約時に「解約違約金」として19,000円が発生しますのでご注意ください。

WiMAXは8日以内なら無料キャンセル可能!初期契約解除制度とは

最新端末のWiMAXを選べる!

その他、DTI WiMAXでは最新端末のWiMAXを選べます。

2018年11月にリリースした最新端末Speed Wi-Fi NEXT WX05DTI WiMAXのほうですぐに対応していました。

参考:DTI WiMAXの対応端末機器一覧(201812月現在)

 機種名 リリース時期 デザイン 契約期間
Speed Wi-Fi NEXT WX05 2018年11月 3年
Speed Wi-Fi NEXT W05 2018年1月 3年
WiMAX HOME01 2018年12月 3年
Speed Wi-Fi HOME L01s 2017年11月 3年
Speed Wi-Fi NEXT WX03 2016年12月 2年

WiMAXプロバイダによっては、最新端末を選べないところも少なくありませんので、このあたりは嬉しいポイントでしょう。

最新ルーター「WX05」スペック完全ガイド! WiMAXがさらに使いやすく

WiMAX機種 W05スペック完全ガイド!契約すべきプロバイダは?

クレジットカード支払いでNTTカードグループのクレカ利用で最大6,000円のキャッシュバック!

前章でも述べましたが、DTI WiMAX契約後、支払い方法をNTTグループカードのクレジットカードにすることによって、毎月500円×12か月間、最大6,000円分のキャッシュバックを得ることができます。

通常、キャッシュバックキャンペーンとなると手続きが必要となるのですが、こちらのキャンぺーンは、DTI WiMAX契約後にDTI WiMAXの会員ページ(My DTI)より月額料金のお支払い方法をNTTグループカードに変更するだけ。この手続きのシンプルさも魅力です。

ただし、NTTグループカードのクレジットカードとしての特典は、他のクレカと比べてそれ程沢山あるわけではないので、このキャンペーン目的でNTTグループカードを作成するのはあまりお薦めしません。

すでにNTTグループカードをご利用中の方、NTTグループカードを持つことによってメリットを感じられる方が活用されると良いでしょう。

DTI会員限定の「DTI Club Off」を利用できる!

DTI WiMAXで契約すると、DTI会員限定の「DTI Club Off」を利用できるようになります。

DTI Club Off」は、宿泊・レジャー・エンタメ等のサービスを特別優待価格で利用できるサービスです。クレジットカード等の会員優待をイメージされると良いでしょう。

WiMAXプロバイダでこういった会員特典サービスを用意しているところは殆どありません。このあたりを有効活用できるイメージを持てる方は、DTI WiMAXをプロバイダ契約先に検討するのもありかもしれませんね。

DTI WiMAXのデメリット

続いては、DTI WiMAXのデメリットについても見てみましょう。

DTI WiMAXのデメリットとして挙げられるのは、以下の4点です。──ちょっと多めですね。

  • 2年契約プラン」で契約できるのは「WX03」のみ
  • auスマートバリューmineに非対応
  • 通常プラン契約時に、事務手数料が5,000円と割高
  • トータルコストでみたときに最安値プロバイダではない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

2年契約プラン」で契約できるのは「WX03」のみ

DTI WiMAXでは、最新端末のWiMAX含め主要製品は3年契約でのみ受付可能としており、2年契約プランで契約できるのはWX03のみとなっています。

WX03は2016年12月に発売された機種なので、もう2年が経過しています。WX05やW05に比べて、通信速度やバッテリーにおいて、やはり劣る性能なのは否めませんね。

auスマートバリューmineに非対応

前述の「DTI WiMAXに対しての悪い評判」でも触れられましたが、DTI WiMAXは、auスマートバリューmineにも対応していません。

auスマートバリューmineが何かというと、「auスマホ(またはau携帯)をご利用の方が、併せてWiMAXを利用した際に、auスマホ・携帯の月額料金が最大1,000円割引されますよ」というサービスです。

auスマートバリューmineとWiMAXは相性抜群!スマホ料金が毎月1000円お得に

現在、多くの主要WiMAXプロバイダがauスマートバリューmineに対応しているのに対して、DTI WiMAXが対応していないというのは、auユーザーにとっては致命的なディスアドバンテージと言えるでしょう。

auスマートバリューmineの、年間最大12,000円の値引きはかなり大きな特典です。auユーザーの方は、DTI WiMAXよりも後述の「WiMAXのプロバイダの理想な選び方」で紹介しているプロバイダを選んだほうが良いでしょう。

通常プラン契約時に、事務手数料が5,000円と割高

その他、DTI WiMAXでは、通常プラン契約時の事務手数料がなぜか5,000円と、他のWiMAXプロバイダと比べて割高なのです。

  事務手数料
DTI WiMAX ギガ放題プラン 3,000円
DTI WiMAX 通常プラン 5,000円
他のWiMAXプロバイダ ギガ放題プラン 3,000円
他のWiMAXプロバイダ 通常プラン 3,000円

現在ほとんどの方はWiMAX契約時のプランとして「ギガ放題プラン」を選びますのでその際は問題ありませんが、通常プランでの契約をご検討中の方はご注意ください。

トータルコストでみたときに、最安値プロバイダではない

契約後最大2か月間月額料金が無料であることが特徴のDTI WiMAXですが、トータルコストで観たときには、他のWiMAXプロバイダ──たとえばGMOとくとくBBのほうが安くなります。

ここでは、他の「月額料金の安さ」をウリにしているWiMAXプロバイダの「GMOとくとくBB」と「Broad WiMAX」とで、実際のトータルコストを比較しつつ見てみましょう。

WiMAXプロバイダのトータルコスト比較

※ギガ放題プラン、WX05またはW05で3年契約した場合の比較

  GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
GMOとくとくBB
(月額割引)
Broad WiMAX DTI WiMAX
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
0か月目 (端末発送月) 3,609円の
日割り計算
2,170円の
日割り計算
2,726円 0円
1か月目 3,609円 2,170円 2,726円 0円
2か月目 3,609円 2,170円 2,726円 2590円
3〜24か月目 4,263円 3,260円 3,411円 3,760円
25〜36か月目 4,263円 3,260円 4,011円 3,760円
キャッシュバック特典 ▲41,500円 ――― ――― ―――
トータルコスト (3年間) 117,269円 120,350円 134,352円 133,430円

3年間のトータルコストでみると、DTI WiMAXは、GMOとくとくBBよりも1万5,000円ほどコスト高になります。

上記に紹介したプロバイダはどこも最安級と言われるプロバイダですので、DTI WiMAXも決して高いプロバイダという訳ではないのですが、「コストの安さ」を最優先してプロバイダを選ぶ際は、DTI WIMAXよりもGMOとくとくBBの方がお薦めでしょう。

WiMAXのプロバイダの理想な選び方

さて、ここまででDTI WiMAXのメリット・デメリットを含めた特徴は大分把握されたことと思います。一方で、「では一体、どのWiMAXプロバイダにすればよいの?」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

WiMAXプロバイダを選ぶ際の、押さえておきたいポイントは以下の2点です。

  • トータルコストが安い
  • 最新機種が選べる

1点目については、前の章で詳しくお話していますので説明不要でしょう。

2つ目の「最新機種が選べる」については、WiMAXはまさに日進月歩で性能も向上してきていますので、契約するとしたら最新機種で申し込まれるのがお薦めです。

さて、これら「WiMAXプロバイダの理想的な選び方」の2要素について、先ほどトータルコストの比較で出した「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」「DTI WiMAX」で比較すると以下の通りです。

  GMOとくとくBB Broad WiMAX DTI WiMAX
トータルコストの安さ
最新機種が選べるか
参考: サポート品質

こうして比較して見ると良くわかりますが、やはり「GMOとくとくBB」に軍配が上がります。

おすすめのWiMAXプロバイダはGMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

現時点で最もお薦めのWiMAXプロバイダは、GMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、「お名前.com」や「GMOクリック証券」、「GMOクラウド」など多くのサービスを展開するGMOインターネット株式会社が提供するプロバイダサービスです。

DTI WiMAXと比較した際に、GMOとくとくBBには以下のアドバンテージがあります。

DTI WiMAXと比べた際の、GMOとくとくBBのメリット(アドバンテージ)

  • トータルコストが、DTI WiMAXより安い
  • auユーザー向けのauスマートバリューmineが適用される
  • 選べるキャンペーンプラン

3つ目の「選べるキャンペーンプラン」についてですが、GMOとくとくBBには、いくつかキャンペーンプランがあり、なかでも人気は「キャッシュバックキャンペーン」と「月額割引キャンペーン」になります。

「キャッシュバックキャンペーン」はキャッシュバック額4万円という驚異の額が魅力ではあるのですが、トータル的に安定してお薦めできるは「月額割引キャンペーン」です。

月額割引キャンペーンは、キャッシュバックキャンペーンこそないものの、その分月額料金が安くなっており、キャッシュバックのような手続きなしで最安級の料金で進めることができます。

また、契約後は送料無料の即日発送、機種代0円等、サービス品質もトータルで水準が高く、安心して契約することができるでしょう。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

まとめ 「安心・信頼のサポート」を期待するのならDTI WiMAXがベスト!

ここまでお読みになれて、いかがでしたでしょうか。

一度、DTI WiMAXのメリット、デメリットについてまとめてみましょう。

DTI WiMAXのメリット

  • 入会後、月額料金2か月分無料!
  • 最新端末のWiMAXを選べる!
  • クレジットカード支払いでNTTカードグループのクレカ利用で最大6,000円のキャッシュバック!
  • DTI会員限定の「DTI Club Off」を利用できる!

DTI WiMAXのデメリット

  • 2年契約プラン」で契約できるのは「Speed Wi-Fi NEXT WX03」のみ
  • auスマートバリューmineに非対応
  • 通常プラン契約時に、事務手数料が5,000円と割高
  • トータルコストでみたときに最安値プロバイダではない

他のWiMAXプロバイダとコスト感を含めた全体的なサービス品質で比較したときに、DTI WiMAXは「最もおすすめ」とは言えません。

また、前述の通りauユーザーの方はauスマートバリューmineを利用できるプロバイダを選ぶべきでしょう。

一方で、「DTI Club Off」はじめDTIの提供サービスの幅広さに魅力を感じられた方は、公式サイト等をご覧になりつつ、検討をさらに深めてみても良いかもしれませんね。

DTI Club Off dream.jp

DTIのご利用料金を毎月500円お得に! ntt-card.com

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。