auひかりの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

インターネットの光回線の契約先選びで、「auひかりはどうだろう…」と検討されている方は多いことでしょう。

auひかりは知名度も高く、かつ抜群の回線速度を誇る、光回線サービスです。

ですが一方で、「料金が高い」「対応していないエリアがある」といった不満・デメリットを挙げる声があることも事実です。

そこでこの記事では、そんなauひかりの光回線サービスについて、その特徴からメリット・デメリットまで詳しくお伝えしていきます。

この記事を読めば、あなたにとってauひかりが光回線の最適な契約先か、しっかりと判断もつけられることでしょう。ぜひご覧ください!

auひかりの特徴・評判は?

はじめに、auひかりの特徴・評判について見ていきましょう。

「auひかりと、他の光回線(フレッツ光等)の違いがよく分からない…」「auひかりがおすすめと言われたけど、何がおすすめなのか、あまりよく分かっていない」という方は特に参考にして下さい。

auひかりはKDDIの独自回線による光回線サービス

auひかりの特徴を把握するうえで、まず押さえておきたい点は「auひかりはKDDIが展開する独自回線」ということです。

ご存知の通り、国内のインターネット光回線は「auひかり」のほか、「フレッツ光」「ドコモ光」「ソフトバンク光」などがあり、光回線はNTTの回線を利用しています。

一方、auひかりはKDDIの回線を利用しており、そもそも利用している回線自体が他の光回線サービスと異なっているのです。

国内主要インターネット光回線の利用回線

NTTの回線を利用

フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光、enひかり、NUROひかり

KDDIの回線を利用

auひかり

ちなみに、NTT回線、KDDI回線も通信速度は1ギガ(下り最大1Gbps)と同様です。

ですが、auひかりは独自回線ということもあってNTT回線と比べると利用者が少なく、その分他の光回線と比べて速い通信速度を実現されやすくなるのです。

一方、KDDI回線はまだ国内に未対応エリアがあり、「対応エリアのカバー率」で見たときにはNTT回線と比較して若干の後れを取っております。

つまり、「auひかりがKDDIによる独自回線である」という特徴は、通信速度の速さというメリット面、未対応エリアがあるというデメリット面双方に関わっているということですね。

このあたりは、次章以降の「auひかりのメリット」、「auひかりのデメリット」においても詳しく説明しておりますので、併せてご覧ください。

プロバイダは7社ある

auひかりの契約が可能なプロバイダは、現在以下の7社があります。

  • au one net
  • BIGLOBE
  • AsahiNet
  • @nifty
  • DTI
  • So-net
  • @tcom

ちなみに、上記プロバイダのいずれかを選んだからといって、料金や速度が変わるということはありません。

料金がプロバイダで一律である理由は、auひかりの料金は全てプロバイダ料込みとなっている為です。

ただし、プロバイダによって特典・サポート対応などに差があります。

ちなみに、現在(2019年11月時点)において、特典が豊富でかつサポートも安定した品質でおすすめとなるのは「So-net」でしょう。

過去に利用していたプロバイダが上記7つの中にあって、かつ「サポート体制がよく、今後も利用したいと思っている」「これまでのプロバイダのメールアカウントを継続して利用したい」という方はそのプロバイダを利用されても良いでしょうが、それ以外の方はまずSo-netのプロバイダを優先して検討されると良いでしょうね。

プロバイダSo-netについては、記事後半「auひかりのプロバイダは「So-net」がおすすめ!」で詳しく紹介しておりますので、併せてご覧ください。

関東エリア限定で5ギガ、10ギガプランあり

前項にて、「auひかりのインターネット回線速度は1ギガ(下り最大1Gbps)」とお伝えしましたが、関東の一部エリアにおいては最大回線速度5Gbps・10Gbpsの「auひかり ホーム10ギガ・5ギガ」が利用できます。

対象エリアは「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリア」と限られていますが、その地域にお住いの方で、かつインターネット回線速度を重要視されるという場合は、auひかり ホーム10ギガ・5ギガも併せて検討されると良いでしょう。

ちなみに、auひかり ホーム10ギガ・5ギガはそれぞれ「高速サービス利用料」として10ギガプランは+1,280円、5ギガプランは;500円の月額費用が発生しますのでご注意ください。

auひかり ホーム10ギガ・5ギガの利用料金 (ずっとギガ得プランの場合)

auひかりの利用料金

続いては、auひかりの利用料金について見ておきましょう。

 

一戸建て

マンション

契約期間

3年

2年

事務手数料

3,000円

3,000円

工事費用

0円〜37,500円

※プロバイダにより異なる

0円〜30,000円

※プロバイダにより異なる

月額料金

1年目5,100円

2年目5,000円

3年目以降4,900円

3,800円

契約解除料

15,000円

7,000円

撤去費用

28,800円

なし

auひかりの利用料金の特徴をざっとまとめると、以下の通りです。

  • 月額料金は、他の光回線サービスと比べて平均的(マンションタイプは安い)
  • 工事費用は、プロバイダによって異なる
  • 月額料金は、年数を経るごとに安くなる(一戸建てタイプ)
  • 一戸建てタイプは、解約時に契約解除料と合わせて「撤去費用(28,800円)」が必要

auひかりのオプションサービス

auひかりにはいくつかオプションサービスが用意されていますが、特に以下の2点は契約前に押さえておくと良いでしょう。

  • 光電話:月額500円
  • 無線LAN:月額500円

光電話:月額500円

auの光電話サービスは、これまでの電話番号のままでauの回線を利用した固定電話が使えるサービスです。

電話料金が安くなる(県内・県外どこにかけても一律8円/3分で通話)うえに、多くのプロバイダにおいて加入特典としてスマートバリュー料金や、初期工事費用の割引、その他キャッシュバック特典の対象とされますので、加入しておいた方がメリットは大きくなるでしょう。

無線LAN:月額500円

無線LANサービスは、auひかりのインターネット光回線利用時に、自宅でWiFi接続を可能にしてくれるサービスです。

月額500円発生しますが、auスマホ・携帯電話利用時に月額料金を安くできる「auスマートバリュー」を適用した際には無線LANサービスの500円は永年無料となります。

auひかりの評判は?

さて、ここまでauひかりの特徴、料金体制を中心に見てきましたが、実際にauひかりを利用した人たちからどんな評判が挙がっているのか、主にネットであがっている声を確認してみましょう。

auひかりの「良い評判」

「auひかりの良い評判」で圧倒的に多かったのが、「通信速度の速さ」についてのコメントでした。

特に、ポケットWi-Fiなどのモバイルルーターを利用してきた人がauひかりに代えた際、大幅な速度改善が体感できていることが伺えます。

光回線としての、接続スピードや繋がりやすさの満足度も高く、さすがの「KDDI独自回線」といったところでしょうか。

auひかりの「悪い評判」

一方、auひかりの「悪い評判」「残念な評判」については、以下のようなコメントが見られました。

「auひかりの悪い評判」「残念な評判」で多かったのは、「サポート体制の品質」および「対象エリア外に対する不満」でした。

サポート体制、対象エリアについては今後改善されることも見込まれますが、現時点においてこういった声・評判があることは、auひかり契約の検討時に頭の片隅に置いておくと良いでしょうね。

ちなみに、ご自身のお住まいの地域がauひかりの対象エリアかどうかは、以下Webページから確認できます。併せてご覧ください。

auひかりのメリット

続いては、auひかりの光回線サービスの「メリット」面について確認していきましょう。

契約前に特に押さえておきたいauひかりのメリットは、以下の3点です。

  • 通信速度が速い
  • 工事費用が実質無料
  • auのスマホ料金がお得になる

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

通信速度が速い

前章でもお伝えしましたが、auひかりのメリットでまず挙げられるのが「通信速度の速さ」でしょう。

KDDIの独自回線を利用している点に加え、更に通信速度を求める方には「auひかり ホーム10ギガ・5ギガ」プランも用意されています(※対象エリアは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の一部エリアのみ、および対象プロバイダは@nifty・au one net・BIGLOBE・so-netと限られています)

また、auひかりは次世代規格「IPv6」にも対応しており、混雑する時間帯でも快適に利用できる等、より快適・安全な通信を実現することができます。

WiMAXでIPv6は使える?IPv6・IPoEに対応したWiMAXプロバイダ

工事費用が実質無料

auひかりのプロバイダの多くは、30,000円〜の初期工事費用を割引特典等で相殺し、「工事費用を実質無料」としています。

光回線サービス利用時のネックとなりやすいのが、初期にやや高額の費用が発生する工事費用です。

このあたりが実質無料になるのは、かなり嬉しいポイントですよね。

一方、auひかりのオプションサービスである「光電話」に未加入であった場合は、月の割引額が500円にとどまりますのでご注意ください。

また、工事費用は基本「戸建てタイプ:5年 マンションタイプ:2年」での分割払いとなっています。

途中解約時においては未払い分の費用を請求されることになりますので、こちらも併せて注意しておくと良いでしょう。

auのスマホ料金がお得になる

auのスマホ・携帯電話ご利用の方は、auひかり契約時に「auスマートバリュー」の加入も検討しておくべきでしょう。

auスマートバリューは、auのスマホ・携帯電話と併せてauの光回線ほか固定インターネット回線サービスを利用した際に、毎月のスマホ・携帯電話料金を最大1,000円割り引いてくれるサービスです。

割引サービスはご家族の方全員が対象となりますので、例えば夫婦二人ともまたはお子様も含めてauのスマホ・携帯電話を利用している場合は、かなりの割引額になるでしょう。

このように、auひかりはauのスマホ・携帯電話との併用によってかなり料金割引の恩恵を受けることができるのです。

ただし、スマートバリュー適用の際には前述のauひかりオプションサービスの「光電話(月額500円)」への加入が必須となりますので、ご注意ください。

auひかりのデメリット

auひかりのメリットを確認した後は、デメリット面についても見ていきたいと思います。

特に、以下の点は注意しておくと良いでしょう。

  • 対応していないエリアがある
  • auスマホユーザー以外は恩恵が弱い
  • 解約時に撤去費用・工事費残金が必要

対応していないエリアがある

「auひかりの悪い評判」でも挙げられていましたが、auひかりはまだ対象エリアは限定的で、現在(2019年11月時点)においては全国36地域の対応に留まっています。

主な未対応エリアは中部・関西・沖縄となっており、これら地域にお住いの方は今のところauひかりをご利用できません。

ご自身のお住まいの地域がauひかりに対応しているかについては、以下のサイトより確認ができます。

auひかりへの契約の際は、事前に確認しておくことをおすすめします。

au ひかり 提供エリア検索

auスマホユーザー以外は恩恵が弱い

auひかりは、通信速度の速さにおいてはかなりおすすめの光回線サービスですが、料金面でみたときにはよりおすすめの光回線サービスもあります。

国内の主要インターネット光回線の料金比較

 

戸建てタイプの月額料金

マンションタイプの月額料金

auひかり

1年目5,100円

2年目5,000円

3年目以降4,900円

3,800円

フレッツ光

4,700〜5,700円(別途条件あり)

3,550〜4,350円(別途条件あり)

ドコモ光

5,000〜5,200円(別途条件あり)

4,000〜4,200円(別途条件あり)

ソフトバンク光

5,200円

3,800円

NURO光

4,743円

4,743円

enひかり

4,300円

3,300円

※上記料金は参考額になります。詳細は、各光通信サービスおよびプロバイダの公式サイトにてご確認ください。

上記料金比較表にあるように、auひかりは決して「他と比べて高い」という訳ではありませんが、より低価格なサービスを選ぶとしたら「enひかり」などの低価格光回線サービスを検討したほうが良いでしょう。

auひかりの料金面による圧倒的な強みは、auスマホ・携帯電話とのセット利用で毎月最大1,000円できる「auスマートバリュー」があることですが、こちらはauユーザー以外には適用されません。

auひかりの料金の安さにおける恩恵は、auユーザー以外はやや弱めになりますので、この点についてもご留意ください。

enひかりは最安値の光回線!契約前に知るべきメリット・デメリット

解約時に撤去費用・工事費残金が必要

auひかりの解約時には工事費の残金が必要となることは前述しましたが、その他auひかりの戸建てタイプの場合において解約時に「撤去費用」として28,800円が必要になります。

撤去費用が約3万円になり、かつ費用が必須となるのは他の光回線サービスではあまり見られず、この点はauひかりを検討するうえで大きなデメリットであると言えます。

この撤去費用の高さにおいては、auの方で以下コメントをされています。

「auひかり ホーム」は、戸建て向けサービスですが、引き込み設備を残置する場合、撤去または再利用されるまでの期間、設備の保守管理にかかる費用を当社が負担してきました。ただ、残置設備が非常に多く、再利用が進んでおらず、今後さらに増えていく見込みで、保守管理にかかるコストがふくらんできています。このため、残置対応を継続するのが困難になり、残置をやめ、費用負担の考え方を見直しました。

引用元:IT Media News

今のところ、auひかりの撤去費用を回避できる方法は、解約時に「他社からの乗り換えキャンペーン」を実施しており、解約時の費用を負担してくれるプロバイダに契約しなおすくらいでしょう。

戸建てタイプでauひかりの契約を検討されている方は、この点をご理解の上検討を進められることをおすすめします。

auひかりのプロバイダは「So-net」がおすすめ!

ここまで、auひかりの特徴からメリット・デメリットまでお伝えしてきました。

お読みになられて、「auひかりが自分に合いそう」「auひかりでの契約を進めよう」と思われた方は、続いてはプロバイダ選びをされることになるでしょう。

前述の通り、auひかりを契約するプロバイダでおすすめとなるのは、So-netです。

So-netは、キャッシュバックが高額!

auひかりのプロバイダでSo-netをおすすめする理由は、まず「キャッシュバック額が高額」であることです。

キャッシュバック額はなんと60,000円!

かつ、振り込みタイミングは契約してから翌月です。

通常他のサービスでのキャッシュバック特典は振り込みが半年〜1年後だったりと、すぐに貰えなかったり手続きを失念して結局貰い損ねてしまったりといったことが少なくありません。

auひかり×So-netのキャッシュバックキャンペーンでしたら翌月振込ですので、その点においても安心できそうですね。

また、So-netはインターネットプロバイダとしての実績も豊富で、サポート品質の高さについても一定の評判を勝ち得ています。

前述の「auひかりの評判」においてサポート品質の悪さに関してのコメントがいくつか挙げられていましたが、その点が気になるという方にもSo-netのプロバイダはおすすめになることでしょう。

  • auひかりのプロバイダ選びでSo-netがおすすめの理由
  • 最大60,000円のキャッシュバック
  • キャッシュバック額が翌月振込される
  • 有料オプションの加入不要
  • ネット回線のみでも50,000円キャッシュバック
  • インターネットプロバイダとしての実績も安心

auひかりをおすすめの方

ここまでの内容を読まれて、auひかりのサービス内容についてのご理解はきっと深められたことでしょう。

それでも「まだ今一つ、自分にとってauひかりがおすすめの光回線か、判断が付かない…」という方は、以下に「auひかりがおすすめな方はこんな方」で紹介される箇条書きの項目をチェックしてみてください。

最低でも2〜3つの項目が当てはまるという方は、auひかりの光回線サービスがおすすめと言えるでしょう。

auひかりがおすすめの方はこんな方

  • auひかりの対象エリアにお住いの方
  • 光回線の初期費用(工事費用)を手軽な価格で済ませたいという方
  • ご自身または家族でauのスマホ・携帯を利用している方
  • 高速インターネットを求める方
  • キャッシュバックの特典がすぐ欲しい方

特に4点目の「高速インターネットを求める方」については、auひかりは国内インターネット光回線の中でも特に回線速度、回線の安定性に定評がありますので、この点を重視する方はauひかりからまず検討を進められると良いでしょう。

まとめ)高速回線や大容量データでのやり取りがメインになるという方は、auひかりはおすすめ!

ここまでの内容を、ざっとまとめておきましょう。

auひかりのメリット

  • 通信速度が速い
  • 工事費用が実質無料
  • auのスマホ料金がお得になる

auひかりのデメリット

  • 対応していないエリアがある
  • auスマホユーザー以外は恩恵が弱い
  • 解約時に撤去費用・工事費残金が必要

他の光回線サービスの中でも通信速度の速さ・安定度合があり、かつauスマホとの利用で月額料金を最大1,000円安くできるコストパフォーマンスが、auひかりの最たるメリットポイントと言えるでしょう。

一方で、対応外エリアがあること、および解約時に撤去費用・工事費残金が発生するといったデメリットポイントもあったりと、auひかりはメリット・デメリットともに特徴のある光回線サービスです。

ただし、実際に光回線サービスを利用する際、多くの方はその回線の速度と安定性を重要視するものです。その点においてauひかりの「通信速度が安定して速い」というメリットは、非常に強いアドバンテージです。

あとは、上記に挙げたauひかりのデメリットについてどこまで許容できるかで、契約先をauひかりにすべきかを決めていかれると良いかもしれませんね。

皆様のこれからの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


2月のおすすめモバイルWi-FIサービス

サービス名/プロバイダ・キャンペーン・プラン 回線 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 WiMAX
(GMOとくとくBB 月額値引き)
WiMAX2+ 3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 Mugen WiFi
(MUGEN格安プラン)
トリプル
キャリア
2年 81,720円 3,405円/月 公式サイト
3 ネクストモバイル
(使い放題プラン)
ソフトバンク 2年 77,400円 3,225円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。