Drive WiMAXは1年契約できる!契約する前に知るべき全知識

「WiMAXってどこのプロバイダも契約期間が長すぎる…」
「Drive WiMAXって、1年契約でWiMAXの契約ができるって本当?」

この記事に辿りついた方々は、きっと上のようなお悩みやお考えがあってのことでしょう。

多くのWiMAXプロバイダにおいては、契約期間が2〜3年と設定されており、短期間でWiMAXを使用したい人、試しに使ってから本格導入をしたい人には向いていない場合もあります。

そんな中、Drive WiMAX(ドライブ ワイマックス)は1年契約を可能とする、かなりレアなWiMAXプロバイダです。これは、これからWiMAXの契約を検討されている方はぜひともチェックしておきたいところですよね。

ですが、「WiMAXを1年契約できるから」だけの理由で、Drive WiMAXを選んで本当によいのか、不安になる方も多いことでしょう。

そこで今回はDrive WiMAXの「1年契約」プランから、その他特徴・デメリットまで詳しくお伝えしていきたいと思います。

Drive WiMAXはまだ歴史の浅いプロバイダで、公式サイトや他の情報サイトには掲載されてない内容もありますが、本記事では提供会社にも直接確認しつつまとめましたので、ご安心ください!

【Drive WiMAX】: https://wimax-internet.net/

全プロバイダで唯一Drive WiMAXなら1年契約できる

Drive WiMAXってどんなプロバイダ?

Drive WiMAXは株式会社Wiz(ワイズ)が提供する、WiMAXプロバイダサービスです。

株式会社Wizは、IoT事業からICT事業、そのほかメディア運営事業等ITの幅広い分野に手事業展開をされている会社です。

2015年、2016年には「ベストベンチャー100」に認定されるなど、現在勢いをもって成長されている新興企業です(設立2012年)。

そんな株式会社Wizが提供する「Drive WiMAX」の主な特徴は以下の通り。

  • 1年契約が可能!
  • 月額料金がギガ放題プラン、ライトプラン共に3,000円台と安い
  • キャッシュバックキャンペーンを実施している

これら特徴についてはこの先詳しく述べていきたいと思いますが、特に気になるのが1つ目の「1年契約が可能!」というところですよね。

殆どのWiMAXプロバイダは2〜3年契約としているなか、なぜDrive WiMAX1年契約プランを実施できているのか。まずはその理由を紐解いていきましょう。

なぜDrive WiMAXでは1年契約が可能なの?

なぜ、Drive WiMAXでは1年契約が可能なのかというと、理由は「WiMAX機種自体の在庫を抱えている」からです。

Drive WiMAXの提供会社の株式会社Wizでは、WiMAXプロバイダとしての活動の他、「WiMAXのレンタル」も実施しており、その為レンタル用のWiMAX機器の数量を多く取り揃えている──ということですね。

株式会社WizのレンタルWiMAXサービス「Drive WiMAX2」

1年以上のWiMAX利用者に向けては「Drive WiMAX」のプロバイダサービスで提供し、数日間の短期間利用の方に向けては「Drive WiMAX2」のレンタルWiMAXサービスで提供しているということでしょう。

ただし、上記のようにフレキシブルな対応を行える反面、在庫状況も流動的になります。

例えば Speed Wi-Fi NEXT W05といった人気の機種は、タイミングによっては在庫切れで契約時に選択できない場合もありますのでご注意ください。

Drive WiMAXの「1年契約」の料金プラン

さて、気になるDrive WiMAXの1年契約の料金プランは以下の通りとなっています。

他の多くのWiMAXプロバイダ同様、ライトプラン(通常プラン)、ギガ放題プランとあります。

Drive WiMAX ライトプラン

契約期間 1年間 / 2年間
通信方式 WiMAX2+
基本月額料金 3,196円
事務手数料 3,000円
通信量制限ルール 月内で7GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌月までの月内の残り期間にて128Kbpsの速度制限が発生

Drive WiMAX ギガ放題プラン

契約期間 1年間 / 2年間
通信方式 WiMAX2+
基本月額料金 3,880円
事務手数料 3,000円
通信量制限ルール 月内の制限なし
ただし、3日間で10GB以上のインターネット通信を行った場合、
翌日1800〜翌々日2:00までの8時間、1Mbpsの速度制限が発生

上記Drive WiMAXのライトプラン・ギガ放題プランそれぞれを見てまず特徴的なのは、基本月額料金が非常にシンプルであるということ。1年契約であろうと2年契約であろうと一律の金額です。

WiMAXプロバイダの料金体制は複雑なところが多く計算が大変になることも少なくありませんが、これだけシンプルだと安心ですよね。

Drive WiMAXで契約をする場合、まず住所や連絡先などを申し込みフォームで送信後、専門スタッフがWiMAXがその地域でWiMAXが利用可能かを確認してから、折り返しの電話で料金内容などを連絡してくる、という流れになります。

つまり、Drive WiMAX1年契約を申し込む場合は専門スタッフに直接伝えるということですね。

Drive WiMAXのお申し込みフォーム

Drive WiMAXは「端末発送日」より課金発生となるので注意!

Drive WiMAXで契約する際に一点注意したいのが、「課金発生」のタイミングです。

他の多くのWiMAXプロバイダ同様、Drive WiMAXでは初月の月額料金は日割り計算されるのですが、開始タイミングは「端末発送日」から。つまり、WiMAXが手元に届く1〜2日前あたりから料金が発生することになります。

そもそも月額料金自体が安めなのでそれ程気になる方はいらっしゃらないと思いますが、Drive WiMAXで契約される方はこの点は事前に把握されておくと良いでしょう。

Drive WiMAXは、1年契約でも「キャッシュバック」が適用される!

さて、冒頭でも触れたDrive WiMAXキャッシュバックキャンペーンですが、「1年契約の場合は適用されないんじゃないの?」と不安になられた方もいらっしゃることでしょう。

ですが、ご安心ください。Drive WiMAX1年契約された場合でもキャッシュバックキャンペーンは適用されます。

上記のように公式サイト上では堂々と「最大30,000円キャッシュバック!」と記載されていますが、WiMAX契約だけの場合キャッシュバック額は5,000円になります。

更に、株式会社Wiz指定のウォーターサーバーを契約した場合は+25,000円の最大30,000円キャッシュバックになるという仕組みです。

Drive WiMAXのキャッシュバックキャンペーンの仕組み

キャッシュバック額 WiMAX⇒ 5,000円キャッシュバック
WiMAX+指定サービス⇒ 30,000円キャッシュバック
※指定サービス:配送可能なウォーターサーバー
キャッシュバックの
タイミング
契約から1年後
キャッシュバックの条件 ・キャンペーン期間中に公式サイトのキャッシュバックキャンペーン申し込みフォームより新規ご契約すること。
・利用開始月(初回接続月)を1ヵ月目とし、24ヵ月間のご利用をお約束頂けること。
・お申し込み後に株式会社Wizが送る「キャッシュバック申請フォーム」の案内を、受付期間中に申請すること

上記「キャッシュバックの条件」にて「24ヵ月利用を約束いただける」と書いてありますが、こちらは1年契約が登場する前の記載のようで、コールセンターに問い合わせると、1年契約でも適用されるという回答が得られます。

Drive WiMAXで契約できる機種

続いては、Drive WiMAXで契約できるWiMAX機種について。

Drive WiMAXでは、以下の3機種を選んで契約することができます。

Speed Wi-Fi NEXT W03
Speed Wi-Fi NEXT W04
Speed Wi-Fi NEXT W05

 これら機種の端末代は0円(無料)です。特に理由がなければ、この中で最新のW05を選ばれると良いでしょう。

ただし、これらの3機種についても在庫状況によっては選べなくなる場合もありますのでご注意ください。

Drive WiMAXWiMAX製品は新品ではない?

ここで更に付け加えたい点として、Drive WiMAXのWiMAX製品は新品ではないということです。

Drive WiMAXの公式サイト上の但し書き

「端末は新古品または中古端末」とありますが、基本的には「新古品」になるとのこと。

新古品とは何かというと、一般的には契約後未開封または一度も使われていない状態で解約された端末を指します。その後プロバイダの方で動作確認を行い問題なく動作することを確認した後クリーニングを施します。

こちらは、もともとWiMAXレンタル事業とも在庫を共有している兼ね合いもあり、このようになっているのでしょう。性能上での問題はないでしょうが、「WiMAXを使うのなら新品でないと嫌だ」という方はご注意ください。

その他Drive WiMAXで抑えておきたいポイントは──

即日発送可能

多くのWiMAXプロバイダ同様、Drive WiMAXは契約後の「即日発送」を可能としています。

ただし、手元に届くのは物流の都合上数日のラグが発生するでしょう。

WiMAX発送(契約)後、端末が届くおおよその目安

  • 関東近県:翌日
  • 東北・関西:翌々日
  • その他:35

解約違約金・ルール

Drive WiMAXの1年契約時の解約違約金は、一律で9,500円。もちろん、契約更新月(契約12ヶ月後)での解約の場合は無料です。

他のWiMAXプロバイダの解約違約金と比較するとかなり安めですよね。

Drive WiMAXと他のWiMAXプロバイダの解約違約金比較。

WiMAXプロバイダ名 〜12ヶ月 〜24ヶ月 〜36ヶ月 37ヶ月以降
Drive WiMAX(1年契約) 9,500円 9,500円 9,500円 9,500円
Drive WiMAX(2年契約) 14,000円 9,500円 9,500円 9,500円
参考:他の WiMAXプロバイダ 19,000円 14,000円 9,500円 9,500円
参考:GMO とくとくBB 24,800円 24,800円 9,500円 9,500円

※契約更新月は、違約金は発生しません。

ただし、契約期間内の解約の場合は、端末の返却をしない限り解約が成立しない(過失での端末紛失では20,000円が請求される)ようですので、どうしても解約をする必要がある場合は、端末返却を忘れないようにしましょう。

Drive WiMAXは「2年契約」よりも「1年契約」がおすすめ

さて、Drive WiMAXでは1年契約と2年契約、「どちらがお薦めか」について見ておきたいと思います。

まずは、1年契約と2年契約それぞれの料金比較表を確認してみましょう。

Drive WiMAX1年契約と2年契約の料金比較

※ギガ放題プラン、およびキャッシュバック額5,000円分を受け取る設定で算出しています。

  1年契約 2年契約
端末代 0円(無料) 0円(無料)
事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 3,880円 3,880円
キャッシュバック額(端末のみ) ▲5,000円 ▲5,000円
契約期間内のトータルコスト 44,560円 91,120円
1ヶ月の平均コスト 3,713円 3,797円

1ヶ月の平均コストで見ると、1年契約も2年契約もそれほど大きな差はありません。

ただし、1年契約にした場合は解約タイミングを1年に1回作れます。つまり、「やっぱり解約しよう」であったり、「別のWiMAXプロバイダにしたい」となったときにフレキシブルに対応できるのは1年契約の方でしょう。

また、WiMAX機器自体は1年に1回のペースで新しい機器がリリースされていますので、そういった意味でも1年契約を選ばれたほうがお得度は増すでしょう。

Drive WiMAXのデメリットは

さて、ここまででDrive WiAMXの特徴については大体ご理解も進められたことと思います。

続いては、そんなDrive WiAMXの「デメリット」についても見ていきましょう。

主なDrive WiMAXデメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

  • auスマートバリューが適用外
  • 契約できる機種は新古品または中古品で、メーカー保証の対象外
  • フリーダイヤルが繋がらない

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

auスマートバリューが適用外

Drive WiMAXは、auスマートバリューmineに対応していません。

auスマートバリューmineが何かというと、「auスマホ(またはau携帯)をご利用の方が、併せてWiMAXを利用した際に、auスマホ・携帯の月額料金が最大1,000円割引されますよ」というサービスです。

auスマートバリューmineとWiMAXは相性抜群!スマホ料金が毎月1000円お得に

現在、多くの主要WiMAXプロバイダがauスマートバリューmineに対応しているのに対して、Drive WiMAXが対応していないというのは、auユーザーにとってはかなり大きなマイナスポイントです。

auスマートバリューmineの、年間最大1万2000円の値引きはかなり大きな特典です。

auユーザーの方は、1年契約のメリットとauスマートバリューmineのメリットを比較して、1年契約を優先される場合はDrive WiMAXを、auスマートバリューmineを優先される場合は他の格安WiMAXプロバイダでの契約を検討されると良いでしょう。

WiMAXおすすめプロバイダランキングTOP5【2019年最新版】

契約できる機種は新古品または中古品で、メーカー保証の対象外

こちらは前にも述べましたが、Drive WiMAXで扱うWiMAX機器は新古品または中古品のみとなっています。

新品のWiMAXでの利用を第一優先でご希望される方は、他のWiMAXプロバイダでご検討されたほうが良いでしょう。

また、中古品または新古品という特性上、通常WiMAX機器に付随するメーカー保証が利用できません。

「1年契約であれば、自然故障はメーカー保証で直せる」と期待しがちですが、補償の対象外となりますので、故障に備えたいのであれば、オプションの「Drive安心サポート(月額税別300円)」「Drive安心サポートワイド(月額税別500円)」などの補償サービスを合わせて申し込んでおいた方が良さそうですね。

WiMAXの補償サービスは加入する必要なし!水没が心配な方だけ加入しよう

フリーダイヤルが繋がらない

Drive WiMAXは問い合わせ用にフリーダイヤルを用意しているのですが、残念なことにこのフリーダイヤルがとてもつながりにくいです(※コールの繋がりやすさは時期やプロバイダ側の対応により改善される場合もありますので、ご留意ください)。

もし、契約前にDrive WiMAXについて詳しく知りたいという方は下記の連絡先の方が繋がりやすくなっていますので、ご利用ください。

株式会社Wiz窓口
TEL03-5931-0726
営業時間:平日9001800
定休日:土・日・祝日・年末年始

まとめ)「契約期間を短くしたい」かつ「低価格でWiMAXを利用したい」際に、Drive WiMAXはお薦め!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

最後に、どんな人にDrive WiMAXがお薦めか、まとめてみましょう。

Drive WiMAXはこんな方におすすめ

  • WiMAXの契約期間を短く設定したい方
  • 月額コストを安く抑えたい方
  • まずはお試しでWiMAXを利用したい方

特に1つ目の「WiMAXの契約期間を短く設定したい方」と「月額コストを安く抑えたい方」の両方のニーズを持つ方は、Drive WiMAXはとてもおすすめでしょう。

ちょうど「1年」という期間でのWiMAX利用を考えた場合は、1年契約が可能なDrive WiMAXは大変優秀ですが、1年未満での解約の可能性がある場合には、FUJI Wifiなどが提供する「レンタルWiMAX」という手もあります。

FUJI WifiはレンタルなのにWiMAX史上1番お得?選ばれる理由を解説

また、「月額コストの安さ」だけを重視して、契約期間はある程度長くなっても構わない(中長期的にWiMAXを利用する予定がある)という方は、Drive WiMAXよりもGMOとくとくBBやカシモ WiMAXといった格安プロバイダのほうが月額平均コストは安くなります。このあたりも加味して、ご自身に一番最適なWiMAXプロバイダを選んでいかれると良いでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXの3つのキャンペーンを比較!料金は業界最安値

カシモWiMAXとGMOとくとくBB比較!メリットの差・違い

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。