WiMAXのキャッシュバックが1番高いプロバイダ比較【2019年2月版】

WiMAXの契約の際に、「キャッシュバック額の一番高いプロバイダで契約しよう」という場合、まずは現時点での各プロバイダのキャッシュバックキャンペーン状況を確認する必要があります。

──と言いますのは、各WiMAXプロバイダでは毎月キャンペーンを更新しており、「月が替わっていきなりキャッシュバックキャンペーンを始めた」「キャッシュバック額の変更があった」ということが度々あるからです。

それでも、「沢山あるプロバイダからひとつひとつキャンペーン情報をチェックするのが大変」「そんな時間がない」という方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回、現時点にて、各WiMAXプロバイダでキャッシュバックキャンペーンを実施ているプロバイダと、そのなかでもっともお得でおすすめなプロバイダはどこかを、詳しくご紹介していきたいと思います。是非ご覧ください!

キャッシュバックが高いプロバイダを比較

さて、現時点において、高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているWiMAXプロバイダは以下の5つです。

  • GMOとくとくBB
  • JPWiMAX
  • @nifty WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQ WiMAX

それぞれ、どんなキャッシュバックキャンペーンを実施しているか、詳しく見ていきましょう。

キャッシュバックが高いプロバイダ5選

GMOとくとくBB

キャンペーン名 キャッシュバックキャンペーン
キャッシュバック額 最大32,000円
受け取り時期 12ヶ月後
注意点 契約後11ヶ月目に、キャッシュバック受け取り案内メールが届く。その際、手続き期間「案内メール送信日から翌月の末日まで」を過ぎて放置すると、キャッシュバックはもらえなくなるので注意

GMOとくとくBBと言えば、「最も高額のキャッシュバックが受け取れる」と評判のWiMAXプロバイダです。

実績も豊富で、かつトータルコストも安く最新端末も申し込めるという、非常にバランスの取れたプラン&キャンペーン内容と言えるでしょう。

WiMAXの契約をキャッシュバック狙いで検討されている人もそうでない人も、必ずチェックしておきたいプロバイダです。

JPWiMAX

キャンペーン名 限定料金プラン
キャッシュバック額 16,000円(※Amazonギフト券)
受け取り時期 契約後(1回目):10,000円 12ヶ月後(2回目):6,000
注意点 1回目:申し込み完了メールに「ギフト券申請URL」が記載されているので、そこからキャッシュバック受け取りの手続きを行う
2回目:契約時に登録したメールアドレス宛に「ギフト券申請URL」メールが送られるので、1回目同様キャッシュバック受け取りの手続きを行う

JPWiMAXも、キャッシュバックキャンペーンを実施するプロバイダとして有名ですが、こちらは現金ではなくAmazonギフト券で配布されます。

トータル金額が16,000円と比較的高額なのと、キャッシュバックのタイミングが2回に分かれており1回目が契約後すぐに受け取れるようになっている点が特徴です。

トータル的にバランスの取れたプランではありますが、「キャッシュバックは現金で受け取りたい」という方には不向きでしょう。また、現時点においては最新端末である「W06」や「WX05」に対応していませんので、最新端末でのWiMAXご利用を望まれている方はご注意ください。

@nifty WiMAX

キャンペーン名 冬の大感謝キャッシュバックキャンペーン
キャッシュバック額 31,000円
受け取り時期 9ヶ月後
注意点 WiMAX機器を発送した月を含む4ヶ月目に、@nifty入会時に発行されたメールアドレス宛に
案内メールが送付されるので、そこで受け取りの手続きを行う。決済方法に口座振替を選んだ場合は、案内メールが送付されないので注意。また、途中で契約プランを変更した場合はキャッシュバック対象外になる

nifty WiMAXは、インターネットプロバイダ老舗「@nifty」が運営するWiMAXプロバイダサービスです。

キャッシュバック額が31,000円とかなり高額であるのと、受け取り時期が9ヶ月後と比較的早めにもらえるのが嬉しいポイントです。

niftyはキャッシュバックキャンペーンを常時ではなく不定期で実施していますので、キャッシュバック狙いの方は契約前に必ず@niftyの公式サイトで事前にキャッシュバック状況を確認されると良いでしょう。

BIGLOBE WiMAX

キャンペーン名 キャッシュバック+値引き特典
キャッシュバック額 クレジットカード決済:30,000円 口座振替:15,000円
受け取り時期 クレジットカード決済12ヶ月後 口座振替:6ヶ月後
注意点 支払方法(クレジットカード決済/口座振替)によって、キャッシュバック額が変わる
キャッシュバック特典適用月の月初1日目にメールにて連絡がある
BIGLOBEのマイページにて連絡受取用のメールアドレスを登録しておかないと、契約時に生成されるBIGLOBEドメインのメールアドレス宛に送付され気づかない場合もあるので注意

BIGLOBE WiMAXも@nifty同様老舗インターネットプロバイダで、サポートの品質の高さでも評判の高いWiMAXプロバイダです。

以前まではキャッシュバック額が「15,000円」であることが多かったですが、現在は30,000円と高額キャッシュバックキャンペーンの仲間入りをしていますね。

トータルコストもやや安めで、サポート品質、コストパフォーマンスとバランスの良いプランと言えるでしょう。

UQ WiMAX

キャンペーン名 限定料金プラン
キャッシュバック額 最大13,000円
受け取り時期 4ヶ月後
注意点 端末によってキャッシュバック額が異なる
WX05/HOME 01:5,000円
W05/L01s:10,000円
W06/L02:キャッシュバック対象外
※上記端末にて、支払いをクレジットカード決済にした場合、プラス3,000円のキャッシュバック。契約後4か月目にキャッシュバック受け取り案内メールが届くので、そこから手続きを行う。メールが届いてから1ヶ月間そのままにするとキャッシュバック受け取りの権利を失うので注意。

UQ WiMAXは、いわばWiMAX提供における本家本元。在庫状況については一番安定したプロバイダと言えるでしょう。キャッシュバック受け取り時期も「4ヶ月後」とかなり早めにもらえるのも嬉しいですね。

一方、キャッシュバック総額は13,000円と、他のWiMAXプロバイダよりキャッシュバック額がやや安いこと、また最新端末(W06)はキャッシュバック対象外であること、更には月額料金が他のWiMAXプロバイダとやや割高であることがUQ WiMAXのディスアドバンテージです。

WiMAXの契約をするなら、提供の大元であるUQ WiMAXのほうが安心」というお考えの方以外は、他WiMAXのキャッシュバックプランを利用されたほうが良いでしょう。

キャッシュバック額だけでなく、トータルコストも必ずチェックを!

さて、ここまでGMOとくとくBBはじめ5プロバイダのキャッシュバックキャンペーン情報を紹介しました。

ここで注意したいのは、WiMAXのプロバイダ選定をする際はキャッシュバック額だけでなく、月額料金も含めたトータルコストもしっかり吟味する必要がある、ということです。

具体的に上記5プロバイダにて、WiMAXの契約を行った際のトータルコストがどのようになるか、確認してみましょう。

現在、WiMAXの最新機種の契約を行う場合、多くのプロバイダは契約期間を「3年間」としています。つまり、3年(36ヶ月)間、毎月の月額料金を払い続ける必要があるということです。

このことからも、WiMAXのプロバイダ選びは、キャッシュバック額だけでなく月額料金を含めたトータルコストでしっかり吟味していくことが大切です。

各プロバイダのキャッシュバックプランのトータルコスト(3年総支払額)比較

※ギガ放題プラン、3年契約、キャッシュバック特典のあるプランで計上

GMO
とくとくBB
JPWiMAX @nifty
WiMAX
BIGLOBE
WiMAX
UQ WiMAX
初期費用 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
端末代 ¥0 ¥0 ¥1 ¥0 ¥4,800
0か月目
(端末発送月)
¥3,690の
日割り計算
¥2,800の
日割り計算
¥0 ¥0 ¥3,696
1か月目 ¥3,690 ¥2,800 ¥3,670 ¥3,695 ¥3,696
2か月目 ¥3,690 ¥2,800 ¥3,670 ¥3,695 ¥3,696
3〜24か月目 ¥4,263 ¥3,500 ¥4,350 ¥4,380 ¥4,380
25〜36か月目 ¥4,263 ¥4,100 ¥4,380 ¥4,380 ¥4,380
キャッシュバック額 ¥32,000 ¥16,000
Amazon
ギフト券として
¥30,100 ¥30,000 ¥13,000
トータルコスト
(3年間)
¥123,160 ¥118,800 ¥128,141 ¥129,310 ¥151,112

こうして見ると、上記キャッシュバックキャンペーン実施中のWiMAXプロバイダ内にて最安は「JPWiMAX」となりますが、こちらはAmazonギフト券分の16,000円を換算した場合の金額です。

Amazonギフト券ではなく、あくまで現金でという場合は、最安のWiMAXプロバイダはGMOとくとくBBとなるでしょう。

逆に、UQ WiMAXはトータルコストで見たときに他のプロバイダと比べてもやや割高感がいなめませんね。

キャッシュバックが高く、トータルコストがもっとも安いプロバイダ

キャッシュバック額が高く、かつトータルコスト(3年総支払額)が最も安いWiMAXプロバイダ
= GMOとくとくBB(キャッシュバック額 32,000円 トータルコスト 123,130円)

Amazonギフト券のキャッシュバックを含めるとトータルコストが最安になるプロバイダ
=
JPWiMAX(キャッシュバック額 16,000円※Amazonギフト券 トータルコスト 118,800円)

最新機種が選べるプロバイダを選ぼう

ここまで、キャッシュバックが高いおすすめのWiMAXプロバイダについて紹介してきました。

その際に、プロバイダ選びと併せて意識したいのが、「WiMAXの契約の際は、なるべく最新機種を選ぶ」ということです。

どういうことかというと、WiMAXはほぼ1年ペースで最新機種がリリースされていますが、その際に機能・スペックは大きく向上しているのです。

例えば、現時点での最新機種はW06ですが、2年前にリリースされたW04とでは、以下のようにスペック差があります。

商品名 Speed Wi-Fi NEXT W06 Speed Wi-Fi NEXT W04
デザイン
発売日 2019年1月 2017年2月
最大通信速度 ハイスピードモード
下り最大558Mbps|上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
下り最大867Mbps|上り最大75Mbps
※有線(USB)接続の場合下り最大1,237Mbps
ハイスピードモード(WiMAX2+)
下り最大558Mbps|上り最大30Mbps
ハイスピードプラスエリアモード
下り最大708Mbps|上り最大30Mbps
バッテリー容量 3,000mAh 2,750mAh
最大同時接続数 16台 10台

特に注目したいのが、ハイスピードプラスエリアモードにおける「最大通信速度」の差です。

W06では、下り最大867Mbpsなのに対して、W04では下り最大708Mbps。上りの速度に至っては、W06のほうが2.5倍速度向上されています。

その他にも、スマホやPCへの接続のしやすさや操作の利便性等、W06の方が大幅に性能UPしています。

WiMAXは基本的に、機種で料金が変わることはありません。

つまり、WiMAXを契約する際には最新機種を選んだほうが断然お得ということですね。

なかには、前に紹介したJP WiMAXUQ WiMAXのように、お得なキャンペーンを実施する際に「最新機種は対象外」としているプロバイダも少なくありません。

キャッシュバックキャンペーン狙いでWiMAXの契約先を選ばれる際も、プロバイダの選定条件に「最新機種を選べるか」についてはぜひとも含めて検討を進めると良いでしょう。

キャッシュバックを受け取る際の注意点

続いては、実際にWiMAXを契約した際の、キャッシュバックを受け取る際の注意点について見ていきましょう。

特に注意したいポイントは、以下の3点です。

  • 各公式サイトの、キャッシュバック受取の注意事項は必ずチェックを!
  • キャッシュバック受け取りの流れを把握する
  • キャッシュバック案内メールの宛先も忘れずに

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

各公式サイトの、キャッシュバック受取の注意事項は必ずチェックを!

どのプロバイダも少なからず、キャッシュバックの受け取りの条件と注意事項を掲げています。

例えば、@nifty WiMAXでは、キャッシュバックキャンペーンに関しての条件と注意事項を、以下のように記しています。

nifty WiMAXのキャッシュバックキャンペーンの条件と注意事項

間や対象と、注意事項について、相応の文字数で記載されているのが確認できますね。

特に「注意事項」については、キャッシュバックの受け取りをどのように進めていくのかについて詳細に記されています。

このあたりは必ず事前に読んでおくようにしましょう。

後述しますが、キャッシュバックキャンペーンに申し込んだ後、実際にキャッシュバックを貰える人は約30%と言われています。つまり、これら条件や注意事項についてきちんと確認しなかったためにキャッシュバックを受け取れなかった、という人も少なからずいるということでしょう。

キャッシュバック受け取りの流れを把握する

「具体的に、どういう流れでキャッシュバックを受け取るのか」についてしっかりとイメージしておくことも大切です。

通常は、

  1. 一定の期間が立つとプロバイダからキャッシュバック案内メールが届く
  2. 案内メールに沿って、キャッシュバック受け取りの手続きを行う(振込先登録)
  3. プロバイダからキャッシュバック額の振り込みが行われる

といった3段階で進みます。

GMOとくとくBBのキャッシュバック特典受け取りの流れ

上記の大まか流れと、プロバイダから案内メールが届くタイミングについて、事前に確認しカレンダーやスケジュール表に控えておくことをおすすめします。

キャッシュバック案内メールの宛先も忘れずに

各プロバイダからのキャッシュバック案内は、メールで通知されます。

多くの方は、その際にGmailYahoo!メール等のフリーメールをご利用されるかと思いますが、プロバイダによっては契約時に発行されるプロバイダ独自のメールアドレスに送付される場合もあります。

また、案内メールが届くまでに1年近くかかる場合、新たなメールアドレスを取得して、古いものは使わなくなるという方も出てくることでしょう。

そういった際に、キャッシュバック案内メールはどのメールアドレス宛に来るのかは事前にしっかり意識しておくことをおすすめします。

BIGLOBE WiMAXなどでは、キャッシュバック案内メールの宛先を後からマイページで変更できるようになっていますので、そういったプロバイダ側の仕組みも把握しておくとより安心でしょうね。

キャッシュバックはリスクあり!不安な方はキャッシュバック無しを選ぼう

キャッシュバックを受け取る人は約30%

前にも少し触れましたが、キャッシュバックキャンペーンに申し込んで、実際にキャッシュバックを受け取れる人は30%ほどと言われています。

なぜキャンペーンに申し込んでおきながらキャッシュバックを受け取れないかと言うと、大きく以下の要因があるからです。

  • キャッシュバック案内メールに気付かなかった
  • キャッシュバック受け取りの手続きを怠ってしまった
  • 期間内にて、やむを得ないプラン変更や解約があった

特に注意したいのは1点目と2点目ですが、これらは自助努力で回避できる要素ではあります。

一方、どうしてもそうせざるを得なくて3点目の「期間内にて、やむを得ないプラン変更や解約があった」の理由でキャッシュバック額を受け取れなくなる可能性もあるでしょう。

つまり、キャッシュバックキャンペーンのキャッシュバック額は、「必ずもらえる」とは断言できないものなのです。キャッシュバック額をあまりあてにしすぎずに、「もらえない場合もある」くらいの感覚で臨んだほうがより意識も引き締まって良いかもしれませんね。

キャッシュバックの「あり」と「なし」でトータルコストが変わらない時はキャッシュバック「なし」にするのが無難

上記キャッシュバックを受け取れないリスクを鑑みて、仮に「キャッシュバックキャンペーンは無いけれど、トータルコストはかなりお得」というプロバイダやプランがあった場合は、「キャッシュバックキャンペーンなし」の方を選ばれたほうが無難です。

例えば、前に紹介したGMOとくとくBBはキャッシュバックキャンペーンのほか「月額割引キャンペーン」というキャンペーンも用意されているのですが、こちらのキャンペーンもトータルコストでみるとかなりお得です。

参考:GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンの3年総支払額比較

※ギガ放題プラン、3年契約で計上

  GMOとくとくBB
(キャッシュバックキャンペーン)
GMOとくとくBB
(月額割引キャンペーン)
初期費用 ¥3,000 ¥3,000
0か月目(端末発送月) ¥3,690 ¥2,170
1か月目 ¥3,690 ¥2,170
2か月目 ¥3,690 ¥2,170
3〜24か月目 ¥4,263 ¥3,480
25〜36か月目 ¥4,263 ¥3,480
キャッシュバック特典 ¥32,000 ¥5,000
トータルコスト(3年間) ¥123,160 ¥120,660

トータルコストで見るとGMOとくとくBBにおいては、「キャッシュバックキャンペーン」も「月額割引キャンペーン」もトータルコストは殆ど変わりません。

かつ、2019年2月時点では月額割引キャンペーンでも「5,000円キャッシュバック」も実施しており、その分を含めると、トータルコストではキャッシュバックキャンペーンよりも安くなり、たとえ5,000円分のキャッシュバックが受け取れないとしても、月額料金を確実に安くWiMAXを利用できます。

このように、各WiMAXプロバイダで実施されているキャンペーンにおいては、「キャッシュバックキャンペーンだから一番お得」とは限らないのです。

もし、ここまでの内容で「キャッシュバックの受け取れないリスクがちょっと不安」と感じられた方は、キャッシュバックなしでもトータルコストの安いプロバイダ・プランで検討されると良いでしょう。

まとめ) WiMAXのキャッシュバックが一番高いおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

WiMAXのプロバイダに詳しい方なら「予想通りの結果」といったところかもしれませんが、WiMAXのキャッシュバックが一番高いおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

また、GMOとくとくBBのメリットはキャッシュバックのみならずトータルコストが安い点、そして前述の「月額割引キャンペーン」のように、その他にもお得なキャンペーンがあって選ぶことができることです。

GMOとくとくBBのおすすめポイント

  • 他のWiMAXプロバイダと比べ、トータルコストが安い
  • キャンペーンが複数あり、自分に合うキャンペーンを選ぶことができる
  • 最新端末を選べる(W06
  • サービス実績が豊富
  • 20日以内の解約違約金無料キャンセル制度がある

ただし、ここまでご案内しましたキャンペーン情報は今後GMOとくとくBBのみならず各プロバイダの方でも変更されていくことでしょう。

「WiMAXを契約しよう」と思い立ったらそのタイミングで、各プロバイダのキャンペーン情報は必ずチェックされることをおすすめします。もちろん、当サイトでも最新の情報を皆さんにご提供できますよう、そのときどきのお得なキャンペーン情報をこれからもお伝えしていきます。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!

 


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。