「Pocket WiFi 802ZT」はどんな機種?契約する前に知るべきメリット・デメリット

2019年7月26日に、ソフトバンクよりポケットWi-Fiの新端末「Pocket WiFi 802ZT」がリリースされました。

従来のポケットWi-Fiと比べてもかなりスタイリッシュなデザインで、かつ「下り最大988Mbps」とポケットWi-Fiのなかでもトップレベルの通信速度を誇る性能に、関心を寄せている方も多くいらっしゃることでしょう。

さて、Pocket WiFi 802ZTは通信速度以外にも注目すべき特徴・メリットが多くありますが、一方で注意すべき点・デメリットもあります。

この記事を読めば、Pocket WiFi 802ZTがあなたにとって最適なポケットWi-Fiになりえるか、充分に判断を付けられることでしょう。ぜひご覧ください!

Pocket WiFi 802ZTのメリット

Pocket WiFi 802ZTは、ZTEコーポレーション製のポケットWi-Fiです。

まずは、Pocket WiFi 802ZTの「メリット」と言えるポイントを見ていきましょう。

  • 通信速度が最大988MbpsとPocket WiFi史上最速
  • キャリアアグリゲーション
  • 4×4 MIMO(フォーバイフォー マイモ)登用
  • 「256QAM(256カム)」によって実現できる通信速度
  • QRコードでかんたん接続
  • 約12時間連続通信可能な大容量バッテリー
  • 連続待ち受けも約1590時間可能
  • PCなどのWebブラウザから接続情報を確認できる
  • LTE回線のデータし放題プランで月額3,991円で利用できる

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

通信速度が最大988MbpsとPocket WiFi史上最速

冒頭でもお伝えしましたが、Pocket WiFi 802ZTの通信速度は下り最大988Mbpsと、これまでのポケットWi-Fiの中でも最速の部類に入ります。

WiMAXの最新端末「W06」では下り最大1.2Gbpsを謳っていますが、こちらは有線接続の場合になりますので、無線LAN接続時の最大速度は867Mbpsです。

つまり、これまで「WiMAX=最速のポケットWi-Fi」というイメージが確立していましたが、Pocket WiFi 802ZTはそのイメージを覆すポケットWi-Fiとして登場したということですね。

5CA(キャリアアグリケーション)の、最新型の通信ネットワーク

Pocket WiFi 802ZTは、複数の周波数帯を束ねてインターネット通信できるキャリアアグリゲーションに対応しており、かつその中でも「5CA」の最新型の通信ネットワークを利用しています。

この機能により大容量のデータ通信が可能となり、前述のようなポケットWi-Fiとしては驚異的な通信速度が実現できている、ということですね。

4×4 MIMO(フォーバイフォー マイモ)登用

Pocket WiFi 802ZTでは、「4×4 MIMO(フォーバイフォー マイモ)」という通信技術を登用しており、こちらは従来機種と基地局双方に2本ずつのアンテナを建てていたのに対して、それぞれ倍の4本ずつにして、通信の安定性を実現させるものです。

ソフトバンク回線は、国内インターネット回線の中でも「繋がりやすさ」で定評がありましたが、この「4×4 MIMO(フォーバイフォー マイモ)」によって、更に安定したインターネット接続が期待できます。

「256QAM(256カム)」によって実現できる通信速度

Pocket WiFi 802ZTがなぜ「最大988Mbs」の超高速通信速度を実現できるのかというと、同端末には「256QAM(256カム)」というインターネット通信における情報密度を高めて一度に運べるデータ量を増加させる技術を登用しているからです。

256QAMによって実現できるデータ転送量は従来(64QAM)の約1.3倍

この仕組みが、Pocket WiFi 802ZTの「ポケットWi-Fi史上最速」の通信速度を適えるうえで大きく役立っているということですね。

QRコードでかんたん接続

その他、Pocket WiFi 802ZTでは機器のインターネット接続の際に「QRコード」を利用した簡単接続ができるようになっています。

新しい端末にてインターネット接続したい際に、IDとパスワードを入力しなくても手軽に設定完了できるということですね。

約12時間連続通信可能な大容量バッテリー

Pocket WiFi 802ZTのバッテリー容量は3,000mAhとかなりの大容量になっています。

これにより、Pocket WiFi 802ZTは他のポケットWi-Fiと比較してかなり長時間の連続利用が可能となっています。

Pocket WiFi 802ZTの連続通信時間は「12時間」

外出時に途中充電の心配なく、電源を常にONのままポケットWi-Fiを利用できそうですね。

連続待ち受けも約1,590時間可能

Pocket WiFi 802ZTは、連続利用時間だけでなく、連続待ち受け時間もかなりの長時間持つことができます。

公式サイトでは、4G LTE接続時にて「約1,590時間」の連続待ち受けができると記載されています。

ちなみに、Pocket WiFi前バージョンである「Pocket WiFi 602HW」はじめ多くのポケットWi-Fiにおける連続待ち受け時間は大体800〜900時間ほどです。

他のポケットWi-FiとPocket WiFi 802ZTの連続待ち受け時間の時間差からも、Pocket WiFi 802ZTがどれだけバッテリー消費に優れたポケットWi-Fiかが伺えるでしょう。

PCなどのWebブラウザから接続情報を確認できる

Pocket WiFi 802ZTでは「Web UI」といって、ポケットWi-Fiの状態(データ通信量等)や各種設定変更をPCやスマホのWebブラウザから設定することができます。

ソフトバンクのポケットWi-Fiにおいては、以前からのバージョンにも同様の機能がありましたが、端末のディスプレイだけの情報だと確認しづらい場合や、ポケットWi-Fiの設定状況を確認したい場合などは、Web UIからの確認がスムーズでしょう。

LTE回線のデータし放題プランで月額3,991円で利用できる

さて、気になるPocket WiFi 802ZTの料金プランは、以下の通りです。

Pocket WiFi 802ZTの料金プラン(2019年8月現在)

4G/LTEデータし放題フラット 4,531円(税抜4,196円)/月
4Gデータ通信基本料 540円(税抜500円)/月
Pocket WiFi 特別キャンペーン -1,080円/月
機種代金(36回分割) 1,180円/月
月月割 -1,180円/月
毎月のお支払い 3,991円/月

上記料金は、2年契約加入、機種代金を36回分割で支払った場合のものです。

毎月の支払いが3,991円というのは、他のポケットWi-Fiの月額料金と比べても、なかなかのコスト安と言うことができそうです。

Pocket WiFi 特別キャンペーンで-1,080円

現在(2019年8月)、ソフトバンクはポケットWi-Fi契約時に「4G/LTEデータし放題フラット」もしくは「4Gデータし放題フラット+」プランを選ばれた際に、月額料金が割り引かれるキャンペーンを展開しています。

本キャンペーンでの、Pocket WiFi 802ZTにおける毎月の割引額は1,080円

年間にすると割引額は12,960円!

Pocket WiFi 802ZTの契約を検討されている方は、こちらのキャンペーン中に申し込んだほうが良いでしょうね。

機種代は月月割で相殺して0円になる

Pocket WiFi 802ZTにて、機種代を36回払いにした場合、毎月1,180円の分割払いが発生します。

ですが、ソフトバンク店頭やオンラインショップで購入すると、「月月割」という割引サービスが適用され、1,180円が毎月割り引かれて0円になります。

また、機種代を一括払いする場合でも「月月割」は適用されますが、割引自体は毎月の利用料金に対して適用されます。

結局のところ分割払い・一括払いどちらにしても、3年間機種を使い続けないと機種代分は相殺されないということですね。

Pocket WiFi 802ZTの注意点・デメリット

ここまでPocket WiFi 802ZTのメリットを詳しくお伝えしていきましたが、一方で注意点・デメリットもいくつかあります。

Pocket WiFi 802ZTの契約をする前に、以下の注意点・デメリットも押さえておきましょう。

  • 使い放題プランはない
  • 契約期間は2年だが機種代金の分割の都合上、実質4年契約になる

各デメリットについて、ひとつずつ確認していきます。

使い放題プランはない

Pocket WiFi 802ZTの契約の際に特に注意しておきたいのは、月内インターネット使い放題といった、月内データ通信量無制限プランがないことです。

契約時のプラン名に「4G/LTEデータし放題フラット」とありますので、「インターネットし放題」と勘違いしてしまいそうですが、公式サイトでは以下のように「月内のデータ通信量は7GBまで」という注意書きが記されています。

月内で7GB以上のデータ通信を行った場合、月内の残り期間は128Kbpsの速度制限が発生します。

ポケットWi-Fiの利用で高画質動画の閲覧や大容量データのやり取りを検討されていた方は、Pocket WiFi 802ZTよりもWiMAXの「ギガ放題」プラン等の、月内インターネットし放題プランが用意されているポケットWi-Fiにしたほうが良いでしょう。

WiMAXについては、次章「もっと安いポケットWiFiならWiMAXがおすすめ」にて詳しく触れますので、併せてご覧ください。

契約期間は2年だが、機種代金を相殺すると実質4年契約になる

Pocket WiFi 802ZTの契約期間は2年間です。

2年ごとに更新のタイミングが訪れ、その期間以外で解約した場合一律9,500円(税抜)の契約解除金がかかります。

しかし、機種代金の分割払い期間は3年間です。解約時に本体代の未払い分がある場合、一括請求されます。

  契約解除金 端末残債金 合計
1年目(12ヶ月目)で解約 9,500円 25,920円 35,420円
2年目(24ヶ月目)で解約 0円 12,960円 12,960円
3年目(36ヶ月目)で解約 9,500円 0円 9,500円
4年目(48ヶ月目)で解約 0円 0円 0円

端末の残債金がなくなり、契約解除金もかからないタイミングは4年目(2年契約を2回遂行したタイミング)になってしまうわけですね。

同じ機種を4年間使い続けることによる端末やバッテリーの劣化を考慮して、契約を検討する必要がありそうですね。

機種代金を一括払いにすれば、解約金なしで2年間で解約できるけど…

Pocket WiFi 802ZT契約時に機種代金を一括払いにすると、3年間の支払い期間はなくなるので、2年後の契約更新月に端末残債金はありません。

ただし、「月月割」が2年分しか適用されないことになるので、3年目に適用されるはずだった割引額「12,960円」の分、損をすることになります。

結局、Pocket WiFi 802ZTを2年利用する場合は、月月割を利用しても12,960円分の機種代金を自腹で払う必要があるということですね。

もっと安いポケットWiFiならWiMAXがおすすめ

さて、ここまでPocket WiFi 802ZTのメリット・デメリットについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。ポケットWi-Fiをどれにするかの選択において、ポイントは大きく以下の点になるでしょう。

  • 通信速度
  • 繋がりやすさ
  • 料金の安さ
  • 月内使い放題か
  • 解約しやすさ(解約金のコスト等)

Pocket WiFi 802ZTは、上記「通信速度」「繋がりやすさ」においてはダントツの性能を誇りますが、3点目以降の「料金の安さ」「月内使い放題か」「解約しやすさ(解約金のコスト等)」においては、やや不安も残るところです。

ここで、特に「料金の安さ」「月内使い放題か」を重要視される方は、Pocket WiFi 802ZTよりもWiMAXの利用を検討されたほうが良いでしょう。

Pocket WiFi 802ZTとWiMAX(W06)比較

  Pocket WiFi 802ZT WiMAX (W06 ギガ放題プラン)
通信速度

下り最大988Mbps

下り最大867Mbps

繋がりやすさ
料金の安さ

3,991円/月

3,300〜3,800円/月

※料金は、WiMAX契約先のプロバイダによって異なる

月内使い放題か

×

月内7GBまで

(月内7GBまで利用した場合、残り期間にて128Kbpsの速度制限発生)

月内の制限なし

(ただし、3日で10GBまで利用した場合、翌日18:00〜翌々日2:00までの間、1Mbpsの速度制限発生)

解約しやすさ
(解約金のコスト等)

上記比較表で特に見ておきたいのが、「料金の安さ」と「月内使い放題か」の部分でしょう。

これらを比較検討の際に優先される方は、WiMAXのほうが圧倒的におすすめになります。

WiMAXのギガ放題とは?契約前に知るべき注意点と通常プランとの違い

WiMAXの契約先プロバイダは「GMOとくとくBB」一択

さて、前章にてWiMAXについて関心を持たれた方にて、ここではWiMAX契約の際のおすすめプロバイダについてお伝えします。

前章でWiMAXの月額料金がおおよそ「3,300〜3,800円」と開きがあったことに気になられた方もいらっしゃることでしょう。

こちらは、現在WiMAXを提供するプロバイダは国内20社ほどあり、かつプロバイダによって提示する料金には違いがある為です。

そして、WiMAXを最安値で契約できて、かつ実績面も安心のおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBB「月額割引キャンペーン」の特徴

プロバイダ名 取り扱い端末 契約期間 月額料金目安
GMOとくとくBB

W06

WX05

L02

HOME01

3年間

ギガ放題プラン:3,319円

ライトプラン:2,593円

※上記金額は、期間内の平均額として算出

  • トータルコストが業界最安値!
  • キャッシュバック特典プランの他、月額割引特典など、いくつかのキャンペーンを選ぶことができる
  • 契約後、端末は即日発送ですぐに手元に届く!
  • 最新端末での契約が可能!

GMOとくとくBBの一番の特徴は、とにかくトータルコストが業界安値であることです。

加えてWiMAXプロバイダとしての運営歴も長く、実績・信頼面も安心できるでしょう。

GMOとくとくBBではいくつかのキャンペーンが用意されていますが、その中でも「月額割引キャンペーン」の料金が特に安く、一番おすすめです。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

月額割引キャンペーンは、その名の通り「WiMAXの月額料金が割引される」キャンペーンです。

インターネットの通信量をほぼ無制限で利用できる「ギガ放題プラン」においても、月額割引キャンペーンの場合は、契約から0〜2ヶ月目は月額2,170円(契約月は2,170円の日割り計算)、その後も契約期間満了の36ヶ月目までは月額3,480円で利用することができます。

GMOとくとくBBのプロバイダについては、以下記事でも詳しく紹介しています。WiMAXプロバイダをお探し中の方は、是非併せてご覧ください。

初めてのWiMAXはGMOとくとくBBがおすすめ!月額値引きがおすすめ!

まとめ) Pocket WiFi 802ZTはトップクラスの性能だが、デメリットの把握もしよう

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

Pocket WiFi 802ZTの性能面で押さえておきたい点を、改めておさえておきましょう。

  • 通信速度は最大988Mbpsと、ポケットWi-Fi内でも最速
  • 5CA、4×4MIMO、256QAM等、速度面・繋がりやすさを担保する機能・仕組が充実
  • 大容量バッテリーで、連続通信時間・連続待ち受け時間共にポケットWi-Fiトップクラス
  • 月内のデータ通信量は7GBまでで「使い放題プラン」はない
  • 機種代の分割の都合、実質4年契約になる

Pocket WiFi 802ZTは、性能面で言えば現在市場にあるポケットWi-Fi内でも最高の品質を誇っています。

一方で、月内のデータ通信量は7GB、契約年数が実質4年になるといったデメリットもありますので、これらメリット・デメリットを慎重に判断した上で、契約の如何を決められると良いでしょうね。

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、この記事が少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。