auポケットWi-FiはWiMAXとほぼ同等!料金重視ならWiMAXがおすすめ!

「auポケットWi-Fiってどうなんだろう…?」「auポケットWi-Fiで契約しようかな…」と思っていませんか。

結論から言うと、auポケットWi-Fiでの契約は、他のポケットWi-FiやWiMAXプロバイダを経由しての契約と比べてかなり割高になってしまうのでおすすめしません。

ですが、「以前からauポケットWi-Fiが気になっていた」であったり、「auユーザーならではの特典もあったりするんじゃないだろうか」という方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、auポケットWi-Fiがどのようなサービスで、他のポケットWi-FiWiMAXと比べてどのような特徴があるのか、そして真のおすすめのポケットWi-Fiは何かについて、詳しくお伝えしていきたいと思います。

auポケットWi-Fiが気になっていたという方は、これを読めばauポケットWi-Fiの特徴、メリット、デメリットについて理解を深められることでしょう。是非ご覧ください!

auポケットWi-FiWiMAXのサービスはほぼ同じ

auポケットWi-Fiとは

auポケットWi-Fiとは、auが提供するモバイルWi-Fiルーターのことです。

基本的に、全国のauショップ店頭で契約・購入することができます。

2019年2月現在においては、以下製品がauポケットWi-Fiのラインナップとして提供されています。

auポケットWi-Fi (データ通信端末)ラインナップ(2019年2月時点)

参考:au「データ通信端末」

これらauポケットWi-Fiの特徴としてまず挙げられるのは、「インターネット回線速度の速さ」です。

auポケットWi-Fiのインターネット回線は、「WiMAX2+」というWiMAX専用の回線と、それから「au 4G LTE」というauのLTE専用回線を利用できます。

そしてその速度がどれくらいかというと、最新機種Speed Wi-Fi NEXT W06においては下り最大速度1.2Gbpsという光回線レベルの速さとなっており、数あるポケットWi-Fiのなかでも最速のルーターと言えるでしょう。(※数値は理論値になります。実際の回線速度とは異なりますのでご注意ください)

auポケットWi-Fiは、WiMAXと同じ

さて、ここまでお読みになられてお気づきになられた方もいらっしゃることでしょうが、上記auポケットWi-Fiで紹介した製品ラインナップは「WiMAX」と呼ばれている機器と同じものです。

WiMAXといえば、UQコミュニケーションズが提供する製品というイメージも強いことでしょう。

続いては、UQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)におけるポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)のラインナップを確認してみましょう。

▽UQ WiMAX モバイルルーター・ホームルーター ラインナップ(2019年2月時点)

ご覧になられて確認できます通り、auポケットWi-Fiで紹介されている製品はすべてUQ WiMAXのラインナップでも紹介されています。

つまり、販売ルートは異なれど、扱っている製品(商品)は一緒、ということですね。──逆に、UQ WiMAXのほうがラインナップとしては製品数もより多く充実しています。

auポケットWi-FiでもUQ WiMAXでも製品は一緒ですので、ポケットWi-Fi(モバイルWi-Fiルーター)自体の性能(回線速度であったり、繋がりやすさ等)も当然ながら一緒になります。

結論①
  • auポケットWi-Fiの機器は、「WiMAX」と同じ

auポケットWi-FiWiMAXより料金が高い

それでは、auポケットWi-FiとWiMAXとでの違いはどこにあるのかと言うと、一番に挙げられるのは「料金」です。

実際に料金にどれくらいの差があるのかを、見てみましょう。

auポケット Wi-FiUQ WiMAXの平均月額比較

  auポケットWi-Fi UQ WiMAX
月内7GBプラン 3,696円/月 (平均)
(WiMAX 2+ フラット for DATAプラン)
3,696円/月 (平均)
(UQ Flatツープラス プラン)
月内無制限プラン 4,380円/月 (平均)
(WiMAX 2+ フラット for DATA EXプラン)
4,295円/月 (平均)
(UQ Flatツープラス ギガ放題プラン)

auポケットWiFiの料金は、「WiMAX 2+ おトク割」適用時の金額で計上
UQ WiMAXの料金は、「おトク割+長期利用割引」適用時の金額で計上

表内の「月内7GBプラン」とは、1か月内のインターネット利用のデータ量を「7GB」までとするプランになります。それに対して、「月内無制限プラン」は、基本インターネット利用のデータ量を無制限で活用することができるプラン(※1)です。

現在auポケットWi-FiWiMAXを利用される人のほとんどが「月内無制限プラン」を利用していますので、こちらの金額を中心に確認しておくと良いでしょう。

※1 月内無制限プランの場合、3日間のインターネット利用で10GB以上のデータ利用があった際に、翌日1800〜翌々日2:00までの8時間の間にて、速度上限1Mbpsの速度制限が発生します。

上記表で見ると、「月内無制限プラン」で見たときに、若干UQ WiMAXのほうが安くなっていますね。

とは言うものの、その額は月にして100円弱(年間で見ると1,000円強)ですので、「なんだ、大して変わらないな」と思われた方もいらっしゃることでしょう。

ですが、ここで意識しておきたいのは「そもそもWiMAXは、UQ WiMAXのほかにも様々なプロバイダが提供している」こと、そして「WiMAXプロバイダによって料金は大きく異なる(そのうち、UQ WiMAXはかなり高い部類になる)」ということです。

そこで、続いてはWiMAXプロバイダの中でも特に「最安級」とされるプロバイダ、「GMOとくとくBB」の料金とも比較して見てみましょう。

UQ WiMAXGMOとくとくBBの平均月額比較

  UQ WiMAX GMOとくとくBB (月額割引キャンペーン)
月内7GBプラン 3,696円/月(平均) (UQ Flatツープラス プラン) 2,661円/月(平均) (7GBプラン)
月内無制限プラン 4,295円/月(平均) (UQ Flatツープラス ギガ放題プラン) 3,352円/月(平均) (ギガ放題プラン)

GMOとくとくBBは契約期間を3年契約メインとしており、上記月額料金の平均額は3年間利用時の平均月額で算出

上記表にて、GMOとくとくBBの月額料金はUQ WiMAXや先ほどのauポケットWi-Fiと比べてかなり安くなっているのが確認できます。

月内7GBプランも月内無制限プランも、大体1,000円ほど安くなってますね。──つまり、年間で見たときに1万円以上の差が出てくる、ということです。

もし今、auポケットWi-FiまたはWiMAXの契約をご検討されており、かつ「料金はなるべく安くしたい」とお考えでしたら、auポケットWi-Fi経由での契約ではなく、GMOとくとくBBを代表する「最安級」のWiMAXプロバイダで契約されたほうが良いでしょう。

結論②
  • auポケットWi-Fiは月額料金が高い
  • 価格の安さで契約するなら、GMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBBWiMAXプロバイダについては、以下記事にても詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

GMOとくとくBB WiMAXの3つのキャンペーンを比較!料金は業界最安値

とくとくBBとBroad WiMAXどっちが良い?メリット・デメリット比較!

auポケットWi-Fi WiMAXの違い

さて、前章にて「auポケットWi-Fiとは、WiMAXのこと」であること、併せて「auポケットWi-Fiとして、auショップ等で契約すると料金は割高になる」ということをお伝えしました。

これ以外にauポケットWi-FiWiMAXとでは、サービス面において全く同じなのかというと、それ以外にもいくつか違いがあります。特に意識しておきたいのは、以下の4点でしょう。

  • auポケットWi-Fi新規加入時に、他社インターネットサービス解約違約金を最大20,000円還元
  • auスマートバリューを利用すれば、月額料金を最大1,000円分値引きできる
  • 解約違約金が他のWiMAXプロバイダより安い
  • 契約更新月が3ヶ月と、ゆったりスケジュールで更新・解約を検討できる

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

auポケットWi-Fi新規加入時に、他社インターネットサービス解約違約金を最大20,000円還元

auでは、auのポケットWi-Fiに新規加入する際に少なからずの人が対象となるであろう「これまでのインターネットサービスの解約違約金」について、最大20,000円まで還元してくれるサービスがあります。

現在、多くのインターネットサービスが「更新月以外での解約」の際に1〜2万円ほどの解約違約金を徴収していますので、auポケットWi-Fiのこの仕組みはありがたいと感じる方も多いことでしょう。

ただし、こちらの特典を受ける際には以下条件がありますので、ご注意ください。

  • 他社固定インターネットまたは他社モバイルデータ通信端末(NTTドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルが提供するモバイルデータ通信端末)から「auデータ通信端末(auポケットWi-Fi)」に新規加入した方
  • 24カ月間以上の継続利用を前提の方
  • auポケットWi-Fiの申し込みと併せて、auスマートバリューにお申込みされた方

※詳細は、「auスマートバリュー スタートガイド」をご確認ください。

また、還元される最大20,000円の金額は、現金ではなくau WALLET プリペイドカードへのチャージとして振り込まれます。

どちらかというと、「auユーザー向けサポート」の傾向が強い特典ですが、「これまでもauスマホ/携帯を利用していた」という方にはお得感も得られやすいでしょう。

auスマートバリューmineを利用すれば、月額料金を最大1,000円分値引きできる

auスマートバリューmineとは、「auスマホ(またはau携帯)をご利用の方が、併せてauポケットWi-FiやWiMAXを利用した際に、auスマホ・携帯の月額料金が最大1,000円割引されますよ」というサービスです。

毎月1,000円お得になるのはかなり大きいですよね。

まさに、「auスマホ/携帯ユーザー向け」の特典と言えるでしょう。

auスマートバリューmineとWiMAXは相性抜群!スマホ料金が毎月1000円お得に

auスマートバリューmineは、auポケットWi-Fiでなくとも、多くのWiMAXプロバイダでも対応していますので、「auポケットWi-Fiのみのメリット」いう訳ではありません。ただし、WiMAXプロバイダのなかにはこの「auスマートバリューmine」に対応していないプロバイダも少なからずありますので、今回こちらの特典も挙げさせていただきました。

解約違約金が他のWiMAXプロバイダより安い

WiMAXは、解約する際に通常以下の解約違約金が発生します。

多くの場合、WiMAXの解約違約金は更新月期間を無料とし、それ以外は「契約から1年間は19,000円、2年目は14,000円、3年目以降は9,500円」としています。(※プロバイダによって変わる場合があります)

それに対して、auポケットWi-Fiは、契約更新月の解約は同様に無料で、それ以外の月の解約での解約違約金は一律で9,500円。

auポケットWi-Fiの解約違約金

  解約違約金額 (参考)他のモバイルWi-Fiルーターの解約違約金目安
契約更新月の解約 無料 無料
契約更新月以外の解約 9,500円 9,500円〜19,000円
※多くの場合、契約から1年間は19,000円、
2年目は14,000円、3年目以降は9,500円

auポケットWi-Fiの解約時のコストは、他のWiMAXプロバイダで契約したときと比べてかなり負担が小さいですね。

「ポケットWi-Fiを契約予定だけど、2年以内に解約する必要がある…」という方には、リスクヘッジとして解約違約金の少ないauポケットWi-Fiを検討されるのもありかもしれません。

契約更新月が3ヶ月と、ゆったりスケジュールで更新・解約を検討できる

前段にて「契約更新月期間は、解約違約金が無料」とお話しましたが、通常多くのポケットWi-FiWiMAXプロバイダの「契約更新月期間」は1ヶ月になります。──つまり、解約違約金を発生させずにポケットWi-Fiの解約をしようとする場合は、その1ヶ月間の間に手続きを済ませる必要があるということですね。

UQ WiMAXの契約更新月イメージ(2年契約)

一方、auポケットWi-Fiの契約更新期間は3か月20193月から ※下記図は20192月時点のものになりますので、期間は2か月となっています)。

auポケットWi-Fiの契約更新月イメージ(2年契約)

つまり、auポケットWi-Fiで契約した場合は、更新時に「このまま更新するか、別のポケットWi-Fiにしようか」という検討について、じっくり時間をかけて行えるということですね。

結論③
  • auポケットWi-Fiは、「auスマートバリュー スタートガイド」や「auスタートバリューmine」といったauユーザー向けサービスの特典を受けらえる
  • auポケットWi-Fiは、契約更新期間が他のポケットWi-Fiよりも長く、かつ解約違約金も低めなので、解約時の負担が相対的に軽い

auポケットWi-Fiがおすすめの方は?

ここまでの内容から、auポケットWi-Fiがおすすめの人とそうでない人はどんな人なのか、まとめてみましょう。

auポケットWi-Fiの利用が向いている人は、こんな人!

  • これまでauユーザーで、auのサービスやサポート品質に安心感・信頼感を持っている方
  • ポケットWi-Fiをどれだけ利用し続けるかが不透明で、解約時のコスト・リスクをなるべく軽減したい方
  • 近くにauショップがあり、かつポケットWi-Fiの購入について対人販売で進めていきたい方

auポケットWi-Fiの利用が向いていない人(逆にWiMAX等の利用が向いている人)は、こんな人!

  • ポケットWi-FiWiMAXの月額料金の負担をなるべく抑えていきたいという方
  • ポケットWi-Fi契約時に、なるべく多くの商品ラインナップを観ながら、比較検討していきたい方
  • 現在docomoユーザーまたはソフトバンクユーザーで、auサービスの特典を充分に受けられない方

結論から言えば、auポケットWi-Fiは、「料金の安さにそれほどこだわりがない」かつ「auスマホ/携帯を使っており、auサービスの特典を受けられる」方向けと言えます。

料金をなるべく安く済ませたいとお考えの方や、現在docomoやソフトバンクのスマホ・携帯をご利用の方は、前述のGMOとくとくBBなどの安くて実績のあるWiMAXプロバイダで契約されたほうが良いでしょう。

まとめ) auポケットWi-Fiは、おすすめ度は「低め」。auサービスの特典を最大限利用できる人は検討してみては

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

一度、これまで紹介した内容をまとめてみましょう。

  • auポケットWi-Fiの機器は「WiMAX
  • auポケットWi-Fiは月額料金が高い。価格の安さで契約するなら、GMOとくとくBBがおすすめ
  • auポケットWi-Fiは、auユーザー向けサービスの特典を受けらえる
  • auポケットWi-Fiは、解約時の負担・リスクが(他のWiMAXプロバイダと比較して)軽め

私自身、特に意識しておくことをおすすめしたいのは2つ目の「auポケットWi-Fiの月額料金の高さ」についてです。

ご存知の通り、ポケットWi-Fiは最低でも2年間と、中長期的に利用することになるサービスです。かつ、利用期間中は毎月固定の費用が発生します。

つまり、月額料金の安さ(高さ)は、一か月単位で見たときに千円前後であったとしても、年単位で見ると1万円を超える額になってくるということです。

末永く使うサービスであるからこそ、月額料金・トータルコストについては慎重に、かつ後悔のないように検討を進めていきたいところですよね。

上記特徴まとめにある「auユーザー向けサービスの特典」や「解約時の負担・リスク」をそれ程重要視されないという方は、是非月額料金が安くて、かつ実績のあるWiMAXプロバイダで契約されることをおすすめします。

現在(20192月)でいうと、料金が安くかつ実績も豊富なWiMAXプロバイダでもっともおすすめは「GMOとくとくBB」です。

auポケットWi-Fiについてご検討中の方で、「GMOとくとくBBについてあまりよく知っていなかった」という方は、併せて以下の記事も是非お読みください。

GMOとくとくBB WiMAXの3つのキャンペーンを比較!料金は業界最安値

とくとくBBとBroad WiMAXどっちが良い?メリット・デメリット比較!

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。