Broad WiMAXの評判は良い?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

WiMAXの契約先を探している際に、「Broad WiMAXってどうなんだろう?」と思われた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

Broad WiMAXの一番の特徴はズバリ「月額料金が安い!」ということです。

ギガ放題プランでも、最初の3か月間は月額料金が2,726円で、以降も3,411円。

この月額料金の安さは、なかなか他のWiMAXプロバイダで見ることはできません。

では、Broad WiMAXは本当に今一番お得なWiMAXプロバイダなのでしょうか?

今回は月額料金最安値のWiMAXプロバイダ 、Broad WiMAXも主な特徴からメリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきたいと思います。是非ご覧ください!

【Broad WiMAX】: https://wimax-broad.jp Broad WiMAX

Broad WiMAXの特徴・評判は?

Broad WiMAXってどんなプロバイダ?

Broad WiMAXは、モバイルインターネットソリューションを主事業とする株式会社リンクライフが提供するWiMAXプロバイダサービスです。

「いつでも、どこでも、快適なインターネットライフを提供」というキャッチフレーズの通り、WiMAXを手軽にかつリーズナブルに提供してくれるプロバイダとして、多くの利用者から評価を得ています。

WiMAXをはじめとする無線通信インフラの提供を始めたのは2013年から。サービス開始から一定の期間も経っているので、実績や安定性においても安心のおけるプロバイダと言えるでしょう。

続いては、Broad WiMAXを利用した人々から、実際どんな評判があるかを見てみましょう。

Broad WiMAXに対しての「良い評判」 

他のWiMAXプロバイダと比べて月額料金が安くて「わかりやすかった」ことが決め手となりました。
他のWiMAXプロバイダは期間によって料金が上がったり下がったりして、「なんだか、分かりづらいな・・・」という印象でした。 Broad WiMAXはその点シンプルでわかりやすい。こういうのが良いですよね。

WiMAXのギガ放題プランを毎月3,500円以内で利用することができています。
他のところだと4,000円くらいですよね、たしか。
それから、通常初期費用が18,000円ぐらい掛かるのですが、キャンペーンで無料だったので、これもポイントでした。

店舗受取サービスを使えば、即日利用もできるのはかなり便利だと思います。通常のプロバイダだと、契約をしてから実際にモノが届くまで数日かかりますからね。
Speed Wi-Fi NEXT W06」といった最新のWiMAXもちゃんと取り扱ってくれているのが安心です。かつ端末代が0円で申し込めるのもありがたいですね。

Broad WiMAXについての「良い評判」で多いのは、やはり「月額料金の安さ」です。

WiMAXのコストの大半は毎月の固定費(=月額料金)ですので、月額料金が安いというのは大きな魅力に感じられる方も多いのでしょう。

そのほか、送料無料、端末代無料、即日配送といった特典に対しても高評価コメントも多かったです。

そのほか、Broad WiMAXの、他プロバイダにはないメリットについては「Broad WiMAXのメリット」においても詳しく紹介しています。併せてご覧ください。

Broad WiMAXに対しての「悪い評判」

一方、Broad WiMAXについての「悪い評判」については以下のようなものがありました。

キャッシュバックキャンペーンがないので、トータルコストでみると他のGMOとくとくBBBIGLOBEといったWiMAXプロバイダのほうがお得になる。よくよく調べてそのことに気付いて、後で後悔した。

ギガ放題の契約期間が3年のみになっているのが難点。2年契約も選べるようにしてほしい。

Web申し込み&クレジットカード決済にしないと初回費用で端末代18,857円が発生する。端末代無料を掲げているWiMAXプロバイダが多い中、これはちょっと高い…。

注目しておきたい点は、1つ目の「トータルコストでみると、他のプロバイダの方がお得になる」点と3つ目の「Web申し込み&クレジットカード決済にしないと初回費用で端末代18,857円が発生」することでしょう。

「もっとお得なプロバイダがある」という点については、次章以降の「料金は安い?他プロバイダと比較」にて詳しく見ていきますので、併せてご覧ください。

また、「(条件によっては)初回費用で端末代18,857円が発生する」点は、現在多くのWiMAXプロバイダでは

「端末代無料」を掲げているということもあり、やや大きなリスクに受けとめられそうですよね。こちらについても、「Broad WiMAXのデメリット」で詳しく確認していきたいと思います。

一方、Broad WiMAXの「2年契約がない」というコメントについては、今やどのプロバイダも3年契約プランが主流となってきています。このあたりは、契約期間の長さよりも他のメリット・デメリット比較および「トータルコスト」を重点的に見ていった方が検討はされやすくなるでしょう。

Broad WiMAXのメリット

さて、Broad WiMAXの良い評判、悪い評判を見ておいた後に、改めてBroad WiMAXのメリットについて整理してみましょう。

WiMAX プロバイダ Broad WiMAXのメリットとしては、以下の4点が挙げられます。

  • WiMAX業界初の当日利用可能
  • 最新機種が0円で契約できる
  • 違約金保証サービス
  • 他社からの乗り換えで契約解除料負担

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

WiMAX業界初の当日利用可能

Broad WiMAXは、申し込み後「即日発送」してくれますが、更に他のプロバイダにないサービスとして、「申し込み当日に受け取り」を可能とする、「店舗受取」サービスを用意しています。

通常のWiMAXプロバイダ(Webからの申し込み)の場合、即日発送したとしても端末本体が手元に届くのは最短でも翌日〜3日後以降。「すぐにでもWiMAXを使いたい」という方には、Broad WiMAXの店舗受取サービスはかなりメリットが大きいでしょう。

Broad WiMAXの店舗受取サービスは、Webからの申し込み後にBroad WiMAXが展開している東京(秋葉原、渋谷)、埼玉(大宮)、大阪(梅田)各地の受け取りセンターに取りに行く、という流れになります。

「なんだ、それなら店舗で購入するのと一緒じゃないか」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、他の直販店での購入の場合は料金が割高になりますので、一般的にWiMAXの契約は店舗購入よりWeb購入のほうがお得になります。

つまりは、Broad WiMAXの「店舗受取」サービスは店舗購入におけるスムーズさとWeb購入における価格帯・特典の両方のメリットを得ることができるということですね。

最新機種が0円で契約できる

年に数回新機種のリリースがされるWiMAXですが、プロバイダによっては「最新機種」の取り扱いがされない、または遅れているというところも少なくありません。

その点Broad WiMAXWiMAX最新機種をほぼリリースと同時に、かつ「端末代無料」で提供してくれます。

Broad WiMAXの取り扱い端末一覧(20192月時点)

WiMAXの機能は端末が最新になるにつれてどんどん高まっていきます。

かつ、端末の型番に関わらず端末料金が無料ですので、「最新端末を常に取り揃えてくれる」というBroad WiMAXは、利用する側からすると嬉しいポイントですよね。

違約金保証サービス

また、Broad WiMAXは万一以下の状態になった場合、解約違約金0円で、Broad WiMAXが提携する他のインターネット回線への乗り換えができます。

  • 通信速度が遅かったとき
  • 固定回線に乗り換えたいと思ったとき
  • 電波が届きにくい
  • 通信制限にすぐかかってしまう

乗り換え可能な他のインターネット回線は以下の通りです。

かつ、これら乗り換えは契約後いつでも相談することができます(ただし、このサービスをご利用後、1年間は再度適用することはできません)。

はじめてWiMAX、モバイルWi-Fiルーターを利用される方からすると、とても安心できる、有難い特典ですよね。

他社からの乗り換えで契約解除料負担

そのほか、Broad WiMAXの他プロバイダにはないメリットとして是非上げておきたいのが、「違約金負担!乗換キャンペーン」です。

こちらのキャンペーンは、現在他社プロバイダの提供するWiMAXを利用しており、「今すぐのタイミングで解約すると解約違約金が発生してしまう」という方向けに、Broad WiMAXがその違約金を負担してくれるというサービスです。

ご存知の方も多いと思いますが、WiMAXは契約期間が満了する月以外に解約をすると、9,500円〜19,000円(GMOとくとくBBの場合は〜24,500円)の解約違約金が発生します。

その際に、Broad WIMAXは、「19,000円までなら、その解約違約金を負担しますよ」と言ってくれているということですね。

これは、現在他のWiMAXプロバイダで契約して、「そろそろ他の格安プロバイダに乗り換えたいな」と考えている方からするととても嬉しい特典でしょう。

Broad WiMAXは、こんな方におすすめ

ここまで、Broad WiMAXのメリットについて紹介しました。

具体的に「Broad WiMAXがおすすめの人」は、以下のような方々になるでしょう。

  • WiMAXを当日または1日でも早く利用したい、という方
  • 最新端末のWiMAXを利用されたい方
  • 万一WiMAXが繋がらなかったときのことを懸念・心配されている方(違約金保証サービスの活用)
  • 現在すでに他プロバイダでポケットWi-Fiの契約をしており、かつ乗り換え時に違約金負担が発生しそうな方(「違約金負担!乗換キャンペーン」の活用)
  • 上記のいずれかと併せて、「なるべく安いプロバイダ」で契約を検討されている方
【Broad WiMAX】: https://wimax-broad.jp Broad WiMAX

Broad WiMAXのデメリット

続いては、Broad WiMAXのデメリットについても見てみましょう。

Broad WiMAXのデメリットとして挙げられるのは、以下の3点です。

  • 有料オプションは加入必須
  • 初期費用割引キャンペーンの適用条件が厳しい
  • 契約解除料が高い

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

有料オプションは加入必須

Broad WiMAXは、申し込み時に「安心サポート」(月額550円)と「My Broadサポート」(月額907円 ※申し込みから2か月は無料)の有料オプションを申し込むことができます。

「安心サポート」は故障・破損時の補償サービスで、「My Broadサポート」は専用問い合わせ窓口サービスとしてのご利用が受けられるようになります。

注意したいのは、これらの加入は入会キャンペーン(初期費用割引キャンペーン)の適用条件の一つとなっているということです。

「初期費用割引キャンペーン」には、「端末代18,857円の値引き」も含まれていますので、つまり上記オプションに加入しないと、その18,857円が発生してしまうことになります。

ただし、どちらの有料オプションも入会後すぐに解約すれば、1ヶ月分のオプション料金のみの支払いで済みますし、入会キャンペーンも適用されます。

特に有料オプション自体は必要なく、入会キャンペーンの適用目的で有料オプションを設定される方は、解約の手続きをし忘れることの無いよう、ご注意ください。

初期費用割引キャンペーンの適用条件が厳しい

続いてのBroad WiMAXのデメリットは、初期費用割引キャンペーン(18,857円割引)の適用条件が厳しいことです。

どんな適用条件があるのかというと、以下の通りです。

Broad WiMAXの初期費用割引キャンペーンの適用条件

  • 条件1 Webフォームからのお申込み
  • 条件2 料金プランを月額最安プランでお申し込み
  • 条件3 お支払方法をクレジットカードでお申し込み
  • 条件4 安心サポートプラス・MyBroadサポートの2つのオプションに加入

 

条件1の「Webフォームからの申し込み」と条件2の「月額最安プランで申し込み」はまあ良いとして、問題は条件3の「クレジットカードで申し込み」と、条件4の「安心サポートプラス・MyBroadサポートの2つのオプションに加入」です。

何かしらの理由でクレジットカードの決済ができない人は、初期費用割引キャンペーンが適用できなくなりますので、必然的にBroad WiMAXを契約先のプロバイダとするのは、いささか難しくなるでしょう(他のプロバイダはそもそも初期費用が事務手数料の3,000円程度なので)。

また、安心サポートプラス(月額550円)、MyBroadサービス(月額907円)のオプション加入がマストとなっているのも、やや頭を悩ますところです。「商品到着後に無料で解約可能」とはなっておりますが、それでも解約手続きの手間が発生するのはちょっと面倒ですよね。

契約解除料が高い

Broad WiMAXに関わらず、WiMAXプロバイダでWiMAXを購入した場合、契約期間内で解約した際は契約解除料が発生します。

WiMAXの契約解除料(3年契約の場合)

契約開始からの利用月 契約解除料
12ヶ月以内 19,000円
13〜24ヶ月以内 14,000円
25〜36ヶ月目 9,500円
37ヶ月目(更新月) 0円
38ヶ月以降 9,500円

そして更には、Broad WiMAXの「初期費用18,857円割引!Web割キャンペーン」を利用して契約した際には、上記表とは別に「キャンペーン違約金」も追加で発生してしまうのです。

キャンペーン違約金の発生条件と金額

発生条件 契約してから24カ月以内に解約した場合
金額 9,500円

つまり、Broad WiMAXで契約して更に2年以内に解約した場合、23,500円〜28,500円もの解除料が発生してしまうということですね。これは、契約前に慎重に「解除料を払わずに済みそうか」を検討しておいた方がよさそうです。

Broad WiMAXは、こんな方には向かないかも…

Broad WiMAXのデメリットについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

具体的に以下のような方には、Broad WiMAXの利用(契約)は不向きかもしれませんので、ご注意ください。

  • 支払をクレジットカード決済以外で行いたい方(キャンペーン適用外となる為)
  • 3年以内での、早いタイミングでWiMAX解約の可能性が高いという方(違約金が割高になる為)
  • 有料オプションが必要でない方。かつ、契約後の有料オプション解除等の事務手続きに煩わしさを感じている方

料金は安い?他プロバイダと比較

さて、ここまでBroad WiMAXのメリット・デメリットについてお伝えしましたが、冒頭で触れた「Broad WiMAXは料金が安い」という点についても、他のプロバイダと比較しつつ詳しく見ていきたいと思います。

比較するプロバイダは、Broad WiMAX同様料金の安さ等で利用者からの評判が高い以下の3プロバイダです。

  • GMOとくとくBB(月額割引キャンペーン)
  • @nifty WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

Broad WiMAXGMOとくとくBB@nifty WiMAXBIGLOBE WiMAXの料金比較(20192月時点)

※最新端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」、ギガ放題・3年契約プランで計上
Broad WiMAXは、キャンペーン適用条件である「安心サポート」550円を初月のみ含む
@nifty WiMAXは、月々で発生するnifty基本料金250円を含む

  Broad WiMAX GMOとくとくBB
(月額割引)
@nifty WiMAX BIGLOBE WiMAX
(月額料金大幅割引)
初期費用 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
0か月目 (端末発送月) ¥3,276の
日割り計算
¥2,170の
日割り計算
¥250 ¥0
1〜2か月目 ¥2,726 ¥2,170 ¥3,670 ¥3,345
3〜24か月目 ¥3,411 ¥3,480 ¥4,350 ¥4,030
25〜36か月目 ¥4,011 ¥3,480 ¥4,350 ¥4,380
キャッシュバック特典 ¥30,100
トータルコスト (3年間) ¥134,902 ¥127,830 ¥128,390 ¥150,910

上記4プロバイダで見たときに、トータルコストは残念ながらBroad WiMAXは最安値プロバイダではなく、GMOとくとくBBや@nifty WiMAXのほうが安くなります。

もし、「料金(トータルコスト)を最重要視」でWiMAXプロバイダを選ばれている際は、Broad WiMAXではなくGMOとくとくBB等を選ばれたほうが良い、ということですね。

特に、GMOとくとくBBの「月額割引キャンペーン」は現在コストの安さと実績からももっともおすすめのプロバイダ&キャンペーンプランです。

先に触れた「Broad WiMAXのメリット・デメリット」と照らし合わせて、「Broad WiMAX以外でプロバイダを探してみたい」という方はご参考にされると良いでしょう。

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」

GMOとくとくBBおよび月額割引キャンペーンについては、以下記事にて詳しく説明しています。

宜しければ、併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きでも安い!

GMOとくとくBB WiMAXの3つのキャンペーンを比較!料金は業界最安値

Broad WiMAXの基本情報

最後に、ここまで紹介しましたBroad WiMAXの基本情報についてまとめておきましょう。

プロバイダ Broad WiMAX
支払方法 1)クレジットカード
2)口座振替 ※口座振替の場合は、初期費用割引キャンペーンの適用外
解約方法 Broad サポートセンター 解約専用ダイヤルまでご連絡
キャンセル期間 8日間以内の申請(初期契約解除制度)
配送方法 1)郵送
2)店頭受け取り
※店頭受け取りは、東京(秋葉原、渋谷)、埼玉(大宮)、大阪(梅田)各地の
受け取りセンターで利用可能

WiMAXの支払いにて「口座振替」で行われることを検討されている方は、併せて以下の記事をご参照ください。

WiMAXは8日以内なら無料キャンセル可能!初期契約解除制度とは

WiMAXのキャンセル期間について詳しくお知りになりたい方は、併せて以下の記事をご参照ください。

口座振替OKおすすめポケットWi-Fi!1番お得に契約できるルーターは?

まとめ) Broad WiMAXは、乗り換え負担や店舗受取サービス等のメリット部分を最大限有効活用するのがベスト!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

一度、Broad WiMAXのメリット、デメリットについてまとめてみましょう。

Broad WiMAXのメリット

  • WiMAX業界初の当日利用可能
  • 最新機種が0円で契約できる
  • 違約金保証サービス
  • 他社からの乗り換えで契約解除料負担

Broad WiMAXのデメリット

  • 有料オプションは加入必須
  • 初期費用割引キャンペーンの適用条件が厳しい
  • 契約解除料が高い

Broad WiMAXでの契約をご検討される際は、まずは上記メリット・デメリットをしっかり把握されることがおすすめです。

「料金の安さ」で言うと、確かにBroad WiMAXはおすすめではありますが前述のようにGMOとくとくBBはじめ更に最安値のWiMAXプロバイダがありますので、安さの理由一点でBroad WiMAXを選んでしまうのは得策ではないということですね。

とはいえ、Broad WiMAXは他ポケットWi-Fiからの乗り換え負担や店舗受取サービス、その他違約金保証サービス等、他のWiMAXプロバイダにはない特典を多く有していますので、このあたりのメリットがご自身の活用シーンにフィットしそうという方は、是非検討を進めてみると良いでしょう。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!

【Broad WiMAX】: https://wimax-broad.jp Broad WiMAX


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。