どんなときもWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

月額料金が安く、かつインターネットの繋がりやすさで評判の「どんなときもWiFi」が気になっていませんか。

どんなときもWiFiは、2019年3月よりサービス開始された、「容量無制限」でインターネット利用できるレンタルWiFiです。

どんなときもWiFiのセールスポイントは、前述の「容量無制限」のほか、「ソフトバンク回線、au回線、ドコモ回線の3回線に対応しているので、非常にインターネットに繋がりやすい」「国内だけでなく、海外でも利用可能(※海外利用時は、別料金が発生)」の3点が挙げられます。

これだけ聞くと、「かなりお得なレンタルWiFiなんじゃないだろうか…」と思われた方も多くいらっしゃることでしょう。

実際、どんなときもWiFiはとてもおすすめのレンタルWi-Fiサービスなのですが、注意点もいくつかあります。

この記事では、そんなどんなときもWiFiの、評判からメリット・デメリット、注意点まで詳しく見ていきます。

あなたにフィットするレンタルWiFiサービスか、この記事を読んで確認してみてください!

どんなときもWiFiの評判

どんなときもWiFiは、株式会社グッド・ラックが運営するレンタルWiFiサービスです。

同社はどんなときもWiFiのほかにも「ネクストモバイル」というモバイルWi-Fiルーターも提供しており、こちらも多くの利用者からの評判を勝ち得ています。

ネクストモバイルは最強のWi-Fiルーター?メリット・デメリットまとめ

ですが、一方の「どんなときもWiFi」は2019年3月サービス提供ということで、リリースしてまだ日も浅い状況です。

そこで、「実際に利用した人の評判が無いと、ちょっと不安…」という方向けに、現在ネットで挙がっているどんなときもWiFiの評判コメントをまとめてみました。

どんなときもWiFiの「良い評判」

どんなときもWiFiの評判で多かったのが、「通信制限を気にせず、インターネット利用できること」と、「インターネットの繋がりやすさ」でした。

現在利用可能なポケットWi-FiやWiMAXでは「3日で10GBまで」であったり「1か月7GBまで」といった通信制限が設けられていますので、これらを気にせず利用できるのはどんなときもWiFiの大きなメリットと言えそうです。

また、「インターネットの繋がりやすさ」においては、冒頭で挙げたどんなときもWiFiの特徴のひとつ、「ソフトバンク回線、au回線、ドコモ回線の3回線に対応しているので、非常にインターネットに繋がりやすい」から来た評判でしょう。この点については、次章の「どんなときもWiFiのメリット」にて詳しくお話していきます。

どんなときもWiFiの「悪い評判」

一方、どんなときもWiFiの「悪い評判」については以下のようなコメントがありました。

まだサービスが提供されて間もないということもあり、どんなときもWiFiについての悪い評判は上記2つくらいでしたが、どちらも回線速度について触れられています。

繋がりやすさが評判のどんなときもWiFiですが、ポケットWi-Fiに高速回線を最優先で求める方は、WiMAXの最新機種「W06」等、より高速のポケットWi-Fiのほうがマッチするかもしれませんね。

WiMAX W06スペックガイド!WX05比較とおすすめプロバイダ紹介!

どんなときもWiFiが選ばれる7つのメリット

さて、ここまでどんなときもWiFiの評判を見てきました。

ここで改めて、どんなときもWiFi利用におけるメリットを確認しておきましょう。

特に押さえておきたいどんなときもWiFiのメリットは、以下の7点です。

  • どんなときもWiFiは「通信制限」が一切なし!
  • クラウドSIM採用で利用エリアが広い!
  • 月額料金が3,280円で安い!
  • どんなときもWiFiは希少な2年契約プラン
  • 端末の充電が長持ち!無料レンタル
  • 世界107ヵ国で利用可能!
  • 最短即日発送

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

どんなときもWiFiは「通信制限」が一切なし!

前章の「どんなときもWiFiの良い評判」でも触れましたが、どんなときもWiFiは他のポケットWi-FiやWiMAXで見られる「通信制限」のルールがありません。

つまり、インターネットを制限なく使い放題で利用できる、ということですね。

ただし、公式サイトでは例外として以下のような利用をした場合は通信速度を制限する場合があるとのことですので、ご注意ください。

  • 違法ダウンロード
  • 不正利用
  • 大容量通信によるネットワークの占有

参考:どんなときもWiFiの通信速度制限する場合について

クラウドSIM採用で利用エリアが広い!

どんなときもWiFiの一番のウリといえば、「ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線、それぞれのLTE回線を使いわけ、その時々で一番繋がりやすい回線でインターネット接続できる」という点です。

なぜこのようなことができるのかというと、どんなときもWiFiは「クラウドSIM」といって、SIMカードを端末に持たず、クラウド(Web)上にトリプルキャリア対応のSIMを持っているからです。

つまり、クラウドSIMが、利用者の地域や状況に合わせて回線を選んでくれるということですね。

このため、どんなときもWiFiは通常のポケットWiFiやWiMAXと比べて通信エリアが広くなっているのです。

月額料金が3,280円で安い!

また、どんなときもWiFiは月額料金の安さも大きなポイントです。

基本の月額料金は3,480円。かつ、契約月(利用開始月)は日割り計算になります。

基本契約期間の2年間を超えた後は月額3,980円となりますが、それでも他のポケットWi-Fi・WiMAXのプロバイダやレンタルWiFiサービスと比較して、かなり安い部類に入るでしょう。

参考:どんなときもWiFiの月額料金 ※クレジットカード払いの場合(公式サイトより)

どんなときもWiFiは希少な2年契約プラン

多くのポケットWi-Fi・WiMAXプロバイダが契約期間を「3年間」としているなか、どんなときもWiFiは2年契約が可能となっています。

「3年契約はちょっと長い…」という方にも、どんなときもWiFiはおすすめということですね。

参考:どんなときもWiFiの契約期間について

Q.最低利用期間はありますか?
A.期間は2年毎の自動更新となり、初回は25ヶ月目が更新月になります。
更新月以外のご解約には別途解約手数料が必要となります。
0〜12ヶ月:19,000円(税抜)
13〜24ヶ月:14,000円(税抜)
25ヶ月目:0円
26ヶ月〜:9,500円(税抜)

端末の充電が長持ち!無料レンタル

そのほか、どんなときもWiFiのメリットとして押さえておきたいのが「充電の持ちの良さ」です。

どんなときもWiFiでは、uCloudlink社の「U2s」という端末を取り扱っており、この端末はバッテリー容量が3,500mAhと豊富で、その結果「連続使用可能時間:12時間」という長時間稼働を実現できるのです。

他のポケットWi-Fi・WiMAXでは連続通信時間が10時間を切る端末が少なくない中、どんなときもWiFiは比較的長時間の外出でも途中充電なしで利用することができるということですね。

世界107ヵ国で利用可能!

どんなときもWiFiは、前述の「クラウドSIM」を搭載していることにより、国内・海外問わず1台で利用することができます。

他のポケットWi-Fiの場合ですと、海外利用時には空港カウンター等で契約中のポケットWi-Fiに海外オプションをつける必要がありましたが、どんなときもWiFiは手続き不要で簡単な設定で利用できてしまうのです。

ただし、海外利用時には1日につき1,280円分の料金が別途発生します。

また、1日内で1GB以上利用した場合は384Kbpsの速度制限が発生しますのでご注意ください。 

最短即日発送

また、どんなときもWiFiは契約後の「即日発送」を可能としています。

平日でしたら13時まで、土曜日でしたら11時までに申し込みを完了した際、その日のうちに端末を発送してもらえます。地域によって到着日は異なりますが、最短で翌日から利用できるようになります。

「即日発送」を可能としているポケットWi-Fi・WiMAXサービスは実はそれほど多くありません。「少しでも早くモバイルWiFiでインターネット利用したい」という方にも、どんなときもWiFiは向いているということですね。

即日発送できるWiMAX・ポケットWiFiは?おすすめプロバイダ・注意点まとめ

どんなときもWiFiは、こんな方におすすめ

ここまで、どんなときもWiFiのメリット7点を紹介しました。

実際にどんなときもWiFiの利用がおすすめな方は、以下のようなタイプとして挙げられるでしょう。

  • 1か月間のインターネット利用量を制限なしに活用したい方
  • 地方にお住いの方で、インターネットの繋がりやすさに不安があるという方
  • これまでWiMAXやポケットWi-Fiを利用していて、接続エリア外になってしまう等で不便を感じていた方
  • 少しでも安くレンタルWi-Fiサービスを利用したいという方
  • 国内・海外双方でインターネット利用の予定があるという方
  • 申し込み後、1日でも早くインターネット利用したいという方

どんなときもWiFiの契約前に知るべきデメリット・注意点

ここまで、どんなときもWiFiのメリット部分を中心にお伝えしました。

続いては、どんなときもWiFiを利用する際に、事前に知っておきたいデメリット・注意点について見ていきましょう。

押さえておきたいのは、以下の4点です。

  • WiMAXより速度は遅い
  • 1か月単位の契約はできない
  • 契約更新月以外の解約の場合、契約解除料金が発生する
  • 口座振替の場合、料金が高くなる

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

WiMAXより速度は遅い

冒頭の「どんなときもWiFiの評判」にて、通信速度面でネガティブなコメントも見受けられましたが、どんなときもWiFiの接続速度は下り最大で150Mbpsです。

「高画質動画をサクサク再生したい」「テレビ動画等でタイムラグなく通信したい」という方のなかには、もっと速度のあるポケットWi-Fiを希望される方もいらっしゃるかもしれませんね。

とはいえ、Web参照や動画・音楽のストリーミング配信等、通常のインターネット利用では充分な速度です。

より高速なインターネット接続を求められる方は、WiMAX等の高速モバイルWiFiを利用されると良いでしょう。

1か月単位の契約はできない

どんなときもWiFiはレンタルWiFiサービスですが、1か月単位の契約はできません。

前述の通り、2年契約となっています。

2年未満での1か月単位でポケットWi-Fiをレンタルされたい場合は、他の1か月単位の契約が可能なレンタルWiFiサービスを利用されると良いでしょう。

参考:1か月単位の契約が可能なおすすめのレンタルWiFiサービス

J-WiFiはWiMAXが1日からレンタルできる!メリット・デメリットまとめ

SPACE Wi-Fiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

縛りなしWiFiは本当にお得?契約前に知るべきメリット・デメリット

グローバルモバイルは無制限で使えるレンタルWi-Fi!

契約更新月以外の解約の場合、契約解除料金が発生する

どんなときもWiFiの契約期間は2年間ということで、2年の間で解約する場合は契約解除料金が発生します。

参考:どんなときもWiFiの契約解除料金

契約解除タイミング 契約解除料金
0〜12ヶ月 19,000円(税抜)
13〜24ヶ月 14,000円(税抜)
25ヶ月目 0円
26ヶ月〜 9,500円(税抜)

上記契約解除料金は、ポケットWi-Fi・WiMAXを3年契約した際の金額とほぼ同様ではありますが、やはり金額の高さが気になるところですよね。

2年間を待たずに利用を終える可能性があるという方は、前述の1か月単位で契約可能なレンタルWiFiサービスを利用されたほうが良いかもしれません。

また、契約解除する際は、解約月の翌月5日までに端末一式(本体/USBケーブル/取扱説明書/個装箱)を返送する必要があります。その際の送料は有料となりますので、併せてご注意ください。

その他、端末を返却しなかった場合や端末を故障してしまった場合は18,000円(税抜)のペナルティが発生しますので、こちらも併せて注意しておくと良いでしょう。

参考:どんなときもWiFiの解約ルールについて(公式サイトより)

Q.解約する場合、端末の返却は必要ですか?
A.どんなときもWiFiの端末は新品をレンタルでの貸し出しとさせていただいております。(レンタル料は無料)
その為ご契約解除時は解約月の翌月5日までに当社指定の宛先まで端末一式(本体/USBケーブル/取扱説明書/個装箱)の返却が必要です。(送料はお客様負担)
返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円(税抜)を請求させて頂く場合がございます。

口座振替の場合、料金が高くなる

どんなときもWiFiは、支払い方法にクレジットカードと口座振替いずれかを選択することが可能なのですが、口座振替にした場合、月額料金はクレジットカードと比べて500円ほど割高になります。

参考:どんなときもWiFiのクレジットカード払い・口座振替それぞれの月額料金比較

  クレジットカード払い 口座振替
利用開始月 3,480円の日割り料金 3,980円の日割り料金
1〜24か月目 3,480円 3,980円
25か月目以降 3,980円 4,410円

※表示価格はすべて税抜

2年間(24か月)で見ると、口座振替でどんなときもWiFiを利用した場合クレジットカード払いよりも1万2,000円も高くなってしまいます。

更に、口座振替にした場合は、別途毎月口座振替手数料(200円※税抜)が発生します。

どんなときもWiFiを契約する際は、よっぽどの理由が無い限り、支払い方法は口座振替にしたほうが無難でしょう。

どんなときもWiFiの「あんしん補償」

どんなときもWiFiのオプションサービス「あんしん補償」についても触れておきましょう。

どんなときもWiFiの「あんしん補償」は、月額400円(税抜)の料金を払っていれば、端末が故障した際に無償で交換が行える補償サービスです。

故障時の料金が発生せずに交換してもらえるのはなかなか良心的なサービスですよね。

ただし、盗難・水没は対象外となり、18,000円の弁済金が発生しますのでご注意ください。

どんなときもWiFiの解約方法

さて、どんなときもWiFiの解約方法について説明します。

どんなときもWiFiの解約手段はカスタマーセンター窓口への「電話」となります。

解約の流れは以下のとおりです。

  1. どんなときもWiFiのカスタマーセンター窓口に解約の意思を伝える
  2. 窓口担当より、解約を承った旨と、端末返送の指示を受ける
  3. 指示内容に沿って、端末一式を返送
  4. 返却完了のメールが届き次第、解約完了

まずは、どんなときもWiFiのカスタマーセンター窓口(0120-048-277)に解約の意思を伝えます。

その際に、窓口の担当のものから端末返送についての説明がありますので、その内容に沿って端末一式を期日までに送付します。

送付後、運営会社より返却完了のメールが届けば、解約完了となります。

返却の際は、前述の通り解約月の翌月5日までに返却しないと18,000円のペナルティが発生する場合がございますのでご注意ください。

どんなときもWiFiの基本情報

ここまで、どんなときもWiFiの評判、メリット、注意点、体制面について触れてきました。

最後に、どんなときもWiFiの基本情報をまとめておきましょう。

どんなときもWiFiの基本情報

初期費用 3,000円(税抜)
月額料金 クレジットカード払いの場合:
1〜24か月目3,480円(税抜)
25か月目以降 3,980円(税抜)
口座振替の場合:
1〜24か月目3,980円(税抜)
25か月目以降 4,410円(税抜)
解約費用 0〜12ヶ月目:19,000円(税抜)
13〜24ヶ月目:14,000円(税抜)
26ヶ月目以降: 9,500円(税抜)
更新月: 0円
レンタル対応機種 U2s(uCloudlink社)
月間の利用データ量上限 基本、制限なし
支払い方法 クレジットカード・口座振替
運営会社 株式会社グッド・ラック

まとめ) 2年契約でレンタルWiFiを検討している方は、どんなときもWiFiはかなりおすすめ!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

どんなときもWiFiはレンタルWi-Fiサービスの中でも1、2位を競う「月額料金の安さ」と、容量無制限で「インターネット使い放題」、そしてクラウドSIMによる抜群の「繋がりやすさ」が大きな特徴となっています。

どんなときもWiFiの利用がおすすめの方

  • 1か月間のインターネット利用量を制限なしに活用したい方
  • 地方にお住いの方で、インターネットの繋がりやすさに不安があるという方
  • これまでWiMAXやポケットWi-Fiを利用していて、接続エリア外になってしまう等で不便を感じていた方
  • 少しでも安くレンタルWi-Fiサービスを利用したいという方
  • 国内・海外双方でインターネット利用の予定があるという方
  • 申し込み後、1日でも早くインターネット利用したいという方

一方、他のレンタルWiFiサービスと違い「1か月単位の契約ができない」、また「契約期間中の解約の際は、契約解除料金が発生する」といった注意点がありますが、これらが特に気にならないという方は、どんなときもWiFiはかなりおすすめのレンタルWi-Fiサービスとなりうるでしょう。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。