クラウドSIMのWiFiサービス4社を比較!あなたにぴったりのクラウドWiFi

国内で安定したインターネット接続が実現でき、かつ海外でもそのまま利用できるクラウドSIM対応のポケットWiFi(以下、クラウドWiFiと書きます)。

特に海外への出張や旅行がふんだんにあるという方々の中で、クラウドWiFiの契約を検討されているという方は多くいらっしゃることでしょう。

一方、現在(2020年2月時点)においてクラウドWiFiを提供するサービス会社はかなりのペースで増えてきており、「どのクラウドWiFiで契約すれば良いか」で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、国内主要クラウドWiFi4サービスをピックアップして、それぞれの特徴とおすすめポイントについて詳しく紹介していきます。

この記事を読めば、あなたにぴったりのクラウドWiFiも見つけられることでしょう。ぜひご覧ください!

クラウドWiFi4社のサービス内容比較

現在国内で提供されいているクラウドWiFiの主要サービスと言えば、以下の4社に絞られるでしょう。

  • どんなときもWiFi
  • 限界突破位WiFi
  • Mugen WiFi
  • よくばりWiFi

それぞれのサービス概要について、ざっと説明していきましょう。

どんなときもWiFi

クラウドWiFiのサービスとして、かなり早い段階から提供を始めているのが「どんなときもWiFi」です(2019年3月よりサービス開始)。

  • 月内でのインターネット使い放題
  • ソフトバンク回線、au回線、ドコモ回線の3回線に対応しているので、非常にインターネットに繋がりやすい
  • 国内だけでなく、海外でも利用可能(※海外利用時は、別料金が発生)

といった点が特徴です。

少し前までは上記特徴3点を兼ね揃えているのがどんなときもWiFiの最たるポイントでしたが、後発のクラウドWiFiもこれら特徴を持つようになり、どんなときもWiFiのアドバンテージは若干弱まりつつあります。

ポイントとしては、いち早くクラウドWiFiを展開したというところで、その分他のクラウドWiFiを提供する会社よりも実績が(数ヶ月ほどではありますが)積みあがっているという点でしょう。

どんなときもWiFi公式サイトを見る

どんなときもWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリット

限界突破位WiFi

続いての紹介は、サービス名とイメージキャラクターの氷川きよしさんが印象に残る「限界突破WiFi」。

ネーミングにある「限界突破」とは何の限界を突破しているのかというと、以下の4点になります。

  • 「通信容量」の限界突破…月内インターネット利用のデータ量制限なし
  • 「国境」の限界突破…国内のみならず、世界107か国で利用可能
  • 「モバイルWiFiの機能面」の限界突破…WiFiサービスだけでなく、地図や翻訳アプリが搭載
  • 「料金」(低価格)の限界突破…本体無料で、月額は一律3,500円

1〜2点目については前述のどんなときもWiFiの特徴と同様ですが、3・4点目が、他のクラウドWiFiと比較しての、限界突破WiFiの特徴と言えるでしょう。

海外に行かれた際に「翻訳ソフト等のツールを利用している」という方は、3点目の「地図や翻訳アプリ搭載」が気になるポイントになりそうですね。

限界突破WiFi公式サイトを見る

限界突破WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

Mugen WiFi

多くのクラウドWiFiサービスは1プランのみとなっていますが、Mugen WiFiは「格安プラン」「アドバンスプラン」と2つのプランに分かれています。

イメージとしては、どんなときもWiFiのようなシンプルなクラウドWiFiサービスが「格安プラン」、限界突破WiFiのように地図や翻訳アプリなどの拡張があり機能面の充実性があるのが「アドバンスプラン」といった形で押さえておくと良いでしょう。

格安プランはシンプルなぶん月額料金もかなり安く(月額3,280円)、アドバンスプランは機能面が充実していることもあって月額料金は3,880円と高めです。

このあたりの金額差も押さえておくと、クラウドWiFi選びもよりスムーズに進められるでしょう。

Mugen WiFi公式サイトを見る

Mugen WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

よくばりWiFi

よくばりWiFiもまた、最近登場したクラウドWiFiのなかでもコスト面、機能面において非常にバランスの取れたサービスです。

よくばりWiFiの他のクラウドWiFiと比較してのメリットとしては、初期費用が安くなる点(最大2ヶ月間、月額料金無料)が挙げられます。

一方で国内回線は「ソフトバンク回線」のみとなっていることです。

先に紹介した3つのクラウドWiFiはソフトバンク・au・docomoのトリプルキャリア回線対応であることを比較すると、国内回線の繋がりやすさにおいては、「よくばりWiFiやや不利」といったところでしょう(とは言っても、トリプルキャリア利用者の声を聞くと、ソフトバンク回線をメインにしているらしいので、使い勝手はそれほど変わらないかもしれません)。

よくばりWiFi公式サイトを見る

よくばりWiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

クラウドWiFi4社の、サービス内容比較

続いては、上記に紹介した「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「Mugen WiFi」「よくばりWiFi」について、より詳細にサービス内容を比較して見たいと思います。以下、一覧表にまとめましたので、ざっと確認してみましょう。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

月間データ容量

無制限

※3日間での速度制限もなし

※著しいネットワーク占有時には384Kbps(限界突破WiFiのみ256Kbps)

国内使用回線

トリプルキャリア

(ソフトバンク・ドコモ・auからの最適な回線利用)

ソフトバンク

通信速度

下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

契約期間

2年

2年

(2年経過後は1年更新)

2年(2年経過後は自動更新なし)

2年

(1ヶ月レンタルあり)

初期費用

事務手数料3,000円

0円

事務手数料3,000円

3,800円

送料

無料

無料

無料

無料

月額料金

24ヶ月目まで3,480円
(初月日割り)

25ヶ月目以降3,980円

3,500円(初月日割り)

アドバンスプラン:3,880円

格安プラン:3,280円

3,450円

(最大2ヶ月無料

※要端末補償加入)

2年
トータルコスト
(初月含めず)

86,520円
(月額平均3,605円)

84,000円
(月額3,500円)

アドバンスプラン:96,120円
(月額平均4,005円)

格安プラン:81,720円
(月額平均3,405円)

86,600円
(月額平均3,608円)

端末代金

レンタルで無料
(要返却)

無料(プレゼント)

レンタルで無料
(要返却)

レンタルで無料
(要返却)

端末

D1(ディスプレイなし)

jetfon(5.7インチ画面、翻訳・地図アプリ搭載)

アドバンスプラン:G4(5.0インチ画面、翻訳・地図アプリ・充電機能搭載)

格安プラン:U2s(ディスプレイなし)

U2s(ディスプレイなし)

連続通信時間

約12時間

約15時間

約12時間

約12時間

バッテリー容量

3,500mAh

3,400mAh

アドバンスプラン:3,900mAn

格安プラン:3,500mAn

3,500mAh

最大同時
接続台数

5台

8台

5台

5台

発送時期

最短即日(平日13時、土曜11時までの受付)

最短即日

最短即日(平日13時、土曜11時までの受付)

最短即日(平日13時、土曜11時までの受付)

店舗受取

可能

可能

なし

なし

支払方法

クレジットカード
口座振替

クレジットカード

クレジットカード

クレジットカード

端末補償
オプション

月額400円
(初月無料)

月額500円

月額500円

月額380円
(最大2ヶ月無料)

契約解除料

0〜12ヶ月目19,000円

13〜24ヶ月目14,000円

26ヶ月目〜9,500円

24ヶ月以内18,000円

28ヶ月目以降5,000円

※2年契約後は1年自動更新で最初の3ヶ月間が契約更新期間

0ヶ月目:0円
1〜12ヶ月目9,000円

13〜24ヶ月目5,000円

25ヶ月目〜0円

0〜12ヶ月目18,000円

13〜24ヶ月目12,000円

26ヶ月目〜9,500円

海外対応

107カ国

107カ国

134カ国

113カ国

海外利用料

1GB/日1,280円〜

300MB/日380円〜

1GB/7日980円〜

3GB/30日1,880円〜

1GB/日1,200円〜

1GB/日 1,250円〜

上記一覧表で見たときに、月間のデータ容量や通信速度といったポケットWiFiのメイン機能面において、4つのサービスの差はありません。

ただし、月額料金や端末タイプ、契約解除料および海外利用についてはそれぞれの端末で若干の差が見られます。

これらの違いについて、実際のクラウドWiFiの選び方も交えつつ、次章で詳しく見ていきましょう。

クラウドWiFiサービスの選び方

ここからは、「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「Mugen WiFi」「よくばりWiFi」それぞれのサービスの違いと、それぞれの特徴毎の選ぶポイントについて説明していきます。

通信機能ではほぼ同スペック

まず、クラウドWiFiの「通信機能」面から見てみましょう。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

月間データ容量

無制限

※3日間での速度制限もなし

※著しいネットワーク占有時には384Kbps(限界突破WiFiのみ256Kbps)

国内使用回線

トリプルキャリア

(ソフトバンク・ドコモ・auからの最適な回線利用)

ソフトバンク

通信速度

下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

先にも述べましたが、通信機能における月間データ容量、通信速度、そして国内使用回線において4つのクラウドWiFiはほとんど差がありません。

一点、国内使用回線においてよくばりWiFiについては「ソフトバンク回線のみ」となっていますが、トリプルキャリア対応でもほとんどの場合で「ソフトバンク」による接続になるので、あまり差はないと言ってもいいかもしれません。

よくばりWiFi含めて4サービスでの通信面での差はほとんどないと見て問題ありません。

料金の安さならMugen WiFiの格安プラン

続いては、料金面でクラウドWiFiのどれがおすすめかについて見ていきたいと思います。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

初期費用

事務手数料3,000円

0円

事務手数料3,000円

3,800円

送料

無料

無料

無料

無料

月額料金

24ヶ月目まで3,480円
(初月日割り)

25ヶ月目以降3,980円

3,500円(初月日割り)

アドバンスプラン:3,880円

格安プラン:3,280円

3,450円

(最大2ヶ月無料

※要端末補償加入)

2年トータルコスト
(初月含めず)

86,520円
(月額平均3,605円)

84,000円
(月額3,500円)

アドバンスプラン:96,120円(月額平均4,005円)

格安プラン:81,720円
(月額平均3,405円)

86,600円
(月額平均3,608円)

月額料金だけで見たときは、Mugen WiFiの「格安プラン」の3,280円が最安値です。

限界突破WiFiは初期費用が無料なので、契約期間2年間のトータルコストが「84,000円」と安くなりますが、それでもMugen WiFiの格安プランの方が「81,720円」とやはり安くなります。

Mugen WiFi公式サイトを見る

解約リスクを低くしたいならMugen WiFi

解約時の違約金(契約解除料)を軽減したいという場合はMugen WiFiがおすすめになります。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

契約期間

2年

2年(2年経過後は1年更新)

2年(2年経過後は自動更新なし)

2年

端末代金

レンタルで無料
(要返却)

無料(プレゼント)

レンタルで無料
(要返却)

レンタルで無料
(要返却)

契約解除料

0〜12ヶ月目19,000円

13〜24ヶ月目14,000円

26ヶ月目〜9,500円

24ヶ月以内18,000円

28ヶ月目以降5,000円

※2年契約後は1年自動更新で最初の3ヶ月間が契約更新期間

0ヶ月目0円
1〜12ヶ月目9,000円

13〜24ヶ月目5,000円

25ヶ月目〜0円

0〜12ヶ月目18,000円

13〜24ヶ月目12,000円

26ヶ月目〜9,500円

Mugen WiFiは解約リスクをとことん減らすような違約金の設定をしており、契約期間の2年経過後は契約が自動更新されないので、違約金が発生しません。

また、他社の違約金は「2年間は絶対に利用しないと…」という金額ですが、Mugen WiFiでは1年以内で9,000円、さらに2年以内だと5,000円と他社の2年目以降よりも安くなっているので、万が一解約する必要があっても少額の違約金ですみます。

さらに、Mugen WiFiでは、「30日おためし全額返金保証」が用意されており、初月の違約金も0円です。

返却処理手数料として1,000円のみ必要になりますが、「使ってみたけどやっぱり解約したい」という場合にも安心ですね。

Mugen WiFiでは、解約時に端末を返却することになりますので、「30日おためし全額返金保証」適用を念のために考慮して、箱や説明書も綺麗に保存しておくことをおすすめします。

その端末が完全にプレゼント扱いになるのが限界突破WiFiです。

限界突破WiFiでは、端末が完全に無料扱いなので、壊れても解約すれば端末返却の必要がありません。

2年契約後は、1年の自動更新になります。その1年の最初の3ヶ月が契約解除料の発生しない更新期間になりますので、こちらも比較的解約リスクは低いといえますね。

2年目以降の更新期間以外における解約時において、契約解除料が5,000円とかなり安くなっている点もポイントです。

解約時の手軽さという観点において、Mugen WiFiと限界突破WiFiは他のクラウドWiFiと比べてかなり大きなアドバンテージがありますね。

Mugen WiFi公式サイトを見る

限界突破WiFi公式サイトを見る

海外利用で安く抑えたいなら限界突破WiFi

「海外でのクラウドWiFi利用で、なるべく安く済ませたい」という場合は限界突破WiFi一択となるでしょう。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

海外対応

107カ国

107カ国

134カ国

113カ国

海外利用料

1GB/日1,280円〜

300MB/日380円〜

1GB/7日980円〜

3GB/30日1,880円〜

1GB/日1,200円〜

1GB/日 1,250円〜

限界突破WiFiは、データ量300MBまでなら1日380円〜で利用可能です。

※国によって1日300MBが380円〜1,480円と料金の幅が広いのでご注意ください。

限界突破WiFiの海外での利用料金(一部の国抜粋)

 

300MB/1日

1GB/7日

3GB/30日

アメリカ(ハワイ含む)

¥580

¥1,480

¥2,980

中国

¥380

¥980

¥1,880

韓国

¥380

¥980

¥1,880

台湾

¥380

¥980

¥1,880

シンガポール

¥380

¥1,480

¥2,980

オーストラリア

¥580

¥1,480

¥2,980

イギリス

¥580

¥1,480

¥2,980

フランス

¥580

¥1,480

¥2,980

イタリア

¥580

¥1,480

¥2,980

ドイツ

¥580

¥1,480

¥2,980

グアム

¥780

¥1,680

¥4,480

※その他の国の利用料金については、公式サイトにてご確認ください。

また、限界突破WiFiの海外利用にて万一1日のデータ量300MBを超過してしまった場合も、256Kbpsでの通信が可能です。

限界突破WiFi公式サイトを見る

海外利用で1日1GBは欲しいならどんなときもWiFiがおすすめ

海外でのインターネット利用において、安さではなく「データ通信量の豊富さ」を求めるなら、どんなときもWiFiがおすすめです。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

海外対応

107カ国

107カ国

134カ国

113カ国

海外利用料

1GB/日1,280円〜

300MB/日380円〜

1GB/7日980円〜

3GB/30日1,880円〜

1GB/日1,200円〜

1GB/日 1,250円〜

上記比較表を見ると、どんなときもWiFi、Mugen WiFi、よくばりWiFiでの海外利用料はほぼ同額になるのですが、どんなときもWiFiのみ海外利用時の盗難・紛失を補償してくれる「海外あんしん補償」が無料でついてくるのです。

参考:どんなときもWiFiの「海外あんしん補償」(公式サイトより)

海外で1日1GBまでの利用が可能で、かついざというときの補償制度が付いているという点で、海外でのインターネット利用が頻繁にあるという方はどんなときもWiFiを優先して検討されると良いかもしれませんね。

どんなときもWiFi公式サイトを見る

端末でアプリを利用したいなら限界突破WiFiかMugen WiFiのアドバンスプラン

クラウドWiFiをインターネット接続だけでなく翻訳・地図アプリとしても活用したいという場合は、限界突破WiFiもしくはMugen WiFiのアドバンスプランがおすすめです。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

端末

D1(ディスプレイなし)

jetfon(5.7インチ画面、翻訳・地図アプリ搭載)

アドバンスプラン:G4(5.0インチ画面、翻訳・地図アプリ・充電機能搭載)

格安プラン:U2s(ディスプレイなし)

U2s(ディスプレイなし)

限界突破WiFi・Mugen WiFiのアドバンスプランそれぞれの端末は5インチを超えるディスプレイを持ち、若干端末の大きさ・重さは出てしまうものの「スマホ感覚で扱いたい」という方はにはうってつけでしょう。  

更には、Mugen WiFiのアドバンスプランの端末には充電器としての機能も付いていますので、いざという時のモバイルバッテリーとしても活用することができます。

限界突破WiFi公式サイトを見る

Mugen WiFi公式サイトを見る

急ぎで欲しいならどんなときもWiFiかMugen WiFiかよくばりWiFi

「一日でも早くクラウドWiFiを入手したい」という場合は、どんなときもWiFi・Mugen WiFi・よくばりWiFiいずれかで選ばれると良いでしょう。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

発送時期

最短即日(平日13時、土曜11時までの受付)

最短即日

最短即日(平日13時、土曜11時までの受付)

最短即日(平日13時、土曜11時までの受付)

店舗受取

可能

可能

なし

なし

限界突破WiFiふくめた4サービス共に「最短即日発送」としているのですが、限界突破WiFiは即日発送の条件を公式サイトにて公開していません。

一方、どんなときもWiFi・Mugen WiFi・よくばりWiFiはそれぞれ「平日13時、土曜11時までの受付で、申し込み内容に不備がなければ即日発送で対応」してくれることを公式サイトにて明記していますので、「必ず即日発送してほしい」という場合はこれら3サービスで申し込まれたほうが確実でしょう。

どんなときもWiFi公式サイトを見る

Mugen WiFi公式サイトを見る

よくばりWiFi公式サイトを見る

そのほか、どんなときもWiFiおよび限界突破WiFiは「店舗受取」を可としていますので、近くに店舗がある方は店舗受取のサービスを利用されても良いかもしれませんね。

どんなときもWiFi・限界突破WiFiそれぞれの店舗情報

どんなときもWiFi 拠点:秋葉原・渋谷 公式サイトで確認する
限界突破WiFi 拠点:全国80か所
※実機をご覧いただけるのは一部店舗のみとなります。ご来店前に必ずご確認ください。
公式サイトで確認する

どんなときもWiFi公式サイトを見る

限界突破WiFi公式サイトを見る

口座振替で支払いしたいなら、どんなときもWiFi

クラウドWiFiの料金支払いをクレジットカードではなく口座振替にしたいという場合は、どんなときもWiFi一択となります。

 

どんなときもWiFi

限界突破WiFi

Mugen WiFi

よくばりWiFi

支払方法

クレジットカード
口座振替

クレジットカード

クレジットカード

クレジットカード

上記比較表で確認できます通り、限界突破WiFi、Mugen WiFi、よくばりWiFiは支払い方法をクレジットカード払いのみとしており、口座振替を可能とするのはどんなときもWiFiのみです。

ただし、どんなときもWiFiの口座振替はクレジットカード支払いに比べて料金が高くなるので注意が必要です。

どんなときもWiFiのクレジットカード決済・口座振替の月額料金比較

 

クレジット決済

口座振替

〜24ヶ月目まで

3,480円

3,980円

25ヶ月目以降

3,980円

4,410円

備考

別途口座振替手数料200円/月が必要

どんなときもWiFi公式サイトを見る

総合的なおすすめはMugen WiFi

クラウドWiFiサービスでは、基本的な通信機能ではほぼ同等となっていますので、やはり重要な要素となってくるのがコストです。

月額料金や解約時の違約金など、クラウドWiFi利用にかかる全てのコストを考慮すると、もっとも安く利用でき、もっとも安く解約できるMugen WiFiが一番のおすすめと言えますね。

「30日おためし全額返金保証」というお試し制度を用意しているのも、ポイントが高いです!

Mugen WiFi公式サイトを見る

Mugen WiFiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

こんな方は、別のポケットWiFiも検討を!

さて、ここまで主要クラウドWiFi4サービスについて説明しましたが、以下ニーズのある方は、クラウドWiFi以外のポケットWi-Fiについても検討をされることをおすすめします。

  • インターネット接続に、通信速度を求める方
  • 契約期間を短くしたい方

インターネット接続に、通信速度を求める方

今回紹介したクラウドWiFi4サービスは、すべて下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsの通信速度となっています。

Web参照や動画・音楽のストリーミング配信等、通常のインターネット利用では充分な速度ではありますが、「高画質動画をサクサク再生したい」「テレビ動画等でタイムラグなく通信したい」という方には、やや心もとなさを感じるかもしれません。

インターネット通信に速度を求める、高速回線であることを重要視される方は、クラウドWiFiよりもWiMAXなどの高速回線のポケットWi-Fiも併せて検討しておくと良いでしょう。

GMOとくとくBB WiMAXは月額割引がおすすめ!料金が確実に安くなる

契約期間を短くしたい方

今回紹介したクラウドWiFiはすべて「2年契約」となっています。

※よくばりWiFiは1ヶ月レンタルプランもありますが、月額料金が4,880円と割高になっていますので、あまりおすすめできません。

2年未満での1か月単位でポケットWi-Fiをレンタルされたい場合は、1か月単位の契約が可能なレンタルWiFiサービスを利用されると良いでしょう。

FUJI Wifiの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

まとめ)クラウドWiFiの機能・スペックはほぼ均衡状態!性能・特長面を充分に吟味して

ここまで、クラウドWiFiの「どんなときもWiFi」「限界突破WiFi」「Mugen WiFi」「よくばりWiFi」それぞれの特徴からサービスを選ぶときのポイントについてお伝えしてきました。

先にも述べた通り、機能・スペック面において4サービスに大きな差はありません。

裏を返せばどのサービスを選んでも「大失敗」ということにはならないでしょう。

ですが、クラウドWiFiはじめポケットWiFiは、一度契約したら数年の付き合いで使い続けるのが常です。できたら「自分にとって一番マッチする」クラウドWiFiを選んでおきたいところでしょう。

どのクラウドWiFiがあなたにとって一番マッチするおすすめのサービスかは、この記事を読まれた後でしたらきっとイメージが付いているはずです。あとは、念のため公式サイトの情報もしっかりチェックしておくと、より後悔のない選択にしていけるでしょうね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


2月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
トリプル
キャリア
2年 81,720円 3,405円/月 公式サイト
3 ネクストモバイル
(使い放題プラン)
ソフトバンク 2年 77,400円 3,225円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。