WiMAXが2年契約できるプロバイダを比較!選び方の条件・ポイントまで徹底解説!

WiMAXを2年契約で、かつ一番お得に契約できるプロバイダを探していませんか。

現在、国内のWiMAXプロバイダは20社程あります。そしてご存知の通り、それぞれのプロバイダによって月額料金やキャンペーンは大きく異なってきます。

「結局、一番最安値のプロバイダを選べば良いんでしょ?」と思われた方、ご注意ください!

もちろん、料金の安さはWiMAXの契約先を決めていくうえで重要なポイントですが、それだけでプロバイダを決めてしまうと後で「こんなはずじゃなかった…」と後悔もしかねません。

そこで今回は、「WiMAXが2年契約できる、おすすめのプロバイダ」をテーマに、プロバイダ選びの条件・ポイントから、実際におすすめのWiMAXプロバイダの詳細情報も交えて、ご紹介していきたいと思います。

是非ご覧ください!

後悔しない!2年契約できるおすすめプロバイダの条件

はじめに、WiMAXを2年契約で登録する際に、プロバイダを選定するときの条件ポイントについて見ておきましょう。

意識しておきたいのは、以下の4点です。

  • 実質料金が安い
  • 最新機種が契約できる
  • オプションが実質無料
  • 解約時にWEBからでも解約できる

それぞれ、順を追って見ていきましょう。

実質料金が安い

こちらは、もはや言わずもがな、といったところでしょう。

WiMAXは月々大体3,000〜4,000円の料金が発生しますので、「少しでも安いプロバイダに」という意識は誰しもが働くものです。

そして実際、各WiMAXプロバイダでも様々な値下げ、ディスカウントキャンペーンを行っています。

ここで注意するポイントとしては、単に提示されている月額料金額だけを見るのではなく、WiMAXの2年契約を行った際の「2年間のトータルコスト(または、実質の平均月額)」で料金を見ることです。

例えば、初月の月額料金を無料、もしくは数百円まで値下げしているWiMAXプロバイダもありますが、数ヶ月後には相応の月額料金となって、結果トータルコストとして最安値にならない場合も少なくありません。

各WiMAXプロバイダの公式サイトでは料金プランの記載がありますが、ここでは月々の料金だけで料金の高さ安さをみるのではなく、2年間のトータルコストでみるようにしましょう。

「プロバイダの公式サイトを一つ一つ見るのは面倒だ…」と思われた方は、次章でお薦めWiMAXプロバイダの料金比較を掲載していますので、まずはそちらをご覧になると良いでしょう。

最新機種が契約できる

WiMAX契約時に、そのWiMAX端末が「最新端末か」もチェックしておくべきでしょう。

WiMAXの最新端末は2018年11月に登場した「Speed Wi-Fi NEXT WX05」ですが、こちらは基本的に3年契約で利用できる機種なので、2年契約での最新端末というと、「Speed Wi-Fi NEXT W05」になります。

プロバイダによっては、古い端末を契約する代わりに料金を安くするプランを提示する場合もあるので、注意が必要です。

もちろん、WiMAXの性能を熟知したうえで「自分は旧端末でも問題ない」という人は良いかもしれませんが、一度契約したWiMAXを最低2年使用することを踏まえると、ここは慎重に確認しておいた方が良いでしょうね。

オプションが実質無料

殆どのWiMAXプロバイダでは、入会キャンペーンの条件として「安心サポート」等の、月額数百円のオプション加入を奨めてきます。

こちらのオプション加入は端末到着後解約してもキャンペーンの適用になりますので、実質オプション代をかけずに済むことが殆どですが、まずはオプションの解約を忘れないように注意すべきでしょう。

また、プロバイダの中には初月のオプション代がどうしても発生してしまうなど、オプションが「実質無料にならない」WiMAXプロバイダも存在しますので、このあたりにも注意を向けておくと良いでしょう。

解約時にWEBからでも解約できる

前述のオプション含め、またWiMAX自体の解約時に「WEBから解約できるか」も観るべきポイントです。

WiMAXのオプションや端末自体の解約については、各プロバイダにて以下の3ルートのいずれかが用意されています。

  • 電話での解約
  • WEB(専用ページ)での解約
  • 書面送付による解約

3つ目の「書面送付による解約」はかなり手間ですよね。解約がこのルートのみ、というプロバイダは殆どありませんが、他の解約ルートがあることを確認しておくと良いでしょう。

1つ目の「電話での解約」も手軽さはあるのですが、この際に注意したいのが「窓口の受付時間」です。多くのプロバイダでは、窓口の受付時間を日中の時間としていますので、仕事等で朝〜昼の時間は忙しいという方は、ややわずらわしさを感じることでしょう。

ということで、解約時に「WEB(専用ページ)」のルートが用意されているのが、おすすめとなるWiMAXプロバイダの一つの目安となります。WEBからでしたら、24時間いつでもどこからでも(インターネット接続環境であれば)解約の手続きを進められます。

今回紹介しますWiMAXプロバイダのうち以下プロバイダも、WEB(専用ページ)からの解約を可能としています。このポイントが気になるという方は、意識しておくと良いでしょう。

  • BIGLOBE WiMAX
  • DTI WiMAX

2年契約できるプロバイダ3社を比較

さて、ここからは実際に2年契約が可能なお薦めWiMAXプロバイダを紹介していきます。

紹介するWiMAXプロバイダは、以下の3つです。

  • カシモWiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • DTI WiMAX

※GMOとくとくBBは、2018年11月より全プランから2年契約が対象外となりました。
※3WiMAXは、2018年11月現在、新規受付を終了しています。

カシモWiMAX

新興WiMAXプロバイダで注目を集めるカシモWiMAX。株式会社MEモバイルが提供するプロバイダです。

カシモWiMAXの特長は、なんといっても月額料金の安さでしょう。

【カシモWiMAX】: https://www.ka-shimo.com
  実質料金の
安さ
最新機種が
契約できるか
オプションが
実質無料か
WEBから
解約可能か
カシモWiMAX △電話のみ

BIGLOBE WiMAX

インターネットプロバイダの老舗、BIGLOBEが提供するWiMAXプロバイダです。

「選べる」キャンペーンや、申し込み手数料3,000円無料、更にはサポートの手厚さなど、サービスバランスの良いプロバイダと言えるでしょう。

  実質料金の
安さ
最新機種が
契約できるか
オプションが
実質無料か
WEBから
解約可能か
BIGLOBE WiMAX
※2年契約は
旧端末のみ

DTI WiMAX

最後に紹介しますのは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供するプロバイダ、DTI WiMAX。月額料金の安さが魅力のプロバイダです。

一部上場のIT企業フリービット株式会社のグループ会社ということで、企業としての信頼感や、これからの成長も期待できます。

  実質料金の
安さ
最新機種が
契約できるか
オプションが
実質無料か
WEBから
解約可能か
DTI WiMAX ×
※2年契約では
旧端末のみ

2年契約できるプロバイダ3社で、最安はどのプロバイダ?

さて、ここまでで2年契約できるお薦めプロバイダを3つ紹介しました。

これらプロバイダはどれも「実質料金の安さ」をウリの一つとしていますが、実際に一番安いプロバイダはどこになるでしょうか。

ギガ放題プラン、ライトプランそれぞれの料金プランを比較して見てみましょう。

各プロバイダの料金比較① ギガ放題・2年契約

※各公式サイトの2018年11月時点での料金表をもとに作成。

  カシモWiMAX BIGLOBE WiMAX DTI WiMAX
対応機種 W05、L01s WX03 WX03
初期費用 3,000円 0円 3,000円
0ヶ月目 1,380円 0円 0円
1ヶ月目 1,380円 3,695円 0円
2ヶ月目 3,580円 3,695円 3,500円
3〜24ヶ月目 3,580円 4,380円 4,300円
キャッシュバック額 ▲30,000円
2年間トータル額 88,100円 73,750円 101,100円
月額平均(25ヶ月) 3,524円 2,950円 4,044円

各プロバイダの料金比較② ライトプラン・2年契約

※各公式サイトの2018年11月時点での料金表をもとに作成。
※BIGLOBEの2年契約はギガ放題のみ。

  カシモWiMAX BIGLOBE WiMAX DTI WiMAX
対応機種 W05、L01s WX03
初期費用 3,000円 3,000円
0ヶ月目 1,380円 0円
1ヶ月目 1,380円 0円
2ヶ月目 2,980円 3,500円
3〜24ヶ月目 2,980円 3,500円
キャッシュバック額
2年間トータル額 74,300円 83,500円
月額平均(25ヶ月) 2,972円 3,340円

2年契約できるプロバイダの料金最安値ランキング(ギガ放題)

  • 1位 BIGLOBE WiMAX
  • 2位 カシモWiMAX
  • 3位 DTI WiMAX

最安はBIGLOBE WiMAXしかし・・・

さて、前章にて2年契約が可能な最安値プロバイダはBIGLOBE WiMAXということが確認できました。

ですが、このBIGLOBE WiMAXの2年契約は以下のデメリットもあるのです。

  • 最新端末を選べない(現時点では、Speed Wi-Fi NEXT WX03のみ)
  • BIGLOBEのベーシックコース(月200円)の加入が必要となる
  • 24ヶ月以内に解約すると、端末の残債を一括で支払う必要がある

1つ目の「最新端末を選べない」は、前にも述べた通りです。

2つ目の「BIGLOBEのベーシックコース」とは、BIGLOBE会員でない人がBIGLOBE WiMAXの契約を行った際に加入される、月200円の接続サービスです。

サービス内容はダイヤルアップ接続およびメールサービス(メールアドレスを1つ取得できる)ですが、現在ダイヤルアップ接続をする機会はまずないでしょうから、「BIGLOBEのベーシックコースは、月200円払ってメールサービスを取得するもの」と覚えておくと良いでしょう。

ちなみに、このベーシックコースは、BIGLOBEのWiMAX解約時に、別途解約する必要があるので少し手間が発生します。

そして3つ目の「24ヶ月以内に解約すると、端末の残債を一括で支払う必要がある」は、BIGLOBEのWiMAX契約時に最も留意すべきポイントでしょう。

どういうことかというと、BIGLOBE WiMAXは、端末代を24ヶ月で割って、月々の月額料金内に含める形で料金を請求しています(毎月800円分)。

そして、その24ヶ月以内に解約することになった場合、まだ支払っていない「端末代の残債」分が請求されることになります。

例えば、12ヶ月で解約すると、端末代が完済される24ヶ月までの残月数は12ヶ月になりますので、残り12か月分×800円〜9,400円が請求されることになります。

これにプラスして、通常の解約違約金も求められるので、24ヶ月以内の解約は基本しないことを前提に、BIGLOBE WiMAXの契約を検討されたほうが良いでしょう。

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAXについては、以下記事で詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

BIGLOBE WiMAXの評判は?契約前に知るべきメリット・デメリットまとめ

Speed Wi-Fi NEXT W05が契約できるプロバイダ

では2年契約で最新端末が契約できるWiMAXプロバイダは、カシモWiMAX一択ということになりますね。

カシモWiMAX

カシモWiMAXは解約時のルートはWEBではなく電話のみというのがデメリットではありますが、最新端末でも安く利用できるというのは強みですね。

2年契約で口座振替対応のプロバイダ

「2年契約のWiMAXプロバイダで、クレジットカード決済ではなく口座振替対応のプロバイダは無いの?」というニーズのある方は、以下プロバイダ一択となります。

BIGLOBE WiMAX

現在、殆どのプロバイダは契約時の支払い方法を「クレジットカード払い」一択にしているため、口座振替で契約したい人にはやや不利な状況となっています。

そんな中、BIGLOBE WiMAXは口座振替も対応。このあたりの柔軟性ある対応は、私たち利用者からすると有難いですよね。

──ただし、一点注意しておきたいのは、口座振替の場合は初期費用としてデータ端末代19,200円が新たに発生します。

つまり、「クレジットカード決済と口座振替のどちらも選択可能」という方は、「クレジットカード決済」を選んだほうがお得ということですね。

2年契約で1番おすすめのプロバイダはカシモWiMAX

さて、ここまでの内容からもう大体ご察しも付いたかと思いますが、2年契約が可能なWiMAXプロバイダで、一番お薦めのプロバイダは「カシモWiMAX」です。

カシモWiMAXには、以下のメリットがあります。

  • Speed Wi-Fi NEXT W05が入手できる
  • BIGLOBE WiMAXを除けば、全WiMAXプロバイダで最安値
  • オプション加入が不要

2つ目の「BIGLOBE WiMAXを除けば、全WiMAXプロバイダで最安値」については、BIGLOBE WiMAXとのトータルコスト差は僅差であること、またBIGLOBE WiMAXでは最新端末は入手できないことを踏まえると、カシモWiMAXのほうが大きくアドバンテージがあると見るべきでしょう。

【カシモWiMAX】: https://www.ka-shimo.com

まとめ) WiMAXを2年契約する際は、最安級プロバイダのキャンペーン情報をチェック!

ここまでお読みになられて、いかがでしたでしょうか。

2年契約できるWiMAXプロバイダの以下の3社を料金、特徴等で比較しながら説明してきました。

  • カシモWiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • DTI WiMAX

結論として、上記の中で一番お薦めのWiMAXプロバイダは「カシモWiMAXとなりましたが、各プロバイダのキャンペーンの刷新は非常に活性していますので、数か月後にはまた別のランキングになっているかもしれません。

それだけに、現在のWiMAX利用者の増加に伴い、各WiMAXプロバイダのほうでも会員集めに活気だっているということなのでしょう。

つまり、皆さんがWiMAXの契約をされる際は、最新のキャンペーン情報をチェックしてからの方が望ましいということですね。

【カシモWiMAX】: https://www.ka-shimo.com

カシモWiMAXの詳細については、以下の記事でも詳しく紹介しています。宜しければ、併せてご覧ください。

カシモWiMAXとGMOとくとくBB比較!メリットの差・違い

皆さんの快適なインターネットライフを実現していく際に、このサイトが少しでもお役立てできることを、心より願っています!


9月のおすすめWiMAXプロバイダ

プロバイダ/キャンペーン 契約年数 トータルコスト 実質月額料金
1 GMOとくとくBB
月額値引き
3年 125,660円 3,491円/月 公式サイト
2 JPWIMAX
10,000円キャッシュバック
3年 124,800円 3,467円/月 公式サイト
3 GMOとくとくBB
最大32,050円キャッシュバック
3年 123,110円 3,420円/月 公式サイト

※当サイトでは、キャッシュバックキャンペーンよりも月額値引きキャンペーンを推奨しています。